SUITS/スーツ4話あらすじネタバレ感想と動画

SUITS/スーツ

SUITS/スーツ第4話のあらすじネタバレ感想とSUITS/スーツ第4話がみられる動画情報をご紹介していきます。

前回は、老舗時計メーカー「KAMIYA」の次期社長を巡る争いでしたね。

甲斐(織田裕二)と鈴木大輔(中島裕翔)はKAMIYAの工場の海外移転を進める動きを止めるために、KAMIYAのマニュファクチュールを愛するBPM社にKAMIYAの買収を提案。前社長の遺志を継ぐ工場長を次期社長に擁立することに成功し、KAMIYAはマニュファクチュールを継続することができたのでした。

今回はどのような問題に挑むのでしょうか?さっそく4話のあらすじから見ていきましょう。

>>SUITS/スーツのキャストや相関図についてはコチラ

SUITS/スーツ4話あらすじ

幸村チカ(鈴木保奈美)と製薬ベンチャー「ナノファーマ」代表の辛島悠紀夫(小市慢太郎)が2人で会っているところを偶然目撃した甲斐。訴訟を起こされた「ナノファーマ」に関する情報を得るために、甲斐は東大法学部教授の退職を祝う会に出席しました。そこで、大手ファームに所属する後輩の弁護士・畠中美智瑠(山本未來)と再会します。

一方、蟹江(小手伸也)主催のクイズ大会で鈴木はアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗)との決勝戦に挑んでいましたが、ハーバード大学のご近所のカフェの人気メニューを答えることができず破れてしまいます。

その翌日、幸村は甲斐に「ナノファーマ」を助けるように命じました。そして、辛島が幸村の元夫だと明かします。

鈴木は、クイズ大会の2位の賞品として蟹江から春日友加里(生越千晴)の弁護を任せられます。春日は家賃を滞納したために、オーナーから訴えられたのです。春日はマンションの管理状態が悪いせいでペットのウサギがストレス死し、そのために仕事も辞めることになった、と話すのでした。

辛島と立花理乃(中原果南)は難病の特効薬「レミゼノール」を共同開発したのですが、薬の副作用で肝機能障害を起こしたという患者8名から訴えられていました。甲斐は、被害者の会の弁護士・福原太一(渡辺憲吉)に、見舞金を支払うことで和解したいと提案しましたが膨大な金額を提示され訴訟で争うことに。

鈴木が受け持つ家賃滞納の案件は、「春日の通院履歴が、ウサギが死ぬよりも以前であること」を裁判当日に畠中に証拠提示され負けてしまいます。

また、甲斐が受け持つナノファーマの案件でも同じく畠中に「提示した証拠に抜けているページがあり、証拠を隠蔽している」と指摘され負けてしまいます。

しかし、調査を進めた鈴木は春日がうつ病の他にも「かゆみ」に悩まされていたことを知り、物件の買い取り再販業者が春日の部屋の絨毯にシラミをバラまいていた証拠をつかみ、見事に逆転。

甲斐も、幸村を通して立花が隠蔽したデータの真実を調査し、その隠蔽が副作用を隠すものではなく、関節骨化症に悩む辛島のデータであったことを明かし、レミゼノールにより関節骨化症を克服した辛島を被害者たちに見せることで無事に和解を取り付けることに成功したのでした。

SUITS/スーツ4話ネタバレ

後輩の弁護士・畠中と再会

甲斐は、東大法学部教授の退職を祝う会で大手ファームのエースで後輩の弁護士・畠中と久しぶりに再会しました。「こんな湿っぽい会に顔を出すなんてどういう風の吹き回しです?」と聞く畠中に「こう見えて愛校心は強いよ。」と答える甲斐でしたが、何かを企んでいると気づかれて「察しがいい。」と答え、乾杯したのでした。

蟹江主催のアソシエイトクイズ大会

鈴木は蟹江が開いたアソシエイトクイズ大会で決勝戦まで残っていました。決勝に残った館山と鈴木がハーバード大学の出身であることから、蟹江は「ここからはハーバードのトリビアクイズでいこう。」と提案したのでした。いくつかのクイズに順調に答える2人。

最後の問題でハーバードスクエアにあるカフェの看板メニューに応えることができなかった鈴木。「あの店に行ったことのない学生はもぐりだ。」と蟹江に言われたのでした。そして、館山には優勝賞品として蟹江のサイン付きブロマイドと大事なクライアントの訴訟を1つ、2位の鈴木にはボランティア案件を任せます。「まさかもぐりじゃないよな?」と笑う蟹江なのでした。

製薬会社ベンチャー「ナノファーマ」の訴訟

甲斐は製薬会社ベンチャー「ナノファーマ」が訴えられた話を畠中に持ち掛けます。しかし、畠中は悪人扱いされたくないので弁護は断ったことを伝えました。「面白い話が聞けたよ。」とお礼を言って甲斐はパーティーを後にしたのでした。

蟹江に気づかれている!?

