獣になれない私たち4話あらすじネタバレ感想と動画

獣になれない私たち

獣になれない私たち4話のあらすじネタバレ感想、そして見逃し配信動画が見られる視聴サービスを紹介していきます。

「けもなれ」こと、獣になれない私たちの前回では、ついに朱里のことで喧嘩になってしまった晶と京谷。

そして突然呉羽が京谷にキスをするという、衝撃のラストで終わりましたね。

一方、恒星から、この世で一番嫌いな兄に似ている、と言われた晶。

それぞれの関係はどうなっていくのでしょうか?

それではさっそく4話のあらすじから紹介していきます。
>>獣になれない私たちのキャストや相関図についてはこちら

 獣になれない私たち4話あらすじ

5tapで京谷(田中圭)と言い合いになり、店を先に出た晶(新垣結衣)は、帰った後に今日のことを謝るLINEを京谷に送るものの、既読になりません。

一方、呉羽の部屋で呉羽と一夜を共にしたため、翌朝昨日と同じ服装で出社した京谷は、そのことを後輩の筧(吉村界人)に指摘されてはぐらかしますが、スマホを失くしたことに焦っていました。

5tapで、京谷のスマホを呉羽(菊地凛子)が預かっていることを知った晶は、代わりに受け取りに行きます。

そして呉羽から昨晩の出来事を聞かされた晶は動揺し、恒星(松田龍平)の事務所に駆け混むのでした。

その後5tapで一緒に飲んだ晶と恒星は、やがて恒星の事務所で一線を超えようとします。

しかし直前で恒星が寝てしまったので、思わず笑う晶。

翌日、恒星が5tapにいると京谷が入ってきて、晶が昨日来なかったか、と訊ねます。

恒星は晶と自分の部屋で朝まで一緒だったと話し、それを聞いた京谷は恒星に殴りかかるのでした。

 獣になれない私たち4話ネタバレ

呉羽と京谷の関係

呉羽にキスされた京谷は慌てますが、呉羽は、いいから、とおおいかぶさってきます。

そして家に戻った晶は京谷に「今日はごめん」とLINEを送りますが、そのころ京谷はベッドの中におり、届いたメッセージに気が付かないのでした。

翌朝出社した京谷は、筧に、シャツとネクタイ昨日と同じですよね、と聞かれてはぐらかします。

そして橋爪部長に頼まれて晶に電話しようとした京谷は、スマホがないことに気が付くのでした。

謎のメモ

以前勤めていた監査法人の仕事を手伝っていた恒星が、部屋を出てトイレに行く様子を、何者かが物陰で見ています。

恒星が戻ってくると部屋のドアにメモがはさんであり、それは「経理部の人間が何年も着服している。3000万円以上。」という内容でした。

恒星は元先輩の堀田に、俺が処分して見なかったことにしましょうか、と声をかけます。

このような手段で告発してくる場合は、相手が経理のトップなど素直に通報しにくい相手か、あるいは狂言の可能性がある、と話し合う恒星たち。

以前にも、気に入らない相手を陥れようとありもしない着服疑惑を通報するという狂言があったのです。

恒星は「本気で告発したいならそんな雑な手は使いませんよ。」と言います。

しかし、経理部長の犯行か、狂言か、どっちにしても誰かの悪事なのでした。

「なんで人間はバカなことしちゃうかな」と呟く恒星。

やる気を出した上野

会社に出た晶のもとに、千春(田中美佐子)から、京谷にLINEしても既読にならないとメッセージが届きます。

そこに上野(犬飼貴丈)が声をかけてきて、晶にたくさんのゴーヤ商品を見せると、ミヤコ特産のサイトのアイデア出しのため、まずは全ての商品を食べてみるべきでは、と提案します。

しかし上野は、自分がゴーヤが苦手だからと、晶に食べさせようとするのでした。

晶は一瞬死んだ目をしたものの、笑顔を作り、休みの間に食べておくと話します。

その後、上野が席を立つと、夢子(伊藤沙莉)が寄ってきて、私だったら忘れたふりをする、と話しますが、せっかくやる気になってるのに、と言う晶。

しかしまた追加で届いたゴーヤ商品の箱を見て「箱、デカいな」とつぶやくのでした。

仕事を探す朱里

一方、朱里(黒木華)は派遣会社に仕事の相談に行っていました。

しかし、朝が駄目、遠距離は通えない、電話は取りたくないと言い、さらに5年も無職で30歳すぎの朱里に、「うちとしてもこの条件で紹介できるところはなかなか・・」と営業担当は言葉を濁します。

そして朱里がホテルの専門学校のブライダル科を出ていて、最初の就職もその関係だと確認すると、そちらの方面で探してみては、と勧めるのでした。

5tapにて

そのころ5tapでは、岡持(一ノ瀬ワタル)が留守番をしており、かかってきた電話に対応していました。

そこに恒星がやってきます。

岡持は買い物から戻った斎藤(松尾貴史)に、京谷から、昨日ここでスマホを落とした、と電話があったことを伝えますが、スマホは店には無かったと言う斎藤。

そして斎藤から、京谷なら昨日呉羽が送っていったと聞かされた恒星は「えっ呉羽が?」と動揺します。

不幸の手紙

京谷は自宅に戻り、朱里に家に5tapから電話がなかったか尋ねますが、連絡は来ていないようでした。

「家電に電話があっても私は出るなと言われてましたけど?存在しない居候ですから」と言う朱里が、履歴書らしきものを書いている様子に、驚いて近づく京谷。

しかしよく見ると、不幸の手紙を書いているのでした。

ブライダルの仕事をしていたときに朱里を嫌な目に合わせた同僚が、フェイスブックで幸せそうな様子でいるのを見つけ、出すことにしたと言うのです。

その内容は、クリスマスの日に毎年しゃっくりが止まらない呪い、など地味に気持ち悪いもので「馬鹿なことしてないで仕事探してくれよ」と呆れる京谷。

そして「朱里がここ出てってくれないおかげでさ、こんがらがって俺まであんなバカなこと・・」と、怒鳴りかけて黙ります。

朱里は優しく「彼女と何かあった?話聞いてあげようか?」と聞きますが、京谷は、お前が言うな、と言って部屋を出て行くのでした。

動揺する恒星

仕事帰りの晶は、5tapの前を通り過ぎようとしますが、店を出てきた岡持に気づかれてしまいます。

京谷からスマホの件で電話があったと聞いた晶は店に入り、スマホのことを尋ねますが、斎藤は、京谷とタクシーで帰った呉羽が知っているのではと言うのでした。

晶は、店にいた恒星に呉羽に電話して聞いてほしいと頼みますが、恒星は固まったまま動きません。

「もしかしたら結婚した元カノには電話しないとかそういう・・?」と聞く晶に「そんなんじゃありませんし、元カノでもありません」と答える恒星。

そして「じゃあなんだったんですか?」と晶に言われ、目を泳がせるのでした。

恒星が電話すると、呉羽は、持ってる!黒いのでしょ?と即答します。

何で呉羽が持ってんの、とヒソヒソ聞く恒星ですが、呉羽は「ちょっとね」としか答えません。

安心した晶は、恒星に電話を代わってもらい、明日自分がスマホを取りに行くと約束するのでした。

そして晶はスマホが見つかったと言う電話を斎藤から京谷にかけてもらうことにし、スマホは店にあって晶が持って帰った、明日の夕方には家にいる、と伝えてくれるよう頼みます。

「それで仲直り?」と聞く斎藤に、「わかりません。昨日みたいなこと前にもあって、いつも結論が出なくて。別れたい。別れたくない。じゃあどうする。どうにもならない。」と笑う晶。

今日は帰ります、と晶が店を出て行った後、恒星は「あいつ見てるとイライラすんなあ。ぶっ壊せばいいのにな」と言うのでした。

衝撃の告白

翌日、晶はにぎわう呉羽の店を訪れ、京谷のスマホを返してもらいます。

その時、呉羽からあっけらかんと「普通だったよ、やってみたけど。あれくらいの男ならその辺にゴロゴロいる。」と言われて、「ん?」と固まる晶。

一方、事務所にいた恒星は、札束の入ったままのゴミ箱をひっくり返してしまい、そのゴミ箱を札束ごと引き出しにしまって鍵をかけます。

そこに晶が飛び込んできて、「どういう人なんですか?呉羽さんって。結婚したんですよね?鐘がなって、新婚で・・なんなんですか、京谷とやっ・・どうして?何がどうなって」と動揺しながらまくしたてます。

恒星は、一旦落ち着こう、と晶を座らせます。

そして呉羽と京谷が寝たって言うのは、狂言だ、冗談だ、と晶に言い聞かせますが、晶はそんな風には聞こえなかったと言うのでした。

「呉羽もそこまで野獣じゃない」と言う恒星に「そう?」と納得いかない表情の晶。

その後、呉羽の店に行き、何をやってんだと詰め寄る恒星。

「呉羽がやったと言うなら確実にやってる。俺は知ってる、お前はそういう女だ。何でやった?」と恒星は聞きますが、呉羽は「まあ真面目な話、晶も踏ん切りがつくかなあって。その程度の男だって分かればさ」と悪びれずに言うのでした。

晶のためもあるけど、京谷にも興味があったと言う呉羽に、「結婚したんだろ?」と怒る恒星。

しかし呉羽から、結婚相手の橘カイジが会社の上場を考えて会計士を探しているから、恒星にやってほしい、と言われ、「はっ?」とあっけにとられるのでした。

千春の問題

一人ベンチに座っている晶のスマホには九十九(山内圭哉)から次々LINEが届いていますが、晶はそのままにしています。

そこに千春から、京谷に会ったら電話をくれるように言ってくれないか、と電話が来ます。

電話を切った千春は寝た切りの夫を見つめると、京谷の兄・拓馬とその妻の文美が待つ部屋に行きます。

拓馬から「京谷、何だって?」と聞かれた千春は「私の意見に賛成だって」と答えるのでした。

拓馬は、京谷は実際のことは分からない、親父の介護を家で見るのは限界だ、と意見しますが、千春は、拓馬だって文美さんだってろくに何もしてくれない、と反論します。

すると孫の凛人が「僕、ちーちゃんとじいじのお世話する。じいじは克己さんで、ちーちゃんのだいすきなひとなんだよ」と言い出し、思わず千春は笑うのでした。

晶と京谷

家に戻った晶は、ドアを開けて恐る恐る中をのぞきます。

京谷が来ていましたが、テレビをつけていて、晶が部屋に入っても不自然に背を向けていました。

晶がただいま、と声をかけると、おかえり、と答えるものの、どこか落ち着きがありません。

そして京谷は部屋にたくさんおいてあるゴーヤ商品を指さし、それ何?ゴーヤばっかり、と聞き、晶は、食べなきゃいけなくて、と話します。

晶からスマホを受け取った京谷は、慌てて充電しようとしますが、晶に「店に無かった。呉羽さんが持ってた」と言われ、動揺します。

「さっき呉羽さんのところまで取りに行った」と言う晶の言葉に、全てをさとった様子の京谷でしたが、晶は何もなかったように明るく「今晩、何食べよっか?何食べたい?」と聞くのでした。

「晶・・」と言いかける京谷に、晶は「何も聞いてない、呉羽さんは何も言わなかった」と笑顔で言います。

その姿を見た京谷は「昨夜はどうかしてた。今まで浮気なんてしたことなかった。昨夜は晶にふられるかもって思ったら、どうしたらいいかわからなくなって」と言い出します。

その途端、晶は部屋を出て行き、頼む、聞いて、と言う京谷の声もむなしくドアは閉まるのでした。

晶がずんずんと歩き続けて恒星の事務所の近くを通りかかると、恒星が向こうからやってきます。

二人は向かい合い、恒星は「それ何?」と晶が持ったままのゴーヤ麺に目をやるのでした。

晶と恒星

その後、晶と恒星は一緒に5tapに行き、二人並んで座り、同じビールを飲みます。

どんどん飲む晶に何か言いかける恒星に、ビールぐらい好きに飲ませろ、という晶。

晶のスマホには、金沢に出張中の九十九からどんどんLINEが届いていました。

社長が思いついた用事を逐一送ってきている、既読にすらしないのでしびれをきらしてまた送ってくる、と恒星に説明する晶。

そのころ、九十九は晶が返事をしないのでイライラしており、佐久間(近藤公園)から、優秀な深海さんが辞めたらどうする、と言われ、「普通。他がダボなんじゃ」と言っていました。

晶が九十九のLINEを無視していると、恒星が既読にしてから、スマホをオフにします。

後で大変なことに・・とつぶやく晶に、「ビールぐらい好きに飲むんだろ?」と言う恒星。

そのころ、京谷は部屋で膝を抱えて落ち込んでいました。

呉羽と寝た夜、晶から「今日はごめん」とLINEがきていたことに気づいたのです。

一方、晶は、京谷が呉羽と寝たことについて恒星と話し「両方何を考えて・・」と頭を抱え、恒星は「バカだな。バカ同士。バカバカしい」とビールを煽るのでした。

晶の誘い

ビールを飲み続ける晶と恒星は、5杯目を出されます。

それはバーレーワインと言うワイン風の高アルコールビールで、晶は、おいしい、と言ってそれを飲みます。

そして「バカになれたら楽なのに。ほんとそうですね。」と言うと、恒星をじっと見つめ、やがて「バカに・・なります?」と声をかけるのでした。

その後、二人は恒星の事務所の中で向かい合っていました。

恒星が晶の肩に手をかけてキスをしようとすると、「こういう時キスするの?」と聞く晶。

「礼儀?いらないならなしでも」と恒星が言うと、そこから、京谷と呉羽はどうしたんだろうかという話になり、結局ふたりは何もしないまま、晶はベッドに座ります。

恒星が酒を注ぎながら、「晶さんはなめられてんじゃない。何をしても許してくれる人だと思われている」と言うと、晶は「京谷が白状したのは自分が耐えきれなかったから。自分に嘘がつけなくて正しくて優しい」と話します。

