「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第6話のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第6話のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑」第6話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回は、斑目(まだらめ)(中島健人)が皇子山(中村倫也)と共に空き巣と殺人事件の両方の事件に挑むお話でした。

皇子山は3課の捜査そっちのけで、煙鴉(遠藤憲一)の正体を見破るべく独自で調査していました。煙鴉はそんな皇子山を翻弄し、殺人事件の現場へ彼を誘導します。

一方、「白昼の蝙蝠」という二つ名の空き巣・東村(三遊亭好楽)を追っていた斑目。足の悪い東村は、もう空き巣ができるような体ではないと推測されましたが、斑目は彼の態度に引っ掛かりを感じます。

実は、皇子山が追っていた殺人事件の現場に、東村が空き巣に入っていたことが判明します。皇子山と斑目は二人で現場で待ち構え、忍び込んできた東村を現行犯逮捕します。

皇子山は「色眼鏡で見ていたら何にも見えない」ということを煙鴉に教えられたのでした。

さて、今回13係はどんな事件に挑むのでしょうか。そして、犯人役となる豪華なゲスト出演者は誰でしょうか?それでは「ドロ刑」第6話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

>>ドロ刑のキャストや相関図についてはコチラ

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」6話あらすじ


斑目は美希(石橋杏奈)・皇子山・瑶子(江口のりこ)と共に、引き当たり捜査を命ぜられました。

被疑者は「無錠の空き」こと鳥飼和子(余貴美子)。引き当たり捜査とは、犯罪者を連れて犯行現場を回り、どこでどのような行動をしたかを説明させて確認を取るという内容の捜査です。

何日も鳥飼と一緒に過ごすうちに、斑目は彼女に対して、どこか犯罪者とは思えないような不思議な雰囲気を感じ取ります。

「盗みをやるのには何か特別な理由がある者もいる」という煙鴉の与えたヒントから、斑目は鳥飼の捜査資料を丹念に調べ直して、鳥飼は真の「無錠の空き」である夫を庇って逮捕されたのだということを突き止めました。

彼女は、愛する夫とその娘、家族を守るために自分が犠牲になることを決意して、わざと捕まったのです。

鳥飼の真意を知ることで、犯罪者やその周囲の家族が抱える思い、寂しさや悲しみを感じた斑目でした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」6話ネタバレ

初めての引き当たり捜査

引き当たり捜査を命じられて悩んでいる美希(石橋杏奈)。

引き当たり捜査とは、泥棒がどこでどのように盗みを働いたかについて、現場を一件一件回って犯人に説明させて確認する作業です。

美希は運転免許を持っていないため、斑目は運転手兼写真係としてついて行かされることになってしまいました。雑用同然の仕事にガックリする斑目。斑目はドライブぐらいにしか思っていませんでしたが、「引き当たり捜査っていうのは、被疑者にとっては逃亡するチャンスだ。気をつけろよ」と、煙鴉から忠告を受けました。

被疑者は鳥飼和子(余貴美子)という主婦です。鍵をかけていない窓を鋭く見つけてその家へ盗みに入る、「無錠の空き」と呼ばれる空き巣でした。

彼女は万引きをして捕まったのですが、なんと取り調べで60件以上もの空き巣の余罪があることを自供したのです。

鳥飼の不思議な魅力


美希に付き添うのは、斑目のほかに瑤子と皇子山。いよいよ現地へ赴き、斑目たちは捜査を始めます。

鳥飼はとても頭が良く、特に記憶力は抜群で、どのように空き巣に入って行動したかをスラスラと述べます。

鳥飼は疲れた雰囲気の女ですが、気さくで饒舌であり不思議な雰囲気の持ち主でした。斑目は、彼女は悪い人ではないのでは、という印象を持ちます。

鳥飼と話すうちにすっかり打ち解けてしまった斑目は、彼女の不幸な身の上に同情します。

斑目は、彼女がクレプトマニア(窃盗をしたくなってしまう精神疾患)ではないかと考えて皇子山と瑶子に相談しますが、彼らはまったく取り合ってくれません。

「犯罪者は親しくなった刑事を取り込もうとする。取り込まれたら終わりなんだよ」と皇子山は斑目を叱りますが、斑目は反抗し、彼女の孫に会わせる機会を作ってあげたいと考えます。

