「ハラスメントゲーム」第6話のあらすじネタバレ・感想と動画

ハラスメントゲーム

「ハラスメントゲーム」第6話のあらすじネタバレ・感想と「ハラスメントゲーム」第6話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回のお話は、アルハラ(アルコールハラスメント)をテーマにしたお話でした。
広報課の飲み会の席で泣き出してしまった女性社員・関根(岡本玲)。

彼女はアルハラ(アルコール・ハラスメント)を受けたということで、秋津(唐沢寿明)たちコンプライアンス室は問題解決に乗り出します。

飲み会を主催していたのは、課長の結城(八嶋智人)でした。しかし結城は関根に密かに思いを寄せており、飲み会は彼女との距離を縮めたくてしたことだったのです。

秋津たちは結城のために、関根に告白する場所をセッティングします。しかし関根には彼氏がおり、結城は玉砕…。

しかし、アルハラの問題はとりあえず解決し、広報課も落ち着きを取り戻します。少し切ない終幕を迎えることとなりました。

そんな気になる「ハラスメントゲーム」第6話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

>>ハラスメントゲームのキャストや相関図についてはコチラ

「ハラスメントゲーム」6話あらすじ


パワハラで水谷取締役(佐野史郎)を訴え、水谷と本格的に戦うことになった秋津ですが、水谷は徹底抗戦の構えを見せ、証拠がないことから秋津の訴えは停滞してしまいます。

そんな中、人事部の小泉(石井正則)がリスハラ(リストラハラスメント)にならないように社員をリストラしたいと相談してきます。リストラを通告する相手は小泉のかつての上司・浅村(杉本哲太)。言い出しにくく困っているという事でした。

コンプライアンス室は二人の間を仲介して、浅村を出向させるということで落ち着きました。しかし本来は自主退職を促すべきなのに、根本的な解決をしていないということで、秋津は役員や社長から責められてしまいます。

次第に立場が悪くなる秋津ですが…。

「ハラスメントゲーム」6話ネタバレ

水谷との戦い

脇田常務(高嶋政弘)への牽制のため、取締役であり脇田の腹心の水谷(佐野史郎)をパワハラで訴えることにした秋津。

パワハラなど身に覚えはないと言い張る水谷に、高村(広瀬アリス)と顧問弁護士の矢澤(古川雄輝)は聞き取り調査を行います。

水谷はきっぱりと秋津の訴えを退け、言っていない、名誉棄損だと主張します。水谷は嘘をついているのだと思われますが、証拠がないため、コンプライアンス室はそれ以上水谷を追及できません。

そこへ、人事部の小泉(石井正則)が相談にやって来ます。

リスハラ


彼が悩んでいるのはリスハラ(リストラハラスメント。リストラ対象者に対して行われる嫌がらせ。不当な人事異動をしたりして、自主退職を促すなどのこと)でした。

人事部は管理職50人のリストラを決めましたが、リストラに応じない社員が当然いると予想されます。そうなれば人事部は、その社員に望まない出向を言い渡し、自分から辞めるように持っていこうとするしかないのですが、そうすればリスハラだと訴えられるかもしれないのです。

秋津は丸尾社長(滝藤賢一)に、どうしてもリストラは必要なのかと相談に行きますが、丸尾も苦渋の決断だと言います。リストラは決定事項だという事実を突き付けられる秋津。

社長が方針を変えない以上、コンプライアンス室としては、リスハラを防ぐため小泉の業務であるリストラに協力するしかありません。

特に小泉が困っていたのは営業戦略部課長の浅村(杉本哲太)に関してでした。彼は小泉が若い頃上司だった人物で、リストラを通告するなどという残酷なことは小泉にとって頭の痛い仕事でした。

リスハラを避けるためには、相手の尊厳を傷つけないことが肝心。退職金の割り増しをしてはどうかと秋津は提案します。

というわけで小泉は浅村に接触し、彼にマルオー物流への出向を打診。それが嫌なら転職も手伝うと持ちかけますが、浅村は出向する気も転職する気もないと言うのです。退職金にも興味がないらしく、困り果てる小泉。

疑い

その頃、高村は小松(市川由衣)に接触します。

脇田の秘書である彼女は、秋津と水谷が口論になった時、部屋のすぐ外に控えていました。水谷の暴言を聞いたかもしれないと思い、高村は小松に何か不穏なことはなかったかと尋ねてみますが、小松は冷静に「二人は和やかに会話しているだけだったわ。秋津室長が嘘をついてるんじゃない?」と言うのでした。

戻ってきて落ち込む高村。

矢澤は、秋津が水谷を訴えたことに疑問を感じていました。社長に密命を受けたなど、秋津には何か裏の目的があって動いているのではないかと、矢澤は高村に言います。普段の昼行燈な態度は仮の姿で、人を油断させるために道化を演じているのではと疑っていました。

しかし、高村は「秋津室長は隠し事できるタイプじゃないですよ」と秋津を心から信じています。矢澤の考えを否定する高村に、「まっすぐなのはいいことだけど、何の疑いも持たないで上司を信じるのはどうかな」と矢澤は苦々しく言いました。

その頃、秋津と小泉は、浅村をマルオー物流へ連れて行き、見学させていました。
しかし浅村は乗り気ではありません。そればかりか、次第にこの出向の話のことを疑い始めます。

何が何でも出向はしないという浅村に、ついに小泉は「あなたは会社から必要ないと判断されたんです!どうして自覚しないんですか!」と言ってしまいます。

その発言を止めなかった秋津に対して小泉は怒ってしまいますが、「自分だけ悪者になることから逃げるな」と秋津は忠告します。

「人を傷つけないでリストラするなんて不可能だ」と言って、はっきりとリストラを通告することを勧める秋津に、小泉は悩みます。

それぞれの気持ち

浅村と小泉を呼んで、一緒に居酒屋へ来た秋津と高村。

実は浅村は、自分がリストラ対象になっていることを薄々勘付いていました。

秋津は、自分が富山県に左遷された時のことを語ります。自分にも原因があったのに、左遷された怨みで凝り固まっていた。でも、その怨みがあったから出向先でも踏ん張って仕事を続けて来れたと。

「はっきり言えよ」と促す浅村に、小泉は、「人事部長としてあなたはいらないと冷静に判断しました」と言います。

浅村が小泉の直の上司だった頃は、金遣いが荒いけれど面倒見のいい仕事のできる人だと思っていた。でも、あれから20年も経ったのに、時代の流れに乗れずに経費を使い込んでしまう癖が抜けない浅村を情けなく思っていた、と…。

私を恨んでください、と言いながら泣き出してしまう小泉。浅村も沈痛な表情で下を向きます。

しばらく考えた後、浅村は「マルオー物流に行くよ」と言います。

実は、彼は英語が話せるのです。彼の英語力なら、外国人社員の多いマルオー物流でもうまくやっていけるでしょう。

本当は浅村には自主退職をしてもらいたかったのですが、とりあえず出向も一つの解決の仕方です。

なんとか丸く収まり、みんなが笑顔で店を出た帰り道。高村は思い切って、秋津は社長に何か命じられているのではないか、と切り込みます。不安な顔で秋津を見つめる高村に、そんなことはない、大丈夫だよと笑う秋津。

宣戦布告

秋津は今回の事の顛末を役員会議で報告しました。

しかし、それではリストラをしたことにならないと、役員たちには苦言を呈されてしまいます。

「そんなに人件費を節減したいなら、報酬を自ら返納されては?」と突如提案する秋津。

もちろん、役員たちは怒り出しますが、秋津は気圧されることなく笑顔で続けます。「わが社には、有能な社員が豊富におります。役員の方々以上に真摯に働いております」

そう言って水谷を見ると、水谷は「なぜ私を見る!!」と激怒。

その場は、激昂する水谷を脇田がたしなめてなんとか収まりました。

脇田はその後、秋津を自室へ呼び出します。

「正義の味方にでもなったおつもりか?」と冷たく言い放つ脇田。脇田は秋津の今回のリスハラに関する働きの結果を良く思わなかったようです。

リストラを拒む者と、リストラを言い渡すことを苦痛に思う者、彼らを見捨てられなかったと話す秋津。

その時水谷が入ってきます。水谷は秋津に食ってかかりますが、秋津は「パワハラの件、シビアにやらせていただきます」と不敵に発言してスッと出て行きました。

水谷は脇田に取り入ろうと話しかけますが、脇田は水谷を冷たく追い出しました。

その頃、コンプライアンス室で高村は「私は室長を信じることにします」と矢澤に宣言していました。

彼女も、秋津が何か裏で密命を受けていることは分かりました。しかし、彼女が秋津に直接聞いたとき秋津は「何もない、大丈夫だよ」と言った、その言葉を信じることにしたのです。

高村の顔は、迷いなく晴れ晴れとしていました。

社長室にやって来た秋津。

「正直失望したよ」と言う丸尾に秋津は、「僕は水谷さんを追い詰めることも、脇田常務を失脚させるネタを探すこともできていません!」とはっきりと言います。

眉を寄せる丸尾に対して秋津は、自分は社長の一つの手駒に過ぎないのだろうが、自分の身としてはたまったものではない、ということを話します。

怒りを滲ませて「どうなるか分かっているんだろうな…」と丸尾は秋津に迫りますが、「あの、それ典型的なパワハラです」と笑ってかわす秋津。

丸尾は苦い顔をして、秋津が部屋を出ていく音を聞きました。

忍び寄る罠

秋津は、あたたかな我が家へ帰ってきました。

「また飛ばされるかも…」とさすがに弱音を吐く秋津ですが、妻は笑ってそれくらいのことには動じないと言います。少しほっとする秋津ですが、収入が下がっては困るからねと詰め寄られて、結局たじたじとなってしまいます。

そこへ、小松から電話がかかってきました。

小松にバーへ呼び出された秋津。

実は、小松は水谷と秋津の会話の一部始終を聞いていました。しかし彼女は派遣社員。派遣が契約先の役員を告発するなど、切られる覚悟でもなければできないこと。自分のことで精いっぱいなので、秋津の弁護はできないと言います。

「お役に立てなくて本当にごめんなさい」と頭を下げる小松。そして、「悔しい…」と言いながら、小松は秋津の手を握り、体に寄りかかって来ました。

秋津は動揺しますが、「迷惑ですか?」と儚げな声で聞いてくる小松に、つい「いえ…」と答えてしまいます。

すると、小松は急に冷たい眼をして秋津を上目づかいに見上げると、「それ…セクハラですよ」と呟きました。

秋津はハニートラップを仕掛けられたのです!!

「ハラスメントゲーム」7話予告

小松の罠にはまり、秋津はセクハラで訴えられてしまいます。

すべては水谷の策略。コンプライアンス室は混乱します。

秋津は外部の弁護士に事情聴取をされ無罪を訴えますが、証拠がないということで一蹴されてしまいました。

果たして、窮地に立たされた秋津はどう行動するのでしょう。真実は闇に葬られてしまうのでしょうか?それとも、水谷や脇田に対して反撃することができるのでしょうか?そして秋津は、自分の進退をどう決するのでしょうか?

マルオー社内が大きく揺らぎ始めます。次回も必見です!

「ハラスメントゲーム」6話の見どころと感想

追い詰められていく秋津

水谷と脇田から強く当たられ、また社長からも脇田の不祥事を見つけろと厳しく急かされる秋津。のらりくらりとうまくかわしていた秋津ですが、次第にそうもいかなくなってきました。

彼が「僕は所詮社長の駒なのかなあ…」と社長の前で呟くシーンでは、彼の悲しみと覚悟が伺えます。

飄々としてどんなことにも動じない素振りを見せる秋津も、心の中では不安なのか、家に帰ると弱音を吐くシーンもありました。彼も本当はプレッシャーで押し潰されそうなのかもしれません。

これから彼はどのような運命を辿るのでしょうか。このまま平穏に終わるという予感は、残念ながらしません。

高村の秋津への信頼感

今回、とても可愛いなと思ったのは高村です。

いつもはツンとしてそっけなく、秋津に冷たい高村ですが、実は秋津に対して強い信頼を寄せています。

のらくらしてデリカシーのないように見せて、本当は心優しく人の心を掴むことに長け、仕事もうまく回せる秋津のことを、彼女は心から慕っているのです。

そんな彼女の気持ちがはっきりと出るシーンが、矢澤に「室長を信じる」と宣言する場面です。彼女の晴れやかな顔がとても眩しく、綺麗だと思いました。

「ハラスメントゲーム」第6話の見逃し動画配信を見たい方は

ハラスメントゲーム6話を見逃してしまった場合でも、U-NEXTにて、放送後すぐに見逃し動画を視聴できます。

U-NEXTは、月額1,990円(税抜)で約6万5千本の動画が見放題になるサービスです。さらに、最新作の視聴に使えるポイントが、毎月1,200円分もらえます。(無料トライアル中は600円分になります)

さらに、U-NEXTは初回会員登録をしてから31日間無料のお試し期間があるので、初回登録から31日以内はハラスメントゲームが無料で視聴できますよ。

そのほか、U-NEXTでは洋画・邦画・アニメなど、ほかの動画視聴サービスでは扱っていないような作品も含めて豊富なラインナップがそろっています。ぜひチェックしてみてください。

以上、『ハラスメントゲーム6話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。

———————————
本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。
———————————

コメント