SUITS/スーツ3話あらすじネタバレ感想と動画

SUITS/スーツ

SUITS/スーツ第3話のあらすじネタバレ感想とSUITS/スーツ第3話がみられる動画情報をご紹介していきます。

前回は、鈴木大輔(中島裕翔)がプロボノ(無料法律相談会)で受けた病院のセクハラ問題に挑みましたね。病院側に手を回され、証言を得られない状況に苦戦しましたが、甲斐正午(織田裕二)が銀行の不正問題を解決しそのお礼に証言者に銀行融資を取り付けることに成功。その結果、証言を得ることができ逆転勝利を収めることができたのでした。

今回はどのような問題に挑むのでしょうか?さっそく3話のあらすじから見ていきましょう。

>>SUITS/スーツのキャストや相関図についてはコチラ

SUITS/スーツ3話あらすじ

鈴木大輔は甲斐正午にクライアントの元への同行や会議への参加を認めてもらえず、パラリーガルの真琴(新木優子)に愚痴をこぼします。蟹江貢(小手伸也)はそのことを聞きつけて、鈴木を道場に連れ出し、道場でゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)と引き合わせます。

蟹江は藤ヶ谷と鈴木がハーバードの同期であることを利用したいと考えて鈴木を連れてきたのです。鈴木は経歴詐称がバレるのではないかと動揺しますが、藤ヶ谷はハーバード入学後にゲームが売れたことで授業にはあまり出ていなかったことを知り安堵します。鈴木は過去にBPM社のゲームで世界ランキング入りしたことがあり、藤ヶ谷と意気投合するのでした。

一方、甲斐は老舗時計メーカー「KAMIYA」を訪れていました。KAMIYAでは社長の加宮忠が急死し、加宮の娘・静佳(東風万智子)とKAMIYA取締役・安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていました。社長の最期に立ち会った工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌な様子。社長が亡くなる前に安樂らが国内工場を閉めて生産の拠点を東南アジアに移そうとしていたのです。

そのことを知った甲斐は取締役会で安樂が新社長に任命される前に他の社長候補を擁立しようと考えたのでした。新取締役に2名を追加し、迎えた新社長決定の取締役会に気合の入る甲斐と鈴木でしたが、会議室に入るとすでに新社長が決定した後でした。なんと1時間前に臨時の取締役会が開催されていたのです。

しかし、甲斐は引き下がらず、次の取締役会で「勤続35年の社員からは取締役会に異議申し立てができる。解雇も無効。」と岡林を引き連れ、また「筆頭株主の静佳の代理人としてここに来ている。」と伝えます。そして、ゲームメーカー「BPM」がKAMIYAを買収すること、筆頭株主の静佳が買収に応じること、BPMの藤ヶ谷氏はマニュファクチュールを継続できる人材を次期社長に臨んでいることを伝え、逆転勝利を収めたのでした。

SUITS/スーツ3話ネタバレ

甲斐が鈴木の服装に採点

甲斐は出勤途中に交差点で鈴木に会います。鈴木を見て62点と点数をつけます。「スーツは及第点だ。」と甲斐に言われ、どこが悪いのかと聞く鈴木に「自分で考えろ。」と一言。そして、甲斐に「同じ時間に出勤か?」と言われて先を急ぐ鈴木でした。

事務所に着いた甲斐と鈴木は一緒に廊下を歩いています。「今日は10時に青山ですよね。」とクライアントのところに一緒に行こうと思っている鈴木でしたが、「その必要はない。とても大切なお客様なんだ。」と甲斐。そう言われ何をすればよいか分からない鈴木に甲斐は「この世界じゃクライアントを持たない弁護士なんて人として認められない。」と肩を叩くのでした。

甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)に挨拶を済ませた甲斐は、思い出したように振り返り、「その時計だけど・・。スーツを着て野球帽をするやついるか?」と聞きます。鈴木のスーツにスポーティーな時計が似合わないことを指摘。「甲斐先生の時計は?」と鈴木に聞かれた甲斐はKAMIYAの時計を自慢げに見せて、「とにかく野球帽はなしだ。」と言い放ったのでした。

部屋に入った甲斐は新聞でKAMIYAの社長が亡くなったことを知りため息をつきます。

鈴木の愚痴

鈴木は「顧客とは会うな。会議には出るな。」と甲斐から言われていることを聖澤に愚痴ります。2人で話をしていると事務所のメンバーからの視線。「何なのみんな?」と気にする鈴木に「鈴木先生が生き残るかどうかの賭けをしているみたいで。」と聖澤。聖澤がどちらに賭けたのか気にする鈴木でしたが聖澤は笑顔でごまかすのでした。

そこへ蟹江がやってきて「仕事が欲しいんだって?」と聞きました。

KAMIYA社長の葬儀について

甲斐がKAMIYAに到着すると、安樂と社長の娘の静佳が葬儀についてもめている様子。あまり派手にするなと言われていた静佳は家族葬にしたい模様。安樂は顧問弁護士の甲斐に判断を仰ぎ、ご遺族にお任せしてはと言われ、「マスコミ対応さえできれば。」と渋々承諾したのでした。

一番の古株の工場長・岡林は社長の最期に立ち会った様子。「社長も人が悪いよ。こんな大変なときに。」とその訳を語らず立ち去ってしまいました。

格闘技場に連れてこられた鈴木

鈴木は蟹江と格闘技場で何度も闘っています。寝技で蟹江に完敗した鈴木は「仕事は?仕事があるというから・・・。」と聞きます。

蟹江は同じ道場内でトレーニングをしている、大ヒットゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷の方を見て、「最近、顧問弁護士と大げんかしたようでね。それで君をここへ。ハーバードの同期だろ?」と自分のことを売り込んで欲しいと伝える蟹江でした。「うまく行ったら君に実務を任せてもいい。」と。そして、蟹江は藤ヶ谷に声をかけ、練習相手を連れてきたと鈴木を紹介したのでした。

KAMIYA時計工場の海外移転

甲斐と社長の娘の静佳が会議室で話をしており、時計工場の海外移転を安樂らが企てているというのです。国内工場を閉鎖すると知った甲斐は工場長が不機嫌な理由に気づいたのでした。葬儀でバタバタしている間に安樂らが計画を進めている様子。

「ゼンマイから革ベルトまで全てメイド・イン・ジャパンの職人が作る。マニュファクチュールがこの会社の売りです。それを捨てたら量販メーカーと変わらなくなる。」と甲斐。静佳も「私もそう思っています。」と答えるのでした。

藤ヶ谷の腕にKAMIYAの時計

ロッカールームで鈴木はハーバード時代のよもやま話に花を咲かせてうまく藤ヶ谷に取り入るようにと蟹江に指示されます。

蟹江がロッカールームから出た後に「キモイよね、あいつ。」と入ってきた藤ヶ谷。鈴木は藤ヶ谷に「同期って本当?ほとんど顔を覚えていないから。」と言われ、ドキッとしましたが、「ほとんど授業に出ていないから俺も君の顔思い出せないよ。」とやり過ごします。そして、藤ヶ谷からハーバードに入った直後からゲームが売れ始め、授業どころではなかったと聞き胸を撫で下ろすのでした。

「売り込みなら諦めた方がいいよ。あんな、キモイやつにリーガル面を任せられない。」といいながら時計をはめた藤ヶ谷。その時計がKAMIYAのものであることに気づいた鈴木は事務所がKAMIYAの顧問弁護を請け負っていると伝えたのでした。

鈴木は過去にゲームで世界ランク入り

藤ヶ谷はKAMIYAが今どき超アナログなことを行っているところにシンパシーを感じていると言います。ゲーム業界でもいかにマニア向けのものを作るか・・・と語る藤ヶ谷に「バトルクリークとか超マニアックだもんね。」と鈴木。自分のゲームのことを知っている鈴木に驚く藤ヶ谷。「こう見えて世界ランク入りしたことがある。ハンドルネームは・・・。」と話す鈴木に「三つ目小僧!」と藤ヶ谷が返し、2人は意気投合。その様子をロッカールームの外から見ていた蟹江は「イエス。」と拳を握るのでした。

新社長を会社から追い出す!?

甲斐の部屋に戻った鈴木。「どこをほっつき歩いていたんだ?」と聞かれ、「言われた通りに仕事を探していたと答えます。そして、甲斐からは机の上の大量のKAMIYAに関する資料を読むよう命じられます。「意図を理解して仕事をしたい。」という鈴木に「新社長を会社から追い出す。」と甲斐は言うのでした。

数時間後、甲斐が部屋に戻ると甲斐の部屋で鈴木がゲームをしています。仕事をサボっていると思った甲斐に「全部読み終えたから始めたんです。」と鈴木。

鈴木は次期社長は安樂だと新聞が報じていることを指摘し、ひっくり返すのは難しいのではと言いますが、「ひっくり返すために資料を読ませたんだろ?」と甲斐。取締役会はまだ一度も開かれていないので安樂は社長(仮)だと言い張ります。そして、甲斐は先代社長の残した社風を守ってくれる社長候補を探すのでした。

藤ヶ谷からの電話

鈴木は事務所に掃除機をかけ、「次はこれ。」と玉井に拭き掃除のスプレーを渡されます。そこに、「やるねぇ。三つ目小僧。」と藤ヶ谷から電話がかかってきたのでした。先ほど鈴木がしていたゲームのオンライン対戦を見てかけてきたのです。

格闘ゲームの対戦会場にやってきた鈴木。皆に「ファイナリー三つ目小僧イズヒア。」とマイクで紹介された後、藤ヶ谷に乾杯しようと言われます。「まだ昼だよ。」という鈴木に「僕のユーザーは世界中にいるんだ。」と藤ヶ谷に押し通され昼間から乾杯してしまうのでした。

孫が弁護士だと話す鈴木の祖母

谷元砂里(今田美桜)は鈴木の祖母の施設に面会に来ています。鈴木の祖母が仲良くなった人の多さに「もうこんなに仲良くなったの?」と驚いているのでした。「孫が弁護士だって言ったら、相続の話や墓場の相談を持ち掛けられちゃって。」という祖母に砂里は「弁護士?」と聞き返し、鈴木が弁護士になっていることに疑念を抱くのでした。

酔っぱらって事務所に戻った鈴木

タクシーで事務所に帰った鈴木。かなり酔っぱらった様子の鈴木がエスカレーターを上っていくと、幸村チカ(鈴木保奈美)がとなりのエスカレーターに並びます。「うちでの仕事はどう?」と聞かれ姿勢を正し「はい。」とだけ答える鈴木。再び幸村に「甲斐先生との仕事はどう?」と聞かれ「最高でーす!」とごきげんに答えた鈴木なのでした。

甲斐の部屋で、社長候補が見つけられない甲斐に鈴木は資料の中にいた工場長の岡林を勧めます。「頭の固い職人だ。金勘定はできない。」という甲斐に「アップルもフェイスブックも社長は元エンジニアですよ。」という鈴木。甲斐は「なるほど。」と納得しますが鈴木に近寄って「酔っているのか?」と聞きます。鈴木は反論するものの急な吐き気に襲われ、甲斐に「出ていけ。」と言われてしまうのでした。

鈴木の経歴詐称の秘密

谷元砂里(今田美桜)から電話で「弁護士してるの、変だよね?」と替え玉受験で弁護士への道が絶たれていることを指摘されます。

2人は外のベンチに座り話をしています。「この秘密を知っているのは、上司と砂里だけ。」と砂里には本当のことを話したのです。砂里は「本当にその上司大丈夫なの?」ともしまた替え玉をやったときと同じようなことになったら・・・と心配な様子。そこに届いた「KAMIYAの持ち株比率を確認しておけ。」という甲斐からのメールを見て、「やるしかない。」と答える鈴木なのでした。

安樂と蟹江の密会

甲斐は安樂に会いに料亭に押しかけますが、部屋に入ると安樂と蟹江が打ち合わせしているところでした。蟹江はインドネシアで新工場の土地購入の代理人を引き受けたと話します。工場移転を邪魔しようとしている甲斐には相談できないという安樂に、甲斐は「あなたに移転を進める権限はない。まだ取締役会で承認を得た訳ではない。KAMIYAの時計の売りを知っているか。勝手に時計の針を進めるな。」と言って立ち去ったのでした。

幸村に事情を聞く甲斐

事務所で甲斐は幸村に「意味が分かりません。なぜよりによって蟹江を?」と尋ねます。「安樂さんには海外実績のある人間を紹介して欲しいと言われた。」と幸村。「むしろ問題はあなたの方。」とKAMIYAの社長候補を探し回っていた甲斐のことを越権行為だと責めますが、甲斐は工場の海外移転をすればKAMIYAの終わりだと宣言します。

そして、幸村は鈴木が酔っぱらって出社したことについて甲斐を責め、甲斐は部屋に鈴木を呼びます。幸村は「監督責任はあなたにあるのよ。」と甲斐に伝えましたが「だったら余計な口出しはしないで欲しい。」と言い返す甲斐でした。

KAMIYAの持ち株比率・社長候補に工場長・岡林

幸村の部屋から出た甲斐はKAMIYAの持ち株比率の調査結果を鈴木に聞きます。54%の株を社長の娘の静佳が所有、1/3以上所有する株主は他にいないことを確認した甲斐は静佳に臨時の株主総会を開いてもらって取締役を2名増員すると言うのでした。

今、KAMIYAの取締役は5人。安樂を除いた4人のうち2人が安樂派、2人が反対派。そこに2人反対派を加えようと甲斐は企てています。そして、KAMIYAの工場で工場長の岡林に社長になってこの会社を守るように伝えたのでした。

岡林を説得

甲斐は岡林に次期社長の話を持ち掛けますが、「俺なんかに社長が務まるか。KAMIYAはもう終わったんだ。世話になった社長もいないし未練はない。」と断る岡林に甲斐は「ダメだ。あなたは社長になってこの会社を守るんだ。」と伝えたのでした。

社長立候補のスピーチ

鈴木は社長立候補のスピーチを考えています。「こういうの苦手で。」と話す鈴木に、パラリーガルの聖澤が「一応、弁論部出身なので。」と次々と原稿に修正を加えます。

会議室で岡林は完成したスピーチの原稿を読みながら、「こんなの無理だ。」と主張。甲斐は「それでも覚えるんだ!」と会議室を後にします。

会議室にいる鈴木は原稿をやぶり、気持ちが分かると伝えます。岡林は破かれた原稿を拾いながら、KAMIYAの良さを語ります。「そういう話をスピーチすればいいんじゃないですか?」と鈴木。

会議室を出た鈴木は甲斐に「どうだった?」と聞かれ、「今、スピーチを書いています。」と答えます。「ああいうおやじには飴とムチが効くんだよ。」と甲斐。なんと、甲斐の作戦だったのです。

甲斐が2人の取締役を擁立

臨時株主総会で、静佳が2人の取締役(岡林・水谷)の追加を提案し、無事に賛成多数で任命されます。そして、スピーチの練習を続ける岡林。工場移転反対派の2人の取締役と乾杯する甲斐・・・と順調に取締役会を迎えます。

取締役会でクーデターのはずが・・・。

「大事な会議には出席させてもらえないんで。」と事務所の掃除をしようとする鈴木。玉井に「頑張り方が間違っている気がする。」と言われ、KAMIYAのビルに向かうと、甲斐は鈴木が出席するのが当然かのように鈴木を受け入れ、甲斐と一緒にKAMIYAの取締役会に臨みます。

しかし、10時から開始されるはずの取締役会の前に、臨時の取締役会が開かれ安樂の社長就任が決まってしまっていたのです。

そして、安樂から甲斐の顧問クビと、新たに任命された2人にも退職金も出ないことが伝えられ、岡林は怒って会社を後にしたのでした。

事務所で甲斐は「最初からこうするつもりだったんでしょ?」と幸村に聞きますが、「部下の越権行為を未然に防ぐのは当然でしょ。」と言われます。「どっちに転んでもファームは安泰って訳ですか。」と話す甲斐に「そうだとして、何か問題でも?」と毅然とした態度で返事をする幸村なのでした。

社長との約束

事務所で甲斐がKAMIYAの時計を見ながらお酒を飲んでいると鈴木が入ってきます。工場長を気にする甲斐に「納得はしてくれたようです。」と鈴木。「安樂さんをKAMIYAに招き入れたのは甲斐先生だったんですね。」と聞かれ、甲斐は「あの会社は伝統的に技術屋が強くて、品質ばっかり追及して売上が散々だった。」と安樂を招き入れた事情を話します。

「じゃぁ、どうして安樂さんを降ろそうと?」と鈴木に再び聞かれ、「会社の経営再建を安樂が進める代わりにKAMIYAの根幹であるマニュファクチュールだけは絶対に守るという約束を、社長が死んだ途端に安樂が反故にしやがった。」と答える甲斐でした。

ゲームメーカー「BPM」との顧問契約

幸村の部屋に呼ばれた鈴木。部屋には甲斐と藤ヶ谷と幸村がいます。藤ヶ谷が幸村の事務所と顧問契約を結びたいとのこと。鈴木は藤ヶ谷を廊下に誘い出し、「本当にいいの?蟹江先生で。」と聞きます。「あれくらいキモイやつの方が訴訟相手が嫌がるかと思って。だって君アシスタントでしょ?」と藤ヶ谷。それを廊下の奥から甲斐が聞いているのでした。

KAMIYAをBPM社が買収!?岡林が社長就任

KAMIYAでは工場の海外移転についての会議が行われています。そこに「勤続35年以上の社員は異議申し立てができる。」と岡林を連れてきた甲斐と鈴木。「解雇は少なくとも30日前に予告する、と労働基準法が定めています。」と不当解雇についても鈴木が言及。

そして、甲斐は筆頭株主の加宮静佳の代理人としてここに来ていることを告げると「この会社に買収のオファーが来ています。」と話し始めたのでした。ゲーム制作会社のBPMの紹介をし、社長の藤ヶ谷がKAMIYAの熱心なコレクターで以前から会社の経営にも興味を持っていたと説明し、娘の静香は買収に応じるつもりだと伝えます。

「バカな。」という安樂とざわつく取締役ら。続いて甲斐は、「藤ヶ谷氏はマニュファクチュールを継続できる人材を次期社長に臨んでいらっしゃいます。そこでここにいる岡林さん・・・。」話を遮って「いいかげんにしてくれ。この会社の古い体質を刷新するために私を引き込んだんだろう。」と安樂。しかし、甲斐は「先代の社長が作り上げた大事なものまで、勝手に刷新されたんじゃ、遺族も社員もたまったもんじゃない。」と言いくるめたのです。

そして、岡林はこれからKAMIYAをどうしていきたいか、決意表明を述べるのでした。

一段落して・・・

甲斐に隣に座れと後部座席に呼ばれた鈴木。「前も後ろもそんなに変わらないでしょ。」と嬉しくなさそうな鈴木に「分かってないな。まぁ、そんなおもちゃみたいな時計しているお子ちゃまじゃぁ意味ないか。」と甲斐。すると、鈴木は「この時計が?」とKAMIYAの時計を見せたのでした。

幸村の部屋で顧問を甲斐と鈴木にしてほしいという藤ヶ谷。「参考までにどうして蟹江ではいけないんでしょう?」と幸村。すると藤ヶ谷は以前ジムでスパーリングをした際に耳の中に舌を入れて・・・と話しだしたのです。「そのくらいで結構です。」と耳を塞ぎたくなる幸村なのでした。

「どうだったスピーチは?」と聞く聖澤に、「完ぺきだったよ。聖澤さんのおかげだよ。」と答える鈴木。今度お礼に食事でもと誘うと「同じファームの先生とそういうことは。」と断られてしまうのでした。しかし、トイレの鏡の前に立った聖澤は少し嬉しそうでした。

砂里は事務所から出てくる聖澤に「その弁護士事務所に鈴木大輔っていう人いますか?」と尋ね、理由を聞かれそうになると「ただの知り合いです。」と立ち去ってしまいました。

甲斐がバーに立ち寄ると、カウンターの奥の方で幸村が男性と一緒にお酒を飲んでいます。飲まずに帰ることにした甲斐でしたが、幸村と一緒にいる男性をもう一度振り返り眺めるのでした。

SUITS/スーツ4話予告

「今日はお前に勝ち方を教えてやる。(甲斐)」

「これは明らかな営業妨害であり、名誉棄損に当たります。」と法廷で訴える甲斐。

「悪名高い会社のCEOと仲良くデートなんかしていたら・・・。」と指摘する甲斐に、「夫なの。」と幸村。

鈴木のネクタイを直す砂里に、「私はこれで。」とその場を立ち去る聖澤。

「よりにもよってあいつに負けるとは。(甲斐)」

「興味あるなぁ。甲斐の隠し事。」と甲斐の方を見つめる幸村。

鈴木の経歴詐称がついに幸村にもバレてしまうのでしょうか・・・。

SUITS/スーツ3話の見どころと感想

甲斐と蟹江の対立

KAMIYAのマニュファクチュールを継続するために画策する甲斐と、KAMIYAの工場の海外移転の手助けをする蟹江。2人は常にライバル関係で、今回のお話でも仕事を取ったり取られたりと同じ事務所に所属しているにも関わらず本気で争っている感じが面白かったですね。

幸村代表も事務所を守るために、甲斐が暴走しすぎないよう蟹江をうまく利用している様子。そして、どちらに転んだとしてもクライアントは逃さないというところも面白味の一つですね。

これからもこの2人はあれこれ対立しそうで見逃せませんね。

少しずつ甲斐に認められる鈴木と経歴詐称の秘密

甲斐に大事な会議に出席させてもらえない鈴木でしたが、ゲームで世界ランク入りした過去により、BPM社のCEO藤ヶ谷と顧問契約を結ぶことができましたね。ドラマのラストでは甲斐と一緒に車の後部座席に座ることもでき、少しずつ甲斐に認められている様子。

「この世界じゃクライアントを持たない弁護士なんて人として認められない。」と甲斐に言われていましたが、初めてのクライアントを自分の力で持つことができて弁護士としてまた一段階段をあがることができました。

一方で、経歴詐称のことを砂里に気づかれてしまうなど、ほころびも出始めています。ハーバードの同期の藤ヶ谷と出会うシーンではバレてしまうのではないかとハラハラしましたね。事務所内の人間関係が深まる中いつまで隠し通せるのか、見どころです。

SUITS/スーツ3話の見逃し配信動画を見たい人は?

SUITS/スーツ3話見逃し配信動画は、FODプレミアムで視聴可能です。フジテレビで放送中の最新作から過去の名作まで、対象作品が見放題。初回1か月間は無料でお試しすることができます。以下のURLより確認してみてください。

FODプレミアムの特徴と登録・入会方法
FODプレミアムの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐFODプレミアムで動画を視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【初月無料】FODプレミアムに今すぐ登録 FODプレミアムの特徴 ...

以上、SUITS/スーツ3話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。

コメント