翌朝、甲斐の部屋に出勤した鈴木は「蟹江先生に気づかれています。」と相談します。「どうせハーバードのご近所グルメのクイズだろ。」と甲斐。「堂々としていればいいんだよ。」とキャラメルを渡したのでした。そこに、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)が甲斐を呼びに来ます。「代表か?」と甲斐。

幸村の部屋で、幸村はナノファーマの訴訟資料を甲斐に渡そうとします。甲斐は「東京中の弁護士に門前払いを受けている会社ですよ。」と断りますが、幸村は命令だと伝えます。「悪名高い会社のCEOとデートなんかしていたらファームの評判に関わりますよ。」と甲斐は先日たまたま目撃したデートのことを持ち出しますが、幸村は「彼は不正をするような男ではない。夫なの。」と20年前に別れた元夫であることを明かしたのでした。甲斐はため息をつき、頷きました。

蟹江に任されたボランティア案件

鈴木は蟹江に任されたボランティア案件の被告とカフェで話しています。「再三の支払い催告を無視して3か月の家賃を滞納し、オーナーから訴えられた、と。」と事情を確認する鈴木。春日は「マンションの下水が酷い悪臭でウサギのココアがストレス障害になり死んでしまった。そのため、仕事も辞めてしまった。」と支払えない原因がオーナーにあると、退去勧告を受け入れず法廷で闘うと話すのでした。

難病の特効薬「レミゼノール」の風評被害

ナノファーマは「関節骨化症におけるレミゼノールの有効性について」の講演を行っています。10万人に1人という難病の唯一の特効薬「レミゼノール」は骨や軟骨の硬化を抑え修復することができる、関節骨化症が完治されることが期待される、と発表していたのでした。

講演の後、「ナノファーマ」代表の辛島は共同で難病の特効薬「レミゼノール」を開発したと立花理乃を甲斐に紹介します。

辛島は甲斐に弁護を引き受けてくれたことにお礼を伝えますが、甲斐は「あなた方を助けることは極めて困難です。」と言うのでした。「副作用の被害者の声に耳を貸さず薬の正当性ばかりを主張している。」と。立花は風評被害だと反論しますが、甲斐は訴訟となるとマスコミが風評被害を助長してしまうと懸念するのでした。

春日の部屋の実態

鈴木は春日の部屋を訪問しました。「確かにこの部屋も異臭はしますね。」ラグやベッドの上に敷き詰められたシート、洋服にかけられたカバーなどが目に入ります。「これは?」と尋ねる鈴木に「臭いがつきそうなんで。」と答える春日。鈴木は共用部も含めて管理が不十分であることを確認しました。

部屋にあがらないオーナー

春日は2年前にオーナーが変わってからこうなり、他の人は皆引っ越したと話します。そこに、玄関のインターホンがなりオーナーの木嶋が訪れます。「春日さん、いい加減腹決めてよ。」というオーナーに「私はここを出ていくつもりはありません。」と春日。

鈴木が「確認してもらいたいことがあるので中に。」と伝えたところ「担当弁護士から余計なことを話すなと言われている。」と立ち去ろうとします。「せめて下水の臭いだけでも。」とオーナーの手を引いて部屋の中に上がってもらおうとする鈴木でしたが、オーナーは手を振り払い部屋にはあがらず帰ってしまうのでした。

被害者へのお見舞金

事務所の会議室で甲斐は被害者の会の弁護士・福原に民事調停での被害者へのお見舞い金の支払いを提案したのでした。「レミゼノールの薬害をお認めになられるのですね。」と言う福原に「いいえ。」と答える甲斐。「お見舞い金は人道的見地から。」と。納得した福原でしたが総額50億円の膨大なお見舞い金を資料で提示。そしてレミゼノールは治験段階から欠陥薬だった、法廷でその根拠を話すと言うのでした。

幸村は立花に弁護を断られた!?

甲斐は幸村に民事調停はやめて訴訟を受ける旨を伝えます。負けてしまったらと心配する幸村に、甲斐は「辛島と立花はどうみても公私共にパートナー。立花は辛島の前妻だった幸村代表の弁護を拒否した。だから私にやらせたんじゃないですか。部下に隠し事はよくありませんよ。私のやり方でやらせてもらいます。」と全てお見通しなのでした。

鈴木の頭のかゆみ

事務所の休憩室でパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)は鈴木に原告の本人尋問について話しています。「2年間修繕を怠って、協議なしに家賃の値上げにも踏み切っている。つけ入る余地があるかと。」と資料を見ながら話す聖澤でしたが、ずっと頭をかいている鈴木にお風呂に入っているかと尋ねます。「入っているよ、毎日。」と答え、後から首を傾げる鈴木なのでした。

「ナノファーマ」の治験資料を鈴木が暗記

会議室で甲斐は、辛島と立花にデータの改ざんなど治験自体に問題がなかったかを確認します。「ばかばかしい。」と立花。「裁判では隠し事は許されませんよ。」という甲斐に治験者300人の全データに目を通してもらえればと資料を提出したのでした。

部屋に戻った甲斐は鈴木に大量の資料を渡し「3日で頭に入れておくように。」と伝えます。鈴木が大量の資料を運んでいると、「頑張らないと。また潜りって言われないように。」と館山に廊下で冷やかされますが、席に着いて「よし。」と気合を入れたのでした。

谷元砂里と食事・谷元遊星の近況

鈴木は谷元砂里(今田美桜)とお好み焼き屋で食事をしながら話しています。もぐりを疑われていることなどを相談しますが、「大ならできる気がしてきた。裁判でいいとこ見せて。」と言われるのでした。

「最近、遊星(磯村勇斗)からの連絡は?」と聞く鈴木に「最近、着信拒否したままだから。」と答える砂里でした。・・・その頃、遊星は複数の男に追いかけられていました。

裁判所へ向かう鈴木

翌朝、裁判所を訪れた鈴木と春日。2人とも頭をかいています。鈴木は初めての裁判に緊張。階段を上る鈴木に「鈴木先生。」と後ろから声をかける聖澤。「ネクタイ曲がっています。」と鈴木のネクタイを直します。「せっかくの晴れ舞台なんですから。」

そこに今度は「大。」と砂里が現れ、「ネクタイ曲がってんじゃん。」と鈴木のネクタイを直します。それを見た聖澤は「私はこれで。」と立ち去るのでした。

鈴木の訴訟相手は甲斐の後輩弁護士・畠中

鈴木はエレベーターの中で訴訟相手の弁護士・畠中と出会います。「良かった。透明人間じゃなくて。」と判例データベースに存在しない鈴木のことをからかう畠中。鈴木が体調を崩していてと伝えると、「今日が初めて? 嬉しいです。初体験のお相手になれて。」とほほ笑むのでした。

「そのウサギが亡くなったことが、うつを患い離職した原因だったと?」裁判で被告に尋ねる畠中に「はい。」と答える春日。そして、裁判当日に証拠を提示したいという畠中に「事前に見ていないため公平性に欠ける。」と反論する鈴木でしたが、裁判官は証拠の提示をしぶしぶ認めます。

提示した証拠は被告が通院している病院の診断書で、ウサギが死ぬ1年前からうつを発症し通院を始めていたことを示すものでした。ウサギの死と離職が無関係だったと証明され、春日は泣き出してしまうのでした。

甲斐の後輩弁護士・畠中に偶然出会う

裁判所の階段を上がりながら「今日はお前に勝ち方を教えてやる。まさかあの程度の訴訟で負けるとは。レミゼノールの治験資料は全部頭に入っているな?」と甲斐が鈴木に話していると、「鈴木先生、先輩とお知り合いだったの?」と畠中が現れたのでした。

鈴木の負けた相手が畠中だと知った甲斐は「よりによってあいつに負けるとは。控訴しろ。裏がある。クイズ大会の景品に出るような安い案件にあいつは関わらない。」と話すのでした。

ナノファーマの裁判

「レミゼノールと肝機能障害の因果関係については医学的には全く証明されておらず、にも関わらず原告代理人はその危険性だけを一方的に訴え続けてきた。これは明らかな営業妨害であり、薬を開発したナノファーマにとって名誉棄損にあたります。」法廷で甲斐は流暢に訴えます。

そして、福原まごころ法律事務所がこれまでに複数の製薬会社から賠償金の支払いを受けてきた証拠を突きつけます。

それに対して、福原はナノファーマの治験データに抜けているページがあり、隠蔽の可能性を指摘したのでした。鈴木も記憶の中で目を通したデータに抜けているページがあったことに気づき、はっとします。

立花の隠し事・春日の隠し事

裁判後、「そもそも治験データには何の問題もなかったんでしょ。なぜ証拠資料をごまかしたりしたんです?」立花に理由を問う甲斐に、辛島は彼女(立花)と話す時間が欲しいと言うのでした。

その時、鈴木に春日から電話がかかってきます。「もう一つ、隠していたことが・・・。」

甲斐は幸村に、立花と直接話して欲しいと伝えます。立花が辛島と出会ったのはまだ辛島と幸村が結婚していた時期であり不倫の関係にあったと、甲斐は幸村に調査資料を渡して説明します。「彼女(立花)が心を開こうとしないのはその過去まで明かされるのを恐れているからじゃ?」

立花と話をする幸村

お店でワインを飲みながら、幸村は不倫のことで責めるつもりはないことを伝えました。「今後は全て包み隠さず・・・。」と幸村が話を続けようとすると、立花は「あなたには何の落ち度もなかったの?」と反論。

当時、辛島は会社を辞めて新薬を開発するためにベンチャーを立ち上げたばかりで、資金繰りとか研究者の確保とか、毎日、仕事に忙殺されて、そんな時に病に倒れて・・・と説明し、「一度も見舞いに来なかったのはなぜ? 病院に離婚届を郵送してきたくらいだから病のことも知らないのでは?」と幸村を責めるのでした。幸村は「彼、そんなに深刻な病気だったの?」と尋ねるのでした。

そして、立花との話を終え、「これで隠し事はなくなったはず。」と甲斐に電話をかけたのです。

オーナーの木嶋は買い取り再販業者

鈴木はネットで「キジマ不動産開発株式会社」のホームページを見つけます。そして、聖澤と2人で外に出かけます。「買い取り再販業者?」と聖澤。鈴木は中古マンションを安く買い取り、今風にリノベーションして販売する業態を説明し、原告の木嶋がその買い取り再販業者だったと説明します。ここ数年はすごいペースで都心の中古物件を買いあさっている、と。

そして、鈴木は聖澤と新婚のふりをしてキジマ不動産の物件を見せてもらいます。そして、マンションの歴史を知りたいため、オーナーにも話を聞きたいと伝えてマンションを後にするのでした。「彼女に頼めばいいじゃないですか。」という聖澤に「砂里はただの幼なじみだよ。」と鈴木。

そして、鈴木は被害者の春日はシラミにも悩んでいたと話すと、最近よく頭をかいていた鈴木を思い出し「よくもその手で人の手を。」と鈴木をバッグで何度も殴ったのでした。

立花を提訴するよう提案

幸村の部屋で、甲斐は辛島に立花を提訴するように伝えます。証拠の一部を黙って隠蔽した、ナノファーマの意志ではなかったことを印象付ける必要があると。「少し待ってもらっても?」と辛島。

辛島が退室した後、幸村は「辛島は彼女一人に断罪させるようなことはしない。」と言います。そして、たまには正論で勝負してみてはどうかと提案したのでした。

悪臭・シラミ被害にあった被害者の会

鈴木は同じオーナーの買い取り物件で悪臭・シラミ被害にあった被害者を会議室に集めていました。

廊下で玉井から事情を聞き、「被害者を集めて同情を誘う。あのタヌキ弁護士と同じ手口だ。」という甲斐に「そのタヌキに苦戦させられているのは誰でしたっけ?」と玉井。

「ん?」と何かに気づいた甲斐は「被害者の会の正しい開き方を教えてやる。」と鈴木に伝言するよう頼んだのでした。

抜き取られた証拠の真実・被害者の会の正しい開き方

甲斐、鈴木、幸村が立ち会う中、辛島はレミゼノールの被害者を集めて、ある映像を見て欲しいと伝えます。そして辛島が関節骨化症に苦しんでいる当時の映像を見せ、立花が証拠として提出しなかったデータは辛島のデータだったことを明かしたのです。

そして、「私と博士は私生活でも長年連れ添い、そこで得た詳細なデータを治験に活かしてきました。つまり、私のデータは極めて個人的な記録であり、彼女は証拠提出をためらってしまったのです。」と説明したのでした。3年後の映像にはレミゼノールで関節骨化症を克服した辛島が映っていました。「他の患者さんや皆さんの症状を治したいのです。」と言う辛島。

