獣になれない私たち5話あらすじネタバレ感想と動画

獣になれない私たち

獣になれない私たち5話のあらすじネタバレ感想、そして見逃し配信動画が見られる視聴サービスを紹介していきます。

巷では「けもなれ」と呼ばれている、獣になれない私たち。

前回は、呉羽と京谷が一夜を共にしたことを知った晶が、やけ酒に付き合ってくれた恒星を誘うという衝撃の展開を迎えました。

結局、恒星が途中で寝てしまい、晶と恒星には何もなかったようですが、この先の二人の関係はどうなるのでしょうか?

それではさっそく気になる5話のあらすじから紹介していきます。

>>獣になれない私たちのキャストや相関図についてはこちら

 獣になれない私たち5話あらすじ

京谷(田中圭)の元カノ・朱里(黒木華)が居座り続けるマンションを一人で訪れた晶(新垣結衣)。

冷静に話し合いをしようとする晶に対し、朱里は感情的になって主張をぶつけます。

結局何も解決しませんでしたが、晶は朱里と対面して以来、今まで以上に明るく完璧に、仕事をこなすのでした。

そんな晶の不自然さに気づいた夢子(伊藤紗莉)は、仕事を辞めるつもりなのでは、と佐久間(近藤公園)に相談します。

一方、晶とのことで京谷に殴られた恒星(松田龍平)は、ついに呉羽(菊地凛子)の結婚相手「橘カイジ」について検索してみるのでした。

そして仕事帰りに晶と会った恒星は、やけにテンションが高くて不自然だと感じます。

ある晩、仕事帰りにビルの階段から写真を撮った晶は、その場で千春(田中美佐子)に電話をし、千春が介護をしている夫とのなれそめを聞きます。

愛があるから辛いことも乗り越えられる、という千春の言葉に涙し、また堂々巡りになってしまうと感じる晶。

一方、京谷は朱里のいるマンションから、自分の方が出て行く決意をします。

そして晶に今から会えないかと連絡しますが、京谷に会うとまた堂々巡りになると感じた晶は、わざと京谷の前で恒星とキスをするのでした。

 獣になれない私たち5話ネタバレ

5tapでの修羅場

5tapを訪れた京谷に殴られ、椅子から転げ落ちた恒星。

京谷は慌てて、「すいません、大丈夫ですか」と謝りますが、立ち上がった恒星は、「あんたに俺を殴る権利ある?」と詰め寄り、それを見ていた斎藤(松尾貴史)は気を失うのでした。

その後、荒っぽいのが嫌いだと言う斎藤は具合が悪くなって頭をタオルで冷やし、殴られた恒星も頬を氷で冷やしていました。

「すいませんでした、つい・・」と頭を下げる京谷に、「つい殴って、つい呉羽と寝て。つい、って言葉は便利ですね」と辛らつな言葉を浴びせる恒星。

京谷は、自分なんかが晶と付き合っちゃいけなかった、あなたが俺よりも晶を幸せにしてくれるなら・・と言い出しますが、恒星は、人に押し付けるな、と切り捨てます。

「関係ねえし。だいたいあの女好みじゃねえの」と言う恒星に、岡持(一ノ瀬ワタル)は「それじゃ二人とも晶さんのこと要らないみたいじゃないですか」と非難の声をあげるのでした。

晶と朱里の対決

一方、晶は京谷のマンションで朱里と向かい合っていました。

ここを出て行くつもりが本当にあるのか、と尋ねる晶に対し、出て行かない、って言ったらどうするの?と挑戦的な朱里。

そして晶はため息をつき、「別れます。もう疲れました、堂々巡りに。」と答えます。

それを聞いた朱里は「じゃあ別れた方がいいね。疲れることすることないもん。私だって疲れたくないからここにいるんだし」と言い出すのでした。

生活のために京谷のマンションにいるようなことを言う朱里に、「京谷のこと、好きだからじゃないの?」と聞く晶ですが、朱里は、晶と付き合うから別れてくれと言った京谷のことを、どうして自分だけ好きでい続けなくちゃいけないのか、語気を強めます。

そして朱里は晶に対し、幸せできらきらしている人は違うね、ウサギのエサまで買ってきて、自慢?無職のあなたとは違うって言いたいの?と絡みだすのでした。

やがて泣きながら「あなたの持ってるいろんなもの、私何にも持ってない!あなたみたいな人、大っ嫌い」と怒鳴って晶をにらむ朱里。

朱里の主張を黙って聞いていた晶は「私は、あなたがうらやましい。そんなふうに泣けて」と静かに言うのでした。

そして晶がマンションから帰るころには雨が降っていました。

京谷は晶と入れ替わりに帰ってきますが、朱里は、晶が訪ねてきたことを京谷には話さずにごまかすのでした。

一方、店にいた呉羽はカメラマンに「旦那さん、橘カイジなんだって?」と聞かれ、ばれた?と笑っています。

そして恒星は自分の事務所で「橘カイジ」について検索してみるのでした。

家に戻った晶は、ゴーヤ食品の山を見て、食べなきゃ・・と呟きますが、ぐったりと座り込みます。

不自然に明るい晶

翌日、監査法人の仕事に行った恒星は殴られた顔をマスクで隠していましたが、堀田(三浦誠己)にすぐばれてしまいます。

一方、晶は誰よりも早く仕事に出ており、ミヤコ特産のゴーヤ商品を使った料理まで作ってきていました。

九十九(山内圭哉)は何で一度も返事をよこさなかった、と怒鳴りますが、晶が、九十九の要望をリストにしたものと、その回答をまとめたもの、必要な資料などを全部そろえて渡すと、あっけに取られて何も言えなくなります。

いつも以上にすべてを完璧にこなし、笑顔を絶やさない晶を、いぶかしそうに見る夢子。

そして九十九は、ISMSを取得すればほかのライバルを蹴散らせる、その大仕事を晶に任せると言い出します。

無茶振りされても、晶は笑顔で「分かりました。一通り調べてまた報告します」と快く引き受け、九十九は感激するのでした。

企業の動力

一方、監査法人では、先週ドアにはさまれていた横領を告発するメモについて、堀田が、あのような形で訴えたのは横領犯がトップの可能性、または狂言の可能性がある、と会社の監査役に伝えたことを話していました。

そして、通常の監査業務に戻ると言う堀田に、後輩の野沢(池岡亮介)は「真相の究明は?」と尋ねますが、監査法人にこれ以上できることはないのでした。

もっと正義の闘いに発展すると思っていた、という野沢に恒星は、「正義なんて大抵の企業にとって動力にならない」と話します。

そして、じゃあ何が企業の動力になるのか?と聞かれて「惰性」と答える恒星。

恒星と晶

一方、仕事を終えて鼻歌を歌いながら帰る晶は、恒星を見つけて「先日はどうも」声をかけます。

気まずいな、という恒星に、「私は全然。全部覚えてますから」とやたら明るくテンションの高い晶。

しかし、京谷とは会っていないといいます。

ISMSを取ることになり、自分が担当になったから勉強しないと、と言う晶に、分担はいいのか?と聞く恒星ですが、私はザボン派です、と答える晶。

そして恒星が、京谷に殴られたケガを転んだと説明すると、晶は「恒星さん転ぶんだ、意外!フフフ」と笑って、「幸せなら手をたたこう」の鼻歌を歌いながら去って行きます。

その様子に、恒星は、「またキモイな」と呟くのでした。

あやうい晶の心

職場での晶は相変わらずいろいろな仕事を押し付けられていましたが、笑顔を絶やさず、「幸せなら手をたたこう」の鼻歌を歌いながら完璧にこなしていきます。

その不自然な様子に、夢子は思わず「大丈夫?」と声をかけてしまいますが、晶は「何が?」と笑うのでした。

夢子は佐久間に、晶はずっと小さな声で鼻歌を歌っている、最近の晶の様子は辞めてしまった営業部長と同じだ、と話します。

そして晶にやめられてしまうと自分が困る、と愚痴るのでした。

ある夜、上野(犬飼貴丈)の担当の仕事をフォローして無事に終わらせた晶は、上野から、「深海さんのおかげです。社長と和解してくれて安心しました。みんな喜んでます、平和になったって」と言われます。

