SUITS/スーツ1話あらすじネタバレ感想と動画

SUITS/スーツ

SUITS/スーツ第1話のあらすじネタバレ感想とSUITS/スーツ第1話がみられる動画情報をご紹介していきます。

SUITS/スーツは、アメリカで大ヒット中の連続ドラマ「SUITS」を日本向けにリメイク。織田裕二とHey!say!Jump!の中島裕翔がメイン・準メインで、かつて月9ドラマの「東京ラブストーリー」で織田裕二と共演した鈴木保奈美も共演すると話題のドラマです。

負けず嫌いで仕事はできるが傲慢な甲斐正午(織田裕二)と優れた頭脳と見たものを何でも記憶することができる力を持つ鈴木大貴(中島裕翔)がタッグを組み、難解な訴訟に挑むストーリー。

Suits/スーツの1話がどんな展開になっているか、早速あらすじから見ていきましょう。

>>SUITS/スーツのキャストや相関図についてはコチラ

SUITS/スーツ1話あらすじ

幸村・上杉法律事務所で働く甲斐はシニアへの昇進を目指しますが、代表弁護士の幸村チカ(鈴木保奈美)から昇進の条件にアソシエイトをつけることを提案されます。

一方、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)にそそのかされて替え玉受験をし、司法試験の受験資格を失った鈴木は谷元との関係を断ち切れず、お金のために運び屋の仕事を引き受けます。運び屋の仕事中に警察に追いかけられて逃げ込んだ部屋では、甲斐のアソシエイトの面接を行っていたのでした。

六法全書を暗記している鈴木をアソシエイトに決めた甲斐は、鈴木の経歴を詐称し、弁護士バッチを渡します。

幸村法律事務所を顧問とするダイス(清原翔)は、会社の機密を漏らそうとした女性(泉里香)から、ありもしないパワハラのフェイクニュース記事を書かれて困っていましたが、タッグを組んだ甲斐と鈴木は表には出せない手法で記事をとめることに成功します。

SUITS/スーツ1話ネタバレ

顧問先からトラブル解決の相談をうける幸村

「甲斐先生はどこにいるんですか?」幸村法律事務所と顧問契約を結んでいるダイスから出版される記事の差し止めの要請が入ります。

そこには会社の機密を漏らそうとしたため解雇した女性が告白した、ありもしないパワハラのフェイクニュースが書かれていたのです。幸村は蟹江(小手伸也)に甲斐を探すように命じますが、蟹江は甲斐のライバルなのでまるで他人事です。

オペラ鑑賞デート中の甲斐

お酒を飲んでいる甲斐に、トレーダー女性が話しかけます。甲斐とトレーダー女性は今からオペラ鑑賞をする模様です。

「久しぶりにおめかししちゃった。」という女性に、甲斐は「良く似合っているよ。そのバッグ以外は。さすが、売れっ子トレーダー。」と誉めて、パソコンの入った女性の大きなバッグをフロントに預けて番号札を受け取ります。

席に座って開演を待つ2人は会話しています。「どう?新しい職場は?」と甲斐に聞かれ、女性は「社内的には病気療養中になっているので。」と答えます。途中、電話がかかってきた甲斐は一人席を立ち、フロントに預けた女性のバッグを持ち去るのでした。

被害者側の弁護士とダイスの危機

そのころ事務所では、ダイスは幸村との顧問契約を解消すると伝えます。実はダイスは現役の弁護士資格を持っているため、自分で交渉しようとしたのでした。

そこに蟹江が現れ、被害女性の弁護士の木次谷を幸村に紹介します。会議室で、木次谷はダイスに被害女性の病院の診断書(PTSDで寝たきりになっているという内容)を見せますが、ダイスは「どうせ金目的なんだろう。」とお金で記事をふせるようにお願いします。しかし、木次谷は、今の会話を録音している音声レコーダーを見せるのでした。

甲斐の登場とトラブルの解決

甲斐は「今回のことをおさめたらシニアに昇進させてもらえますか?」と幸村に電話をかけながら会議室にやってきます。

ダイスは人口知能を使ったオンラインサービスをアメリカで成功させ、来月には日本の政府系ベンチャーキャピタルからの大型融資が決定しています。ダイスのライバル会社AIトラストはそれを阻止するために、ダイスの会社にスパイを送り込んでスキャンダルとなるようにしたというのです。

甲斐は被害女性とAIトラストが交わしたメールを皆に見せます。

被害女性はAIトラストの関連会社に再就職が決まり、精神的に病んでいる様子はないと先ほどあっていた女性の写真を見せ、さらに木次谷がAIトラストの顧問弁護士をしていることを暴露して木次谷を言い込めるのでした。甲斐は記事をとめるように要望します。先ほどのデートは被害女性の様子を確かめるためのものだったのです。

鈴木の替え玉受験

司法試験会場で鈴木が受験をしています。試験監督は鈴木の顔を見て、受験者一覧の写真と顔が違うことに気づき鈴木に話しかけますが、近くで女性が倒れて気がそれた瞬間にその場を逃げます。

鈴木はある男と会い、「受験の点数を合格ラインぎりぎりにしておいた。」と報告しますが、満点じゃないなら金は払えないと言われます。鈴木は替え玉受験をしていたのでした。

被害女性のメールの真相

事務所で甲斐と幸村が話をしています。先ほどのメールの件で、勝手にパソコンを見たことを責められますが、パソコンは開けずメールは捏造したものだと言います。

そこへ玉井(中村アン)がバースデイソングを歌いながら誕生日ケーキを運び込みます。甲斐が幸村の誕生日に残業をさせたお詫びにケーキをプレゼントしたのでした。「せっかく忘れてたのに。」と幸村。

悪友・谷元から怪しいビジネスの誘い

鈴木は悪友・谷元の家で次の大きな取引の話をしています。実は替え玉受験は谷本から受けた仕事でした。谷元は仕立てのよいスーツを着て、「このスーツはお前の家賃の10倍だ。不動産業だけで着れると思うか?」と尋ねます。

違法行為はやらないという鈴木に、お前の頭と俺の口があれば絶対うまくいくと言っています。谷元の妹の砂里(今田美桜)がそこに顔を出し、兄貴の不動産屋を手伝うのかと質問します。谷元は「そういうこと。」と言うのでした。

甲斐の昇進の条件

とある朝。甲斐と鈴木はそれぞれの自宅で身じたくを整え出勤。。その後、甲斐が勤めるオフィスビルの前で、車から降り出勤する甲斐と自転車便の仕事をしている鈴木がすれ違いました。

出勤した甲斐は「どや顔」で事務所を引っ越すと秘書の玉井に話しかけます。幸村との約束通りシニアに昇進するのです。

幸村の部屋で幸村・蟹江・甲斐の三人が、甲斐のシニアへの昇進話をしています。ライバルの蟹江は面白くない模様です。幸村は今まで2人は稼ぎ頭だし良いライバル(ハーバード卒も同じ)だったので、甲斐のシニア昇進を蟹江にも納得して欲しいと言います。そして今まで大口案件しか担当してこなかった甲斐に幸村は昇進の条件として、アソシエイトをつけ、ファームの望む仕事もこなすことを昇進の条件にしたのでした。

鈴木の祖母の入院

配達の仕事をしている鈴木に谷元から電話が入ります。鈴木の祖母が階段から落ちたと言うのです。

静岡の町立病院で骨折で歩行が困難になり他に身寄りがない祖母に、鈴木が東京で施設に入ることを提案します。祖母は否定しますが、鈴木は「金ならなんとかする。」と言います。

祖母は「神様から授かったものすごい脳みそを無駄にしたらいかん。」と鈴木に伝えますが、病院を出た鈴木は谷元に仕事を受けると電話で伝えるのでした。

アソシエイトの面接の準備

事務所で甲斐は秘書の玉井とアソシエイト候補の履歴書を見ています。「どいつもこいつも、育ちだけはいいですって顔だな。」と甲斐は不満そうな様子です。

スケジュールがいっぱいな甲斐は、「玉井が見てOKそうならマル、ダメそうならバツの合図くれない?」と伝えます。「何系の人が好みですか?」と聞く玉井に「俺系」と答える甲斐。

玉井は、「自信家で皮肉屋で相手の弱みを見つけたら立ち直れないくらいまで殴り続ける人。」というと、「そう。勝てるやつ。」と甲斐は答えました。

谷元からの仕事はイヤな予感

谷元は「スーツケースを運び、先方のバッグと交換するだけで100万円払う。」と伝えます。鈴木は「中身を教えて。」と谷元に言いますが、「心配するな。やばい物じゃない。」と言うだけです。

鈴木はケースの中身が気になりますが、中身を知らないまま受け渡し場所のホテルに向かいます。そのホテルではちょうど甲斐がアソシエイトの面接をしているのでした。

ホテルのトイレで、ケースの暗証番号を覚えていた鈴木は中身を見ます。中にはなんと1万円札がぎっしり。嫌な予感がします。

駐車場で鈴木に指示を出していた谷元は借金の取り立て屋に見つかり、借金完済のために麻薬の取引に手を出したのかと言い寄られ、すでに金が手元になかったため暴力を受けます。

そして取り立て屋は、谷元が手を出した取引は警察の囮操作だったと教えたのです。一方、ホテルのトイレで鈴木は意を決して取引に向かうことを決めるのでした。

アソシエイト応募者は期待できない

甲斐と秘書の玉井はアソシエイトの候補者と面接をしていますが、なかなかよい人材は現れません。まじめな人、ずっと笑っている人・・・玉井の合図はバツです。

谷元の仕事を遂行する鈴木は危険を察知

取引を指定されたホテルの7F。鈴木はエレベーターを降りた瞬間からすれ違う人達の雰囲気が違うことを察知します。

そして鈴木は先ほどトイレで会った業者の名札の会社名と、廊下で作業している業者の名札の会社名が違うことに気が付きました。

そこでその業者と一緒にいるホテルの従業員に「ジムは何階ですか?」と尋ね、「3階です。24時間ご利用できますよ。」と返事をもらいましたが、鈴木はジムが本日は改修工事中のため利用できないという張り紙を見たばかりでした。

鈴木はそのやりとりで従業員が警察官であることをネームバッチの記載内容と少しの質問の内容から察し、取引する予定の部屋の前を通り過ぎたのです。

アソシエイト面接会場に迷い込む

部屋を通過して非常階段を降りる鈴木は、警察官に怪しまれて追いかけられ、甲斐と玉井が面接をしている部屋へと逃げ込んだのでした。

受付の玉井の机の隅に隠れ、廊下を走る足音に「たぶん、麻薬取締官かな」と答える鈴木。そこに現れた甲斐に玉井は手のひらで丸を作り、鈴木をアソシエイトに推薦します。

甲斐との面談と鈴木の能力

甲斐の部屋で2人になり、鈴木はスーツケースを机にぶつけて中身の札束を落としてしまいます。施錠がうまくできていなかったのです。

鈴木はおばあちゃんのためにお金が必要で運び屋をやらされたことを甲斐に話します。

甲斐は弁護しようかと提案しますが、「法律の知識はある、あなたより法律に詳しい。試してみます?」と鈴木。

甲斐は六法全書を広げ、「大麻取締法」のページを読み上げます。鈴木はそのページを空で読み上げます。甲斐は大麻のページは得意分野だったのかと疑い、今度は、「特定商取引」のページを読み上げますが、鈴木はなんなくそのページも空で読み上げます。

そして、鈴木は六法全書を改訂版も含めて2回も読んだと言うのでした。

「こんな頭脳を持ちどうして運び屋をしているのか?」と甲斐に聞かれた鈴木は、「高2で司法予備試験に合格したものの、本試験の前にセンター試験の替え玉受験をしてしまい、本試験の受験資格を失った。」と伝えたのでした。

甲斐は鈴木におばあちゃんの施設の入居費用はいくらかと尋ねます。

アソシエイトになるために鈴木大貴から大輔へ

甲斐は鈴木のために部屋を準備しています。悪友との縁を断ち切って一緒に仕事をしようと提案します。

「生まれ変わってもらう。」と甲斐。甲斐に言われるまま、家庭裁判所で鈴木は大貴から大輔に改名してしまうのでした。甲斐は、ハーバード卒で企業家に転身した弁護士、鈴木大輔(ダイス)についての資料一式を鈴木に渡し、鈴木はダイスの生い立ちを記憶します。別人になりきるための準備です。

玉井の秘書の部屋に蟹江が偵察に来ます。甲斐の候補者が見つかったのか気になるようです。

鈴木のアパートに谷元がやって来ますが、部屋はすでに空き部屋となっていました。一方、鈴木は引っ越し先の部屋で甲斐からの電話を受け、ダイスの母校のハーバードを見学しにボストンに行ってくるように命じられます。

蟹江の暗躍

カフェで事務所で幸村からパワハラ事件について、甲斐が被害女性のメールを見ていないことを聞いた蟹江は被害女性に会い、パソコンにパスワードをかけていたかと聞きました。

その女性は複雑なパスワードをかけていたからパソコンの中身をみられることはありえない、と伝えます。蟹江は甲斐がメールを見ていない(メールは捏造されたものである)ことを確信したのでした。

晴れてアソシエイトに

高級中華料理店の広い回転テーブルを囲んで、甲斐は鈴木にダイスになり切ってもらい、ダイスに対する質問への回答を受け、「合格だ。」と弁護士バッチを鈴木に渡します。

そして今までの犯罪歴を知りたいといいますが、鈴木は「ありません。」と答え2人は乾杯します。そして鈴木は新しく住み始めた部屋から病院のおばあちゃんに「弁護士になった。」と電話で報告しました。

かつての上司とパラリーガル聖澤

バーで甲斐が一人で飲んでいると、最高検の次長検事の元上司・柳が現れて隣の席に座ります。甲斐は「つれないな。」と言われながらも「いつ法廷で相まみえるか分からないですよ。」と、すぐに席を立つのでした。

「君の元上司としてならどうだ。」と柳。「だったら、もう過去の話ですよ。」と甲斐。「失礼します。」とその場を後にしました。

鈴木が初めて出勤した法律事務所のビル1階で迷っていると、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)が現れ事務所に案内してくれました。エリートの弁護士に少々ツンとした態度で先を歩きます。鈴木は聖澤に「人間は見かけや経歴では判断できない。よろしく。」と言いますがスルーされてしまいました。

アソシエイト解雇

幸村の部屋で幸村は甲斐に、メールの捏造に木次谷が気づいたため昇格はなくなった、降格させるかクビで悩んでいる、捏造が公になればこの世界にいられなくなる、と忠告します。甲斐は蟹江の仕業だと気づきます。

ピンチに陥った甲斐は自身の執務室で伊能という男に電話をかけ、木次谷弁護士を調べて欲しいと電話します。

そんなことがあったため、甲斐の執務室で甲斐は鈴木に解雇を伝えます。これ以上違法行為をかかえることができなくなった、と。

訴えるという鈴木に、替え玉受験や麻薬取引をばらすと言う甲斐。解雇はするが、おばあちゃんのためにと小切手を切ります。

「せっかく資料も作ったのに!」と自分の犯罪歴の資料を机に叩きつけて小切手も受け取らずに部屋を出ようとする鈴木に、甲斐はバッチを置いていくように伝えました。

鈴木と谷本は幼ななじみ

帰宅途中の鈴木を谷元が見つけ、あの金を返して欲しいと迫りますが、鈴木に「捨てた。」と言われてしまいます。

谷元は「ガキのころから一緒にやってきたじゃないか。」と説得しようとするものの、鈴木は、センター試験で谷元の代わりの替え玉受験がばれて逮捕されたこと、それをきっかけに高校を中退になったおかげで弁護士の道が絶たれて人生が台無しになったことを伝え、もうこれっきりにしてほしいと、その場を離れるのでした。

木次谷の弱みとなる情報

執務室で伊能から木次谷の悪い情報が出てこないという電話を受ける甲斐。そこにダイスが現れ、やっぱり記事がでるらしいということに相当いらだっている様子。会社の未来がかかっている、と、予定されている融資の80億の責任をとれるのかと問い詰めます。

その後再度伊能から甲斐に電話があり、本人には何もなかったのだが家族のことならと、ある情報を受け取りました。電話を切り机にしまっていた鈴木の犯罪歴の資料を辿る甲斐に思わず笑みがこぼれます。

大逆転

甲斐は鈴木の部屋に押しかけます。「帰って。」と言われた甲斐は、「弁護士やりたくないのか?」と言い返し、着替えて出かける準備をするように伝えます。行先は木次谷の自宅でした。

木次谷は、証拠の捏造の件にがっかりしたと伝えますが、甲斐は、息子さんの件で話があると言います。階段から降りてくる息子と鈴木は目を合わせて驚きます。木次谷の息子は鈴木に司法試験の替え玉受験を依頼した人物だったのです。

ダイスの海外移住と新たな昇進の条件

木次谷が記事を取り下げたことを幸村から聞いた蟹江はがっかりします。一方、甲斐とダイスは「さすがは絶対に負けない男。これでシンガポールに戻れます。向こうで永住権を取ります。」と空港で握手をします。

「なら、ちょうどよかった。せっかくの弁護士資格を遊ばせておくのはもったいない。ご相談があるのですが。」と甲斐は鈴木大貴の話を相談します。

廊下を歩く聖澤の荷物を手伝う鈴木。聖澤と鈴木は「これからよろしく。」と握手をします。

幸村は木次谷を黙らせた方法を甲斐に聞きたい様子ですが、甲斐は「木次谷の名誉のためです。」とはぐらかします。

アソシエイトを決めたことも報告し、ついにシニアかと期待する甲斐。しかし幸村はこれまで一度もファームのプロボノ(ボランティア活動)をやったことがない甲斐に、今度はファームのプロボノ実績を積むことを昇進の条件に提案しました。

自身の執務室で、甲斐は幸村からもらった弁護士無料相談会のチラシを鈴木に渡しプロボノの仕事を丸投げします。鈴木のスーツを見て「二度とそんな安物を着てくるな。着てきたらクビだ。」とお金を渡しました。

昔の上司の汚職疑惑

甲斐の執務室に幸村が現れ、「司法記者が柳次長検事の汚職を追っている。あなたが彼の元にいたのは20年も前だし大丈夫だと思うけど、もしも、あなたに接触してくるようなら警戒した方がいい。」と忠告しますが、甲斐は「大丈夫ですよ。もう過去の話です。」と少し俯いたのでした。

SUITS/スーツ2話予告

東都医大海部病院長がセクハラか!?次週は東都医大でおこるセクハラのお話です。愛人になれと言われた女性がセクハラの被害後、不当解雇されたというニュースが公になります。

  • 「セクハラは物証がないと勝てない(甲斐)」
  • 「病院はあなたを名誉棄損で訴えると言い出しています(鈴木)」
  • スーツケースのお金を机の上にばらまく鈴木に、「私がお金のために相談したと?」と頭をかかえる被害女性。
  • 「現実の厳しさを教えてやるのも弁護士の仕事だ(甲斐)」
  • 「女性は傷ついているかもしれないって想像できません?(聖澤)」
  • 「鈴木先生には必ず不幸が起こる(玉井)」そして鈴木は部屋を荒らされます。
  • 「彼が追い込まれてやめることになったら(幸村)」

この訴訟に立ち向かう2人ですが、「経歴詐称しながら弁護士やるなんてうまく行くはずがなかったんだ。」と鈴木が言うのでした。

SUITS/スーツ1話の見どころと感想

一番の見どころは鈴木が麻薬取引に向かうシーンと、アソシエイトの面接会場で甲斐と鈴木が出会うシーンです。

鈴木がホテルで従業員のフリをした警察官に、「ジムは何階ですか?」と尋ねる辺りのシーンは、囮捜査にかかりそうでドキドキして見守りました。すれ違う瞬間の作業員の名札や従業員が話す内容に違和感を瞬時に感じ取ることができ、ごく自然な会話をしたあと指定された部屋の前を通過する判断力に驚かされました。

また、甲斐の部屋で法律について話す鈴木の記憶能力は人間の能力をはるかに超越していました。アソシエイトの面接会場に六法全書を暗記した人物が、しかも、麻薬捜査官に追われてやってくるという驚きの展開です。

その能力があれば人生の成功は間違いなしなのに、悪友のせいで人生が狂わされていて・・・犯罪履歴を見ると悪いことをたくさんしているのに、なぜか応援したくなりました。違法すれすれの甲斐と優れた頭脳を持つ鈴木がこれからどんな活躍を見せてくれるのか、経歴詐称や過去の犯罪はバレないのか!?とても楽しみです。

その他、事務所の秘書の玉井やパラリーガルの聖澤、ライバルの蟹江らと、2人の関係なども少しずつ変わっていきそうな予感がします。

SUITS/スーツ1話の見逃し配信動画を見たい人は?

SUITS/スーツ1話見逃し配信動画は、FODプレミアムで見ることができます。フジテレビで放送中のドラマ、各年代別のドラマ、バラエティなどの対象の動画が見放題です。初月無料で見られますので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

FODプレミアムの登録方法や特徴は以下のページで確認できます。

SUITS/スーツのキャストと相関図&あらすじや主題歌および放送日など
SUITS/スーツのキャストと相関図をはじめ、SUITS/スーツのあらすじや主題歌および放送日などをお知らせしていきます。 「SUITS/スーツ」は全米で大ヒット中のドラマ「suits」を原作とした弁護士ドラマです。 月9主演は...

以上、SUITS/スーツ1話あらすじネタバレ感想と動画のご紹介でした。

——————————-
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアム(視聴サービス)にてご確認ください。
——————————-

コメント