リーガルV7話あらすじネタバレ感想と動画

リーガルV

リーガルV7話のあらすじとネタバレ、感想と、リーガルV7話の動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

前回は、塩見(矢部太郎)から結婚詐欺についての依頼を受け、小鳥遊翔子(米倉涼子)たちが調査を進めていくと、塩見が登録していた高級婚活所がブラック企業であることが発覚します。

小鳥遊たちは確かな証拠をつかみ裁判に挑みますが、第一審でその証拠が認められず、裁判に敗れてしまうのでした。

その結果に納得いかない小鳥遊は、新たな手を考えていてブラック企業に立ち向かおうとします。小鳥遊たちは勝訴を勝ち取ることができるのでしょうか。

早速、リーガルV7話のあらすじからチェックしていきましょう。

>>リーガルVのキャストや相関図についてはコチラ

リーガルV7話あらすじ

前回から引き続き、高級婚活所の「ローズブライダル」を訴えることになった京極法律事務所。小鳥遊たちはローズブライダルの詐欺を立証するために、被害者の声がたくさん必要だと考えていました。

小鳥遊たちは各地で被害者を募りますがなかなか集まりません。そんな時に国民的好感度の高いコメンテーターの高市哲也(野間口徹)がローズブライダルの会員で、詐欺にあっていたという情報を得ます。

小鳥遊たちが高市に会いに行くも、高市は詐欺にあっていたことを認めません。結局、原告団は3人の女性と伊藤理恵(安達祐実)と馬場雄一(荒川良々)で裁判に臨むことになります。

裁判が始まるも決定的な証拠がない京極法律事務所。そんな時に相手の弁護をしている海崎勇人(向井理)が過去に事件を起こし服役していた伊藤の過去を話しはじめ、伊藤の証言の信ぴょうせいのなさを訴えます。

その言葉を聞いた伊藤は泣きながら、過去の事件のことを語るのでした。

裁判が終わると伊藤の言葉に心を打たれたと高市がやって来て、原告団に入ると小鳥遊たちに伝えます。

すると知名度のある高市のおかげで被害者たちが続々と集まり始めます。そして小鳥遊たちは、ひょんなことからローズブライダルの創設時の副代表の薮谷と出会い、ローズブライダルの秘密を得るのでした。

小鳥遊はその秘密を握り海崎に和解交渉を持ちかけますが、そこに天馬壮一郎(小日向文世)が現れます。天馬は和解交渉のためには証拠を提出するようにと言い、小鳥遊たちは窮地にたたされます。

しかし土壇場で相田栞(東ちづる)の弱みを握ることに成功した小鳥遊たちは、スマートフォンで撮影された動画を天馬たちに見せるのでした。その動画には相田と「ミカド通信」の会長の我妻憲史郎(国広富之)が密会している様子が映っていました。その動画を見た天馬は和解に応じると言うのでした。

京極法律事務所のメンバーたちは、ローズブライダルから和解と謝罪をさせることに成功したのでした。

リーガルV7話のネタバレ

集まらない被害者

小鳥遊は高級婚活所の「ローズブライダル」に集団訴訟を起こそうとやる気になっていました。

京極法律事務所のメンバーたちはローズブライダルの被害者を集めようと集会を開きますが、なかな被害者たちが集まりません。

小鳥遊と青島圭太(林遣都)は被害者を集めるために遠方まで出かけていました。二人はそこで多くの被害者に出会っていました。その人たちの人生を台無しにしてきたローズブライダルを許せない、と小鳥遊はやる気になっていました。

さらにそこで、国民的好感度の高いコメンテーターの高市哲也(野間口哲也)もローズブライダルに騙されていたという情報を得ていました。

小鳥遊は知名度の高い高市が声をあげれば原告団が集まると考え、高市に会いにいきます。

高市に事情を話した小鳥遊でしたが「知名度のある僕が騙されていた訳がない」と言い、高市は騙されていたことを否定するのでした。

原告団結成

潜入捜査を担当していた伊藤がローズブライダルに出向き女性たちに話しかけ、ローズブライダルの実態を話していると、被害にあったと言う女性たちが現れます。その女性たちは原告団に加わることを承諾し、裁判で戦うと決意するのでした。

被害者の女性は伊藤を含めて4人になっていました。女性たちは戦う姿勢を見せていましたが、被害者男性はなかなか集まらずにいました。

その姿を見た小鳥遊が「騙されたことは恥ではない」と男性たちに訴えると、被害者男性を集めることに成功し、被害者10人で原告団を結成することになるのでした。

早速京極法律事務所のメンバーたちは被害者たちからスマートフォンや手紙を回収し誘い文句の類似点を探し、組織的な詐欺の立証をしようと動き始めます。

さらに、詐欺の信ぴょう性を高めるために多くの被害者を集めようと考えていました。そのために集会を開きますが新規メンバーは現れません。

その様子を見た茅野明(三浦翔平)は、サクラの女性たちと密会し探りを入れようと提案するのでした。

その頃、ローズブライダルの社長の相田は海崎勇人(向井理)と会い、「詐欺マニュアル」のことで話し合いをしていました。相田は詐欺マニュアルの情報がバレたら困ると言い、詐欺マニュアルは2冊しか存在しないと海崎に報告します。

さらに相田はサクラ会員への指導は口頭で行ったと言うと、隣にいた相田の秘書が手元にあった詐欺マニュアル2冊を処分するのでした。

京極法律事務所では相田のことを調べていました。相田はローズブライダルを立ち上げる前は経済記者をしていたことが分かります。

そこにサクラの女性から聞き込みを終えた茅野が戻ります。そこで茅野は新たな情報を得て来ているのでした。

白鳥の過去

その頃、天馬が我妻と話し合いをしていました。我妻はローズブライダルの裁判のことを気にかけていました。ミカド通信はFelix & Temma法律事務所の最大のクライアントであるため、天馬は秘書を使って週刊誌に小鳥遊たちが不利になるような記事を書かせていました。

我妻がFelix & Temma法律事務所を去った後、小鳥遊は白鳥に会いにFelix & Temma法律事務所に行きます。

白鳥は1年前、ローズブライダルの会員でローズブライダルに300万円を騙し取られていました。小鳥遊はその情報を得ていて、白鳥に集団訴訟に加わってほしいと頼みます。白鳥は騙されていたことを隠したい様子です。小鳥遊は「弁護士が詐欺に泣き寝入りは良くない」と訴えますが白鳥は、海崎にはこのことは言わないで欲しいと言い、その場から立ち去るのでした。

Felix & Temma法律事務所と我妻

京極法律事務所ではFelix & Temma法律事務所がブラック企業を弁護することになった理由を調べていました。すると、産業界のトップの我妻が元経済記者の相田に弱みを握られていたために、ローズブライダルをかばうことになったのではと予想していました。

小鳥遊のことが書かれた週刊誌が発売になるとそれを見た男性被害者たちが、次々と原告団を辞めたいと言い始めていました。残り少ない原告団の女性3人も心細そうな顔をしています。

その女性たちを見た小鳥遊は「こっちは何も間違えていない、ここは耐えて、忍んで、そして勝ちましょう」と女性たちを励ますのでした。

かつての事件

青島は守屋至(寛一郎)に面会に来ていました。青島は今回の集団訴訟で頑張っている小鳥遊の話を楽しそうにしています。青島の話を守屋は黙って聞いているのでした。

面会を終えた青島が刑務所からでると、海崎が立っていました。昔の事件を蒸し返している小鳥遊たちを気にしている様子の海崎。青島は「やっぱり気になりますか、元彼としては?」と嫌みを言いますが海崎は気にしていない様子です。

さらに青島は「詐欺に加担するあなたも詐欺師です」と訴えますがそれに対し海崎は、小鳥遊たちは勝ち目のない裁判をしていると言い「君がやっているのは最悪の仕事だよ」と、その場を立ち去ります。

その言葉を聞いた青島は海崎の後ろ姿を見つめながら「僕たちは勝つために戦っています!」と力強い声で訴えるのでした。

裁判開始

京極法律事務所のメンバーたちは裁判に挑むために、裁判所に向かって歩いています。小鳥遊は「頼んだわよ」と青島に喝を入れるのでした。

そこに相田が現れると、小鳥遊たちに嫌みを言い放ち裁判所に向かっていくのでした。

裁判が始まります。塩見は詐欺にあったことを公表することは恥ずかしいことだと思っていて、裁判に立ちあがるのを躊躇していたと訴えます。

続いて、原告団の一員の伊藤がローズブライダルの実態を訴えます。伊藤は入会するときに経歴書を詳しく書かされ、男性経験の人数までも打ち明けたと言います。

伊藤はお見合いをしたときに相手の男性が自分のコンプレックスにまで上手についてきたことから、自分の経歴書がサクラ会員に筒抜けになっていたと訴えるのでした。しかし海崎は、単なる憶測であると反論します。

伊藤はさらに被害者からの聞き込みから、サクラ会員が手紙やメールに共通の言葉を使って誘ってきていたと言い、詐欺マニュアルが存在したと訴えるのでした。

海崎の反対尋問が始まります。海崎は、伊藤がかつて勤めていた銀行で横領事件を起こしていて、伊藤の証言が信ぴょう性がないと訴えます。

その言葉を聞いた伊藤は罪を犯した人間の証言は認められないかと訴えます。そして、過去の事件のことを涙ながらに語ります。伊藤はもう罪を償ったと言うと「私にも幸せになる権利がる」と訴えるのでした。

増えた原告団

裁判を終えた京極法律事務所のメンバーたち。皆で原告団の人数が増えれば状況が変わると嘆いています。するとそこに高市が現れ、裁判で伊藤が訴えていた言葉に心を打たれたと言い、「原告団に加わる」と伝えるのでした。

そこにたくさんの被害者男性を引き連れて京極雅彦(高橋英樹)がやって来ます。被害者男性たちは裁判を傍聴していて、伊藤の言葉を聞き原告団に加わりローズブライダルと戦いたいと言うのでした。

そして高市が自身のブログで訴えてくれたおかげで、京極法律事務所にはたくさんの被害者たちが原告団に加わりたいと集まってきていました。

すると馬場が我妻の情報を掴もうとミカド通信に張り込みを始めます。馬場が我妻を見つけスマートフォンで動画を撮影しようとすると、サングラスをかけた一人の男性に話しかけられます。

馬場は男性に話しかけられたことに驚き、スマートフォンを落としてしまうのでした。

京極法律事務所に戻り、その男から詳しく話を聞きます。すると男は薮谷と言い、ローズブライダル創設時に副代表をしていたと語ります。

さらにローズブライダルは創設時は健全な婚活所で、徐々に相田が会員から多額なお金を巻き上げるシステムを作り上げていたと藪谷が話します。

その話を聞いていた青島が詐欺マニュアルが存在していたかと藪谷に聞くと、藪谷は難しい顔をして語り始めるのでした。

和解交渉

ローズブライダルで海崎を待ち伏せする小鳥遊。海崎が現れると、詐欺マニュアルの立証ができそうだと小鳥遊が海崎に報告します。

小鳥遊は勝ち目はこちらにあると言い、そうなるとミカド通信と我妻会長が窮地にたたされるのでは、と海崎に投げかけます。そして、小鳥遊は海崎に和解をしようと持ちかけるのでした。

次の日、小鳥遊と青島が和解交渉の話し合いのためにFelix & Temma法律事務所に出向きます。そこで青島が、海崎に和解金の総額が27億円だと言うことを伝えます。その言葉を聞いた海崎が「ローズブライダルにそんな金を払える訳がない」と言います。

その言葉を聞いた小鳥遊は、ローズブライダルに変わってミカド通信が払ってくれれば問題ないと提案します。

そこに天馬が現れ「非弁行為は慎むように」と小鳥遊に言うのでした。

青島は天馬たちに、早急に和解金を支払い相田社長から謝罪が欲しいと訴えます。それを聞いた天馬は詐欺マニュアルがあったと言う証拠を見せるようにと青島に言います。

天馬の言葉を聞いた青島は焦った様子をしています。小鳥遊は「それに関しては1時間の猶予を頂きます」と言い、青島とその場を後にするのでした。

天馬たちと別れた小鳥遊たち、青島がおどおどした目をしていたために天馬たちを騙すことができなかったと嘆いています。すると馬場と茅野が現れます。さらに薮谷が現れると、馬場と出会った時に無くした馬場のスマートフォンが見つかった、と馬場にスマートフォンを手渡します。

馬場がスマートフォンを確認すると、我妻会長の動画が記録されていて、その動画を見た小鳥遊が喜んだ様子で天馬たちの元に戻るのでした。

和解交渉成立

天馬がいる部屋に戻った小鳥遊。小鳥遊はスマートフォンの動画を天馬に見せます。その動画には我妻と相田が密会している様子が映っていました。その動画を見た天馬は海崎に和解交渉の手続きをするようにと言い残し、その場から去って行くのでした。

小鳥遊と別れた天馬は歩きながら悔しさを露わにしています。

ローズブライダルには原告団50人が集まっていました。原告団の前に現れた相田。小鳥遊たちが深く謝罪をするようにと要求しますが、相田は出来ないと言います。

その様子を見ていた白鳥は「ちゃんと土下座しなさいよ!頭を床にこすり付けなさいよ!」と相田を罵るのでした。

相田の弁護をしていたはずの白鳥のその行動に、小鳥遊たち、さらに海崎までもが驚いた顔で見つめています。

すると相田は土下座をし、謝罪をするのでした。

後日、小鳥遊と青島は塩見に1億2千万円の和解金を振り込んだことを報告します。塩見は驚きながらも嬉しそうな顔をするのでした。

守屋と小鳥遊

青島は今回の事件のことを嬉しそうに守屋に報告します。すると青島が急に真剣な顔をして「君は自分の意志で人を殺すような人間じゃない」と小鳥遊が言い続けていると伝えます。

その言葉を聞いた守屋は「小鳥遊さんにも会いたいな…」とやっと重い口を開くのでした。

小鳥遊は1年ぶりに守屋に面会に行こうと張り切っていました。小鳥遊が刑務所の面会室に向かうと天馬と鉢合わせするのでした。

リーガルV8話予告

「小鳥遊は君を助けるために弁護士の資格を剥奪された」と守屋に訴える青島。

そして小鳥遊は「お兄さんがなぜ人の命を奪うことになったのか知りたくないの?」と守屋の妹に問います。

そんな時に小鳥遊が失踪してしまい、次々と京極法律事務所のメンバーたちが去っていきます。

京極が「小鳥遊さんがいないのならもう解散です」と言い、最後に青島だけが残ります。チームワークが良くなってきていた京極法律事務所に解散の危機が訪れていました。

そんな時に小鳥遊は「本当に悪い奴と戦いましょう」と守屋に訴えかけますが、守屋の心に小鳥遊の言葉は響いたのでしょうか。

果たして、リーガルV8話で真相が分かるのでしょうか。次回からも目が離せません!

リーガルV7話の感想と見どころ

菜々緒の罵りに夢中!

最後の相田社長が謝罪をしようとしている場面。菜々緒は「ちゃんと土下座しなさいよ!頭を床にこすり付けなさいよ!」と相田を罵しります。

この行動は小鳥遊たちを助けるような行動ではありますが、菜々緒さんと言えばやっぱりコレだよね!と思ってしまいました。

菜々緒さんと言えばクールビューティーな姿でおなじみですし、相田を土下座させる姿にはスカッとさせられました。

青島と小鳥遊に恋の予感?

青島が守屋に面会に行った際に海崎と出会います。海崎と青島はなんとなく小鳥遊を巡ってライバル関係にあるのでは?疑ってしまうような会話をしていました。

青島の「元彼としては気になりますか?」という問いに対し、海崎は「そちらは小鳥遊の今彼ですか?」と返していました!

そしてもっと気になったのはその言葉に返した青島の言葉。「僕には手に負えませんよ、彼女は…」この言葉には、青島は小鳥遊に好意を寄せているものの、小鳥遊には相手にされていない、という意味に取らえられるのでは、と2人のLOVEの予感があるのかと少し嬉しくなってしまいました。

小鳥遊と青島は年齢差はかなりあるようですが、正義感の強さやフィーリングはばっちりな気がします。今後、二人に恋の予感があるといいな、なんて思ってしまうのは私だけでしょうか。

リーガルVの見逃し配信動画を見られる視聴サービスは?

リーガルV7話の見逃し配信動画はU-NEXTで見ることができます。

まずは入会日から31日間月会費無料ですのでドラマのイッキ見も可能です。

他にもドラマ・映画・漫画・雑誌・書籍など見放題作品・レンタル作品が充実しています。

U-NEXTの詳細はこちらから。

U-NEXTの特徴と登録・入会方法
U-NEXTの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐU-NEXTに登録する方は以下のボタンからお進みください。 【31日間無料お試し&600ポイント】U-NEXTに今すぐ登録 U-NEXTの特徴 ...

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は Huluにてご確認ください。

 

コメント