「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第7話のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第7話のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑」第7話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回は、斑目(まだらめ)(中島健人)が被疑者の引き当たり捜査を初めて行うお話でした。

被疑者は「無錠の空き」こと鳥飼和子(余貴美子)。引き当たり捜査とは、犯罪者を連れて犯行現場を回り、どこでどのような行動をしたかを説明させて確認を取るという内容の捜査です。

何日も鳥飼と一緒に過ごすうちに、斑目は彼女に対して、どこか犯罪者とは思えないような不思議な雰囲気を感じ取ります。

「盗みをやるのには何か特別な理由がある者もいる」という煙鴉(遠藤憲一)の与えたヒントから、斑目は鳥飼の捜査資料を丹念に調べ直して、鳥飼は真の「無錠の空き」である夫を庇ってわざと逮捕されたのだということを突き止めました。

彼女は、愛する夫とその娘、家族を守るために自分が犠牲になることを決意して、わざと捕まったのです。鳥飼の真意を知ったことで、犯罪者やその周囲の家族が抱える思い、寂しさや悲しみを感じた斑目でした。

さて、今回は13係はどんな事件に挑むのでしょうか。そして、犯人役となる豪華なゲスト出演者は誰でしょうか?「ドロ刑」第7話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

>>ドロ刑のキャストや相関図についてはコチラ

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」7話あらすじ


病院内で起こった連続窃盗事件を解決するため、病院に潜入捜査をすることになる13係。

無事窃盗犯を捕まえることに成功する斑目ですが、看護部長の鬼塚(猫背椿)から外科部長の安斎(神保悟志)が手術ミスを何件も隠ぺいしているという情報を得ます。

捜査3課としては管轄外ですが、正義の為にこれについても解決しようと一肌脱ぐことにする13係。

斑目・皇子山(中村倫也)・瑶子(江口のりこ)の活躍で、見事安斎の自供を引き出すことに成功し、手術ミス隠ぺい事件も解決できました。

そして、姿を消した煙鴉の行方は…?

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」7話ネタバレ

白い巨塔に潜入!

窃盗事件が多発している白い巨塔の情報を入手した13係。関東医科大学付属病院に潜入捜査をすることになりました。

指揮を執るのは変装の達人・瑶子(江口のりこ)です。

潜入捜査なのでほとんどの病院スタッフは13係が入り込んでいることを知りません。知っているのは外科部長の安斎(神保悟志)と看護部長の鬼塚(猫背椿)だけ。

斑目は看護師に、美希(石橋杏奈)は研修医に。瑶子は外病院から来た脳外科医師に、左門(板尾創路)は外来患者などにそれぞれ扮して、怪しい人物がいないか探します。

瑶子は堂々とした振る舞いですが、他の13係は変装の経験がなく、病院スタッフたちから怪しまれる始末で、戸惑ってなかなか捜査に集中できません。

その間にも、見舞客のふりをして病院に紛れ込んでいる窃盗犯・米田(半海一晃)は悠々と病院内を闊歩しています。

そんな中、斑目は患者の一人である老人から、安斎の黒いうわさを聞きます。

安斎は論文の症例数を稼ぐために無理な手術を強行し、その結果患者を死なせ、そのことを隠ぺいしているのだそうです。

老人は窃盗犯に大事な結婚指輪を盗まれてたいそう落ち込んでいましたが、それよりも嫌なのが安斎の行う手術なのだそうです。しかし、外科部長の安斎の采配にはだれも逆らうことができず、転院も許されずに不安な日々を送っていたのでした。

斑目はその件について瑶子に相談しますが、瑶子は、自分達は窃盗の捜査が目的で潜入しているのであってそこまでは面倒を見切れない、ときっぱり言います。

瑶子に「どんな状況でも結果出すのがプロや」とクールに言われ、斑目は歯がゆさに唇を噛みました。

カメレオンの卓


ところで13係の中でただ一人、皇子山(中村倫也)は単独で動いていました。

最近バーに来なくなり、斑目とも連絡が取れなくなった煙鴉。彼がどこへ行ったのか探ろうとした皇子山は鯨岡係長(稲森いずみ)にガサ入れ(家宅捜索)を提案しますが、鯨岡係長は冷たく却下します。

それでも皇子山は無断で煙鴉の自宅と思わしい場所へ入り込みますが、そこにあったのは大量の医療関係の書物と「バルビツール」と書かれた薬の瓶。それが自殺にも使われる催眠薬だと知り、皇子山は煙鴉が自殺を考えているのではないかと推測します。

そんなとき、斑目は偶然清掃員に紛れて入り込んでいた窃盗犯・「カメレオンの卓」こと米田を現行犯逮捕することに成功しました。

成果を上げて満足し、撤収しようとする13係ですが、米田が盗品であるパソコンの中に「安斎医師の手術ミス隠ぺいを告発する!」と書かれた記事があるのを見つけていたのです。

米田は皇子山に、このデータは偶然見つけたものだが、売れそうなネタだと思ったと話します。

その頃、瑶子と斑目も、看護部長の鬼塚からそのことを直に相談されていました。

この病院内のスタッフもそのことを知っている人間が多いのですが、安斎の絶対的な権力の前に誰も彼に逆らうことができないのです。

鬼塚は、改竄前のデータを探し出して公表したいのだと打ち明けます。

皇子山と瑶子は安斎本人に問い詰めますが、安斎が認めるわけがありません。「データは窃盗犯に盗まれ、全て消えた」と言ってしらを切ります。

とりあえず米田の事件は解決しましたが、安斎の件が残っているため、引き続き関東医科大学付属病院を捜査することにした斑目。瑶子と皇子山も協力してくれることになりました。