「もちろん、保証はします。皆さんにはナノファーマの株の一部を譲渡します。大切な命を救う会社です。」と甲斐。「お願いします。」と頭を下げる辛島と立花なのでした。

反論しようとする福原に「協力したい。」という被害者たち。「すべては弱者救済のために。それがあなたの信念では?」と福原に伝える甲斐。甲斐はレミゼノールを追い込むことは弱者救済にならないと主張したのでした。

春日の部屋のカーペット

聖澤は都立感染病研究所の資料を鈴木に渡します。資料を見た鈴木と甲斐は大きな黒い袋に入った荷物を持ち畠中と木嶋に会いに行きます。

鈴木は「中身は春日の部屋にあったカーペットです。」と伝え、春日が原因不明のかゆみのために、カーペットの上にレジャーシートを敷いていたことを明かします。そして、カーペットを調べたところ大量のシラミが発見されたと言う鈴木。防虫剤の効果を調べたいという理由で、都立感染病研究所から定期的にシラミをもらっていく男がいたことも話したのです。

「論より証拠。見てもらえ。」と甲斐。鈴木は机の上に春日の部屋にあったカーペットを広げ、「おかしいと思ったんですよ。最初に会ったとき意地でも春日さんの部屋に入ろうとしなかったので。被害者の方は他にも大勢いらっしゃいます。」と話すのでした。

「初めてにしては良かったでしょ?」と畠中に言い、リベンジを果たした鈴木は得意げに部屋を立ち去りました。

事務所に戻った鈴木

事務所に戻った鈴木が蟹江の部屋の前を通りかかると・・・「負けた?」蟹江に大事なクライアントを託された館山は相手の奇襲攻撃にあい訴訟に負けて蟹江に怒られていました。蟹江が悔しそうに鈴木の方を睨みます。

鈴木は廊下で聖澤にお礼を言います。「私は自分のために調べただけなんで。」と聖澤。

甲斐の隠し事

事務所の屋上で夕日を眺める幸村のところに甲斐がやってきます。「年をとればとるほど人に言えないことが増えてきた気がする。」と幸村。「あなたは?興味あるな。甲斐の隠し事。」と聞かれ、「俺は守りたいものなんかありませんよ。」と答える甲斐でした。

SUITS/スーツ5話予告

前を横切るトラックにぶつかりそうになり急ブレーキをかける鈴木の車。

「示談に応じない?(甲斐)」

甲斐にお金を突き返すトラックの運転手。

「手段を択ばずにやってきたそのつけが回ったの。(幸村)」

逮捕された遊星。

「悪友と縁を切ることが雇う条件だったはずだ。(甲斐)」

「分かっていても割り切れないのが人間なんじゃ。(玉井)」

「例えあなたと100回争っても100回勝つ。」とトラックの運転手に伝える甲斐でした。

SUITS/スーツ4話の見どころと感想

皆の隠し事・被害者の会の正しい開き方

幸村の元夫、元夫の不倫相手の弁護を事務所で引き受けた幸村でしたが、皆が色々な「隠し事」をしていたために裁判がうまく進みませんでしたね。しかし、最後には「本当のこと」を掲げて、正々堂々と原告と向き合い、原告率いる被害者の会の皆の気持ちを味方につけることができたのでした。

また、一度は後輩弁護士の畠中に負けた鈴木の案件についても被告・春日の「隠し事」がカギとなり解決に至りましたね。

番組の終わりでは「甲斐の隠し事」にも焦点が当てられましたが、「俺は守りたいものなんかありませんよ。」と答えた甲斐。甲斐と鈴木の隠し事はいつまで隠し通せるのでしょうか。

鈴木と聖澤と砂里の三角関係

初の裁判を前に鈴木のネクタイを直す聖澤と砂里のシーンは見ていて面白かったですよね。聖澤が直してあげた少し後に砂里も同じ行動に。鈴木のネクタイは本当に曲がっていたのかな、気になる人のネクタイは曲がってなくても直すものなのかな、と女心が気になるシーンでした。

鈴木と新婚のふりをしてマンションを見に行った時も、聖澤は「彼女に頼めばいいじゃないですか。」と一言。砂里を意識している様子でした。同じ事務所の弁護士とは食事に行かないと話していた聖澤でしたが、今後、鈴木との関係に変化はあるのでしょうか?

SUITS/スーツ4話の見逃し配信動画を見たい人は?

SUITS/スーツ4話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができ、過去の放送分の一気見も可能です。初回1か月間は無料でお試しすることができますので、以下のURLより確認してみてください。

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、SUITS/スーツ4話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメント