SUITS/スーツ5話あらすじネタバレ感想と動画

SUITS/スーツ

SUITS/スーツ第5話のあらすじネタバレ感想とSUITS/スーツ第5話がみられる動画情報をご紹介していきます。

前回は、製薬ベンチャー「ナノファーマ」に関する案件でした。ナノファーマのCEOが幸村の元夫であることからプライベートな部分の「隠し事」があり、なかなか真相が見えずに甲斐を苦しめる展開になりましたね。

今回はスムーズに解決できるのでしょうか? さっそく5話のあらすじから見ていきましょう。

>>SUITS/スーツのキャストや相関図についてはコチラ

SUITS/スーツ5話あらすじ

幸村・上杉法律事務所では2018年の上半期の決算報告会が行われていました。売り上げ1位の甲斐正午(織田裕二)と取り扱い案件数1位の蟹江貢(小手伸也)は、幸村チカ(鈴木保奈美)から賞品を手渡されます。

一方で、鈴木大輔(中島裕翔)の元に悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の逮捕の知らせが入ります。障害事件を起こした谷元の元へ向かうために、「祖母(田島令子)が転んで怪我をした。」と鈴木は甲斐に嘘をつきます。甲斐は自分が個人契約している車を使うように鈴木に伝えたのでした。

鈴木は運転手の赤城達男(ブラザートム)に事情を話し警察に向かいますが、その途中、前を横切るトラックに衝突してしまいます。トラックの運転手糸井公一(半海一晃)に名刺を渡すと、糸井は「甲斐正午はまだここにいるのか?」と尋ねたのでした。

鈴木は現場を離れ、警察に行き、谷元の身柄を引き受けます。飲食店で他の客と騒ぎを起こした谷元は、店から割れた食器の弁償を求められていました。しかし、谷元はマンションも車も失い、借金まで抱えていたのです。

甲斐は「糸井が示談を拒否している。」という報告を赤城から受けます。そして、甲斐に嘘をついて谷元のもとに駆け付けた鈴木に「悪友と縁を切ることが雇う条件だったはずだ。」と話し、関係を断ち切るように命じます。

2年前、糸井の会社が作ったベアリングがクライアントの会社の商品のコピーだったために潰そうとした甲斐。訴訟で負けて賠償金が発生すれば糸井の会社は倒産してしまうため、訴訟は断念させたと言います。しかし結局、会社は潰れてしまい糸井の逆恨みを買ってしまったのでした。

借金取りに拉致された谷元を助けた鈴木は、谷元の更生を願い自分にはもう近づかないように伝え、その関係を断ち切ります。

糸井は音声テープを捏造して優位に立ちますが、事故の時の記憶を整理した鈴木はその時に通りかかった掃除代行サービスの車を思い出し、ドライブレコーダーの映像を手に入れます。そして、糸井のトラックの一時停止違反・速度違反を糸井に突きつけ、無事に解決することができたのです。

SUITS/スーツ5話ネタバレ

平成30年度上半期の決算報告会

幸村・上杉法律事務所では平成30年度の上半期の決算報告会が行われています。

幸村は「トップの先生には私から賞品を。」と封筒に入ったチケットを蟹江に渡します。「誠実に勝る知恵はなし。常にクライアントに寄り添い正攻法で戦ってきた結果です。これ、京都南座のこけら落としの。」と欲しかったものが手に入り喜ぶ蟹江。

ペアチケットではないことを甲斐に指摘されますが、蟹江は「伝統芸能には一人静かに向き合いたい。」と話します。

「次に最も売り上げを上げた先生を。」と封筒を甲斐にも渡します。唖然とする蟹江。「悪いな。量より質が俺の流儀でね。」と甲斐は玉井に封筒を渡します。玉井が封筒を開けると南座の同じ日のチケット。

幸村は「一緒に行ってきたら?」と勧めたのでした。「冗談じゃない。」と甲斐と蟹江は声を合わせるのでした。

甲斐の部屋で玉井にチケットを差し出す甲斐。「このチケットが取れるかどうかつい先日、先生に聞かれた気がしますが。」とチケットを返す玉井。蟹江と2人で行ってついでにお茶屋遊びでもと勧める玉井に甲斐が一言。「笑えない。」そこへ鈴木が入って来ます。

谷元の逮捕の知らせ

悪友・谷元の逮捕の知らせの電話を受けた鈴木。悪友との関係を断ち切っていないことを隠すため、「祖母が施設で転んで怪我をしてしまった。」と甲斐に嘘の報告をします。

甲斐は心配し個人で契約している車を鈴木に手配します。困った鈴木は車に乗る前に運転手の赤城に相談を持ち掛けるのでした。

アソシエイトと秘書に苛立つ蟹江

蟹江はアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)が「すぐに確認を。」と自分の質問に何一つ即答できないことに怒っています。そして、秘書の馬場まで早退していることに苛立っていました。

そして、羽根のはたきを触って心を落ち着けます。

鈴木の車がトラックと衝突

鈴木は運転手の赤城に友人が逮捕されたことを説明し、警察に向かってもらいます。途中、運転手が「甲斐先生にこれをお渡し願えますか?」と助手席との間に置いてあったCDを取ろうとした時、目の前をトラックが横切り、トラックの側面に衝突してしまいます。

トラックから降りた糸井は「いいかげんにしろよ。これからまだ配達があるというのに。」と道路に帽子を投げつけて怒っています。鈴木が名刺を出して名乗ると「甲斐正午という弁護士はまだここにいますか?」と尋ねるのでした。

鈴木は運転手の赤城に言われて、事故現場を離れて谷元のところに向かい、警察署で谷元の顔を見てため息をつきます。

示談に応じないトラック運転手

「示談に応じない?」と甲斐。赤城は保険会社を通じて交渉を試みたがどうしても訴えると言われたことを伝え、相手の連絡先を甲斐に渡します。連絡先を見た秘書の玉井伽耶子(中村アン)は「あら。」と一言。甲斐も「糸井社長。」と何やら心あたりのある表情を浮かべます。「よりによって・・・。」と甲斐は呟くのでした。

逮捕された理由を谷元に聞く鈴木

夜、川辺で「店で口論になって暴れたってこと?」と鈴木は谷元に事情を聞いています。

店側が壊れた食器を弁償して欲しいと言っていることを伝えると、谷元は「借金の返済で全部持っていかれた。マンションも車もあの3千万も。」とネットカフェに住んでいることを明かします。「砂里にも電話拒否されて、どこも行くとこねぇし。」と話す谷元。

「ここが地獄じゃあるまいし、そんな死にそうな顔すんなよ。」と言う鈴木に谷元は「それ、ワンピースのセリフだろ?」と笑い、「もう無理だ。俺は海賊王にはなれない。」と話すのでした。そこへ非通知設定の電話がかかり、まだ残る借金にどうすればよいのか分からない谷元なのでした。

悪友との縁を切るように伝える甲斐

翌朝、事務所で甲斐は示談交渉をせず現場を離れた鈴木を責めています。向かった先が祖母のところではなく悪友・谷元のところだったと気づかれた鈴木。更生を望む谷元を少しでも助けたいと話しますが、甲斐は「彼との縁を切ることが君を雇う条件だったはずだ。」とケリをつけるように伝えるのでした。

事務所で玉井は甲斐に「そんなに簡単にリセットできるものなんですかね?」と問いかけます。「過去に縛られて未来を台無しにするなんて。」と答える甲斐に「分かっていても割り切れないのが人間なんじゃ。」と玉井が反論。「今日はやけに粘るな。」という甲斐に柳慎次(國村隼)の汚職疑惑の記事を見せ、「こんな記事を見たら。」と言うのでした。

谷元とクラブに行く鈴木

関係を断ち切ろうとネットカフェにいる谷元のところに行った鈴木。「高校中退じゃ、うまくいかねぇな。」と就職先をネットで探している谷元に、「一杯行くか。」と外に連れ出します。

クラブで乾杯し、お酒を楽しむ谷元と鈴木。鈴木が椅子からバッグを落としたときに、バッグから封筒が出てしまいます。弁護士事務所の封筒を谷元に見られて「俺、弁護士になった。」と報告する鈴木。「夢、叶ったんだな。」と就職祝いに朝まで飲もう谷元に言われるのでした。その封筒を見た後、鈴木の方を見て怪しく微笑む男2人組・・・。

甲斐が糸井に示談交渉

糸井を訪ねた甲斐は「糸井社長、お久しぶりです。この度はご迷惑をおかけしました。」と挨拶と謝罪をします。「糸井ベアリングはもう畳まれたのですか?」と尋ねる甲斐に「あの裁判沙汰のあと、結構な負債を抱えてしまいましたからね。従業員も女房も皆逃げていきましたよ。」と糸井。糸井は会社が倒産した後、トラックの雇われ運転手をしています。

甲斐は示談の交渉をしますが、糸井は「あの事故以来、怖くてハンドルを握れなくなりましてね。」と精神的な後遺症を主張してくるのでした。甲斐は「これは私からのお見舞金です。」と封筒に入った札束を渡しますが、「たったこれだけ。」と糸井。いくらなら納得するのかと聞く甲斐に「こういうのを買収って言うんじゃないのか。今の行為で精神的苦痛を被った。帰れ。」とお金を突き返し、「あの運転手に恨みはないが、あんたのおかかえと分かった以上、示談などあり得ん。」と言って立ち去ってしまいました。

一二三物流の顧問の蟹江に相談

事務所の廊下を歩きながら話す甲斐と鈴木。示談で済ませたいと望む甲斐に「相手は一二三物流という大手の運送会社です。普段の甲斐先生なら真っ先にそこの顧問弁護士と交渉しそうな気がした。」と鈴木が不思議そうに聞きます。「相当の覚悟がいる。あの弁護士に頼むのは。」と甲斐。

「珍しいな。君が私のオフィスに来るなんて。」と蟹江。蟹江はツイッターで知り合った猫友から猫を預かっていました。甲斐は猫が嫌いな様子。「それより、一二三物流の顧問弁護士やっていたよな?」甲斐が覚悟がいると鈴木に話していた弁護士は蟹江のことだったのです。

糸井と甲斐の因果関係

鈴木は聖澤真琴(新木優子)に、糸井と甲斐が特許を巡る争いをしていたことを聞いています。「糸井ベアリングは会社規模は小さかったのですが、高品質で国内トップシェアを誇った会社でした。でも新開発した低摩擦ベアリングが大手メーカーから類似品だとクレームが入って。」と聖澤。「その大手メーカーの弁護士が甲斐先生だった。」と鈴木。「それが、訴訟にはならなかったんですよね。糸井ベアリングの過去の申告漏れだとか、取引先とのリベートの事実を指摘して、社長に訴訟を断念させたんです。」と話す聖澤に「出た、甲斐先生の常套手段。」と鈴木は苦笑いをしたのでした。

蟹江との交渉は続く

甲斐は蟹江に一二三物流の上層部に口利きをお願いし、上層部から糸井に示談を呑むように説得してもらおうとしていたのです。「見返りは?」と聞く蟹江に南座のチケットを渡しますが、それだけでは納得しない様子。「ニューヨーク行きのチケットなんてどうだ?もちろん田中選手との食事付きで。」とさらに提案を加える甲斐に悩む蟹江。そして、「何が望みなんだ。何でも言ってくれ。」と言う甲斐に「何でも?」と奇妙な笑みを浮かべる蟹江なのでした。「くそっ。」と呟いて部屋を出る甲斐。

谷元の借金取りに追いかけられる鈴木

鈴木が事務所にいると受付から来客の電話が入ります。受付横のソファーで待つ男の2人組を見た鈴木は、その男らがクラブで出会った怪しい男だと気が付き階段を駆け下りて逃げます。地下の駐車場に出たところで、運転手の赤城が追いかけてきた男にうまく嘘をついてくれて、無事に振り切ることができたのでした。

蟹江のお願いとは・・・。

「なぜ私が蟹江先生の秘書に?」と秘書の玉井。甲斐は「2日間だけだ。」と言いますが「嫌です。」と3回答えた玉井。甲斐は「玉、頼む。」とお願いしたのでした。

谷元を心配する鈴木

地下の駐車場で谷元の留守番電話に折り返しの連絡を頼む鈴木に「ご友人は?心配ですね。」と赤城。羽根のはたきで車を手入れしながら「誰かが手を差し伸べてくれたらもう一度頑張れると思うんですよね。」と「私だって甲斐先生が拾ってくれたから・・・。」と甲斐に恩を感じている様子です。

鈴木は谷元の妹の砂里(今田美桜)に電話をかけて、鈴木の部屋で谷元を待つように伝えます。「カギはポストの中だから。」と今夜は帰れそうにないと話す鈴木なのでした。

玉井の作戦

蟹江は廊下で口の中に口臭予防のスプレーをし、嬉しそうに玉井の部屋に向かいます。しかし、そこには玉井の姿はなく、玉井からの置き手紙が。それを見た蟹江は「オーマイゴッド。」と屋上に走ります。

屋上にはフェンスのドアを開け、靴を脱ぐ玉井。蟹江が来るのを待ち構えている様子です。蟹江が現れると飛び降りようとする玉井。それを必死で止める蟹江。「何でも言うことを聞く。」と蟹江に言わせたのでした。

自分の席で仕事をする玉井に甲斐は「いいのか。ここにいて。」と聞きます。玉井は「蟹江先生は馬場さんじゃないとダメみたいで。」と笑顔で答えます。そして、「さっき代表が探してましたよ。」と伝言を言付けました。

糸井に捏造された音声テープ

幸村の部屋で甲斐と蟹江はネットのニュースになった甲斐と糸井の音声テープを聞いています。

―音声の内容―
お金で訴訟を諦めろなんていくら何でも酷すぎます。(糸井)
言ってください。いくら欲しいんですか。あの程度の事故で精神的後遺症を立証するのは馬鹿げています。(甲斐)
私はただ通院にかかった費用を支払って欲しいだけです。(糸井)
そんな理屈法廷じゃ通用しませんよ。(甲斐)

「説明してもらおうか。」と言う幸村に「完全な捏造ですよ。都合のよいセリフだけ継ぎ足して、自分の声は後から録音しなおしている。」という甲斐。「一二三物流とは話をつけたんじゃなかったのか。」と聞く甲斐に答える蟹江。「つけたさ。これはドライバーが勝手にやったことだ。」

約束通り玉井を渡したという甲斐に、自殺願望のある秘書なんて雇えないという蟹江なのでした。

他の会社からも甲斐との顧問契約を考え直したいという連絡があったことを伝える幸村。それでも赤城を守りたいと言う甲斐に、どうしてこうなったと思うかと幸村は尋ねました。「偶然、ぶつかった相手が悪かった。」と甲斐。「私には必然にしか思えない。勝つためには手段を選ばない。そのつけが回ったの。」と幸村。「因果応報。自業自得。身から出た錆。」と蟹江に気分を聞かれた甲斐でしたが、「スリリングで最高に楽しいね。」と部屋を出ていくのでした。

甲斐の忠告

「さっきファームに来た連中は誰だ?」と悪友との関係を断ち切れていない鈴木を責める甲斐。

鈴木は赤城のことを話します。「甲斐先生からチャンスをもらったから今があるって。谷元だって手を差し伸べてやれば。」甲斐は「中途半端な優しさは友情とは言わない。それは甘やかしだ。彼の更生を本気で臨むんだったら関係を切れ。次はないぞ。」と話すのでした。

赤城を雇った経緯

玉井は幸村に赤城の過去を話します。甲斐が検事時代に担当した強盗傷害事件の弁護側の証人となった赤城。赤城と被告は当時バンドマンをしていて、事務所が被告を守るために赤城に偽証を依頼。しかし、赤城は甲斐の尋問に真相を話した。結果、赤城は音楽業界にはいられなくなり甲斐の運転手をすることになった・・・と。

事故の記憶を整理する鈴木

甲斐は一二三物流に行きますが、糸井は首の痛みで休職中。事故の日のドライブレコーダーの映像があるか確認しますが、その日だけSDカードの入れ忘れがあったとのこと。

一方、鈴木は事故現場に足を運んでいました。そこに甲斐から電話がかかります。「糸井はドライブレコーダーのデータを消去していた。たまたま、その日だけSDカードを入れ忘れるなんて都合が良すぎるだろ。」と甲斐。「つまりやましいことがあったということですね。」と鈴木は事故が起きたときの記憶を整理し、事故の時に通りかかった掃除代行サービスの車を思い出したのでした。

糸井の逆恨みだと説明する甲斐

部屋でヘッドホンをしてブルースを聴く甲斐。幸村がそこへやってきて糸井からの訴状を渡します。また、「うちとの契約を考え直したいというクライアントもあとを絶たない。」と伝えます。

「後悔先に立たず。」と言う幸村に「後悔なんてしていません。」と甲斐。

2年前、クライアントの糸井の会社が作ったベアリングがコピー賞品だったことを説明します。訴訟で負けて賠償金が発生すれば糸井の会社は倒産してしまうため訴訟は断念させたが、会社は潰れてしまい糸井の逆恨みを買ってしまったと話したのでした。

糸井の逆恨みだと主張する甲斐に幸村はちゃんとケリをつけるように伝えて部屋から出ていきました。そこへ、「欲しいものは手に入りました。」と鈴木からの報告の電話。

借金取りに捕まる谷元

谷元を待つために鈴木の部屋に来た砂里。「これ、兄貴の。」と床に置いてあるバッグから1枚の写真を手にとります。その写真には高校の制服を着た谷元と鈴木と砂里の姿が写っていました。一方、谷元は借金取りに捕まってしまったのでした。

甲斐と鈴木は一二三物流の糸井を訪問します。トラックの洗車をする糸井に「もうよろしいんですか?首」と甲斐。「訴状はもう送った。何も話すことはない。」と言う糸井に、鈴木は糸井のトラックが一時停止の違反と法廷速度の違反をしていることが記録されたドライブレコーダーの映像を見せたのでした。

甲斐は話します。「まだ訴訟をするつもりですか?余計なことをしましたね。あなたは配送業でまた会社を起こしたかった。だから事故の過失が自分の側にあるとは絶対に認めたくなかった。私が全面的に非を認めたのに欲が出た。過去の因縁を持ち出して難癖付けて悲劇の庶民を演じて見せた。」

「何とでも言え。お前が平気で買収もする弁護士だってこと、日本中に知れ渡っている。せいぜいマスコミに化けの皮をはがされるんだな。」と糸井。

甲斐は「それはどうでしょうね。実は私にはSNSに100万のフォロワーを超える友人が多数いまして、彼らに今回の動画を拡散してもらおうかと。悲劇の庶民を演じていた男の化けの皮がはがれたとなると、世間は平気で手のひらを返しますよ。次に有名人になるのは、糸井さん、あなたですよ。」と話し、くやしがる糸井に「私はこれからもクライアントを守るためならあらゆることをしますよ。例えあなたと100回争っても100回勝つ。」と今日中に訂正記事を出さなければ訴えると伝えて立ち去りました。

甲斐と鈴木が事務所に戻ると、借金取りが待ち構えていて、鈴木が500万円の借金の保証人になっている内容の借用書を渡されました。鈴木が「こんなの法的に何の効力もない。」と伝えると、男らは「彼がどうなってもいいのか。」と痛めつけられた谷元の写真をスマホで見せてきたのでした。「時間をくれ。」と鈴木が言うと男らは帰っていきました。

「やれるか?」と甲斐。「僕が何とかするしかないんですよね。」と鈴木が言うと、甲斐は「気楽に行け。」とお酒が入ったボトルを投げて鈴木に渡しました。「正義は勝つ。ですよね?」と鈴木が聞くと「それは違う。勝者だけが正義だ。」と立ち去る甲斐。「甲斐先生、ワンピース読んでるんですか?今のドフラミンゴのセリフですよね。」と追いかける鈴木。

谷元を助け、縁を切る鈴木

倉庫で借金取りと待ち合わせした鈴木。スーツケースと谷元を物々交換します。しかし、スーツケースの中身は借金取りを調査した資料と写真。「何だよ、これ。金はどこだ。」と怒る男らに鈴木は「読んでください。貸金業法も利息制限法も無視した金貸し行為は完全に違法行為です。」「何だと!」と胸ぐらを掴む男らに「傷害罪も追加されればさらに不利になります。違法のヤミ金行為に加えて、拉致監禁、暴行、恐喝。全部足したら懲役何年になると思います?」と鈴木。「5分以内に戻らなければ上司が警察に通報することになっている。でも僕の上司は面倒が嫌いだからもう通報しているかも。このまま谷元を解放すればお前らのやった犯罪行為に目をつぶる。」と鈴木。男らは観念し、去っていきました。

鈴木にお礼を言い、お前のためにも心を入れ替えて働くと話す谷元に「恩を感じているのなら、俺に近づくな。迷惑なんだよ。」と鈴木。谷元は「ふざけるな。」と鈴木を殴ろうとしますが、「分かってくれ。俺はお前の知っている俺じゃない。」と話すのでした。

自転車を押して歩いて帰る途中、自転車を投げ飛ばし、近くにあった物にあたって気持ちを整理する鈴木なのでした。

柳が甲斐を訪ねてくる

汚職疑惑の柳慎次が甲斐の部屋を訪れています。玉井がお茶を出すと「玉井君だったっけ。久しぶり。」と柳。

「で、いったい何を企んでいるんです?」と聞く甲斐に「懐かしい部下の顔を見に来ただけだ。」と話す柳。煙たがる甲斐に「過去はそう簡単にリセットできるもんじゃない。いい意味でも悪い意味でも。手を貸して欲しい。」と話す柳。「お断りします。」と甲斐が言うと、「私のことを一番理解しているのは君だと思っているから。」と理由を聞く柳。甲斐は「だからこそ、お断りします。」と伝えたのでした。

玉井は、この世で一番見たくない顔を見たので馬場と一杯飲みに行く、と甲斐に伝えます。

事務所を出て車に向かう甲斐は赤城から紙コップに入ったコーヒーを受け取ると、胸のポケットから何かを出そうとして隠し、「何だと思います?」と赤城に尋ねます。赤城は「先日、私がお貸ししたのが50年代のブルースですから、同年代のジャズ。」と答えます。「さすがです。」と甲斐はCDを差し出したのでした。

甲斐が車に乗り込もうとすると自転車で鈴木が帰ってきます。甲斐の方を見て頷いてみせ、谷元の件が上手く解決したことを伝えたのです。

車の中で目を瞑ってジャズを聴く2人。「もう事故は勘弁ですよ。」と言う甲斐に「目を開けて運転します。」と答える赤城なのでした。

SUITS/スーツ6話予告

投資詐欺!!20億円を取り戻せ!?

「今回は蟹江と組んでもらいます。(幸村)」

「重要証人に何をした。(甲斐)」

女性にビンタされる蟹江。

「和解を受け入れましょう。」と話す幸村に「それはできません。」と蟹江と甲斐。

「鈴木大貴、それがあなたの本名でしょ。」と女性。俯く鈴木。

「鈴木先生が経歴詐称をしているって。(幸村)」

「お前の力が必要だ。」と真剣な眼差しで蟹江を見つめる甲斐。

甲斐・蟹江の新コンビでどのように投資詐欺に立ち向かうのでしょうか?

SUITS/スーツ5話の見どころと感想

甲斐と蟹江の戦い

決算報告で案件数1位と売り上げ1位をそれぞれ獲得した蟹江と甲斐。常にお互いをライバル視していて、毎回2人のやりとりが面白いです。今回は甲斐が示談相手の弁護士を避けていることが判明。なんと示談相手の顧問弁護士が蟹江でしたね。

他にも蟹江にクライアントの上層部にかけあってほしいとお願いする場面や、糸井から逆恨みをされる甲斐を蟹江が「因果応報。自業自得。身から出た錆。」と言っている場面など、2人のやりとりはこのドラマの見どころです。

甲斐の優しさ

勝つためには手段を選ばない甲斐ですが、検事時代に真相を証言して音楽業界を追放された赤城に手を差し伸べ、自分の運転手にした過去が明らかになりましたね。他にも、2年前に糸井に訴訟を諦めさせた理由も損害賠償を背負うリスクを考えてのことでした。

一見、傲慢に見える甲斐ですが、その陰に優しさが見られます。鈴木をアソシエイトに雇ったときもそうでしたが、情に厚いところがあり、毎回ドラマを見ていると主人公の甲斐の魅力に少しずつ惹きつけられます。

しかし、一方で柳と黒い過去もありそうな予感。今後の展開も見逃せません。

SUITS/スーツ5話の見逃し配信動画を見たい人は?

SUITS/スーツ5話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができます。過去の放送分をまとめて見ることも可能です。初回1か月間は無料でお試しすることができますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、SUITS/スーツ5話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメント