獣になれない私たち8話あらすじネタバレ感想と動画

獣になれない私たち

獣になれない私たち8話のあらすじネタバレ感想、そして見逃し配信動画が見られる視聴サービスを紹介していきます。

「けもなれ」こと、獣になれない私たち。

前回は、晶の家に転がり込んだ朱里と晶が本音を話し合い、二人の心はわずかながら通じ合います。

さらに千春に呼ばれて京谷の実家を訪ねた晶は、克己を家で看取りたいという千春の心に寄り添い、克己を病院に入れようとする京谷や拓馬を説得します。

そして、京谷と二人で海を眺めながら、ついに京谷への別れを告げるのでした。

恒星の言葉をきっかけに、朱里と京谷に本音を話した晶は、自分の人生を取り戻しつつあります。

晶の今後、そして恒星とのこれからの関係が気になりますね。

それではさっそく8話のあらすじから紹介していきます。

>>獣になれない私たちのキャストや相関図についてはこちら

 獣になれない私たち8話あらすじ

恒星(松田龍平)は呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジの上場を手伝うことを決意しますが、打ち合わせを何度もキャンセルされ、会えないでいると晶(新垣結衣)に話します。

その時、恒星の携帯に、福島の実家の解体について業者から連絡が入るのでした。

一方、職場のスタッフ応募者の面談に朱里(黒木華)が現れて驚く晶ですが、九十九(山内圭哉)は晶の知り合いと知って即採用を決めます。

そして恒星の元には、行方不明だった兄の陽太(安井順平)が窃盗で捕まったと連絡が入り、処分が決まるまで事務所に泊めることになったものの、隙を見て逃走されてしまいます。

しかし恒星から話を聞いていた晶が道で会った陽太をラーメン屋に誘い、恒星は無事に陽太に再会します。

その後、恒星は不起訴が決まった陽太を妻子の元に連れて行こうとし、嫌がる陽太と喧嘩になり、お互いの怒りをぶつけあうのでした。

無事に陽太を妻子の元に送り届けた恒星は、道で会った晶と事務所に行ってボードゲームをし、和気あいあいと過ごします。

そして、やがて眠ってしまった晶の寝顔をじっと見つめるのでした。

 獣になれない私たち8話ネタバレ

恒星の実家

5tapで橘カイジの話題になり、2回もドタキャンされてまだ会えていないと話す恒星に、カイジの方も恒星を意識して会いたくないのではと言う晶。

晶は、京谷とはきっぱり別れた、会社の方は継続中の案件もあるから続けると言いながら、「懐に爆弾を。」と言って懐に忍ばせている退職願を取り出します。

そして「常に懐に忍ばせておいていざとなったら出す。」といたずらっぽく笑うのでした。

その時、恒星に、実家の解体について業者から電話がかかってきます。

恒星の福島の実家は避難指示区域内になり、去年解除されたのですが、荒れてしまい人が住める状態ではなくなって解体することになったのでした。

話を聞き、兄に知らせてあげないのかと言う晶に恒星は、兄は失踪中で行方不明、現実から逃げているのだと話すのでした。

朱里の来訪

一方、晶の職場では緊張感に耐えかねた佐久間(近藤公園)が転職を考えだし、転職サイトの口コミもひどいので、人を増やしたくても応募がなかなかない状況です。

晶は一人だけ応募があった人を呼ぶことにしますが、なんとそれは朱里でした。

面談で朱里と向かい合い「何で私がいる会社に?」と聞く晶に「あなたお人好しだから何とかしてくれるかもって。」と笑顔になる朱里。

そこに入って来た九十九は朱里の履歴書を見ていちいち文句を付けますが、晶の知り合いだと分かると「ええやんか、採用!」とすぐに採用を決めるのでした。

九十九が去った後、「私京谷と別れた。だから・・・。」と切り出す晶ですが、朱里から「私だってバイバイしたのに。」と京谷がマンションを出て行ったことを知らされます。

「より戻せば?」と言う朱里に、「自分で決めたことだから。」と言う晶。

恒星の兄

一方、監査法人の仕事の手伝いに行っていた恒星は、トイレの中で何者かに捕まり、経理の調査の件はどうなったのかと聞かれます。

横領を告発するメモをドアに挟んだ人物だと気づいた恒星が、自分は個人でやっていて監査法人の人間ではないと名刺を見せると、男は去って行きます。

その後、恒星は堀田(三浦誠己)に男の特徴を話し、経理にいる大熊という男だと確認するのでした。

その時、叔父の亮一(大河内浩)から電話がかかってきて、行方不明だった兄の陽太が見つかったと知らされます。

警察に行った恒星は叔父から事情を聞き、陽太が失踪してから日雇いの現場を転々としていたが、ケガをして働けなくなり、寝ている人の財布からお金を抜いたこと、起訴か不起訴かは検察の判断待ちであることを知るのでした。

叔父の家では置いておけず、埼玉にいる妻子にも会いたがらないということで、陽太を事務所に連れて行った恒星ですが、ふと目を離した隙に逃げられてしまいます。

慌てて探しに出た恒星は道端で晶に出会い、事務所の鍵を渡すと、陽太が戻るかもしれないので中で待っていてくれと頼むのでした。

結局探し回っても見つからず、事務所に戻った恒星は、晶に陽太の話をし始めます。

男のプライド

陽太はかつて優等生だったが、震災のせいで父親から継いだ工場が回らなくなり、最後は借りてはいけないところから金を借りてしまい会社は倒産、プライドがずたずたになって行方をくらましたと語る恒星。

「私に似てるって言ってたよね、お兄さん。『いつも笑顔の人気者で本気で大嫌いだった。』」と言う晶に、恒星は子供の頃に陽太とやった「生き残り頭脳ゲーム」の話をするのでした。

そのボードゲームを陽太と毎日のようにやっていたが勝てなくて、ある時から勝てるようになったが、陽太はわざと負けていたと気づいたと語る恒星。

そして高校時代に恒星が陽太の彼女を寝取った時に、彼女の心をつなぎ留められなかった自分が悪いと言っていた話をし「気味悪いだろ。」と言うのでした。

それを聞いた晶は、でも恒星は陽太のピンチを助けるために粉飾決算に手を貸し、今も手を貸すよう誰かに脅されているのではと指摘します。

そして陽太のことを、いい人の末路は悲惨だと語る恒星に、「そんなお兄さんを助けた恒星さんもいい人ってことになるけど。」と言うのでした。

恒星は、俺に助けられてどんな顔をするか見たかっただけ、と言うものの、晶から「お兄さんを助けた理由なんている?助けたかったら助けた。それでいいと思うけど。男の人のプライドって面倒くさいね。」と言われて黙り込みます。

そして晶が帰った後、「クソッ。」と呟くのでした。

京谷との遭遇

翌日、朱里はさっそく寝坊して会社に休みたいと電話しますが、晶の熱心な声かけにより何とか初出社し、仕事を始めます。

そこに契約書を持った京谷が訪ねてきて、慌てて隠れる朱里。

いないことにして、と朱里から言われた晶はフォローしますが、帰る京谷を見送りに行く時に朱里に引き止められます。

そして帰り際に朱里からお土産を手渡された京谷は、唖然とするのでした。

京谷が帰った後、「見た?」「見た。二度見した。」と言い合い、笑い出す晶と朱里。

そのころ、仕事中の呉羽はスタッフから、カイジと呉羽の結婚が記事になって出てしまうと知らされるのでした。

消化できない怒り

一方、5tapで晶が斎藤(松尾貴史)と陽太の話をしていると、京谷が入ってきて「久しぶり。」と気まずそうに声をかけてきます。

朱里からマンションのことは聞いたと話し、京谷の父の葬式に行けなかったことを謝る晶。

京谷は、千春(田中美佐子)はまだ沈んでいるが、四十九日が済んだら晶や朱里のことをちゃんと話すと言います。

そして「恒星って人と付き合うの?」と聞く京谷に晶は「その発想はなかった。ただの飲み友達。気を遣う必要ないし、楽しいよ。」と答えるのでした。

その後、帰り道で陽太を見つけた晶は後を追い、手を貸してくださいと頼みます。

一方、事務所に戻った恒星を大熊が待っていました。

大熊は、経理部長が3000万円の横領をしたと言い、ずっと苦しめられてきたから一矢報いてやりたいと語るのでした。

それを聞いた恒星は「一矢報いたい相手が目の前にいていいですね。気に入らないなら声を上げればいい、殴ればいいじゃないですか。ほんとに苦しいのは敵が誰か分からないことですよ。誰に一矢報いたらいいかわからない。消化できない怒りのことですよ。」と強い口調で話します。

そして「震災なんてなけりゃ、あんな事故が起きなければあそこで生きて行けたんだ。」という陽太の言葉を思い出しているのでした。

そのころ、晶は陽太と岡持(一之瀬ワタル)のラーメン屋に来ており、手を貸してくれって言ったのはこの店は一人じゃ入りづらかったからだと説明します。

晶は自分は恒星の飲み友達だと話し、恒星から聞いた生き残り頭脳ゲームの話をしますが、陽太は、恒星の方が強くて途中から一切勝てなかったと言います。

「あいつそういう所あるんです。超然とやってるようでかっさらっていく。真面目にやってる方がバカみたいで。」と言う陽太に「分かります。お兄さんと私似てるって言われました。優等生のお人好しだって。」と答える晶。

陽太は、真面目にやって来たんですけどねとうつむくと、晶に、3万2000円と583円を貸してもらえないかと頼むのでした。

ラーメン屋の近くを通りがかった恒星は、岡持からこっちですと声をかけられ、陽太と晶がラーメンを食べているのを見つけます。

その後、恒星は晶に面倒をかけたと謝り、晶は3万2583円を陽太に貸したことを話すのでした。

夢と現実

その翌日、恒星はどこかに出かけた陽太の後をつけ、現金書留を送っていたことを突き止めます。

そして別居中の陽太の妻に連絡し、陽太が失踪中も毎月家賃分の3万2000円を妻に送っていたことを知るのでした。

恒星は5tapでそのことを斎藤に話し「もうぶっ壊れてんのに、現実見ろって話だよ。」と言いますが、その時、隣の客に「現実だけじゃ生きて行けません。」と声をかけられます。

そしてその客は恒星に、自分は橘カイジだと名乗るのでした。

カイジ(飯尾和樹)は、自分が昔壊れたことがあり、ひたすら家でゲームをしていた、世界中にいるそんな人たちのためにゲームを作る、彼らがどんなに遠回りしても夢を持って明るいところに向かえるようにと明るく話します。

しかし恒星は「おとぎ話ですね。住む家を理不尽に奪われて。風評被害で会社つぶれて、3万2000円すら工面できなくなった男がこの世にいて。どんな夢を語る?ゲーム?『昔は苦労した。』そんな話ね、どん底にいる人間からすりゃ成功者の戯言ですよ。」と言い捨てるのでした。

兄弟ゲンカ

そして恒星が事務所で食事を作っていると電話がかかってきます。

陽太に食事を手渡しながら、「検察から電話があった。食ったら行くぞ。」と声をかける恒星。

二人はタクシーで出かけますが、埼玉に来ているのに気付いた陽太は、検察庁に向かってんだよな?と不思議そうにします。

恒星は、不起訴になった、前歴は残るけど前科にはならない、と話し、「今向かってんのはあんたの妻子の家。」と言うのでした。

陽太は、必死でタクシーを止めるよう訴えると、降りて歩き出します。

恒星は、「お客さんお金!」と怒鳴る運転手に、連れ戻すから待っているように頼むと、陽太の後を追い「家賃払ってるからって家族守ってるつもりかよ!あんた昔からピントずれてんだよ!」と怒鳴ります。

そして恒星と陽太は小学校の頃から今までのことで兄弟げんかを始め、自分の怒りをぶつけ合い、罵り合います。

たまりかねた運転手が声をかけてきますが、恒星と陽太は同時に「うるさいな!」と怒鳴ります。

そして「今兄貴とケンカしてんだよ。誰に怒っていいか分かんないから!お互いに向き合って怒るしかないんだって!」という恒星の言葉に、はっとする陽太。

やがて二人は喧嘩をやめ、並んで歩きながら話します。

恒星は実家の解体が終了したことを話し、陽太は、恒星が会社の借金を助けてくれた時に何かやばいことをしたのでは?と尋ねるのでした。

やがて陽太が、公園で妻子が遊んでいるところにたどり着くと、娘が飛びついてきて、妻も泣きながら抱き付きます。

恒星はその様子をじっと見つめるのでした。

その後、一人バスで帰る恒星は、鏑木工産から送られてきた実家の写真を見ています。

解体前の家の中には生き残り頭脳ゲームが写っていました。

そして解体後の実家の写真を見て、こみ上げてくる涙が溢れそうになる恒星。

飲み友達

バスを降りて夜道を歩いていた恒星は、ゲームとビールを抱えた晶に出会います。

「お兄さんは?ネットオークションで買った。兄弟対決、今やったらどっちが勝つか。」と笑う晶に「兄弟対決は終わった。次は晶vs恒星やろうぜ。」と言う恒星。

晶は、恒星の事務所で生き残り頭脳ゲームを出し、懐かしがる恒星と一緒にやり始めます。

恒星は、橘カイジに陽太のことで八つ当たりしたら、毒舌でいいね、信用できると言われた話をし、「俺呉羽のこと好きだったんだな。」と呟きます。

そして晶に「今頃?丸わかりだったよ。」と言われてフッと笑うのでした。

二人は和気あいあいと仲良くゲームをし、笑い合って時間を過ごします。

やがて陽太が借りたお金を返そうとして声をかけ、晶が寝ているのに気が付き、思わず笑う恒星。

晶を自分のベットに寝かせると、電気を消して部屋を出て行きます。

そしてガラスのドアの向こうから、眠る晶をじっと見つめるのでした。

 獣になれない私たち9話予告

九十九は「あかん、機密データ漏れや、えらいこっちゃ!」と慌て、その様子を見た朱里は、しまった、と言う表情で気まずそうにしています。

そして、『橘カイジの妻・モデル呉羽ご乱交!?』というタイトルの、呉羽と恒星がまるで付き合っているかのような記事が週刊誌に出てしまい、「なんだこれ。」と呆然とする恒星。

一方、晶は九十九から「特別チーフクリエイター部長!」と言われ「なんなんだ。」とあっけにとられるのでした。

 獣になれない私たち8話感想・みどころ

感情をあらわにする恒星

行方不明の兄・陽太が窃盗で捕まり、処分が決まるまで事務所で預かることになった恒星。

以前に晶に兄が大嫌いだと語っていた恒星ですが、今回、恒星が本当に腹を立て嫌っているのは兄ではなく、震災で住む場所を理不尽に奪われるような現実だということが分かってきます。

恒星が陽太と兄弟喧嘩をし、どこにもぶつけようのない怒りを互いに向けあうしかないんだと訴える場面には、ハッとさせられます。

その後、一人バスの中で解体された実家の写真を見て思わず泣きそうになる恒星の表情は、今まで見せたことがないもので、松田龍平さんの演技が胸に迫ります。

今までは毒舌でどこか冷たく思えた恒星が見せた本音と人間味に、彼の印象ががらりと変わってしまう、見逃せない場面です。

近づく晶と恒星の距離

恒星の兄・陽太に対する想いを聞いた晶は、恒星が自分で言う程、陽太を嫌っていないと見抜き、恒星の元から逃げた陽太を連れ戻すのに一役買います。

以前に大嫌いな兄に似ているから晶が嫌いだと言っていた恒星ですが、陽太とのわだかまりも解けた今、ますます晶への態度が柔らかくなったのを感じます。

あくまで飲み友達の二人ですが、陽太の件が解決した後一緒に和気あいあいとゲームをする様子はとても仲良く楽しそうですし、寝落ちしてしまった晶を見て思わず笑う恒星の笑顔は、今までになく優しいですね。

晶をベッドに寝かせたあと、ドアのガラス越しにじっと見つめる恒星の表情も意味深で、晶への感情が今までとは違ってきたのを感じさせ、見逃せません。

 獣になれない私たち8話の見逃し配信を見たい人は?

獣になれない私たち8話は、huluで放送終了後から見逃し配信されますので、見逃してしまった場合でも動画を見ることができます。

さらにhuluなら初回登録の後2週間の無料お試し期間がありますので、その間に今までの獣になれない私たちを一気に見ることもできてしまいます。

獣になれない私たち以外にも最新のドラマや話題の映画が多数配信されていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

huluへのくわしい登録方法はこちら↓


以上、「獣になれない私たち」第8話あらすじネタバレ感想と動画の紹介でした。

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はhuluにてご確認ください。

コメント