鳥飼は初めての引き当たり捜査で緊張している美希にも親しげに接し、美希も鳥飼に心を開き始めます。

逃亡

それからも様々な場所で引き当たり捜査は行われます。

鳥飼は盗みを行った家の住人から冷たい目で見られ、罵声も浴びせられますが、彼女は冷静で動じる様子を見せません。

斑目は鳥飼の義理の娘(鳥飼の夫の連れ子)に連絡して鳥飼と会ってくれないかと打診しますが、彼女はもともと後妻である鳥飼と仲が悪かったようです。鳥飼に人生を狂わされたととても怒っており、当然斑目の提案は断られてしまいました。

そんな中、あるマンションの盗みを鳥飼が説明しようとしていた時に、偶然彼女の知り合いが通りかかりました。

13係の刑事たちがその人物に気を取られた一瞬の隙をついて、鳥飼は美希に肘鉄をくらわせ、走って逃げ出しました。

皇子山と瑶子によって鳥飼は再び捕まりますが、鳥飼の娘に連絡していたことがばれて美希と斑目も厳しく叱られます。「人に優しくするのも、罰するのも、強くなかったらできへんで!」と瑶子は言いました。

鳥飼が逃げようとしたことはかなりの問題になりかねない出来事でしたが、引き当たり捜査はあと一件で終了するので、ひとまず続行することになりました。

反省はしましたが、斑目と美希はどこか腑に落ちないものを感じていました。

襲撃

その頃、煙鴉は「13係の誰かが命を狙われている」という情報を掴みます。

慌てて斑目を電話で呼び出しますが、斑目はちょうど通知を切っていて気づきません。

そこへナイフを持った暴漢が現れて、美希に襲いかかります。その時、美希をかばって鳥飼が切りつけられてしまいました。幸い大事には至らずに暴漢は取り押さえられましたが、その場は騒然となりました。

暴漢の正体は、皇子山が過去に傷害罪で逮捕した男。

この男は皇子山のことを恨んでおり、皇子山が引き当たり捜査で外出することを嗅ぎつけて、皇子山や周囲にいる者…特によく一緒にいる美希を彼の恋人だと勘違いして狙ったのです。

なんとか引き当たり捜査を無事に終えて帰ってきた斑目は、間一髪で「気をつけろ」と美希に電話を入れた煙鴉にバーで礼を言います。

斑目はなぜそこまでして自分や13係を助けてくれるのかと尋ねますが、煙鴉は「ちゃんとしてもらわなきゃ困るからだよ、お前らには」と謎めいた台詞を呟き、はぐらかしてしまいます。

斑目は、鳥飼についてずっと腑に落ちていないことがある、と煙鴉に相談しました。

空き巣が得意の「無錠の空き」が、なぜたった800円の品物の万引きで捕まるような真似をしたのでしょうか。そして彼女の雰囲気は、とても盗みをやるような人間のものではない。皇子山たちからは犯罪者は刑事を欺こうとするものだと言われたけれども、それでも納得できないのだと。

その問いに、盗みをやるのには何か特別な理由がある者もいる、と煙鴉は言います。

その言葉に斑目はハッとし、バーを飛び出しました。

斑目の成長を感じ、煙鴉は彼の分の酒代も払ってやることに決めました。

真実

斑目たちはそれから捜査資料をよく調べ、真実を探り当てました。

鳥飼が逃げ出した時、引き当たり捜査をしていた場所は、当時の彼女が盗みに入ることが不可能な場所だったのです。あの時マンションの前で出会った人物は、鳥飼にアリバイがあることを実証できる存在でした。犯罪を犯したことを否定されるのを恐れ、彼女は逃げ出したのです。

