僕らは奇跡でできている3話あらすじネタバレ感想と動画

僕らは奇跡でできている

僕らは奇跡でできている3話のあらすじネタバレ感想と見逃し配信のご案内をさせていただきます。

前回、焼き肉屋で偶然水本(榮倉奈々)と会った相河(高橋一生)。昔、自分のことが大嫌いだったという相河の話から、自分を嫌いになることもあるけど、時間がかかっても好きになればいいと気づかせてもらった水本でした。

今回は、度々登場する虹一君(川口和空)と動物園に行き、そこで何かハプニングが起こるようです。一体どんなことが起こるのでしょうか。

そして、今回も水本は相河に何か気づかされるのでしょうか。

それでは気になる3話をあらすじから見てみましょう。

>>僕らは奇跡でできているのキャストや相関図についてはコチラ

僕らは奇跡でできている3話あらすじ

動物園の猿の飼育係の下柳から、そろそろ猿のボスが交代しそうだという話を聞いた相河(高橋一生)は、まだ終わっていない歯の治療も先送りにして動物園に行きます。

リスのことが気になり、大学の外で相河を待っていた虹一君(川口和空)は相河が動物園に行くことを聞きます。動物園に一緒に行きたい一心で、相河から、一緒に行ってもいいかお母さん(松本若菜)に確認を取るようにと言われるも、母には何も言わず動物園について行ったのでした。

何の連絡もなしに塾にも行かずに行方が分からなくなってしまった虹一君を心配した母・涼子は水本のクリニックに行き、もしかして相河と一緒にいるのではないか連絡をして欲しいといいます。

相河が動物園に行ったことを思い出した水本(榮倉奈々)は急いで動物園に行き、相河を見つけます。水本は、閉園時間を過ぎても戻らない虹一君を探そうともしない相河に苛立ってしまい相河に怒りを爆発させてしまうのでした。

僕らは奇跡でできている3話ネタバレ

おじいちゃんに似た孫

相河の小学校時代の音楽の授業。クラスの友達はしっかり立って歌っているのに、相河は楽しそうに音楽にのって体を揺らしながら歌っています。それを見た先生は「相河君、体を揺らさない!」と注意します。

おじいちゃんの義高(田中泯)の陶芸小屋で「好きなだけ、好きなように歌いな」と言われた相河は楽しそうに体を揺らしながら歌います。そんな相河を見て義高は「これは俺に似たのかな」とつぶやくのでした。

どのボスの交代?

スマホをいじりネットサーフィンしてる学生や寝ている学生が大半だった初回の授業とは一変し、相河の講義を集中して聞く学生たち。

相河はトラとヤギの話をしながら、全てが備わった動物園にいる動物がただ長生きすることがいいのではなく、動物本来の感覚を使って生活に活気を出すことがとても大事であることを教えています。

話の途中でチャイムが鳴ると相河は話を切り、次回に続けるといいます。そんな相河を「いつもは絶対最後まで話すのに」と不思議に思う須田たち。

職員室に戻った相河は急いで出かける支度をします。そんな相河を見て樫野木(要潤)が「相河先生どうしたの?」と聞いたところ、相河は上着を着替えながらウキウキした表情で「ボスが変わりそうなんです。変わるのって7年ぶりらしいです」と答えます。

ボスのことを鮫島教授だと勘違いした樫野木は相河に「鮫島教授、学部長になってそんなに経つ?」と聞きます。「それ本当?確かな情報?」「はい」「鮫島教授に聞いたの?」「いいえ、違います」「じゃ、誰から?」「下柳さんです」と全く話がかみ合わない樫野木と相河。「下柳さん?それ誰?ちょっと!」と聞く樫野木の質問に答えることなく相河は急いで職員室を出て行きます。

ちょうどその時、鮫島(小林薫)が「樫野木先生、論文読んだよ」と自分の部屋に樫野木を招き入れました。よく書けたという鮫島の誉め言葉に樫野木は気分が良くなります。

先ほどの相河の話が気になった樫野木は、鮫島に学部長になってどれほどなのかを聞きます。「5年、いや7年かな?」鮫島のその返事に目が開く樫野木。相河の話は本当だったと思ったのでしょう。さらに、「長く居すぎたな。もっと楽したいんだよ。俺が楽できるかどうかは樫野木先生にかかっているから」という鮫島の話に、樫野木は本当にボス(学部長)の交代だと確信を持つのでした。

芽生える琴音の恋心

コンビニで買い物をしていた水本は鳥飼(和田琢磨)との前日のことを思い出し、ため息をつきます。店を出た水本はスマホを出して鳥飼の連絡先を表示させます。連絡しようかどうかと悩んでるところに自転車に乗ってどこかに向かう相河を見かけます。

動物園に行った相河は、猿のお世話係である下柳に会って猿の話で盛り上がります。相河はすべての猿の名前を覚えて、どういう状態だったのかも把握していました。

学食では琴音(矢作穂香)たちが食事をしています。みんなに「相河は彼女いるのかな?」と聞く琴音の質問に、須田(広田亮平)たちは「最近、相河のこと気にしていない?」と少しからかいます。

「タイプなんじゃない?」と聞く須田に「そんなわけないじゃん!相河おじさんだし」と応える琴音。そう返事するも、フィールドワークでの相河の天真爛漫な笑顔を思い出している琴音はフィールドワークから相河のことが気になっていたのです。

山田の勘違い

動物園の帰りに、相河は水本にばったり会います。挨拶を交わして帰ろうとする相河に、歯の次の治療はどうするかを聞く水本。相河が治療を急いだ方がいいかと聞きますが、水本は急がなくてもいいと応えます。

そしたらいきなり動物園の猿のボス交代の話をし始める相河。「5年から10年で行われるボスの交代はめったに見られないことなんです」と楽しそうに話す相河の様子で「ボスが交代したらいらっしゃるということですね」と受け取る水本でした。

山田(戸田恵子)との夕食。

山田は大河原から水本クリニックについて聞いた話を相河にします。それは女の先生であること、そしてお父さんからクリニックを受け継いだことなどでした。適当に流しているように見える相河に、山田は「私の話聞いていないでしょう!」と大声を出します。

そしたら、相河は水本に歯の治療を先送りしても大丈夫だと今日言われたことや、水本が実は良く食べるという話を山田にします。この前の焼き肉が相河一人ではなく水本と一緒だったことを知った山田はびっくりします。「へえー焼肉ー」と二人の間に何かあるのでは?と期待混じりの勘違いをした山田はニヤニヤするのでした。

クリニックのお昼の時間。歯科衛生士の丹沢(トリンドル玲奈)が作ってきた弁当を見て、「私も作ってみようかな」と話す水本。入会して一回も行っていない料理教室に、「最後の患者さんもキャンセルになったから今日行ったらどうですか?」と予約することを促されますが、「でも溜まっているレセプトの整理やらなきゃいけないし、症例分析もやらなきゃいけないし」などなど。水本の頭はやらなければいけないことでいっぱいです。

相河のことが気になる琴音

職員室に入ってきた相河に樫野木は「鮫島教授から話聞いたよ。本当にボスの交代ありそうだね。次は僕みたいでさ」とさりげなく、自慢げに話します。

そこに相河を訪ね職員室にきた琴音。「相河先生はゼミ持っていますか?」と相河に聞きますが、相河は「持ってません」とだけ言って、急いで外に出て行きます。

そんな相河にめげずに後を追ってきた琴音が「お帰りですか?楽しそうですね」と質問すると「はい。動物園に行きます」と応える相河。びっくりした琴音は「もしかしてデート?」と聞きますが、しばらく琴音の顔を伺った相河は無言でその場を去ってしまいました。

同じもの同士、通じ合う相河と虹一君

大学の外では前日のリスのことが気になった虹一君が相河を待っていました。

相河が動物園に行くと話すと、一緒に行きたいと言う虹一君。相河は虹一君に、「一緒に行ってもいいかお母さんに聞いて見て」と話します。それを聞いて虹一君は「わかった。待ってて!」と走り去りました。

相河と虹一君の二人は動物園に行く道を一緒に歩いています。「友達の顔描いたんだけど、僕だけ横顔を描いたから先生に怒られた。みんなを見てごらん。正面を描いているでしょうって」「先生もお母さんも僕のことを変だと思っている」と愚痴をこぼす虹一君。その話に相河は「みんなと違うことをして僕もよく怒られたな」といいます。良く怒られたことで互いの気持ちが理解できる二人はとても楽しそうに話しています。

動物園には新庄(西畑大吾)が入場ゲートで働いていました。琴音は動物園に向かった相河を追って一人で動物園に来たのでした。

猿の群れを見ながら、相河は猿たちに起こっていることを一つ一つ丁寧に虹一君に説明します。そういう猿たちが人間みたいだと感心する虹一君。「僕、探検してくる。動物たちの謎をみつけるぞ!」と言います。そんな虹一君と、閉園のアナウンスがあったら猿山に集合すると約束した相河は、虹一君に渡したいものがあると言って何かを渡します。そして虹一君は探検にでます。

琴音は猿山にいる相河を見つけます。「偶然ですね」と駆け寄る琴音に「はい」と応えては、動物園に一人でいる琴音を変に思うこともなく、何も気にしない様子の相河に琴音は笑ってしまいます。琴音に会うやいなや猿の話を始める相河。

相河は琴音に猿のカップルが成立するまでの過程を自演しながら説明してあげます。

オス猿は気に入るメス猿がいたら、びっくりして逃げないようにそーっとそーっと近づいて、近くに行っても逃げなかったら毛づくろいをしてあげる。丁寧に。そしてメス猿がお返しに毛づくろいをしてくれたら、それでカップル成立。

その一連の行動を琴音にマネして見せる相河に胸がドキドキする琴音でした。

行方不明になった虹一君

水本クリニックの診療時間が終わった後に駆け込んできた虹一君の母の涼子。彼女は塾から虹一君が来ていない連絡を受け、行きそうなところを全部探しても見つからなかったので、都市文化大学の教授を名乗る人と一緒にいるのではと思い相河のことを尋ねに来たのでした。

母に確認をすると言っていた虹一君は、実は母に何も言わず、塾にもいかず動物園について行ったのです。水本は相河に何度も連絡しますが相河は電話にでません。そのとき動物園の話を思い出した水本は動物園に急ぎます。

チンパンジーがする口の形で、相手を攻撃しないという意味でもあり、赤ちゃんがお母さんのおっぱいをねだるときの“リップスマーキング”を真似る相河の写真を撮る琴音。その写真を見て、琴音は「可愛い」と嬉しそうに微笑みます。

そこに動物園の閉園を知らせるアナウンスが流れ、「閉園なのでさようなら」という相河に、琴音は「先生と一緒に帰ります」と応えます。そんな琴音に相河は「僕は虹一君と一緒に帰ります」と言うのでした。

動物園に駆けつけた水本は相河を見つけて、どうして勝手に虹一君を連れ出したのか、閉園時間なのにどうして虹一君を探さないのか責めます。そんな状況でも猿の話を始める相河に「ふざけないでください!」とキレてしまう水本。

虹一君を探しに行こうとする水本に、相河は「虹一君は戻ってきます」と言います。相河のその発言にさらに怒りが出た水本は「何を根拠にそんなことをいうのですか?この状況がわかっていますか?何かあったらどうしますか?」と相河を責め続けます。

新庄と琴音も動物園のスタッフたちと一緒に虹一君を探しまわります。

そのころ、虹一君は動物園の片隅で落ち葉を拾っては楽しそうに眺めていました。

もう辺りは薄暗くなってしまっています。誰もいない動物園の中には不気味に動物たちの鳴き声だけが響きます。少し怖くなってしまった虹一君。その時、相河と別れる際に、相河に渡されたものを思い出します。

相河に渡されたものはコンパスでした。相河は虹一君にコンパスを渡しながら、道に迷ったら緑の針を北に合わせ、ひたすら南にいくように教えたのでした。それを思い出し、コンパスをカバンから出した虹一君は相河に言われたとおりに北に針を合わせては南に向かって走り出します。「了解!」と言いながら。

雨が降り出しました。虹一君を見つけられなかった水本たちが相河のところに集まりました。ちょうどそのときに戻った虹一君。相河も喜んで出迎えます。嬉しそうに自分が発見したことや落ち葉で作った絵を相河に見せる虹一君。

その夜、相河は鮫島、水本と一緒に虹一君の家を訪ね、涼子に謝ります。相河に怒りと不信感をぶつける涼子。「今度から虹一君と出かけるときは自分から連絡します。」という相河に、塾もあるし遊ぶ暇などない、ときっぱり断る涼子。遊びたいという虹一君の話は聞き入れようともしません。涼子に再び謝った鮫島と相河は寂しそうに虹一君の家を後にするのでした。

疲れ切ってクリニックに戻った水本は診察室の椅子に寄りかかります。しかし、しばらくして「やらなきゃ。。。」と言いながら重い体を起こしパソコンに向かうのでした。

元気のないのは相河も同じ。陸カメのジョージにお休みの挨拶をしベッドに入ります。そして義高に幼いころ教わった、嫌なことを忘れるおまじないをして眠りにつくのでした。

相河が水本に伝えたかったこと

山小屋で山田に給料を渡す義高。山田は義高に、相河が教授になってからの近況を話しながら相河がデートをしている様子だと言います。その相手が通っている歯医の先生であることを嬉しそうに話す山田。義高も「あいつ、なかなかやるな」と嬉しそうです。

20年間相河をそばで見てきた山田は、最近相河の変化を感じていました。そんな山田に、「もう20年か。このままでいいのか山田さん」と聞く義高。少し悲しそうに表情を曇らせた山田は「お参りさせていただきます」と言って誰かの仏壇にお参りをします。

鮫島は昨日の騒ぎのお詫びとして、水本を相河、樫野木、相河と一緒の席に呼び出しました。

相河がお手洗いに行っている間、水本は動物園での理解できない相河の行動を鮫島たちにぶつけます。そうすると鮫島は、毛が抜けてハゲになっていた猿が毛が生えたことを話し始めました。その話は虹一君を探しに動物園にきた水本に相河が持ち出していた話でした。

「1日2回食事を与えられる猿は暇になり、自分の毛を抜いてハゲになってしまう猿がいたりする。だから相河は下柳に食事を4回に分けて与えるように提案したそうだ。そうすると常に何かを食べる状態になり、食欲とか本能がずっと刺激をされて野生にいるのと似た状態になるから生き生きとしてきて自分の毛を抜かなくなる」と。

「そういうことだったんじゃないのかな。あいつが言いたかったことは」と鮫島が話すも、水本はそれが虹一君と何の関係があるのか未だに理解できません。

すると鮫島はちょうどお手洗いから戻った相河に、「相河先生は、虹一君が本来持っているやりたいと思っていることを思う存分やらせてみたかったのですね?そういうことなんだろう?虹一君にやりたいことをやらせるために待ってたんだろう?」と聞きました。

水本は動物園で、戻ってきた虹一君が、とても嬉しそうに自分が発見したことや描いた絵を相河に見せながら話していて、相河もまたそんな虹一君の話を思いっきり大きな声で「了解!」と言いながら聞いてあげていた姿を思い出しました。

相河は鮫島の質問に「僕は、虹一君が戻ってくることを知っていただけです。」というのです。

その言葉に「意味が分かりません。戻ってくるって知ってたって。。。」と言いながら、水本は「すごいよ。育美は」と言い残し部屋を出て行った恋人鳥飼のことを思い浮かべていました。

ボスの交代の件を相河に聞く鮫島。

「今年は交代しないです。めったに見られないことです」と相河は鮫島に応えます。

鮫島は水本に、猿山のボスが7年ぶりに交代しそうだったことを話します。そこで樫野木は交代するボスが、鮫島ではなく猿であったことに気づいてがっかりするのでした。

やりたいこと、やらなければいけないこと

歯を抜いたところで食べ物を噛んだことで歯茎が痛くなった相河は、診療時間が終わっているクリニックに水本と戻ります。

相河の診察以外にもやななければいけないことがいっぱいあるという水本に、「やりたくないですね」と話す相河。「いつそんなこといいましたか?」と向きになった水本は、これまで自分が頑張ってきたことをあれこれアピールし、この前取材した雑誌を見せながら自分は認められたんだと言い張ります。