医療ミスデータの行方

医療ミスがあったことを示すデータが残されていると考えられるのはセキュリティールームですが、このセキュリティーは非常に厳重なもので、数人の幹部しか暗号キーを知らず、外部の人間が入るのは2週間に一度の清掃の時だけ。勝手に入ることは令状でもない限り不可能だと考えられます。

そこで斑目たちは、オペ室で安斎が話してボロを出すところを録音しようと試みました。

3人はそれぞれ医師や検査技師に成りすましオペ室に入りますが、安斎の腹心・木島が斑目が刑事だと見破ってしまい、斑目はオペ室から追い出された挙句、鬼塚がICレコーダーを持っていることもばれてしまいます。

残ったのは瑶子一人ですが、瑶子もマスクを取れと詰め寄られます。

マスクを取った瑶子は観念し、正義の為に医療ミスについて捜査しに来たと正直に言いますが、安斎はまともに聞き入れず、瑶子と看護部長の鬼塚も手術室から追い出しました。

裏切り者の警察とその犬は居なくなったと安心した安斎とその腹心の医師は、改竄前のデータは安斎がいつも持っている院内PHSにつけているUSBの中にしかない、という話を始めます。

するとそこへ、どこからか「犬じゃないけど、子犬みたいとは言われま~す」と呑気な声が。

手術予定の患者が寝ているはずのベッド、シーツの中にいたのはほかならぬ斑目だったのです。

彼はつまみだされた後、再び患者のふりをして顔を隠したままオペ室に戻り、今までの会話を余すところなく録音していたのです!

さらに斑目は、このオペ自体架空のものであると曝露しました。

安斎と彼が囲い込んでいる2名の腹心以外の病院スタッフは全員、鬼塚の説得に応じて13係に協力し、安斎を追い詰める証拠を出すために何日も前から架空のオペの準備を進めてくれたのです。

病院スタッフの冷たい眼と、刑事たちの正義の心に囲まれた安斎は、ついに観念して肩を落としました。

こうして安斎の悪事は暴かれ、病院の事件はすべて解決しました。

今回の捜査を手伝ってくれたお礼に、瑶子に口紅をプレゼントする斑目。

瑶子は憎まれ口を叩きながらも、大事そうに口紅をバッグにしまいました。

煙鴉の目的

実は、しばらく姿を消していた煙鴉はこの病院に入り込んでいたことが後になって分かります。

煙鴉は13係も入るのを諦めたセキュリティールームの中にいたのでした。天井裏に潜んでブドウ糖の輸液だけで命を繋ぎ、2週間を耐え抜いたのです。

そして彼は改竄前の医療ミスを残したデータと、「安斎医師の手術ミス隠ぺいを告発する」と書かれた記事を見つけだしていました。

告発の記事の執筆者は、「皇子山真理」。

皇子山が「大切な人を失くした」と言って目を落とした写真の中にいる女性、それが…。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」8話予告

煙鴉と久しぶりに再会する斑目。

皇子山が煙鴉のことを本物ではないかと疑い、捜査していることを知っている斑目は、そのことを煙鴉に伝えます。しかし煙鴉は意味深な言葉を残し…。

そしてなんと、自らを煙鴉だと名乗る偽物(大友康平)が登場!?

本物の煙鴉なのかどうかを暴くため、証拠を聞き出そうと試みる13係ですが…。

「ドロケー遊びはもう終わりなんだよ」と呟く煙鴉。斑目と煙鴉のコンビは今後どうなってしまうのでしょうか?次回も目が離せません!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」7話の見どころと感想

瑶子の「正義」

今回印象的なのは、医師に扮した瑶子に「どうしてそんなに堂々とできるんですか?」と斑目が聞くと、彼女がトントンと胸を叩いて「ここにあんねん。やから怖いもんない」と言うシーン。

彼女の言う「ここにある」ものとは、正義の心です。

化粧っ気のない顔、ジャージ姿、関西弁で一匹狼、クールで口調が荒くツッコミが厳しいとなかなかアクの強いキャラの瑶子。ちょっと近づきがたい強さと怖さを持つ彼女ですが、心の中は熱い正義感で満ちています。

今回はそんな彼女の頼もしさがよくわかる回。外科部長の安斎と対決するシーンは必見です。

それにふだん13係にいる時はジャージばかりで全くわかりませんでしたが、彼女の変装時の服装はとってもおしゃれ。しかも美脚なんですよね!最後に斑目に口紅を渡されるシーンでは、彼女が普段は見せない女性らしさもうかがえます。

どんどん13係のメンバーのことが掘り下げられてきて、楽しくなってきましたね。

意外な隠しゲスト

病院に看護師として潜入した斑目を、「あの子カワイイ!」と追いかけまわす看護師二人組がいます。

実はこの二人、おかずクラブのオカリナとゆいPなんです。

彼女たちはまったくストーリーに絡んでこないため、ゲストであるという発表も事前に大々的にはされていなかったので、まさか出演しているとは思わず出てきてビックリしてしまいました。おかずクラブは演技派のコントで定評があります。ドラマの中で見せてくれる演技もなかなか上手ですよ。

患者を和ませるためにオカリナを奏でる美希に、本家オカリナも負けじとオカリナを持ったりしています。

今回は小さなネタが満載で、とてもおもしろかったです。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第7話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第7話を見逃してしまった場合でも、Huluを利用すれば試聴できます。放送終了後に時間をおいてから無料で視聴が可能です!

Huluなら初回登録から14日間無料で全話見放題です。他にもドラマ・アニメ・映画・漫画・雑誌などが充実していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-7話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。

———————————
本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はHulu(視聴サービス)にてご確認ください。
———————————

コメント