そして京谷が呉羽と寝たことについて「ぶち壊したくなっちゃったんじゃない。私に責められて。向こうにも責められて、逃げ出したくなった」と言う晶。

恒星も呉羽から旦那の会社の上場を頼まれたことを明かし、「なめられてるんだな。呉羽に俺は。ふつう頼むか?」と愚痴ります。

そして二人でお酒を飲み、恒星は晶をベットに押し倒し、キスするかどうか尋ねるのでした。

やめとく、と言う晶に恒星がおおいかぶさり、「私たちって今・・誰のために寝てるんでしょう?」と聞く晶。

しかし、ふいに恒星が動かなくなります。

それに気づいた晶は、「ふふふふ・・最中に寝る男・・」と笑いが止まらなくなるのでした。

京谷の怒り

翌日、恒星の事務所を訪ねた岡持がベッドの布団をめくると、恒星一人が寝ていました。

「恒星さん~いつまで寝てるんですか、今日はご飯連れてってくれる約束ですよ」とベッドに入ってくる岡持に気づき、何でお前がいるんだ、と驚く恒星。

そして晶が置いて行ったゴーヤ麺に気が付きます。

机の上の酒の瓶はからになっており、「眠れなかったので飲んじゃいました。代わりにゴーヤ麺で許してください」という晶のメモが置いてありました。

そのころ、晶は銭湯から出てきて、「さっぱりした」とつぶやくと、すっきりした表情でさっそうと歩いて行くのでした。

その後、5tapを訪れた京谷は、昨夜晶がここにこなかったか聞きます。

岡持と一緒に店に来ていた恒星は、昨夜は来ていませんよ、と言い、斎藤にゴーヤ麺を渡します。

ゴーヤ麺に見覚えのある京谷は、やっぱりここに来たんじゃ、と恒星に詰め寄ります。

そして恒星は「来ましたよ。俺んちに、朝まで。男と女ですからね。やることは決まってるでしょ」と答えるのでした。

次の瞬間、京谷に殴り飛ばされ、恒星は床に転げ落ちます。

一方、部屋のチャイムが鳴って朱里がドアを開けると、そこには晶が立っていました。

「初めまして。深海晶と申します。」と笑顔であいさつした晶は、「これ、ウサギちゃんのおやつです」と手土産を差し出すのでした。

 獣になれない私たち5話予告

晶に向かい、「あなたが持ってるいろんなもの、私何にも持ってない。」と言って泣く朱里。

京谷は恒星に「晶のこと幸せにしてやれるっていうんだったら」と言い、「なんで俺が?人に押し付けんな」と言われます。

晶は九十九にたくさんの資料を押し付け、足りないものがあったらおっしゃってください」ときっぱり言い、九十九は弱弱しく「はい」と言うのでした。

「愛せなくて、ごめん」という京谷の言葉を思い出しながら、晶は涙を流します。

 獣になれない私たち4話感想・みどころ

一線を超えようとする晶と恒星

京谷が呉羽と関係を持ったことにショックを受けた晶は、道で出会った恒星と5tapで飲み、話をするうち、「バカに・・・なります?」と誘います。

晶の意外な行動に驚かされ、晶を演じる新垣結衣さんの表情にもドキッとさせられます。

晶と恒星は恒星の事務所にいくものの、結局京谷と呉羽の話になってしまい、なかなかことが進まないのですが、この先どうなってしまうのか・・とハラハラさせられ、見逃せない場面です。

ベッドの上に倒れ込む晶と恒星の場面は、新垣結衣さんも松田龍平さんもとても色っぽく、素敵なので、見どころです。

くるくる変わる晶の表情

呉羽と京谷が寝てしまうという衝撃の展開により、物語は大きく動きます。

そんな中で、晶は京谷と呉羽のことでコミカルに驚いたり、落ち込んだり、京谷に本音を隠した笑顔を見せたり、さらに恒星を誘ったりと、今までになく様々な表情を見せます。

そして、銭湯から出てきた場面の晶は何かが吹っ切れたようなさっぱりした表情をしていて、これからの彼女は今までとは変わるのではないか、と予感させます。

この4話の中に、晶を演じる新垣結衣さんの魅力がたっぷりなので、見逃せません。

 獣になれない私たち4の見逃し配信を見たい人は?

獣になれない私たち4話の動画は、huluで放送直後から見逃し配信されているので、放送を見逃した方も視聴することができます。

huluには初めての登録時に2週間無料視聴できるお試しサービスがありますので、その間に獣になれない私たちのイッキ見もできてしまいます。

獣になれない私たち以外にも人気ドラマ・映画・ドラマ・バラエティなども揃っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

huluへのくわしい登録方法はこちら↓


以上、「獣になれない私たち」第4話あらすじネタバレ感想と動画の紹介でした。

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はhuluにてご確認ください。

コメント