昭和元禄落語心中ドラマ版9話あらすじネタバレ感想と動画

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中ドラマ版9話のあらすじネタバレ感想と見逃し動画が見られる配信サービスについて紹介していきます。

前回、小夏のおなかの子がかつて自分の所属した組の親分だと知り、対決に乗り込んだ与太郎。

見事な啖呵を切って親分をうならせた与太郎に、八雲は弟子の成長を感じます。

そして真打の披露目を控えた与太郎に、八雲は最後の稽古だと言って「芝浜」を教えます。

披露目初日に与太郎の「芝浜」を聞いた小夏は父・助六の面影と重ね、涙を流すのでした。

その後、無事に男の子を生み、与太郎と一緒になることを決意した小夏。

しかし25年前の両親の死の記憶を取り戻しつつある小夏は、八雲が自分に嘘をついていると言い出すのでした。

いよいよ、助六とみよ吉の死の真相が明らかになりそうで気になりますね。

さっそく、9話のあらすじから紹介します。

>>昭和元禄落語心中のキャストについてはこちら

 昭和元禄落語心中ドラマ版9話あらすじ


与太郎(竜星涼)と小夏(成海璃子)が結婚して月日が流れ、与太郎は真打となっていました。

小夏の子・信之助もすくすくと育ち、小学校の入学式を迎えようとしています。

70代になった八雲(岡田将生)の芸はいまだ衰えを知りませんでしたが、稽古中に落語の内容を忘れることがあり、人知れず悩んでいました。

下座として寄席に上がるようになった小夏は、それをきっかけに助六(山崎育三郎)とみよ吉(大政絢)の事故の日の記憶がよみがえりそうになり、なにか隠された秘密があるのではないかと考え出していました。

そんな中、与太郎との親子会をやることになった八雲は、高座に上がっている最中にみよ吉の幻影を見ます。

そして胸に痛みを感じた八雲は、幕が下りた途端に倒れ込んでしまうのでした。

昭和元禄落語心中は、U-NEXTに登録してNHKオンデマンドで、初回31日間無料で見ることができます。

U-NEXTに登録してNHKオンデマンドを視聴する方法やU-NEXTおよびNHKオンデマンドの特徴は、以下よりご覧ください。

NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法
NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 NHKオンデマンドは月額756円(税込)ですが、U-NEXTの初月無料サービス+プレゼントされる1,000ポイントを利用して、登録月だけ実質無料でNHKの見逃し配信番組...

 昭和元禄落語心中ドラマ版9話ネタバレ

七代目の苦悩

平成7年。

70代になった八雲は、七代目八雲の墓の前で、若き日のことを思い出していました。

「高座に上がる前にこうやって震える手を握ってんだ。肝心なところで噺が飛んじまったら、思い出せなかったら、怖え。怖さとの戦いだ。」と老いた七代目は漏らし、八雲の名を譲ってさっさと引退したいと思うこともあると言っていたのです。

そして、落語を枯れるまでやって行くのが今居る者、生きてる者のつとめではないかと訴える八雲に向かい「お前なんかには分かるめえ。落語ってのはよ・・・こんなに気持ちよくて・・・こんなに残酷な芸はねえ。」と震える手を握りながら語ったのでした。

「師匠・・あんときのあたしの言葉が、今のあたしに突き刺さりますよ。」と七代目の墓に語り掛け、苦悩の表情を浮かべる八雲。

その時、「ジイジ、まだ?もう帰ろうよ!」と小夏の子の信之助が声をかけてきて、八雲は立ち上がるのでした。

小夏の下座デビュー

小夏と与太郎は、神社にお参りしていました。

小夏は、自分の下座の初日が上手く行くように祈っていたのです。

もっと落語のそばにいたいと、小夏が下座の修行を初めてから2年が経っていました。

寄席の三味線を弾いているのが下座で、寄席に流れる音楽は、全てこの下座が生演奏するのです。

そして小夏の下座としてのデビュー日。

お栄に連れられて客席に来た信之助は「お母さん頑張れー!」と声をかけています。

緊張して硬い表情のまま三味線を弾き始める小夏でしたが、それを聞いた与太郎は「なかなかいい音じゃねえか。」と呟くのでした。

高座に上がっているのは、テレビの世界に行っていたものの、また落語界に戻ってきた萬月(川久保拓司)です。

しかし客席の拍手はまばらで、袖に戻った萬月は「10年さぼったツケは大きい・・・。」と汗をふきながらぼやくのでした。

八雲の悩み

一方、家で落語の稽古をしている八雲は、途中でその先が思い出せなくなってしまいます。

八雲の稽古を聞いていた松田(篠井英介)も、それに気づいてハッとするのでした。

結局思い出せず、八雲は一人うなだれますが、松田に声をかけて寄席に出かけるのでした。

寄席の楽屋では信之助が愛嬌を振りまき、席亭(石井愃一)は「不思議と華のある子で、大人はみんな参っちまう。」と相好を崩していました。

そして現在は真打となり、助六を襲名した与太郎が高座に上がると、大きな歓声と拍手で迎えられます。

与太郎は、今ではテレビで見ない日がないほどの売れっ子でしたが、それでも変わらず寄席に出続けているのでした。

その様子を笑顔で見つめる小夏。

楽屋に戻った与太郎は、席亭から小夏に寄席で働いてもらえるのがありがたいと言われます。

本当は落語をやった方がいいと勧めたが、小夏はなぜだかそれだけは嫌がるのだと話す与太郎。

信之助は楽屋で走り回り、「寿限無」ができると言って元気に話し出しますが、そこに八雲がやってきて注意をします。

「小夏さん、こういうことを持ち込むんならこの仕事はおよしなさい。ここはあたくし共の大事な場所なんです。」と叱られ、謝る小夏。

信之助も小夏をかばって「ごめんなさい・・・。」と謝り、八雲は「こうやって礼儀を覚えていきなさい。」と静かに言い聞かせるのでした。

そして八雲の出番が近づきます。

楽屋で待つ八雲は震える手を抑えながら、「肝心なところで噺が飛んじまったら・・・怖え。」と言う七代目の言葉を思い出しているのでした。

そして大きな拍手に迎えられながら高座に上がり、「品川心中」を始める八雲。

袖で見ている萬月と与太郎は、これぞまさに名人芸、師匠は年を取ってもちっとも衰えねえ、と感心しますが、松田は心配そうに見つめているのでした。

あの夜の出来事

出番を終え帰ろうとする八雲に、萬月が、生き恥をさらして落語の世界に戻ってまいりましたと挨拶をします。

そして、実は昭和の落語の記録を残していく仕事もしていて、戦前、戦中、戦後のこと、先代の七代目八雲のことなど、知りたいことが山ほどあると言うのでした。

「ちなみに師匠は、四国の亀屋旅館で落語をやられたことがありますか?」と萬月に聞かれ、八雲と松田は複雑な表情を浮かべます。

さらに、みよ吉という芸者を知っているかと尋ねられ、「何故、その名を。」と気色ばむ八雲でした。

その後、八雲の家では、八雲、与太郎、小夏、信之助が、松田の用意した夕飯を食べていました。

助六の名を継いだものの、いつまでたっても与太郎が似合うと言う小夏に、「あねさんが落語家になって助六継げばいいのにさ。」と言う与太郎。

小夏は「誰が落語家になりたいって言った?」と怒り、八雲はそんな小夏にちらりと目をやるのでした。

会話の絶えないにぎやかな食卓に、松田は思わず感涙してしまいます。

「まあ、いろいろと、ありましたけどねえ・・・。」という松田の言葉に、複雑な表情を浮かべる八雲と小夏。

食事が終わった後、小夏は松田が昔のアルバムを見ているのを見かけます。

昔の落語界の写真を見たいと萬月に頼まれた、一枚抜けている写真がどこに行ったか知らないかと小夏に尋ねる松田。

そのころ八雲は、風呂で与太郎が歌うのを聞きながら、助六を思い出していました。

そして小夏は、昔自分が二つに切った八雲と助六の写真を持ってきます。

松田は驚きながらも、「切ったのに・・・捨てなかったんですね。養子とはいえ親子です。生みの親より育ての親。本当に嫌いになれるわけがありませんよ。」と語ります。

小夏は「好きとか嫌いとか、もう、そういうのは置いてきたの。ただ・・・松田さんもあの夜、あの場所にいたよね?」と話し出し、寄席で三味線を弾くようになって、ずっと思い出せなかったあの夜のことをふっと思い出すようになったと言うのでした。

「どうも、あの人から聞いた話とは違うような・・・。」と呟き、何か知っているのではと松田を問い詰める小夏ですが、松田は逃げるように去ってしまいます。

野ざらし

風呂から出た与太郎と信之助は庭で花火をし、八雲はそれを眺めていました。

野ざらしの歌を歌う信之助に「お前のおじいさまと二人でやったこともあったねえ。けど、もう二度とやらない。」と言う八雲。

「もうひとりジイジがいるの?」と不思議そうな信之助に、八雲は助六の落語のレコードを見せてやり、「お母さんの本当のお父さん・・・。この人は野ざらしが上手かったよ。」と話します。

そのころ、小夏は再びアルバムに貼り付けられた写真の、自分が昔切り分けた部分を、指でなぞっていました。

しばらく独演会をやっていないのは体調でも悪いんですか、と与太郎は八雲に尋ねます。

「面倒なだけだよ。寄席で死ねたらこんな本望はないんだけどねえ。」と言う八雲に、「不吉なこと言わないでください。」と笑う与太郎。

信之助は、「ジイジの落語も~っと聞きたい!」とはしゃぎ、八雲は笑みを浮かべます。

与太郎は「この子が生まれて、うちん中丸っきり変わっちまった。」と信之助を抱き上げ、八雲は、「分かったよ。じゃあ与太と二人で親子会にしよう。」と笑います。

それを聞いた与太郎と信之助は「やった!やった!」と喜ぶのでした。

助六とみよ吉

与太郎、小夏、信之助は写真館で入学式の記念写真を撮っていました。

紋付を着てきた与太郎に、私だけスーツじゃおかしいだろと小夏は文句を言いますが、写真館で着物を貸してもらえることになります。

貸衣裳部屋で白無垢を見つけ、結婚の記念写真を撮っておけばよかったと残念がる与太郎に、小夏は、白無垢を着てあげようかと言うのでした。

そのころ、八雲は来月に取り壊しが決まった浅草の寄席を訪れていました。

荒れた寄席の中を見回し「なくなっちまうんですね・・・。」と呟く八雲。

浅草の寄席の席亭(俵木藤汰)は、目を閉じればそこらから七代目や助六がでてきそうな気がしないか、と話していましたが、電話がかかってきたので出て行きます。

高座に上がり目をつぶっていた八雲は、再び目を開けた時、誰もいない客席に助六の幻影を見ます。

「落語を聞きに来たのかい?それともやりに来たのかい?」と尋ねる八雲。

しかし、ふと気づくと助六の幻影は消えているのでした。

一方、白無垢を着せてもらった小夏は、従業員が与太郎を呼びに行っている間、鏡の前で自分の姿を見ながら、野ざらしの歌を歌っていました。

そして自分の背後に、みよ吉の幻影が立っているのに気が付きます。

「また出たね。どうしたいの?何がしたいの?母親らしいことなんか何一つしてくれなかったくせに。私のことなんかどうでもいいと思ってたくせに。いつまで私を縛り付けるの?」と声を荒げる小夏。

そこに与太郎が入ってきて、白無垢姿を見て「きれいだ~。」と喜び、小夏が泣いているのに気付くと、白無垢着れて嬉しかったんだねと無邪気に笑います。

そして3人で記念撮影をした写真は家に飾られ、それを見た松田はまた涙ぐむのでした。

小夏の苦悩

ある日、小夏に三味線の稽古をつけていた八雲は、その様子がおかしいのに気が付きます。

小夏は、四国の旅館に父と母の死んだ日の記録が残っていたと萬月から聞いたんだろと話し出します。

三味線を弾くたびに思い出しそうになる、信之助を産む前から気になってた、自分は母に嫌われ、だから母を憎んでいた、そんな自分が母親になれるのか不安だったと語る小夏。

そして「あの夜、本当は何があったの?」と八雲を見つめ、かつて八雲がした話には嘘があると言うのでした。

あの夜の事故のことを思い出し、厳しい表情を浮かべる八雲。

立ち上がると、いつか話してやるよと言って部屋を出て行きます。

そして「ただね。これだけは言っといてやる。お前さんの思い込みは間違ってる。」と小夏に告げるのでした。

その後、寄席の楽屋で一人稽古をする八雲の手は震えていました。

助六の扇子を広げると「あの子があんなふうに長い間苦しんで来たなんて知らなかったよ。駄目だね、噺家なんてえなあ。てめえのことばっかりでさ・・・。」と辛そうに呟きます。

それを、助六の幻影が見ているのに気が付くと、「どうしたい。なんか言っておくれよ。お前さんが羨ましいよ。いつまでも若々しくってさあ。」と声をかけますが、次の瞬間、助六は消えているのでした。

そのころ小夏は、(間違ってるってどういう意味?)と考え込んでいました。

そのあと萬月から、四国での助六の落語会がフィルムで残っていると言われ、絶対見たいと言う小夏。

そして「多分・・・おっさんは私に嘘をついている。あの日に何があったかどうしても知りたい。」と呟くのでした。

たちきり

そして親子会の日。

与太郎は高座で生き生きと落語を披露し、小夏も下座として出ていました。

八雲は、緊張した面持ちの小夏に「客にあんたの三味線の音を聞かせてやるくらいの料簡でおやんなさい。昔お前さんのおっかさんからそう教わったんだよ・・・。」と声をかけます。

そして八雲の出番になり、小夏は出囃子を弾きます。

楽屋での稽古の時はやはり手が震えていた八雲ですが、高座に上がるとそんな様子はおくびにも出しません。

八雲が話す「たちきり」に客席は聞き入っています。

たちきりは、今は東京では八代目八雲しかやれないと言われる大ネタでした。

芸者の小糸と恋仲になった若旦那が親に反対されて蔵に閉じ込められ、会えないうちに小糸は恋い焦がれて死んでしまうという噺です。

八雲は、小糸の死を知った若旦那の悲しみを見事に表現します。

そして、終盤には小糸の幽霊の三味線が聞こえてくる場面があり、それを弾く小夏は、そのタイミングを自分で感じるしかないのでした。

そして小夏は絶妙なタイミングで三味線を弾き、八雲の噺は続きます。

小糸の幽霊に向けた若旦那の言葉を切々と語る八雲を、いつの間にか客席に現れたみよ吉の幻影が見つめているのでした。

それに気づいて表情を変えた八雲に、小夏は、(母さん?あの人にも見えているの?)と驚きます。

みよ吉の幻影は、いつの間にか八雲の後ろに回り抱き付いており、八雲がそれに気が付くと、ふっと姿を消します。

その途端「うっ・・・。」と八雲は胸を抑えますが、それでも落語を続けるのでした。

そして「御覧なさい、仏壇のお線香が今、たちきりました・・・。」と落ちを付け、お辞儀をします。

様子がおかしいと気づいた与太郎は急いで幕を下げ、八雲は倒れ込みます。

与太郎や小夏が駆け寄り、急いで救急車を呼ぶことになりましたが、与太郎は「オイラここに残る。落語やんなきゃ。お客が待ってる。」と言うのでした。

その言葉に、苦しみながらも頷く八雲。

そして楽屋に寝かされた八雲は、苦しい息の中、なにか言おうとしていました。

八雲の耳にはみよ吉が「菊さん・・・菊さん・・・。」と呼ぶ声が聞こえます。

みよ吉や助六の思い出が走馬灯のようによぎる中、助六が何者かに包丁で刺された場面も浮かんでくるのでした。

病院に運ばれた八雲は、「おい、起きやがれ!寝てる場合かい!」という小夏の声に目を覚まします。

八雲は一命を取り留めたのでした。

「小夏さん・・・何にも言わずに死んじまったら、怒るかい?あの夜の・・本当のことを。」と声を絞り出す八雲に、「そんなことどうでもいい。生きて!死ぬんじゃないよ!」と呼びかける小夏。

八雲は「未練だねえ・・・まだ生きてらあ・・・。」と悲し気に呟くのでした。

 昭和元禄落語心中ドラマ版最終回予告

四国での助六の落語界のフィルムを見た小夏は「私、思い出した。」と呟きます。

あの夜のみよ吉は包丁を持っており、若き日の八雲は「助六!」と叫んだのです。

そして現在の八雲は、助六の幻影から、火のついたろうそくを手渡されます。

燃え盛る寄席の中、八雲を連れて逃げようとする与太郎。

「落語を、道連れにしようとしてるんだよ。」と言う八雲の声。

「人前で落語やっちゃったよ。」と話す小夏に、「楽しいべ、落語。」と明るく言う与太郎。

そして小夏は八雲に向かい震える声で「育ててくれてありがとう。」と告げるのでした。

 昭和元禄落語心中ドラマ版9話感想・みどころ

老人を演じる岡田将生さん

平成に入り、八雲はとうとう70代になりました。

これまで経てきた50代、60代からさらに年老い、衰えが見え出したことが仕草や姿勢、歩き方や話し方から感じられ、ちゃんと70代の老人に見えることに驚かされます。

そして老人ではありますが、粋で色気が漂っていてとても魅力的です。

年を重ねるごとに落語も成熟を見せているのが感じられ、思わず過去の八雲と今の八雲の落語を見比べてみたくなってしまいますね。

八雲の「たちきり」

稽古では噺が思い出せなくなったり、楽屋で手が震えたりしていた八雲ですが、高座に上がるとそんな様子は全く見せません。

物語の終盤、与太郎との親子会で披露した「たちきり」からは、恋する芸者を亡くした若旦那の心情が切々と伝わってきて、思わず見入ってしまいます。

話している間にみよ吉の幻影が現れるという、どこか怪談めいた、美しくもゾッとさせられる部分もあります。

そして、それに気づいた八雲の何とも言えない表情がますます恐怖を掻き立て、この先どうなるのだろうと思わされます。

ぐいぐいと引き込まれ、目を離せなくなってしまう場面です。

 昭和元禄落語心中ドラマ版9話の見逃し配信は?

昭和元禄落語心中ドラマ版9話は、放送が終わってからNHKオンデマンドで動画が見逃し配信され、U-NEXTでも視聴可能です。

NHKオンデマンドは月額料金が972円ですが、U-NEXTの初回登録で貰える1000ポイントを使用して、NHKオンデマンドの月額料金を支払うことができます。

またU-NEXTには、初回の登録の後に無料お試し期間が31日間あり、民放の最新ドラマ、映画なども充実していますので、昭和元禄落語心中ドラマ版を見るなら、U-NEXTに登録してNHKオンデマンドを視聴するのがおすすめです。

まずはU-NEXTでお試し登録をしてみてはいかかでしょうか。

U-NEXTに登録してNHKオンデマンドの見逃し配信を視聴する方法はこちらです↓

NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法
NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 NHKオンデマンドは月額756円(税込)ですが、U-NEXTの初月無料サービス+プレゼントされる1,000ポイントを利用して、登録月だけ実質無料でNHKの見逃し配信番組...

以上、昭和元禄落語心中ドラマ版9話あらすじネタバレ感想と動画についての記事でした。

※本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況はNHKオンデマンドにてご確認ください。

コメント