晶は「そうだよね。私が贅沢なんだよね。こうしてるのがみんなの平和」と自分に言い聞かせるように呟くのでした。

そして、社長に言われた写真を撮って帰ると言い、駅とは違う方向に歩く晶。

ビルの外付けの階段を登り、写真を撮ると、下を眺めて、「高い・・」と呟きます。

そしてスマホを出し、アドレス帳をスクロールしていくのでした。

一方、5tapでは、斎藤が恒星に、晶が今週一回も来ていないと話していました。

恒星は、「週明けに店の前であったけど、妙にキモかった」と言い、声かけてみようか、という斎藤に、放っておくように言うのでした。

千春の過去

迷った挙句、晶は、千春のところに電話をかけます。

夫の介護をほとんど一人でつきっきりでやっている千春に、「辛くないですか?千春さん明るいけど、辛いことないですか?」と尋ねる晶。

そんな晶に、千春は夫の克己(白石タダシ)とのなれそめを話し出します。

福井の小浜で生まれ育った千春は、高校を卒業すると「へしこ」を売る店で売り子をしていました。

3年くらい働いたころ、長期出張中で福井に来ている克己が、何度もへしこを買いに店を訪れたことがありました。

ある日、克己は、来られるのは今日で最後、と千春に自分の名刺を渡し、「関東にお越しの際はご連絡ください。若狭湾と相模湾は少し似てます」と言ったのです。

しかし、千春は日本の反対側まで遊びに行くことはできず、かといって克己の会社に電話もできず、名刺は引き出しの奥にしまって忘れることにしたのでした。

「当たり前に続く変わらない毎日。でもときどきふっと考えちゃうの。反対側の海はどんな色だろう。あの人が毎日見てる海はどんな海なんだろう」と語る千春。

そして、若いころの千春がそう思っていたとき、克己がやって来たのです。

へしこを買いに来た、他に用事はないが、しいて言えばあなたの名前を聞いていなかった、と言う克己に、「海が見たい。相模湾が見たいです」と答えた千春。

その時にはもう、克己と一緒に、反対側にある知らない海へ行くことを決めていた、と千春は話します。

「何年経っても色あせないんだ。お互い年とっていろんなこと変わっちゃったけど、私は克己さんと一緒にいたい。辛いよりそっちが勝っちゃってんのよ」と言う千春に、晶は「愛していれば乗り越えられますか?苦しくても辛いことが続いても」と尋ねます。

そして「もちろん」という千春の答えを聞いた晶は、泣き笑いをし、「堂々巡りだ・・」と呟くのでした。

京谷の決意

一方、家でゲームをしている朱里に、京谷が声をかけます。

今度は何のお説教?と聞く朱里に、「説教はしない。もう出て行かなくてもいい。俺がここを出て行く。ここは朱里にあげる」と言う京谷。

さらに、以前朱里が薬を飲んで自殺未遂をした時に、とても怖かった、このまま死んだら自分のせいだと思い、朱里が助かるなら何でもすると神様にお願いした、と話します。

そして「でもそれは愛じゃなかった。愛せなくてごめん」と言うと、京谷は部屋を出て行くのでした。

朱里はずっとゲームの画面を見ていましたが、玄関のドアが閉まる音を聞き、裸足のまま外に飛び出します。

彼女のところに行くの?と聞く朱里に、取りあえずは、ウィークリーマンション。フラれるかもしれない、と答える京谷。

そして「フラれてもここには戻らない。ちゃんとごみ出せよ。元気で、ほんとに」と言って去って行く京谷を、朱里は立ち尽くして見送るのでした。

部屋に戻るとゲームのエンディング画面が流れだしており、「はあ・・終わっちゃった」と朱里はつぶやきます。

突然のキス

一方、夜道を一人歩いていた晶のもとに、京谷から、これから会える?とLINEが入ります。

どうすべきか迷い、道を行ったり来たりする晶の姿を、5tapから出てきた恒星が見つけ、声をかけるのでした。

「ぐるぐる堂々巡り。いつも京谷に会うと許しちゃう。会いたくない」と言う晶に、恒星は、自分は思考の堂々巡りを断ち切って、橘カイジを調べた、と話します。

そこに、道の向こうから京谷がやってくるのを見つけた晶は、「つきあって、一瞬」と言うと、恒星にキスをするのでした。

それを見た京谷は、背を向けて去って行きます。

晶は恒星から離れると、「ごめん、深く考えないで」と謝り、恒星は、「酔ってないのにキスしたの何年ぶりだろう」とつぶやくのでした。

そこに岡持が、なにしてんすか、こんなところで、と駆け寄ってきて、後ろから呉羽もやってきます。

呉羽は、厳しい表情で恒星をじっと見つめるのでした。

一方、朱里がやっていたゲームのエンディング場面には、プロデューサーの名前が「橘カイジ」と記されていました。

 獣になれない私たち6話予告

5tapの店内で恒星に「さっきの続きする?」と迫られた晶は、目をぱちくりさせます。

一方、岡持から「橘カイジと呉羽さんは、偽装結婚だって」と聞かされた恒星は、ラーメンを食べようとしていた手を止めるのでした。

そして朱里は5tapにこっそりとやってきて、恒星と会います。

晶は呉羽に向かい「むかつく。呉羽さんと京谷がそうなっちゃったから・・」と気持ちをぶつけ涙を流し、呉羽は「疲れちゃうね」と言ってそんな晶を抱きしめるのでした。

 獣になれない私たち5話感想・みどころ

「幸せなら手を叩こう」を歌い続ける晶

朱里と対決して激しい感情をぶつけられ、彼女と自分の違いを思い知らされた晶は、それ以降、今まで以上に笑顔を絶やさず、完璧に仕事をこなし始めます。

前にもまして仕事の負担が増えているのに、ずっと「幸せなら手を叩こう」の鼻歌を歌いながら、笑顔で淡々と仕事をこなしていく晶。

鼻歌に合わせ、感情を失ったロボットのように働き続ける晶の姿の合間に、暗闇に浮かぶ誰かの手が手拍子する映像が、たびたび差し込まれます。

この鼻歌の演出が不気味だと、視聴者の間でも話題になっています。

晶の壊れかけている心を表しているような、じわじわ恐怖を掻き立てられていく場面で、見逃せません。

ついに晶と恒星がキス

前回、自暴自棄になった晶が恒星を誘ったものの、結局キスすらしなかった二人。

しかし、京谷との堂々巡りの関係に終止符を打ちたい晶は、京谷の見ている前でわざと恒星にキスをします。

ラスト近くのこの思いもよらなかった展開には、驚かされてしまいました。

ぎこちなくキスをする新垣結衣さんが色っぽくて、ドキドキしてしまう場面です。

お互い恋愛感情はなさそうだった晶と恒星ですが、これをきっかけに二人の関係も変わっていくのかもしれませんね。

また、その場面を目撃した呉羽の、怒っているような、驚いているような微妙な表情が気になります。

京谷が今後どう出るのかも心配ですし、今後も見逃せません。

晶と朱里の対決

ついに、晶は自分一人で朱里のいるマンションに乗り込み、本当に出て行くつもりがあるのか尋ねます。

冷静な晶に対し、朱里は自分の主張や感情をぶつけ、晶は何でも持っている、でも自分にはなにもない、と言って涙を流します。

この場面での、朱里役の黒木華さんの演技は鬼気迫るもので、さすがです。

かなり理不尽なことを言っている朱里なのに、つい同情してしまいたくなってしまいますね。

この晶と朱里の女の対決は、見逃せません。

 獣になれない私たち5話の見逃し配信を見たい人は?

獣になれない私たち5話の動画は、huluで放送が終わった直後から配信されますので、放送を見逃した場合にも動画を視聴することができます。

Huluなら初回登録から2週間がお試し無料期間になりますので、その間に、これまでの獣になれない私たちを全部見ることもできてしまいます。

獣になれない私たち以外にも話題のドラマや映画、バラエティなどもが充実していますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

huluへのくわしい登録方法はこちら↓


以上、「獣になれない私たち」第5話あらすじネタバレ感想と動画の紹介でした。

※本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はhuluにてご確認ください。

コメント