リーガルV6話あらすじネタバレ感想と動画

リーガルV

リーガルV6話のあらすじとネタバレ、感想と、リーガルV6話の動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

前回は青島圭太(林遣都)が以前から引き受けていた案件で、大学生でベンチャー企業を立ち上げた町村が刺傷された事件で容疑を掛けられていた武藤の弁護を引き受けます。

青島の粘り強さにより武藤の無実が証明されるのでした。

さて、リーガルV6話ではどんな依頼がくるのでしょうか。早速、リーガルV6話のあらすじからチェックしていきましょう。

>>リーガルVのキャストや相関図についてはコチラ

リーガルV6話あらすじ

京極法律事務所に新たな依頼が来ていました。それは塩見一郎(矢部太郎)からの不動産についての依頼でしたが、小鳥遊翔子(米倉涼子)たちが話を聞いているうちに塩見が結婚詐欺にあっていたことが判明します。

塩見は高級婚活所「ローズブライダル」で藤原夏純(逢沢りな)と出会い、貧弱な土地を高額な値段で買わされていました。夏純から話を聞こうと京極法律事務所に呼ぶと、夏純は悪びれる様子もなく結婚の約束をした覚えはないと言うのでした。

さらに小鳥遊たちが塩見から話を聞いていると、ローズブライダルが紹介する1回30万円のセミナーに何回も参加していたことが分かります。

それを聞いた小鳥遊は夏純はサクラでローズブライダルはブラック企業であると言い、ローズブライダルを訴えようと提案するのでした。

小鳥遊たちはローズブライダルについて調査を開始すると、サクラの女性たちと接触することに成功します。

裁判が始まり、サクラの女性たちがローズブライダルから指示を受けて男性たちを騙していたことを証言する動画を青島が再生します。

しかし相手側の弁護をしていたFelix & Temma法律事務所の海崎勇人(向井理)がその動画が違法行為を使い撮影されていたことを主張するのでした。すると判決は原告側の請求を棄却するというものでした。

その判決に納得のいかない小鳥遊。小鳥遊は問題を解決しようと新たな手を考えるのでした。

リーガルV6話のネタバレ

結婚詐欺

馬場雄一(荒川良々)は望遠鏡を使い遠くから恋人を監視していると、恋人が他の男といるところを目撃してしまいます。

次の日、馬場は京極法律のメンバーたちに恋人に振られてしまったことを報告しています。その頃、青島圭太(林遣都)は塩見から不動産トラブルの依頼を受けていました。

依頼をしてきた塩見は婚約者の女に貧弱な土地を高額で買わされていました。塩見は婚約者とその土地に家を建てるつもりだと言い、その土地を婚約者の名義で買っていました。

その話を聞いた小鳥遊が塩見に婚約者に電話をするように促します。塩見が慌てて連絡をしようとしますが、婚約者の電話番号が変わっているのでした。

その夜、京極法律事務所のメンバーは塩見を加えて居酒屋に飲みに来ていました。塩見は「ローズブライダル」という高級婚活所に大金を払い入会していました。そこで何回も見合いをし、10回目の見合いで夏純という理想の女に出会えたと言います。

そして、塩見が夏純の写真を見せると、馬場が別れた女性と同一人物だということが発覚します。馬場は夏純に200万をつぎ込んでいたと言うと、小鳥遊は夏純を訴えようとやる気になるのでした。

調査開始

次の日から京極法律事務所のメンバーは夏純を調べ始めます。伊藤(安達祐実)がローズブライダルに夏純のことを問い合わせるも、個人情報は開示できないと言われます。夏純について調べる手段がないのでローズブライダルに潜入捜査をし調べることになります。潜入捜査には伊藤が抜擢され、なぜか伊藤は婚活に張り切っているのでした。

伊藤がローズブライダルに入会手続きに行くと、年収や恋愛経験などを詳しく聞かれ、さらにセミナーに参加するようにと勧められるのでした。

小鳥遊からの頼み

小鳥遊から頼まれていた事件について調べるために青島が刑務所に面会に向かいます。小鳥遊から事件を引き継いだと青島が守屋至(寛一郎)に報告しますが、守屋は諦めた様子で事件について語ることはありませんでした。

刑務所からの帰り道、青島が小鳥遊に電話をし、守屋と面会したことを報告します。小鳥遊は弁護士資格がないので「青島に頼るしかない」と告げます。

Felix & Temma法律事務所の白鳥は刑務所近くいた青島を目撃するのでした。

潜入捜査開始

伊藤が見合いに行くためにお洒落をして嬉しそうな様子です。伊藤は潜入捜査だということを忘れ浮かれているようで、その様子を見た小鳥遊が馬場に、伊藤を監視するようにと言い渡すのでした。

伊藤が見合い相手の野村と食事をしていると、野村は他の女性から指名されたと言い、伊藤との見合いを中断し立ち去ってしまいます。その様子を馬場が監視していて、馬場は引き続き野村を監視することにします。

野村が伊藤と別れて向かった先には夏純がいました。その様子を馬場が監視をしています。

その頃、Felix & Temma法律事務所では白鳥が天馬に、小鳥遊が守屋の事件を再調査していることを報告しています。

次の日、京極法律事務所では夏純がキャバクラで働いていて大勢の男に金品を貢がせていたことが調査により発覚したと青島が塩見に報告します。夏純を訴えるようにと青島が塩見に持ちかけますが、塩見は恥さらしだと言い乗り気ではありません。

その様子を見た小鳥遊が「悪い奴はこらしめましょう」と塩見に訴えるのでした。

和解交渉をするために京極法律事務所に夏純が1人でやって来ます。夏純は塩見とは結婚の約束はしていないと言い、まったく悪びれる様子はありません。夏純は法律に詳しいようで、裁判では婚約指輪以外の送り物は結婚の決定的な証拠にならないということを知っていて、自信満々の様子です。

夏純はローズブライダルから塩見が他の相手と見合いをしていた時の様子を聞いていたと言い、それを聞いた小鳥遊は目の色を変えます。さらに夏純は、土地は返すのでこの件は終わりにしてほしいと言います。

用意周到の夏純の様子を見ていた小鳥遊はため息をつくのでした。

ローズブライダルの正体

京極法律事務所のメンバーは塩見を加えて鉄道バーに飲みに来ています。夏純が騙して買った土地をすぐに手放したことと、ローズブライダルが夏純には個人情報を開示していた点に目をつけた小鳥遊は夏純がローズブライダルと繋がっているといいます。

さらに、夏純はローズブライダルのサクラで、サクラを雇っていたローズブライダルはブラック企業の可能性があると小鳥遊は言います。

すると塩見がローズブライダルについて話し始めるのでした。ローズブライダルは見合いに失敗すると反省会が個別に開かれ、自己開発プログラムという名のセミナーを勧められると言うのでした。さらに、そのセミナーは30万円もすると塩見が言います。

その話を聞いていた青島が、それは脅迫と洗脳だと言い、小鳥遊たちはローズブライダルを訴えるべきだと塩見に話すのでした。

相手はローズブライダル

次の日からローズブライダルについての調査が始まります。茅野明(三浦翔平)が張り込みをし、サクラの女子を見極めています。

大鷹高志(勝村政信)と伊藤はセミナーについて調べています。京極は塩見に貧弱の土地を高額で売りつけた不動産屋について調べています。すると、セミナーを開催していた人や不動産屋もローズブライダルの代表、相田栞(東ちづる)と繋がりがあることが判明し、ローズブライダルの裏の顔が見え始めるのでした。

京極法律事務所ではローズブライダルに3300万円の損害賠償を起こすということで間違いないかと塩見に確認しています。すると、ファックスで被告代理人からの答弁書が届きます。

答弁書によると被告側は詐欺を否定し、さらにその被告代理を引き受けたのはFelix & Temma法律事務所の海崎勇人(向井理)だということが分かります。

京極法律事務所のメンバーは、なぜ大手事務所がブラック企業からの依頼を引き受けたのかと話しています。相手が海崎だと分かった小鳥遊は気合を入れて調査をするように、と皆に活を入れるのでした。

大鷹が検事時代に付き合いのある大手の銀行員にローズブライダルについて聞き込みをしようと呼び出します。しかし、その銀行員はローズブライダルの情報は漏らすことができないと言い、それを聞いた大鷹は異変を感じているのでした。

小鳥遊が青島と京極法律事務所に帰ろうと歩いていると、週刊誌の記者に写真を撮られます。記者は小鳥遊に非弁行為の疑いがあると言うのでした。

その頃、京極法律事務所ではローズブライダルのサクラの女性と接触ができたと皆で喜んでいました。

小鳥遊は天馬に会いにFelix & Temma法律事務所に向かいます。2年前、天馬壮一郎(小日向文世)は最高裁判所の長官になることを目指していて、自分が長官になった際は海崎と小鳥遊にFelix & Temma法律事務所を任せたいと思っていました。小鳥遊は天馬から期待される弁護士だったようです。

Felix & Temma法律事務所のロビーを小鳥遊が歩いていると、その姿を海崎が目撃します。

小鳥遊が天馬の部屋に行くと、天馬は驚いた顔をしています。週刊誌に記事を頼んだのは天馬の仕業と睨み「そんなに私のことが邪魔なのかしら」と小鳥遊が天馬に言い放つのでした。

それを聞いた天馬は顔色を変える様子もなく、後から部屋に来た海崎に小鳥遊を送るようにと言います。

二人きりになると海崎は小鳥遊にこの件から手を引くようにと言うのでした。

裁判開始

被告当事者尋問で青島がローズブライダルの代表の相田に質問を始めます。塩見がローズブライダルからセミナーを強要されていたと青島が相田に問い詰め、ローズブライダルがサクラを使い男性会員を巧妙にセミナーに誘導していたと主張します。

そして青島がサクラの女性がローズブライダルから頼まれて男性を騙していたことを告白している動画を再生します。

その動画を見た海崎は動ずる様子はありません。すると海崎は京極法律事務所が違法行為を駆使し動画を撮影したと訴えます。海崎は茅野が宅配員になりすまし、サクラの女性に会いに行ったと主張し、茅野が映った動画を再生するのでした。

動画を見終えると青島は詐欺の証拠が排除されることはあってはならないと訴えますが、裁判官は証拠の採否をし判決は後日に言い渡すことを伝えるのでした。

判決の結果は?

いよいよ判決が下る日、小鳥遊たちが裁判所に向かって歩いていると大勢の記者たちが小鳥遊を待ち構えています。

法廷が始まると、長官から原告側の請求を棄却するということが伝えられます。小鳥遊たちは今までの裁判例から、前回提出した証拠が排除されることはないと考えていました。

傍聴席にいた小鳥遊は判決に納得いかないと言い、裁判所を出ていきます。

小鳥遊が裁判所の外に出ると記者たちが待ち構えています。小鳥遊は記者たちに「詐欺師を守って、被害者を見捨てる裁判官がおかしい」と訴えます。

その様子はテレビのニュースなどで放送されることになり、その放送を天馬が見つめているのでした。

小鳥遊の狙い

小鳥遊は世論の力を使おうと、法廷にたくさんの記者を呼んでいたのでした。そして、塩見に「戦って勝ちましょう」持ちかけると、さらに集団訴訟をしようと皆に持ちかけるのでした。

リーガルV7話予告

塩見から受けた依頼、結婚詐欺の民事訴訟の第一審で敗れてしまった京極法律事務所。しかし、小鳥遊はこの結果は受け入れられない、と新たな手を考えていました。それはローズブライダルから被害にあった会員を集めて、集団訴訟を起こすと言うものでした。

「全員を集めて、こてんぱんにしてやりましょう」と意気込む小鳥遊。京極法律事務所のメンバーたちが被害者を集めていると、有名人も被害にあっていたことが分かります。

小鳥遊は「耐えて忍んで勝ちましょう」と被害者に寄り添うも、巨大権力の圧力からか原告団解体のピンチを迎えます。

そして、小鳥遊のことを面白く思っていない天馬がついに動き出しそうな予感です。リーガルV6話から続く訴訟の結果はどうなるのでしょうか。7話からも目が離せません!

リーガルV6話の感想と見どころ

小鳥遊と天馬の直接対決!

今回は天馬の回想シーンにより2年前の小鳥遊と海崎の様子を見ることができました。天馬から熱い信頼を受けていた小鳥遊。そして、海崎の隣にいる小鳥遊はとても幸せそうな顔をしていました。小鳥遊の胸には弁護士のバッチがついていて、今の小鳥遊とは少し違う人物のように思えました。

今ではすっかりライバル関係になってしまったFelix & Temma法律事務所との間に何があったのでしょうか。次回も天馬との戦いがありそうですので、目が離せません!

判決結果に落胆

リーガルV6話では初めて依頼人の願いが叶えられず、すっきりしないまま放送が終了してしまいました。

最後に小鳥遊が新たな解決策を考えていると明かしましたので来週放送の7話に期待したいところです。

矢部太郎に注目

今回の放送にゲスト出演した矢部太郎さん。結婚詐欺師に騙される役でしたが、とても合っているというか、矢部さんそのままのようにも思えました。

矢部さんをテレビで拝見するかぎり、矢部さんはもじもじしていることが多いですよね。そのもじもじする様子が女性に騙される役にピッタリというのは失礼かもしれませんが、矢部さんの演技にも注目です!

リーガルVの見逃し配信動画を見られる視聴サービスは?

リーガルV6話の見逃し配信動画はU-NEXTで見ることができます。

まずは入会日から31日間月会費無料ですのでドラマのイッキ見も可能です。

他にもドラマ・映画・漫画・雑誌・書籍など見放題作品・レンタル作品が充実しています。

U-NEXTの詳細はこちらから。

U-NEXTの特徴と登録・入会方法
U-NEXTの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐU-NEXTに登録する方は以下のボタンからお進みください。 【31日間無料お試し&600ポイント】U-NEXTに今すぐ登録 U-NEXTの特徴 ...

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は Huluにてご確認ください。

コメント