彼女はある人物を庇って、わざと万引きをし逮捕されたのでした。そう…本物の「無錠の空き」は、彼女の夫・鳥飼修だったのです。

鳥飼修は、本当は会社を5年も前にリストラされていました。そのことを家族にも隠し、会社に行くと見せかけてスーツで出かけ、途中で着替えて空き巣を行っていたのです。

ところが、彼は病気で入院することになり、出かけることができなくなった時、彼の罪が妻である鳥飼に発覚しました。

鳥飼修は、彼の娘にとって理想的な父でした。その偶像を壊さないために、鳥飼は夫の罪をかぶることを決意したのです。

さらに、真犯人である鳥飼の夫は末期のすい臓がんであることが発覚しました。余命は三か月。彼の病状が回復しなければ逮捕することはできません。いずれ被疑者死亡で不起訴となるのを待つことになるのです。

その事実を美希から聞いて、鳥飼は泣き崩れました。

贖罪

すべての真相を斑目から聞き、鳥飼の義理の娘はとてもショックを受けました。

今まで自分が鳥飼に対してしてきた冷たい仕打ちを思い返して後悔する彼女に、斑目は「会いに行きましょうよ!」と明るく言いました。

取調室を出て牢へ向かう鳥飼に、斑目は走ってゆき、声を掛けます。

「娘さん、会ってくれるって!そしたら、修さんもきっと元気になりますよ!」

鳥飼はそれを聞いて微笑み、「はみ出しすぎよ、あんたは…」と呟くと、警官たちに連れられて去っていきました。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」7話予告

次回の13係が挑むのは、白い巨塔の中の犯罪です!

窃盗事件が多発する病院に潜入捜査をすることになった13係。それぞれ医師や患者に扮して現場を観察します。

果たして連続窃盗事件の犯人は医療人たちの中の誰かなのでしょうか、それとも外部から紛れ込んでいる者なのでしょうか…?

次回は変装のプロ・瑶子が活躍しそうな予感です!次回の展開も楽しみですね。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」6話の見どころと感想

犯罪者の動機

今回のドロ刑では、窃盗を犯す人の心情について詳しく語られます。

お金に困ってする人がほとんどですが、中には特別な事情や動機のある人もいます。

犯罪者の心理というのは非常に複雑で、特に窃盗犯のように犯行が常習化してしまっている場合、一筋縄ではいきません。狡猾で弁舌が達者な人物もいれば、刑事をも翻弄するほどの度胸や頭脳を持っている人物も。

そして彼らは、暗い過去を抱えている場合も多いのです。第6話ではそんな犯罪者の事情や暗い心理が描かれています。彼らの行った犯行は卑劣ですが、その境遇には悲しさも垣間見えます。

そして、犯罪者の周りの者達、特に犯罪者を庇う身内の心理についても描かれています。非常に考えさせられる物語です。

斑目の成長

ようやく、斑目が成長してきたところを見せてくれました。

煙鴉や13係の先輩たちから教えられたことを活かし、自分の判断で行動します。それは決して自分勝手なものではなく、彼の行動が真実を引き出してゆきます。

13係の刑事たちも斑目に引っ張られるように動きだし、その結果驚きの真相が分かるというケースが多くなっていっています。

斑目の目覚ましい成長ぶりに、強面の煙鴉も今日ばかりはニコニコ顔。

煙鴉はとても怖い表情をしているのですが、笑うとなんだかとっても人のいいおじさんになって、彼もあまり悪人だという感じがしないのですよね…。

果たして、煙鴉はいつまで斑目を支えてくれるのでしょう?いつか、斑目と煙鴉は離れる時が来てしまうのでしょうか?

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第6話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第6話を見逃してしまった場合でも、Huluを利用して、放送終了後に時間をおいてから無料で視聴できるようになります!

Huluなら初回登録から14日間無料で全話見放題です!他にもドラマ・アニメ・映画・漫画・雑誌などが充実していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-6話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。
———————————
本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はHulu(視聴サービス)にてご確認ください。
———————————

コメント