僕らは奇跡でできている9話あらすじ感想とネタバレ

僕らは奇跡でできている

僕らは奇跡でできている9話のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画についてお知らせしていきます。

山田(戸田恵子)はなんと相河(高橋一生)の実の母親でしたね!自分を捨てて行った母親を、今の自分を作ってくれた大切な人ととして受け入れることで、許して感謝までした相河。感動でした!

9話の予告編で青山(矢作穂香)が相河に告白?そして、相河も水本(榮倉奈々)に告白?

いよいよ相河と水本のラブラインが始まるのでしょうか。

とても気になります!

早速、気になる9話のあらすじから見てみましょう。

>>僕らは奇跡でできているのキャストや相関図についてはコチラ

僕らは奇跡でできている9話あらすじ

鮫島(小林薫)は自分の代講を相河にお願いします。そして青山も自分の進路相談を相河にして欲しいと言います。鮫島がお願いするときも、青山がお願いするときも「自分に」と申し出た樫野木(要潤)でしたが、両方とも断られてしまいます。

青山は相河に付き合って欲しいとストレートに告白しますが、学生との個人的な付き合いはできないと断られます。

青山に水本のことが好きなんじゃないかと訊かれ、水本のことが気になった相河は、山田に料理を学ぶために訪ねてきた水本を見て「水本先生はリスっぽいですね。リスは好きです」と言います。相河のその言葉が妙に気になる水本。

相河は山田に、水本のことをどう思っているのか訊かれますが、相河は自分の気持ちがわからず、なかなかはっきり答えられません。

家の中にヤモリが入ってきてしまった水本は丹沢(トリンドル玲奈)たちに一緒に家に行って捕まえてくれることをお願いしますが、できないと断られた代わりに相河が上手そうだから相河に頼むようにと勧められます。

相河を家に入れることを躊躇して断った水本でしたが、仕方なく相河に電話をかけてヤモリを捕まえて欲しいと頼みます。先日のリスの話のせいか、作業をしている相河の様子が気になる水本。そんな自分にハッとした水本は「ヤモリを捕まえに来ました」と自分に言い聞かせます。

そんななかゴキブリが出たと思い、驚いて思わず相河の後ろに隠れ相河の腰に抱き着いてしまった水本。

相河は水本への自分の気持ちを、フィールドワークをしている時の自分の気持ちからヒントを得ます。それは「面白い」ということでした。相河はさっそく水本に「僕は水本先生のことを面白いと思っています」と伝えますが、告白でもないこの言葉に水本は戸惑います。

樫野木は、好き勝手なことをやっているのにも関わらず、みんなに好かれて求められている相河のことが気に入りませんでした。

元妻が交際している相手が無職で自転車屋を開きたがる夢追う人であることを聞いて、そんな人との再婚はないだろうと思っていたのに、娘の香澄(矢崎由紗)から実は元妻がその人と再婚したがるということを聞いて、樫野木のイライラは爆発してしまします。

自分は家族のためにと思い、好きだったフィールドワークもやめて研究に没頭する毎日を送っているのに、娘から言われた言葉は「お母さんはフィールドワークをやっていた時のパパが一番かっこよかったんだって」だったのです。

至らなくても注意されることなく、むしろ褒められる相河。なんでも楽しそうな相河の姿に嫌気がさした樫野木は、自分のすべてのイライラを相河にぶちまけて酷い言葉を浴びせてしまいます。驚いた表情で樫野木を言葉を聞いていた相河は、何も言い返すことができず帰宅してしまいます。

その状況を見ていた鮫島は樫野木に、本当は自分の問題なのに相河のせいにすることで、問題に向き合わずに済ませようとしているのではないか、と厳しい言葉をかけるのでした。

僕らは奇跡でできている9話ネタバレ

陸亀ジョージとの出会い

森で陸亀を見つけた少年の相河。少年の相河は山小屋に駆け込み、お爺ちゃんの義高(田中泯)に「カメがいた!全然動かない・・・僕が連れて帰ってもいい?」と訊きます。「カメはどうしたいのかな?」と義高に訊かれた少年の相河はしばらく考えてから「カメに訊いてくる!」と言ってカメのところに走っていきます。

この時連れてきたカメは、ジョージと名付けられ、今も相河と一緒です。

相河に告白する青山

いつもの生活に戻った相河と山田。相河は持ってきたお弁当の中にはタコの唐揚げがありました。

「タコ?食べられるの?」とびっくりして訊く樫野木に「はい!大好きです!」と応える相河。

鮫島は急に会議が入ったと言い、相河に代講を頼みます。「何の講義ですか?」と訊く相河に「何でもいい。相河先生が話したいこと話して」という鮫島。その様子を隣で見ていた樫野木は「代講なら僕が」と申し出ますが、鮫島は「でも相河先生に頼んじゃったから」と断られます。

その時、進路の相談をして欲しいと相河に申し出る青山。樫野木は今度も「進路のことなら僕が相談に乗るよ。相河先生、進路指導やったことないし、自分がやる」と言いますが「相河先生じゃなきゃだめなんです!」と青山にも断られてしまうのです。立て続けに断られてがっかりする樫野木でした。

進路相談を口実に二人きりになった青山は、単刀直入に「私と付き合ってください。相河先生のことが好きです!」と告白しますが「できません。学生と個人的な付き合いはできません」と断る相河。

すると「じゃ、私、学校辞めます。そしたら付き合ってもらえますか?」という青山に「できません。これって進路相談じゃないですよね?」とびっくりした相河が困ったように訊きます。「進路相談です!私、相河先生と結婚したいです!」と一歩も下がらない青山の態度に相河は開いた口が塞がりません。

断られ続けた青山は相河に、今度は「あの歯医者さんのことはどう思っていますか?こんにゃく渡すの見たんです。好きなんじゃないですか?」と訊きます。その質問に「考えたことありません」と応える相河。

断り続ける相河に構わず「私、相河先生のこと諦めませんから」という青山でした。

水本への気持ちがわからない相河

山田に料理を習う約束で相河宅を訪ねた水本。水本はこの前のリスのことを思い出し相河に「あ、その後、リスどうですか?」と訊きます。冬眠しない日本リスが、橋を元気に行き来していることを伝えた相河は、しばらく水本を見つめます。そんな相河に「なんですか?」と訊く水本。相河は「水本先生はリスっぽいですね。リス”は”好きです」といいます。

「リス”は”好きって何ですか」とちょっとがっかりした感じの水本。すると相河は、青山から水本のことが好きなんじゃないかと言われたことを話します。そして水本をじーっと見つめて「どう思います?」と質問するのです。応えに困ってしまった水本は「どう思うって・・・」と言葉を濁しますが、ちょうどそのとき外出していた山田が帰ってきました。

山田と唐揚げを作った水本。山田は水本に食べていくようにと勧めますが、帰るという水本。

相河と夕食を取りながら山田は、水本の目当ては料理ではなく絶対に相河であると言い、相河は水本のことをどう思っているのか訊きます。「わかりません」と応える相河はいきなり「すごいです!」と言っては「目に見えない人の気持ちに言葉を付けた人ってすごいです!嬉しい、楽しい、怖い、好き、嫌い。すごいです!」と言います。

山田は相河の周りの人たちの名前を呼びながら好きかどうかを訊きます。言われた人すべてに対しては好きとか嫌いの気持ちが言えるのに、やっぱり水本の名前を言われた時には気持ちが応えられない相河でした。

廊下で相河の講義を冷めた表情で聞いている樫野木に「相河先生どうですか?鮫島教授の代講ちゃんとやってますか?」と質問する熊野(阿南健治)事務長。樫野木は「あんなもんですよ」と冷たく言い、その場を離れます。

樫野木が去ってしまった後にも、学生たちと相河の楽しそうな講義に惹かれ最後まで聞いていた熊野。相河と一緒に職員室に戻りながら、熊野は「カメが月に行ったとこまではよかったです。でもリスって、それもレゴリスってなんですか?授業と関係ないことは言わないでください」と話します。

自分の講義を聞いてくれたという事実に、相河は目を丸くして「ありがとうございます」というのでした。樫野木はいつも何かしらと相河に注意をしている熊野が、相河の講義を最後まで聴いたということにとても驚いた様子です。

水本に警告する青山

相河に断られた理由が、相河が水本に気があるせいと思った青山は、水本の気持ちを確認するため水本のクリニックを訪ねます。

ちょうどお昼の時間で、水本は山田から教わったピリ辛キュウリを丹沢に味見してもらっていたところでした。待合室から、山田に教わって水本が作ってきたピリ辛キュウリがおいしいと喜ぶ丹沢たちの話を聞いて、動揺する青山。

お客さんが待っていると言われ、水本が待合室に出て来るや否や青山は「相河先生のことで話があります。相河先生のことどう思っていますか?」と言い始めます。

青山は、好きな人にシャイな相河が、水本にこんにゃくを渡すまでには勇気が必要だったはずなのに、こんにゃくは受け取らず、料理を習いに相河の家に行く水本のことが気に入らなかったのです。

「その気でないなら、相河先生に近づかないでください」と言い放って青山はクリニックを出て行きます。自分が言いたいことだけ言って帰ってしまった青山。青山の帰った後、水本は力が抜けてあっけにとられてしまうのでした。

相河のことを気にし始める水本

出勤の準備をしていた水本は、昨夜相河に「僕が水本先生のことが好きなんじゃないかって。どう思います?」と訊かれたことを思い出してため息をつきます。

そのとき!部屋でヤモリを発見し驚く水本。困った水本はクリニックで丹沢たちに、仕事が終わったら一緒に探してもらえないかとお願いするも無理と言われ、ヤモリの捕獲が得意そうな相河に頼んだらどうかと勧められます。しかし気になっている相河を部屋に上げることを躊躇してしまう水本は、相河にすぐ電話ができません。

鮫島は相河に代講をやってくれたことの礼を言います。相河は講義と関係ないことを言ったことで熊野に怒られたことを話します。すると「いいじゃない!横道にそれたことが面白いこともあるし」という鮫島。樫野木は鮫島のこんな反応にびっくりします。

水本は悩んだ末、やっと相河にヤモリをつかまえて欲しいと電話しました。部屋に上がる相河に「これは相河さんが動物の先生だからお願いしたことです」と念を押す水本。

相河に出すお茶を用意していた水本は、ヤモリを取るための用意をしている相河を見つめている自分にハッとして「ヤモリを探しています!」と頬をつねりながら自分に言い聞かせます。

大学で一人残業中の樫野木。先日、娘から元妻に交際する相手がいると言われたことを思い出していました。その時、娘の香澄から電話がかかってきます。ずっと元妻のことが気になっていた樫野木は翌日午後4時に娘と会う約束をします。

相河はヤモリを嫌う水本に、ヤモリがいるとゴキブリを取ってくれると言います。自分の家にはゴキブリなんかいないと言い張る水本。

話の途中、ヤモリを見つけた相河が「いました」と言いますが、ゴキブリの話し中だったためゴキブリが出たと思った水本は、驚いて思わず相河の後ろに隠れ相河の腰に抱きつきます。

水本の行動に互いにびっくりした二人。相河は「ヤモリです」といいヤモリを取りました。水本も手を放しながら「すみません」と謝ります。

ヤモリを捕えた相河。水本は帰ろうとする相河に「あの、コーヒーでも」と勧めますが「速くヤモリを放したいので帰ります」と言って相河は帰ってしまうのでした。

樫野木の元妻の交際相手

新庄(西畑大吾)は最近はまっているユーチューバーの”コンチューバ―N”の動画を時折ぷすっと笑いながら見ています。コンチューバ―Nはアリの姿をしたユーチューバーでいつもアリと話している動画をアップしています。

娘との約束時間に合わせて出かけようとした時、樫野木に電話がかかってきます。製薬会社から研究開発費の増額の件で呼び出されてしまった樫野木は、沼袋に頼むか相河に頼むか迷いますが、相河に娘のお迎えを頼みます。

娘を迎えて職員室に連れてきた相河。香澄にフィールドワークのことを訊かた相河は、フィールドワークでのリスのことやクマのことを話します。相河の話をとても楽しそうに聞いている香澄。

香澄は相河にスマホの写真を見せてあげます。写真を見つめながら笑う二人。樫野木が帰ってくると香澄はすぐさまスマホをしまってしまいました。

帰ってきた樫野木は子守をしてくれた相河にお礼を言います。相河は香澄が持って遊んでいたバードコールをあげると言いますが「せっかくだけど」と言い、相河にバードコールを返す樫野木。

樫野木と香澄が帰った後、手の中のバードコールを見ていた相河は「うん?」と何かに気づくのでした。

水本はヤモリを取りに相河が家に来ていたことを思い出していました。自分も意識せずにやってしまったことでしたが、やっぱり恥ずかしかったのでした。

娘と食事を一緒にしている樫野木は香澄に元妻の交際相手のことを訊きます。娘から元妻の交際相手が、大好きな自転車屋さんを開きたくて会社を辞めたということを聞いて「好きなことだけやって食べていくのは難しいから、再婚はないな」というのです。そしてこう付け加えるのでした。「ママに言っておいてよ。パパの研究は必ずネイチャーに載るって」樫野木の反応に香澄は複雑な表情を見せます。

相河の水本への気持ちは?

出勤前の相河は自分の気持ちを伝えるために水本のことを待っていました。水本に会った相河が「僕が水本先生のことをどう思っているのか分かりました。僕は」と話そうとすると「ちょ、ちょっと待ってください!」と慌てて後ろを向いてしまった水本でしたが、やっぱり相河の気持ちが気になる水本は振り返り話を聞き始めます。

フィールドワークのことを言い始めた相河。相河が伝えようとする話が何なのかつかめない水本は「何の話・・・」と訊きます。

相河は「僕は水本先生が苦手でした」と話を続けます。

「でも、楽しかったです。水本先生は謎や不思議でいっぱいです。水本先生と一緒にいると感動や発見があります。でもいい思いだけじゃありません。嫌な気持ちになったときもありました。いろんな気持ちになります。つまり僕は水本先生のことが、面白いです。僕は面白いって思っています」

「面白い?」と聞き返す水本。

そうとばかり告げて帰ろうとした相河は水本のところに戻ってきて「やっぱりすごいです!いろんな気持ちになるこの感情に面白いって言葉をつけた人は!本当にすごいです」と言って帰るのでした。

一人残された水本。相河の言葉を振り返ります。「面白いって・・・え?」

謎のコンチューバーNの正体

相河を訪ねてもう一度、相河の気持ちを確かめた青山。自分への気持ちを問いただす青山に「興味ありません。ごめんなさい」と相河はきっぱり断ります。

新庄たちのところに来た青山は「もう相河のことなんてどうでもよくなった。わたしのこと興味ないって言われた」と言います。青山はやり切ったといい、スッキリした様子です。

青山の話に立ち上がった新庄は相河を訪ねて「興味ないってどういうことですか?いい方ってもんがあるんじゃないですか?」と相河を責めます。

その時、ふと新庄の目に入った沼袋の机の上にあるカメレオンの人形。それを見て「コンチューバ―」と叫ぶ新庄。新庄の叫びに驚いた沼袋は、慌てて新庄を職員室の外に連れ出します。その人形はコンチューバ―Nの動画の中に登場したカメレオンでした。

樫野木の苛立ち

樫野木に娘・香澄から電話がかかってきます。再婚はないと思っていたのに、娘から告げられた言葉は、妻が無職のあの男と再婚したいと言っているとのことでした。

そして「ママ、フィールドワークやっていた頃のパパが一番カッコよかったって言ってたよ」と言われたのです。香澄の話に「は?ママと香澄のためにやめたんだよ」と樫野木は言います。

募る苛立ちを抑えて職員室に戻った樫野木。何も知らない相河は楽しそうに「樫野木さん。香澄さんまた来ますか?フィールドワークに興味ありそうでした」と話しかけます。

「ひげ似合っていました。香澄さんが昔の樫野木先生の写真みせてくれました」

樫野木を待っている間、香澄が相河に見せていた写真は、樫野木がフィールドワークをしていた頃の写真でした。写真の樫野木のことをしゃべり続ける相河に「黙れ!」と怒鳴る樫野木。

樫野木は「好きなことばかりできるキラキラした大人なんてほんの一握りしかなれない。なのに学生たちも相河先生みたいになりたがっている。なれなかったらどうするの?責任取れるの?相河先生はここだからいられるんだよ。だから成功者みたいに学生たちを勘違いさせないで欲しい。迷惑なんだよ。悪影響なんだよ。ここから消えて欲しい」相河に酷い言葉を浴びせてしまいます。

怖気づいてしまった相河は何も言い返すことができません。涙いっぱいになった相河は「帰ります」といい家に帰ってしまいます。

鮫島は樫野木を部屋に呼びました。鮫島に相河を学校に呼んだ真意を訊く樫野木。樫野木は相河が、自分のやりたいことや好きなことを仕事にするのが簡単なことではないのに、それが正しい生き方だと学たちに勘違いさせていると鮫島に不満をふつけます。

鮫島は以前、青山達が樫野木の授業を休んで相河を追って群馬に行ったことを相河のせいではなく、樫野木の授業がつまらないからだといい、今回も相河のせいにしておけば、向き合わずに済むことがあるんじゃないの?と樫野木に厳しい質問をするのでした。

早退してきた相河は夕飯の時間になっても部屋から出てこないでベッドであおむけになり考えに更けています。次の朝、相河は大学に姿を現わしませんでした。

鮫島から昔もらったコンパスを手にした相河。相河はかごを持って一人森を訪ねました。

僕らは奇跡でできている最終回の予告

相河は「僕、ここを辞めます」と言います。

青山達はクリニックを訪ね、水本に相河が学校をやめないよう説得して欲しいとお願いします。

水本は「これ以上のことはできないのかな」と言います。

相河は「嫌なことも辛いことも消そうとしないで、全部光で包んだら僕の光は無限大になります」と言います。

相河は樫野木に「どうして悲しくて辛かったかわかりました」と言います。

樫野木は鮫島に「フィールドワークをやめた本当の理由は、家族のためじゃありません」というのです。

鮫島は「だから出会えたのかもしれないね」と言います。

相河は「謎が解けました!楽しかったです」といいます。

僕らは奇跡でできている9話見どころと感想

水本の心の変化と相河の告白

青山に言われたことで、そしてヤモリ事件で互いを意識し始めた相河と水本。二人の恋は、まるで”恋”ということを初めて経験する人たちのように初々しくてピュアで無垢な感じがします。

相河は水本への自分の感情をどう表現したらいいかがわかりません。一生懸命に考えて出した結論が「面白い」でした。フィールドワークで例えられたその「面白い」の中には、楽しい、怖い、うれしい、悲しいなどといった、その時その時で味わったすべての感情が入り混じった気持ちの表現でした。

ただの可笑しいの意味の面白いではなかったです。相河が表現できる精いっぱいの言葉だな、そして最高の言葉だなと思いました。

相河は、目に見えない気持ちに、それを表す言葉を付けた人ってすごいと感心していました。好きとか嫌いとか、一つの単語では言い表せることのできない複雑なものが気持ちですが、一方そんな風にでも表現できる言葉があるって本当に幸せなことなんだなと思いました。

夢を追うのは簡単じゃないという樫野木の話

相河のやることが面白くない樫野木。自分がやりたいことをやっているのに、いつも楽しそうな相河を見て、樫野木は諦めてしまった自分のことがさらに嫌になっていたのでしょうか。

樫野木は鮫島に、好きなことやりたいことを仕事にすることは難しいのに、相河はそれがまるで正しい生き方のように錯覚させると不満を言っていました。そしてそんな樫野木に鮫島は、あなたの授業はつまらない!と厳しい言葉をかけます。

好きとか楽しい気持ちが抜けてしまったものは、自分はもちろんですが他人を楽しませることもできないですね。そしてその気持ちは周りにも伝わる。楽しんでいないってバレてしまう。

樫野木が相河に言ってしまった言葉はやりすぎで酷かったけど、樫野木の現実をみないといけないという意見は十分理解ができました。しかし、そんな甘くない現実のなかでも好きなこと楽しいことを見つけて取り入れていきたいとも思いました。

来週はいよいよ最終回。樫野木がどうして好きだったフィールドワークをやめてしまったのかが明らかになります。次回が楽しみです。

僕らは奇跡でできている9話見逃し動画の視聴方法は?

僕らは奇跡でできている9話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができます。初月は視聴料無料で見放題ですのでドラマのイッキ見も可能です。他にもドラマ・映画・漫画・雑誌などが充実していますのでチェックしてみてはいかかでしょうか?

FODプレミアムの詳細は以下にてご覧ください。

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、僕らは奇跡でできている9話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメント