SUITS/スーツ7話あらすじネタバレ感想と動画

SUITS/スーツ

SUITS/スーツ第7話のあらすじネタバレ感想とSUITS/スーツ第7話がみられる動画情報をご紹介していきます。

前回は、甲斐正午(織田裕二)と蟹江貢(小手伸也)の新コンビで投資詐欺に立ち向かいました。甲斐・鈴木大輔(中島裕翔)が別案件で知り合ったハッカーを利用して裏帳簿を入手、そして、金融犯罪に詳しい蟹江の力と合わせて投資詐欺を見事に立証することができたのでした。

今回は聖澤真琴(新木優子)の父、聖澤敬一郎(竹中直人)が最強の弁護士として登場します。それでは、さっそく7話のあらすじから見ていきましょう。

>>SUITS/スーツのキャストや相関図についてはコチラ

SUITS/スーツ7話あらすじ

甲斐はクライアントの「桜庭リゾート&ホテル」社長・桜庭庸司(髙橋洋)から合併話の相談を受けます。

「桜庭リゾート&ホテル」はここ10年間で13のホテルを造り上げており、うち4つのホテルが五つ星の評価を得ることが決まり、順調な経営を見せていました。そんな中、大手ホテルグループ「KJO」社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案を受けたのです。

「KJO」の代理人弁護士は、大手ファーム「弁護士法人セイント」に移籍した木次谷公一(橋本さとし)で、かつて鈴木が息子の替え玉受験を引き受けた相手でした。

一方、鈴木は司法試験を目指す聖澤のサポートを申し出ました。そして、鈴木は受験恐怖症に悩む聖澤と試験対策に取り組みます。

そのころ「幸村・上杉法律事務所」では新人弁護士の採用面接が行われていました。鈴木は聖澤が面接に現れた女性・町田日向子(石橋静河)と仲良く話す姿を見かけ、動揺します。町田は、過去に鈴木が替え玉受験をした女性だったのです。

合併を優位に進めたい甲斐は、KJOグループがタイに所有するホテルで従業員のストライキが起きていたことを知り、詳しく調べるようにと鈴木に命じます。

合併の交渉のため「セイント」に向かう甲斐は、木次谷の弱みを握る鈴木を同行させます。そこで鈴木は代表弁護士・聖澤敬一郎と会い、真琴の父親であることを知るのでした。そして木次谷は東京での連絡係に過ぎず、甲斐らは敬一郎と戦うことになるのでした。

敬一郎が提示した合併比率は対等なものではなく、また桜庭の名前が残らないものでした。いったん話し合いは決裂に終わります。

「幸村・上杉法律事務所」の上杉は幸村が過去に追放。上杉と敬一郎は親友で、敬一郎は娘の真琴をそのファームに推薦したものの、上杉がいない今、真琴にファームを移るように言うのでした。合併の交渉に関しても、その因縁が影響している様子です。

KJOグループについて調べていた鈴木は、KJOグループの横領事件を掴みます。しかも、その横領についてはプレスリリースされておらず、甲斐は交渉を優位に進めることができると喜びます。

敬一郎が譲歩の姿勢を見せたことを知った甲斐は、新たな合併条件を提示します。そして横領事件の火消しを桜庭が買って出ると伝えたのです。そして前向きな検討をしてもらう約束を取り付け、互いの会社の資産状況を交換します。

ところが資産状況を掴んだKJOは、突然TOBを仕掛けてきたのです。不本意な敵対的買収を仕掛けられた甲斐は、五つ星を取得した「東京、京都、金沢、沖縄」の4つを桜庭が、買収の前にKJOのライバルのモリーサホテルグループに売却すると伝えます。それに動揺した敬一郎はお互いウィンウィンになるような合併をと提案し、甲斐と鈴木は無事に勝利を収めたのでした。

SUITS/スーツ7話ネタバレ

「桜庭リゾート&ホテル」社長・桜庭と話す甲斐

甲斐はクライアントの「桜庭リゾート&ホテル」社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いにいきます。そして、桜庭リゾート&ホテルはここ10年間で13のホテルを造り上げ、うち4つのホテルが五つ星の評価を得ることが決まり、順調な経営を見せていました。「超一流の仲間入りですね。」と甲斐。「でも、僕が目指しているのは、そこじゃないんです。」と桜庭は話すのでした。

聖澤の司法試験の受験に協力を申し出る鈴木

一方、鈴木はカフェで落ち込んでいる様子の聖澤を見かけ、お店に入り声をかけます。聖澤は弁護士を目指しながらも、「試験会場の空気っていうか、ミスしたらどうしようというプレッシャーにパニくっちゃって。」と司法試験の受験に対して不安を抱えている様子。鈴木は聖澤の司法試験の受験に協力すると決めたのでした。

大手ホテルグループ「KJO」からの合併の提案

甲斐は桜庭から話を聞いています。桜庭は大手ホテルグループ「KJO」社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案を受けたとのこと。「最高のタイミングで最高のチャンスが舞い込んできたんです。」とにこやかに話す桜庭でしたが、桜庭が造った独創性やブランド価値が失われることを甲斐は懸念するのでした。しかし腹を決めた桜庭に、甲斐は協力することを決めたのでした。

大手ファームに移籍した木次谷が蟹江にも移籍を勧める

木次谷と蟹江がレストランのテラス席でランチをしながら話をしています。2人は共に過ごした大学時代を懐かしんでいます。木次谷は甲斐のシニア昇格の根回しを幸村が進めていると話し、自分は条件の良いファームに移籍したと言います。そして、「代表の好き嫌いで人事は決まる。」と、蟹江にも移籍を勧めます。蟹江がどこのファームかと机に手をつき、体を乗り出して聞くのでした。

甲斐がKJOの経営情報を調べるように鈴木に命令

事務所で甲斐は鈴木にKJOの経営状況を調べるように命じ、合併の話を伝えます。部屋を出る鈴木は、飾ってあるイニエスタ選手のサイン入りの写真を見て、「代理人になるとイニエスタと食事も? 僕はまだ一度も誘われていないなと思って。」と話す鈴木に、「まだ顔じゃない。」と甲斐は答えるのでした。

KJOの代表弁護士は木次谷だった

桜庭のホテルで、甲斐は桜庭と玉井伽耶子(中村アン)とディナーを楽しみながら打ち合わせをしています。「玉井さんにはいつもお世話になっているし、一度、うちのシェフの味を体験してもらいたかったんです。五つ星が取れたのは彼の功績が大きいので。」という桜庭に「楽しみにしています。」と玉井。

桜庭が合併に前向きだとメールをしたら、ジーンが来日をし、会うことになったと話します。「代理人弁護士は?」と聞く甲斐に「これからいらっしゃいます。」と桜庭。「常識のない人だ。」と甲斐が呟くと、甲斐の後方を目を丸くして見つめる玉井。現れたのは木次谷でした。

「ご子息はお元気にされていますか?」と尋ねる甲斐に「浪人させることにしましたよ。」と木次谷。かつて鈴木が息子の替え玉受験を引き受けた相手でした。木次谷は大手ファーム「セイント」に移籍したとのこと。「これでお宅とも対等以上にお付き合いできるかと。」と話すのでした。握手をする甲斐と木次谷の手には必要以上の力が入ります。

聖澤の父親

「はい。それまで。」鈴木は聖澤とファミリーレストランで試験の練習をしています。鈴木は「聖澤さんは普通の問題と引っ掛け問題との見極めがついていない。司法試験は他の国家試験より引っ掛け問題が少ないよ。」とアドバイスをします。鈴木が詳細を説明しようとしますが、聖澤は話を聞かず、店員の呼び出しボタンを押してビールを頼むのでした。

食事をしながら父親のことを話す聖澤。「完璧なんです。うちの父親。30代で自分のファームを立ち上げ、今はアメリカの法人のトップに。」と、ずっと父に憧れていたことを鈴木に話します。「それがプレッシャーに?」と鈴木。今週帰国する予定の父親に、パラリーガルのまま、どんな顔で会えばよいのかと聖澤は気にしています。

「お父さんはお父さん、聖澤さんは聖澤さん。」と励ましますが、「うちの父を知らないからそんなことが言えるんです。」と、「代表と甲斐先生を足して、蟹江先生で割った感じ。」の父親であることを明かします。鈴木は思わずむせてしまうのでした。

幸村に新人面接を任せられた蟹江

蟹江と玉井が会議室で面接の準備をしています。「幸村・上杉法律事務所」では新人弁護士の採用面接を行おうとしています。

そこへ幸村が入ってきて、野暮用ができたため蟹江に面接を任せると話すのでした。野暮用が甲斐のための根回しではないかと疑った蟹江は、野暮用は何かと聞きます。しかし、それこそ野暮だと言って立ち去る幸村。

怒った蟹江は「面接では時に厳しい質問を浴びせることになるかもしれないが気にしないでくれたまえ。法曹界の厳しさに耐えうる人材を見出さなければならないのでね。」と玉井に話すのでした。

鈴木が過去に替え玉受験をした女性が面接に現れる

鈴木は、聖澤が面接に現れた女性・町田日向子と仲良く話す姿を見かけて慌てます。遠くから女性のことを覗き見ていると、甲斐から声をかけられます。鈴木は甲斐に、その女性の替え玉受験を過去に行ったことを打ち明けますが、甲斐は女性の替え玉をやる方法の方が気になっています。カツラにメイクに、とジェスチャーで伝える鈴木に、胸を膨らませるのかとジェスチャーで聞く甲斐。苦しい表情で頷く鈴木。それより・・・と、替え玉がバレないか心配する鈴木に、替え玉を自分から打ち明けるはずがないと自信満々の甲斐なのでした。

鈴木が町田のことを気にして聖澤に聞いたところ、聖澤は町田と高校、大学と一緒で大親友だといい、「彼氏いますよ。」と話すのでした。

セイントとの合併交渉

「セイントがKJOグループの代理人を?」と幸村。「皮肉なものですね。友好的な合併を因縁のあるファームと結ばなきゃならないなんて。」と甲斐。幸村は気にする必要はないと言いますが、「セイントにいいようにされることだけはないわよね。」と警戒している様子です。

甲斐はセイントに鈴木を引き連れていきます。合併交渉を精神的に優位に進めようと、木次谷の弱みを握る鈴木を同行させます。セイントの事務所の前で桜庭を待つ間、甲斐は鈴木から、KJOグループがタイに所有するホテルの営業が一時止まったことがあると聞き、詳しく調べるように伝えます。そして、桜庭と一緒にセイントの事務所に入ります。

会議室でジーン社長を待つ甲斐と鈴木と桜庭。対面には木次谷が気まずい表情で座っています。そこに現れたのはセイントの代表弁護士・聖澤敬一郎。鈴木は聖澤敬一郎の名前を見て、聖澤真琴の父親だと気づいたのでした。

敬一郎に言われて食事に出る木次谷とジーンと桜庭。「代理人は木次谷先生なのでは?」と尋ねる甲斐に「木次谷には東京での連絡係をやってもらっているだけですよ。KJOグループの世界戦略はこの私が。」と敬一郎。

敬一郎は「ここ数年の幸村の躍進をけん引しているのは、甲斐先生、君らしいね。」とニューヨークまで悪い噂が知れ渡っていると話します。

敬一郎が出した合併の条件は甲斐の懸念した通り、合併比率もKJOに都合のよいもので、従業員の雇用に関する保証もない、桜庭の名前も残らないものなのでした。対等な条件を望む甲斐に、「桜庭は世界では誰も知らない。つまり、顔じゃない。それでもジーンは桜庭さんを取締役に受け入れようとしている。ウィンウィンの条件になっている。」と敬一郎。甲斐は「桜庭リゾートが打ち出した独創的なホテル経営は世界トップクラスだと私は思っています。そんな新たな才能を、規模だけが自慢のグループに潰されるわけにはいかない。」と話すのでした。

「今日のところは決裂ですかね。」と甲斐と鈴木は会議室を出ていくのでした。

幸村・上杉法律事務所の上杉は聖澤敬一郎の親友

幸村の部屋で、幸村が手に持つスマホの情報を蟹江が読み上げています。「幸村の面接官はパワハラくそ野郎。カニとかエビとかいう名前のやつ。」幸村は面接でファームの評判を落とされたことに怒り、今すぐ対処するように命じました。

蟹江が部屋を出るのと入れ違いに部屋に入った甲斐。幸村は、「多少不利な契約条件でも合併を進めるようにあなたを説得して欲しいと桜庭からお願いされた。」と甲斐に伝えます。しかし、合併話を決裂にした甲斐に幸村は「今回は私もあなたに乗ろうかな。」と話すのでした。

事務所のカフェスペースで「甲斐先生と何かあったんですか?」と敬一郎のことを尋ねる鈴木。玉井は自分の部屋に戻りながら「甲斐先生っていうより、代表かな。」そして鈴木に幸村・上杉法律事務所の上杉について「いないの。代表が追放したから。」と話します。

上杉は聖澤敬一郎の大学の同期で無二の親友。聖澤は上杉が追放されたことを気にいっていないと玉井は話すのでした。

幸村は甲斐に、敬一郎の出した合併の条件について「何か試されている気がするんだよね。」と上杉が抜けた後のうちのファームの力が試されているのではと話します。

上杉を休職処分にし、一人でファームを経営してきた幸村は、「それがファームにとってのベストだと思っている。」と話し、甲斐をシニアにしようとしているのも、ファームの新体制をより強いものにしたいからだと話します。「言いたいことは分かりました。つまり売られた喧嘩は買えと。」と甲斐が言うと、幸村は頷いたのでした。

部屋の外では蟹江が立ち聞きし、甲斐がシニアになろうとしていることに怒った様子で立ち去ります。

真琴にファームを移ることを勧める敬一郎

街中にあるカフェのオープンテラスで、敬一郎は真琴にセイントに来ないかと聞き、幸村・上杉事務所は親友の上杉がいなくなったあと全く別のファームになってしまったと話します。

「真琴はパパに気を使って無理して法曹界にいようとしているんじゃ?」と心配する敬一郎に、司法試験を受けて弁護士になりたいと話す真琴なのでした。「精一杯頑張れ。」と応援する敬一郎でしたが、「ファームを移ることだけは考えておいてくれよ。」と言われるのでした。

敬一郎が帰った後、真琴もお店から帰ろうとすると「忘れ物です。」とハンカチを差し出されます。真琴はハンカチを届けるために敬一郎を追いかけますが、そこで、タクシーで待っていた蟹江と合流する敬一郎を目撃。蟹江は移籍を考えて、敬一郎に会いに来たのでした。

日向子の替え玉受験のことを知る真琴

真琴と日向子は食堂で夜ご飯を食べています。採用がダメだった日向子をフォローする真琴。日向子は「資格がない。私は受かってないんだ。」と司法試験の替え玉受験のことを打ち明けるのでした。

合併の既成事実化

甲斐の部屋で、鈴木はネットに投稿されたジーンと桜庭の2ショットを甲斐に見せます。フォロワー数は2人合わせて300万人以上。どうやら外堀を埋めて、合併の既成事実化を狙っている様子です。

甲斐は鈴木にタイの件を確認しますが「今、急いで探しているんですが。」と鈴木。

真琴が替え玉受験!? 鈴木に連絡をとりたがる悪友

廊下から出た鈴木に、町田から電話がかかってきます。そして親友の替え玉受験をお願いされたのでした。その親友というのは真琴のことです。

鈴木は替え玉受験の相談のことを谷元砂里(今田美桜)に相談します。優秀な真琴が、試験が苦手なせいでずっとパラリーガルをしていることを気にしている鈴木に、「そういうことか。」と砂里。砂里は鈴木が真琴を好きなのかと思い、複雑な表情を見せるのでした。

砂里は谷元遊星(磯村勇斗)からの電話を受けます。遊星はまた鈴木と一緒にやりたいと砂里に伝言を頼みますが、砂里は「無理だって。大貴を困らせるようなことはもうやめて。私にも電話しないで。」と電話を切ったのでした。

事務所で真琴は玉井に「蟹江先生のことで。」と先日、蟹江が敬一郎と一緒にいたことを伝えた模様。

KJOグループの横領事件

事務所でメールを見て、「来た!」という鈴木。KJOグループの横領事件を掴んだのでした。タイのストライキの原因が、アジア地区を統括するマネージャーの横領事件だったと話します。しかもKJOグループはプレスリリースせずに隠蔽していたのです。

二度目の合併条件の交渉

幸村が事務所を出て歩いていると、敬一郎が声をかけます。挨拶した幸村はすぐにその場を立ち去ろうとしますが、敬一郎が呼び止めます。

敬一郎が「上杉は元気にしていますか?」と尋ねると「大親友である先生の方がお詳しいのでは?」と答える幸村。「お宅の看板にまだ名前が残っていたので聞いてみただけですよ。」と実態のない弁護士の名前を看板に載せている幸村に「組織の名前なんて所詮その程度のものでは?」と今回の合併の話と重ねるのでした。桜庭に期待している、弁護士同士が意地を張り合っている場合ではないという敬一郎。最後には交渉次第では条件が変わると話すのでした。

幸村は甲斐に敬一郎が譲歩を匂わせたことを伝えます。「うちが横領事件を調査していることに気づいたのかもしれませんね。」と甲斐は、合併を急ぐセイントの敬一郎に新たな条件を加えた提案を持っていったのでした。

提示された条件を見た敬一郎と木次谷は笑って「あり得ませんね。」と話しますが、甲斐は横領事件の火消しを桜庭が買って出るとアジア統括マネージャーの横領事件のことを伝えます。そして前向きな検討をしてもらう約束を取り付け、基本合意書を結ぶ前に互いの会社の資産状況を交換したのでした。

選択を間違えないように真琴に伝える鈴木

真琴は替え玉受験の依頼をしようと、待ち合わせ場所に向かいます。「じゃぁそこで待ってて。今から例の人に連絡するから。」と町田。

そこへ鈴木がやって来ます。「もっと自分を信じてもいいんじゃないかな。お父さんのこと気にし過ぎている気がして。思い詰めると人ってどんどん悪い方に考えて選択を間違えるでしょ。」と聖澤を励ますのでした。

敵対的買収に立ち向かう甲斐

甲斐の部屋で「どういうことだ!何でこんなに株が買われているんだ。」と桜庭。鈴木から資料を見せられた甲斐は「やられた。」と一言。KJOはTOBを仕掛けたのです。

幸村の部屋で状況を説明する甲斐と鈴木。KJOは合併を進めると見せかけて資産状況を出させ、それをTOBに利用したのです。「それじゃぁ、敵対的買収じゃない!」と幸村。「何とかできる?」と聞く幸村に「ないことはないですが。」と甲斐。桜庭に電話で何やら了承を得ている様子です。

セイントに訪れた甲斐と鈴木は、エントランスでジーンと敬一郎に会い、紙の資料を渡します。そして、「あなた方が買いあさっている桜庭リゾートの資産価値はまもなく半分以下になります。」と。そして五つ星が決まっていた「東京、京都、金沢、沖縄」の4つについて、「だまし討ちで乗っ取られるくらいなら、自らの手で売却をする。」と、KJOのライバルのモリーサホテルグループに売却することを伝えたのでした。

ジーンと相談した敬一郎は「もう一度合併の話に戻させてくれ。」と頭を下げます。甲斐は「だまし討ちをするような相手に会社の主導権を渡すわけにはいきません。つまり、KJOグループは、顔じゃない。」と。「お互いウィンウィンになることを願っているよ。」と手を差し出す敬一郎の手を甲斐は握ったのでした。

替え玉受験のことが真琴にバレる

真琴は鈴木を誘って行きつけの食堂に行きます。「あの時、人と待ち合わせをしていたんです。でも、結局その人は来ないまま。来たのは鈴木先生だけでした。先生ですよね?」と尋ねます。鈴木はごまかそうとしますが、そこに町田がやってきて「大さん。」と声をかけ、真琴に替え玉受験のことがバレてしまいます。

幸村と乾杯する甲斐

幸村と乾杯する甲斐。「それにしても、あんな奇策で来るとはね。合併に見せかけた買収とか。」と幸村。甲斐は「奇策なんてそうそう通用するもんじゃありませんよ。」と言うのでした。「あなたがしたことも相当なものだったけど?」と言う幸村に、「ああでもしないと、相手が相手でしたから。」と甲斐。

「そういえば蟹江は?」と聞く甲斐に、「熱は冷めたみたい。」と幸村。セイントに移るのをやめた蟹江の目的は、実は幸村での報酬アップだった模様。

「もしあの時、上杉に私が追い出されていたら、このファームはどうなっていたかしら。」と幸村。甲斐は「少なくとも俺は移籍していましたよ。」と言い、幸村は「ありがとう。」と嬉しそうにするのでした。

「もう一杯いかがですか?」と甲斐に言われ、幸村は「空けちゃいましょう。それ。」と上機嫌なのでした。

SUITS/スーツ8話予告

-ついにクライマックス突入-

「すべて一手先を読まれている。(甲斐)」

「甲斐、どうなってるの。(幸村)」

-集団訴訟の原告は462人-

「病気との因果関係は立証不可能です。(相手の弁護士・畠中)」

「聖澤さんの解雇が決まったって。(鈴木)」

-スパイ行為で真琴が解雇!!-

「事務所を辞めます。」と言う真琴に「俺は君を信じる。」と言う鈴木。

「大。」と名前を呼び、鈴木にキスをする砂里。それを目撃する聖澤。

「必ず君を落として見せる。」と電話で話す甲斐。

再び訪れた、後輩弁護士・畠中との戦いに甲斐はどのように立ち向かうのでしょうか?

SUITS/スーツ7話の見どころと感想

聖澤敬一郎と聖澤真琴の親子関係

とても優秀なイメージのパラリーガル・聖澤真琴ですが、実は司法試験のプレッシャーに勝てず、悩んでいました。父親の有能なところを見て育ったからかもしれませんね。そんな真琴を応援しようと鈴木が協力を申し出ますが、過去に替え玉受験をした女性・町田日向子と真琴は親友。鈴木は日向子を経由して真琴から替え玉受験の依頼をされてしまうのでした。

偶然を装って待ち合わせ場所に行き、選択を間違えないようにと真琴に伝えた鈴木が話したことは、真琴を心から応援する、そして、自分の過ちを後悔する言葉でしたね。胸に響く優しさでした。

しかし、替え玉受験のことがバレ、今後、どのようになるのか不安も残ります。

聖澤敬一郎の奇策とそれに立ち向かった甲斐

合併の交渉と見せかけて、相手の会社の資産状況を探り、敵対的買収へ・・・。聖澤真琴の素直さからは想像できない、父・聖澤敬一郎のやり方でした。さすが、アメリカの法人トップとなった弁護士です。それに対して、甲斐の戦略は、五つ星が決まっていた「東京、京都、金沢、沖縄」の4つをKJOのライバルのモリーサホテルグループに売却するという意外なものでしたね。「桜庭リゾート&ホテル」が築き上げた五つ星ホテルを全て乗っ取られる前に売却するなど思いもよりませんでしたが、一気に形勢逆転。いつも思いますが、甲斐役・織田裕二さんの番組ラストで見せる得意げな表情は、見ていてとても気持ちがいいですね。今後も勝ち続けることができるのか、来週からのお話も楽しみです。

SUITS/スーツ7話の見逃し配信動画を見たい人は?

SUITS/スーツ7話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができます。過去のSUITS/スーツはもちろん、その他のフジテレビのドラマやバラエティ番組など内容も充実しています。初回1か月間は無料でお試しすることができますので、登録してみてはいかがでしょうか?

FODプレミアムへの登録方法はこちら↓

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、SUITS/スーツ7話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメント