昭和元禄落語心中ドラマ版 4話あらすじネタバレ感想と動画

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中ドラマ版 4話のあらすじネタバレ感想と見逃し動画が見られる配信サービスについて紹介していきます。

前回は、人気落語家となった初太郎との差が開いていくことに焦りを感じる菊比古が、芸者・みよ吉との恋に落ちていく様子が描かれました。

みよ吉や初太郎に助けられ、ついに自分自身の落語を掴んだ菊比古ですが、七代目に内緒で育んでいる、みよ吉との恋の行方が気になるところです。

この先一体どうなっていくのか、さっそくドラマ版 4話のあらすじから紹介します。

>>昭和元禄落語心中ドラマ版 のキャストについてはこちら

 昭和元禄落語心中ドラマ版 4話あらすじ

自分の落語を掴んだ菊比古(岡田将生)は、助六(山崎育三郎)と並び立つ若手落語家になっていきました。

どちらが先に真打になるのか、と注目される二人。

そんな中、先輩落語家である彦兵衛(柳家喬太郎)から「死神」を伝授され、真打昇進に挑む菊比古。

しかし師匠たちは、真打になる前にみよ吉(大政絢)と別れるよう、菊比古に言うのでした。

それ以来、菊比古はみよ吉に冷たい態度を取るようになります。

祭りの夜、助六がみよ吉を抱きしめている現場をみた菊比古は、みよ吉にひどい言葉をかけ、去って行く彼女を追いかけることもしません。

それは恋より落語に生きると決めた菊比古の一世一代の大嘘なのでした。

やがて、菊比古と助六は二人そろって真打に昇進します。

その後、みよ吉に別れを告げに言った菊比古ですが「復讐してやる」と言われてしまうのでした。

一方、落語協会の会長の許しを得ないとできない落語を無断でやった助六は、七代目に破門されてしまいます。

失意の中にいる助六のもとにみよ吉が現れ、ふたりは抱き合うのでした。

昭和元禄落語心中ドラマ版 は、U-NEXTに登録してNHKオンデマンドで、初回31日間無料で見ることができます。

U-NEXTに登録してNHKオンデマンドを視聴する方法やU-NEXTおよびNHKオンデマンドの特徴は、以下よりご覧ください。

NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法
NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 NHKオンデマンドは月額756円(税込)ですが、U-NEXTの初月無料サービス+プレゼントされる1,000ポイントを利用して、登録月だけ実質無料でNHKの見逃し配信番組...

 昭和元禄落語心中ドラマ版 4話ネタバレ

真打昇進への道

昭和29年。

前の年にはテレビも始まり、落語もテレビに重宝され、前座も二ツ目も増えてきていました。

二ツ目の菊比古は新人賞を取り、真打候補と呼ばれるようになっていました。

助六こと初太郎は去年の新人賞でしたが、協会幹部は七代目(平田満)に「菊比古は分かる。だが、助六はダメだ」と話します。

助六は行儀も身なりもなっていない、会長も同意見だと言うのでした。

高座を終えて挨拶をする菊比古に、七代目は、そろそろ廓話以外も覚えないとな、それだけじゃ弱い、と話します。

いぶかしそうにしていた菊比古でしたが、七代目に「真打昇進の話だ。身ぎれいにしとけよ」と言われ、「はい!」と喜びの表情を見せるのでした。

やがて楽屋に飛び込んできた助六に、七代目は、立て替えてる借金はいつ返してくれるのか、と尋ねますが、助六は、真打になれば、借金なんかあっという間にきれいにする、と言うのでした。

菊比古は助六に、朝から借金取りとラジオ局の人が来て大変だった、と文句を言います。

助六は悪びれることもなく、自分の破れた羽織と菊比古の羽織とを交換すると、今夜は多分吉原に行くと言って高座に出て行き、それを七代目は苦々しい表情で見つめていました。

助六は人気も腕もあり、だらしない暮らしぶりや師匠方への無礼がとがめられていなければ、とっくに真打になっていたはずなのでした。

みよ吉と菊比古

みよ吉のところに行った菊比古は、両親は元気かと聞かれ、そんなものはとうにない、と答えます。

みよ吉は、時々四国が恋しくなる、いいことなんて何もなかったけど、と言うと菊比古の顔を覗き込み「いつなれんの?真打」と聞くのでした。

真打になって落ちついたら一緒に四国にいこう、と言うみよ吉に、休む暇は無い、帰って朝まで落語の練習をする、と立ち上がる菊比古。

ここでやれば、とみよ吉が言っても、菊比古は「稽古は1人でしたい」とつれない態度をとります。

そして、四国に親御さんの顔見に行くんなら金を出すよ、と言いますが、「親はもう死んでるの。前に言ったじゃない」とみよ吉に言われ、気まずい空気が流れるのでした。

みよ吉は出て行こうとする菊比古のそでを掴み、「ねえ菊さん。私を捨てるなら、いっそ一思いに殺してね」と思い詰めた目をし、菊比古は「何言ってんだい」と笑うのでした。

その後、お栄(酒井美紀)がみよ吉の部屋に来て、ちゃんと菊比古に話をしたのかと聞きますが、落語で頭がいっぱいだって、と答えるみよ吉でした。

死神

街を歩いていた菊比古は、街角のテレビに助六が写っているのを見かけます。

もうすぐ真打になる、八雲を継ぐために生まれてきたと話している助六に、複雑な表情の菊比古。

すると居酒屋の従業員が、今からうちで木村屋彦兵衛の落語をやります、と呼び込みをしているのに気付き、その居酒屋に入るのでした。

彦兵衛は菊比古の大先輩の落語家でしたが、去年、酒に酔って高座に上がったことが原因で落語協会を除名になっており、もう寄席には出られないのでした。

彦兵衛は「死神」という噺を始め、菊比古はみるみるうちに引き込まれてしまいます。

菊比古は、噺が終わって酒を飲んでいる彦兵衛に声をかけ、「今の死神あたしに教えてもらえませんか。どうしても教わりてえんです!」と必死に頼み込みます。

その後、彦兵衛の家について行った菊比古は、会長に頼んで除名を取り消してもらえないのか、と聞きますが、彦兵衛は、酒がないともうダメなんだと話します。

そして「酒と落語どっちが大事なんです?」と詰め寄る菊比古に、戦争で地獄を見て、何度も本当の死神に出くわした、飲まなきゃ「死神」なんてできない、と言うのでした。

そんな彦兵衛に菊比古は、「教えてください、師匠の死神を」と頼み込み、殻を破りたいと伝えます。

その熱意に彦兵衛も真顔になり、「そこ座れ」と言うと、「死神」を話し始めるのでした。

彦兵衛に細かく指導されながら、朝まで稽古をした菊比古。

最後の落ちの部分で、倒れ込みます。

彦兵衛は、まあそんなもんだろ、と稽古を終わりにし、「気いつけろよ。実力だけじゃ真打にはなれねえ。師匠やお偉方の機嫌損ねたら一巻の終わりだ。助六にもそう言っとけ」と忠告するのでした。

恋か落語か

その後、七代目の前で「死神」を披露した菊比古は、いい出来だと褒められます。

「その噺かけてみるかい?本気で真打になりてえんだろ」と言われ、息を飲む菊比古。

しかし七代目は続いて、「だったら、みよ吉とは別れろ。まだ続いてんだろ?それはそれでいい。ただし真打になるてぇことになるとそうはいかねえ。落語を続けたきゃあの女と別れろ」と言うのでした。

夜道を歩きながら、「死神」の落語を話し続ける菊比古。

家に戻ると、みよ吉が来ていましたが、菊比古はみよ吉を無視して助六に話しかけます。

みよ吉は、これ渡しに来ただけだから、と英国製で頑丈だという新しい杖を菊比古に手渡します。

そしてその杖の代わりに古い杖をもらっていいか、と聞くのでした。

冷たい態度の菊比古に、みよ吉は、自分を身請けしたいという客がいるという話をします。

その男には妻がいて、みよ吉を妾にしようというつもりらしいのでした。

「それで?どうするんだい?まさかあたしに止めてくれとでも?」と他人事のように言う菊比古に、みよ吉は目を伏せると、ちょっと言ってみただけ。お稽古、がんばって、と言って立ち上がり、部屋を飛び出していきます。

「なんで追いかけていかねえんだよ?お前に止めてもらいたくて来たんだよ」と咎める助六に、辛い表情で、七代目からみよ吉と別れるよう言われたことを話す菊比古。

夜道を一人行くみよ吉は涙を流し、菊比古の杖を抱きしめるのでした。

祭りの夜

その後、菊比古は落語協会の会長から、春に菊比古を真打にと言う話があること、それで今年の納涼落語会のトリを務めてほしいという話をされます。

助六に、という声があったものの、会長は菊比古がいいと思ったと言うのでした。

「どうだい、寄席できっちりトリを取れる姿、見せてくれるかい?気持ちいいもんだぜ。金より、酒より、女より。満員の寄席で、しかもトリで拍手をもらうってのは。」と言われた菊比古は、目を閉じてその様子を想像します。

そして「納涼落語会。精一杯勤めさせていただきます」と頭を下げるのでした。

一方、寄席の前を通ったみよ吉は、今日は菊比古が出ていないと知ると背を向けて去って行きます。

にぎわう祭りの中でほおずきに目を止めていたみよ吉は、助六に声をかけられ、一杯おごってくれれば愚痴30分、どうだい?と言われ、一緒に過ごします。

「私、菊さんのためならなんだって我慢する」というみよ吉に、「この人でなしが!って思うことねえかい?」と聞く助六。

男の人はそういうものだから慣れている、大事なことは話してくれない、と言うみよ吉。

そして「あんたみたいな優しい人は苦手。つれない人が好き。」と言うと、満州でも男にだまされて捨てられてどん底だった、菊比古に会ったのが自分の第二の人生の始まりだと話すのでした。

助六は、「一人は・・二度と嫌」と遠くを見るみよ吉を見つめます。

でも菊比古にまた捨てられる、というみよ吉に、あいつにはできねえよ、と慰める助六。

みよ吉は「バカね・・別れたがってんのは空気で分かる。何度目だと思ってんの」と言って立ち上がり、帰ろうとしますが、助六はその手を引くと、抱きしめます。

何よ、と慌てるみよ吉に「知らん。俺にも分かんねえ・・」とつぶやく助六。

その様子を見ていた菊比古が、「黙って見てりゃ何なんだい」と声をかけ、みよ吉は慌てて、何もない、信じて、と弁解しますが、菊比古は平然としています。

そして、もっと怒ってよ、というみよ吉に「怒るんなら理由がないと。別段腹が立つことはないよ。」と冷たく言うのでした。

みよ吉は思わず手を上げますが、それを止めた菊比古の「殴る気かえ。覚悟しておやんなさい」と言う言葉に「バカ!」と怒鳴って走り去っていきます。

追いかけろ、たまには男見せろ、と怒る助六に、見せてるよ、と言う菊比古。

そして「一世一代の大嘘だ。惚れてるけど・・あたしゃ決めたんだ。そんな野郎が追いかけたら酷だ」と目を潤ませるのでした。

二人の約束

その後、助六と向かい合った菊比古は、もうだれとも結婚なんてしたくない、一人になりたい、自分にはその方が向いていると話します。

そして、俺も邪魔か、と聞く助六に、そうだよ、と答えます。

「お前さんといるとなんでも楽しい。ずっとそばでお前さんの落語を聞いてられりゃそんな楽なことはない。でもそれじゃてめえの落語と向き合えねえ」と言う菊比古に、できないのを人のせいにするな、と言い放つ助六。

その言葉を聞いた菊比古は顔色を変え「あたしはお前さんと違う。いつも先歩いてたから見えなかったろ。お前さんがいることであたしがどんなに苦しんだか。」と声を荒げます。

助六は「そんな風に思ってたか・・」とつぶやき、二人はにらみあうのでした。

やがて笑い出し、菊比古の頭を撫でようとする助六でしたが、菊比古はその頭をはたきます。

「そんならもうそれでいいよ。もう一緒にいる必要もねえよな、ここらでお開きだよ」と酒を煽る助六。

そして「俺たちはな、やり方は違うかもしれねえけど、落語が好きでこの道を選んだって言う根っこはずっと変わんねえぞ。」と話し始めます。

助六は、「戦争が終わって何もかも変わっちまった。なのに落語は何も変わんねえんだよ。むしろ変化を恐れてる。長く人の娯楽であり続けるためにはこれじゃ駄目なんだよ!」と強く訴えるのでした。

とにかく客にウケる噺がしたい、そのためには、客に合わせて自分が変わらなきゃいけない、という助六に、そんなのはもう落語とは言わない、と反論する菊比古。

助六は、変わらない落語も必要で、それはお前さんの仕事なんだ、と言います。

そして「あたしの仕事?」と不思議そうな菊比古に、「二人で落語が生き延びていく道を作る。そいだけは約束しようぜ」というと、指切りをするのでした。

思わず笑顔になった菊比古でしたが、助六とこんな風に笑い合うのはこれが最後になってしまったのです。

それから、納涼落語会や真打に向け、自分の落語に向き合えることに夢中になっていた菊比古は、みよ吉のこともしばらく忘れていました。

納涼落語会

そして、納涼落語会の日。

落語会のチラシをみながら酒を飲んでいたみよ吉は、お栄にいかないのかと背中を押され、飛び出していきます。

必死で走って駆け付けたみよ吉でしたが、もうすぐ菊比古の出番だという所で、寄席の入り口で倒れてしまうのでした。

一方、菊比古は出囃子の中、高座にあがります。

みよ吉との未来より自分の落語を取った菊比古は、落語がいとおしくてたまらず、落語と心中しても本望だと、その時は思っていたのです。

菊比古は枕なしで「死神」を話し出し、それを袖で見ていた助六は「流れ良くテンポ良く、受けるところはきちんと受けている。俺にはできねえ落語だ」と感心するのでした。

噺のオチで倒れ込んだ菊比古は、(これが、あたしの心底欲した孤独)と思います。

そして、お辞儀をした菊比古は、客たちの大きな拍手に包まれ、助六は「坊、やりやがったな」とつぶやくのでした。

一方、部屋で寝ているみよ吉に、医者を見送ったお栄が、酒の飲み過ぎで肝臓が弱っているらしい。控えた方がいい、と忠告していました。

真打昇進

そして昭和30年。

菊比古と助六は二人そろって真打に昇進し、真打披露の寄席に出ていました。

楽屋に戻った二人は、会長に挨拶します。

すると、会長は「まあ、ふたりいっぺんにってことで、しかたねえ」と言い、助六に向かい、八雲の顔を潰すわけにいかないが、本来お前さんみたいなやり方は良く思っていない、と言うのでした。

その後、助六は菊比古に、落語で会長の鼻を明かしてやる、と告げるのでした。

助六は、披露目で毎日違うネタをやっていましたが、今日は何をやるかまだ迷っていると言います。

そして「俺ぁすぐに八代目八雲を継ぐ。お前さんには渡さねえ。俺ぁ八雲になるために生きてきた」と言って、高座に上がります。

助六が「居残り佐平次」という噺を始めると、菊比古は顔色を変え、七代目は、あのバカ!と慌てます。

それは会長の十八番で、会長から直々稽古をつけてもらわない限りできないネタだったのです。

まるで会長に喧嘩を売っているようなものでした。

難しい噺で登場人物も多いのですが、助六は会長の佐平次とは違い、底抜けに明るい佐平次をいきいきと演じます。

こんな大ネタもこなして、あいつは一体どこに行っちまうんだ、と思う菊比古。

楽屋で難しい顔をしていた会長は、やがて立ち上がります。

助六の噺は大受けで、大きな拍手が起こっていました。

戻って来た助六は、「いい出来だ、いい出来だった」と言って菊比古に抱き付きます。

みよ吉との別れ

一方、けじめをつけなければいけないと、みよ吉の元へ向かった菊比古。

みよ吉の身体を心配し、ずいぶん来れなかったことを謝る菊比古に、みよ吉は「お別れなんて聞きたくない。ずっと来ないでって祈っていたのよ」と言います。

いくらでも責めてくれ、今日は一晩それを聞きに来た、という菊比古の頬に触れ、なにしてもいいの?と聞くみよ吉に、菊比古は殴るなりなんなり、と答えます。

しかしみよ吉は「できないわ、大好きなんだもの」と言うのでした。

みよ吉は田舎に帰ろうかな、ここにいるよりしがらみがない、などと話すうちに、菊比古に抱き付き、「お願い、一緒に逃げて」と懇願します。

菊比古は、「お前さんは1人で生きられるしなやかさを身につけなきゃいけねえ。そう教えてくれたのはお前さんだ」と諭しますが、みよ吉は、「偉そうに、私の本名も知らないくせに」と菊比古をにらみます。

そして「絶対復讐する。化けて出るから。今度会う時は地獄ね」と言い放つみよ吉に、菊比古は動揺するのでした。

助六の破門

一方、七代目は、会長の十八番を勝手にやった助六を叱り飛ばしていました。

七代目は、落語は人の和が何より大事だと言い、どうして落語を壊そうとするのか、と助六を責めます。

それに、「壊すんじゃない、変えるんです」と訴える助六。

しかし七代目は助六に向かい、「あちこちで八雲を継ぐのは自分だって言いふらしてるんだって?てめえには継がせねえ。八雲は菊にやる。もう幹部会にも相談している。会長も賛成してくれた」と言い放ちます。

助六は、それじゃ今まで俺は何のために、と動揺しますが、お前みたいな品のない野郎にやる名前じゃねえ、という七代目の言葉に激高し、机をひっくり返してしまうのでした。

七代目はそんな助六を、「帰れ、この際破門してやらあ」と言って追い出してしまいます。

そして、桜の花びらが舞う夜道に一人たたずむ助六。

そこに、みよ吉が声をかけます。

「桜っていつもいつの間に散っちゃうんだよね」といって助六の手を取り、自分の頬にあてると、「わたし、ふられちゃった」と呟くみよ吉。

助六はそんなみよ吉を抱きしめます。

そしてみよ吉は「何かあったの?話、聞いてあげる」と優しく言うのでした。

 昭和元禄落語心中ドラマ版 5話予告

高座で死神を話し、オチで倒れ込む菊比古。

みよ吉と助六は一緒に暮らすようになり、みよ吉には子供ができます。

みよ吉は助六に、「この町出よう」と言うのでした。

一方、菊比古と助六、ふたりの落語家は明暗分かれていました。

「落語だけはやめるなって・・」と助六にないてすがる菊比古に、助六は「所詮俺は野良犬なんだよ」と言います。

一方、七代目は倒れてしまい、菊比古に、「菊や、未練を聞いてくれるか」と言うのでした。

 昭和元禄落語心中ドラマ版 4話感想・みどころ

菊比古とみよ吉の別れ

真打昇進を目前に、七代目から、真打になるならみよ吉と別れろ、と言われてしまった菊比古は、恋より落語を取ると決め、あえてみよ吉に冷たくします。

菊比古の辛い気持ちも分かるのですが、今まで、菊比古を懸命に支えてくれたみよ吉が、冷たくされて傷ついた表情を浮かべるのが痛ましく、切なくなってしまいますね。

特にみよ吉が菊比古の杖を抱きしめて泣く場面がとても悲しく、大政絢さんの演技に惹きつけられます。

そんな健気なみよ吉が、いよいよ菊比古との別れという時、突然人が変わったように「復讐してやる」と言い出したのには驚かされ、恐怖を覚えました。

この先の波乱を予感させる、見逃せない場面です。

みよ吉と助六

菊比古に冷たくされるみよ吉を何かと思いやる、助六。

山崎育三郎さん演じる助六からは、その人柄の温かみが伝わってきます。

祭りの夜、みよ吉から、あんたみたいな優しい人は苦手、と言われた助六ですが、突然みよ吉の手を引くと、抱き寄せます。

この場面は、二人とも色っぽく、ドキドキしてしまいますね。

菊比古と別れたみよ吉が、破門された助六と出会い、桜の花びらが舞う中抱き合う場面も、とても美しいので、見どころです。

 昭和元禄落語心中ドラマ版 4話の見逃し配信は?

昭和元禄落語心中ドラマ版 4話の動画は、NHKオンデマンドで放送当日から見逃し配信され、U-NEXTでも視聴することができます。

NHKオンデマンドの料金は月額税込972円ですが、U-NEXTに登録し、初回付与分の1000ポイントを利用することで、NHKオンデマンドの月額料金をまかなうことができてしまいます。

またU-NEXTなら初回登録時の無料お試し期間が31日間あり、民放の人気ドラマや、話題の映画なども充実していますので、昭和元禄落語心中ドラマ版 4話の見逃し配信動画を見るなら、U-NEXTを利用してNHKオンデマンドを視聴するのがお得です。

まずはU-NEXTでお試し登録をしてみてはいかかでしょうか。

U-NEXTに登録してNHKオンデマンドの見逃し配信を視聴する方法はこちらです↓

NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法
NHKオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 NHKオンデマンドは月額756円(税込)ですが、U-NEXTの初月無料サービス+プレゼントされる1,000ポイントを利用して、登録月だけ実質無料でNHKの見逃し配信番組...

以上、昭和元禄落語心中ドラマ版 4話あらすじネタバレ感想と動画についての記事でした。

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はNHKオンデマンドにてご確認ください。

コメント