診療が終わり帰ろうとした水本は机の上に置いてある、相河に見せていたあの雑誌を開きます。自分が載っているページを見ながら、焼き肉屋で相河が話していたことを思い出します。

「昔の自分は自分が大嫌いで毎日泣いていました」

水本は雑誌を閉じて帰宅します。

卓球台ネットの使い道

講義用のかごを持って構内の休憩スペースを通っていた相河は卓球をしている学生たちを見かけます。卓球台に近づき、ネットを気にしだして何かを考えながらさわり始めた相河。何かまたヒントを得たのでしょうか。

相河は自分が立てた小さな赤い旗がたくさん並んでいる森のあの場所にいきました。そこで写真を撮ったり周りを見渡したりしています。そして持って行った卓球ネットや紐などで何かを熱心に作るのでした。

僕らは奇跡でできている4話の予告

どこかに出かけた相河。人々に囲まれた食事の席についた相河はとても楽しそうです。

水本は部屋を出て行く鳥飼に「雅也にはもっと合う人がいるんじゃない?」といいます。

ピリ辛こんにゃくを箸で持ち上げて「すごい発明です!」と興奮する相河。

水本は歯科衛生士たちに「私、まちがってませんよね?」と何かを訴えています。

森の中で水本に「本当に人は食べられるようにしました」と熱く語る相河の話に、どこか暗い表情の水本です。一体なんの話でしょうか?次回がお楽しみです。

僕らは奇跡でできている3話の見どころと感想

積極的な琴音

フィールドワークでの出来事で相河のことが気になり始めた琴音。とてもかわいい彼女は行動も積極的です。相河を追いかけて、職員室に行ったり、一人で動物園に行ったり。動物園で相河が、猿がカップルになるまでを自演で見せたところも、とてもドキドキ、胸キュンする演出でした。好きな人にあんなことされたら!琴音のドキドキがこちらにまで伝わってくるようでした。

相河と虹一君の共感するところ

相河と虹一君が一緒に動物園への道を歩くシーン。虹一君は相河に、みんなと違うことでよく怒られると愚痴をこぼします。相河は自分も同じ幼少期を送ったのでそんな虹一君の気持ちがよくわかります。「僕もよく怒られたよ」と話してあげるそのシーンがとてもほのぼのして温かく感じられました。

「学校の先生もお母さんも全部僕がおかしいと思ってる」と話す虹一君の話には心が痛かったです。

そして、動物園で相河の待つところに、探検を終えて全力で戻ってきた虹一君。虹一君の発見したことを聞きながら、描いた絵をみながら、思いっきり大きな声で、満面の笑みで「了解!」と相河が言ってあげるシーンは、何か感極まるものがあって、私も満面の笑みで見ていました。

道に迷ったら針を北にあわせて南に向かって走れ

一人で探検に行く虹一君に相河はコンパスを渡します。そして道に迷ったら緑の針を北に合わせてひたすら南に向かって走りなさいと教えます。みんなが帰った園内で、周りも暗くなり怖くなった虹一君は、相河の言葉を思い出し、その通り走ったことで無事に相河の待っている待ち合わせの場所に戻ることができます。

回り道をしても、寄り道をしても、行くべきところがあって、待っている人がいるなら少し遅くなっても心配しなくていいよ、と教えてくれたような場面でした。だから、急ぐ必要はないんだよ。やりたいことを存分にやりなさいと語ってくれたような気がしました。勇気づけられ慰められる場面でした。

僕らは奇跡でできている3話の見逃し配信動画を見たい人は?

僕らは奇跡でできている3話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができます。初月は視聴料無料で見放題ですのでドラマのイッキ見も可能です。他にもドラマ・映画・漫画・雑誌などが充実していますのでチェックしてみてはいかかでしょうか?

FODプレミアムの詳細は以下にてご覧ください。

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、僕らは奇跡でできている3話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアム(視聴サービス)にてご確認ください。

コメント