「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第5話のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第5話のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑」第5話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回は、斑目(まだらめ)(中島健人)たち捜査三課13係が大きなイベントに集結するスリ集団を捕まえるべく奔走する話でした。

13係の頼みの綱は、モサ(スリ専門の刑事)である左門(板尾創路)。左門の宿敵にして最高クラスの技術を持つスリ・銀次(杉本哲太)が現れ、斑目たちに宣戦布告をしてきます。

スリは一瞬の隙を見逃さずに現行犯逮捕が鉄則。斑目たちは苦戦しますが、13係の連携で中国人の極悪スリ集団も捕まえることができ、銀次も斑目の説得に応じる形で自供し、お縄となりました。

斑目は左門の真面目でひたむきな昔ながらの捜査を、左門は斑目の若者らしい視点と大胆さを学んだのでした

さて、今回は13係の誰にスポットが当たりどんな事件を解決していくのでしょうか?そして犯罪者となる今回のゲスト出演者は誰でしょうか?「ドロ刑」第5話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

>>ドロ刑のキャストや相関図についてはコチラ

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」5話あらすじ


皇子山(中村倫也)の態度が非協力的であると悩む鯨岡係長(稲森いずみ)は、斑目に皇子山を探るよう言い渡します。

皇子山は、3課の捜査そっちのけで煙鴉(遠藤憲一)の正体を見破るべく独自で調査していました。そんな皇子山を翻弄し、煙鴉は殺人事件の現場へ彼を誘導します。

一方、「白昼の蝙蝠」という二つ名の空き巣・東村(三遊亭好楽)を追っている斑目。足の悪い東村は、もう空き巣ができるような体ではないと推測されましたが、斑目は彼の態度に引っ掛かりを感じます。

実は、皇子山が追っていた殺人事件の現場に、東村が空き巣に入っていたことが判明します。皇子山と斑目は二人で現場で待ち構え、忍び込んできた東村を現行犯逮捕します。

皇子山は「色眼鏡で見ていたら、何にも見えない」ということを煙鴉に教えられたのでした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」5話ネタバレ

皇子山の内部監察

鯨岡係長は悩んでいました。皇子山がいまだに13係の捜査に非協力的なことについてです。

皇子山が一課に戻ろうとしているのではないかと推測し、鯨岡係長は皇子山を探るために「内部監察」の命を斑目に言い渡しました。

面倒な仕事を押し付けられているだけだとはまるで気付かず、浮かれる斑目。

そこへ斑目と煙鴉のいるバーへ皇子山が押しかけてきて、煙鴉の正体について詰問します。しかし煙鴉はサラリとかわし、「もう一度ドロ刑勉強した方がいいよ」と言い置いて去っていきました。

煙鴉のあとをこっそりつける皇子山ですが、角を曲がった先で煙鴉を見失ってしまいます。

その時、宅配便の配達員の女性の悲鳴が聞こえ、駆けつけた皇子山は、ある民家の中で人が刺されて死んでいるのを発見してしまいます!

煙鴉が殺したのではないかと推測する皇子山。

「白昼の蝙蝠」


その日の13係の面子はみんな浮かない顔。

所轄で管轄している膨大な窃盗事件の中から、3課が関われるような大きな事件を見つけてくるのが警視庁捜査3課の仕事なのです。

大きな仕事がなかなか見つからなくて困っていたところ、斑目が「白昼の蝙蝠」という二つ名で呼ばれる空き巣の情報を探してきます。

彼は以前掴まっており、2014年に出所していますが、最近また犯行を始めたのではないかという事でした。

斑目はバーで知り合った所轄の警察官たちに「警視庁に本部を立ち上げて欲しい」と接待を受け、この情報をもらったのです。鯨岡係長にその情報を喜ばれ、天狗になって反り返る斑目。

その日の夜、斑目は皇子山を誘ってバーへやって来ます。

捜査一課の敏腕刑事だった皇子山がなぜ3課へ異動になったのかは誰も知りませんでした。13係のメンバーに聞いてみても、仕事が出来なかったとか、個人的な脚フェチの趣味が高じてクビになったとか、適当な情報ばかり。

皇子山に異動になった理由を直接尋ねると、皇子山は「ある男を追っていたら、突然飛ばされることになった」と言葉少なに呟いて、バーを出て行ってしまいました。

そこへ、皇子山のスマホに非通知で電話がかかって来ます。それは煙鴉からでした。ある場所の住所と、「はやく色眼鏡外すんだな」という言葉だけ告げると、煙鴉は電話を切ります。

皇子山が言われた住所へ向かうと、そこはゴミ屋敷。ゴミを分け入って進むと、そこには女性の絞殺死体があったのです…。

皇子山は怒りに我を忘れ、「クソッ!!」と叫びました。

一方、美希(石橋杏奈)と搖子(江口のりこ)は「白昼の蝙蝠」・東村を見張り始めましたが、そう長く張り込まないうちに、彼が足が不自由で、杖を突かないと階段の上り下りも苦労するほどだと知ります。

どうやら、斑目が所轄にもらった「白昼の蝙蝠」の話はガセネタだったようです。

鯨岡係長にしこたま怒られ、一人で東村の事件の後始末を命ぜられた斑目。

張り込み用に借りた向かいのアパートで荷物整理をしていた斑目は、東村が何かを拝んでいる様子が見えたのでした。

斑目の違和感

その頃皇子山は、煙鴉…皇子山には「西野」という名のジャーナリストということで自己紹介していました…と殺人事件の関連性を追っていました。

そして皇子山は、一課の知り合いから「煙鴉が殺しをやっているかもしれない、その線で捜査を進めている」と聞き出します。

一方、ゴミを整理していた斑目は東村と偶然出会い、東村の自宅へ招かれることになります。

なりゆきで東村と仲良くなってしまう斑目ですが、そこで彼の家には仏壇がないことを知ります。彼はいったい何を拝んでいるのでしょうか?

それからも斑目は東村と交流して友情を育みますが、斑目が捜査費用を無駄遣いしていると分かった鯨岡係長は激怒。

仕方なく、転勤するということにして斑目は東村に別れを告げに行きました。東村は寂しがり、柿をくれます。その時、斑目は2014年のカレンダーが張りっぱなしなのに気が付きました。

斑目は煙鴉を呼び出し、東村について尋ねます。

「プロの窃盗犯っていうのは、やり方変えないんだよ。変える時は、できなくなった時。スリか置き引きか…まあ、何か悪いことやってるんだろうな」と言う煙鴉。

2014年で止まったカレンダー、足が悪くて空き巣などできないはずなのに、どうやって生活しているのか、仏壇もないのに何に手を合わせているのか…。

東村にはどこか違和感があると斑目が話すと、煙鴉は「だったらその勘を信じろ」とアドバイスします。

「ただの窃盗犯じゃない気がするんですよねえ」と、斑目は皇子山にも話します。

皇子山はその話を特に気に留めず、「気のせいだろ」と出て行ってしまいますが、その場に2件の殺人事件の調査書を置いていきました。

斑目が調査書を読んでいると、ごみ収集所に出したごみに手を合わせている東村を見かけます。そのごみを調べると、その中の衣類に血がついているのを発見したのです!

皇子山、殺人事件を追う

皇子山は、煙鴉の現れた家で起きた殺人事件のほかに、今月似た地域で複数の殺人が起こっていることを突き止めました。

しかし、煙鴉は犯人ではないようです。彼は警察の無線を傍受して、皇子山に通報された住所をそのまま伝えただけ。そして、煙鴉がいた殺害現場の共通点は、被害者が身寄りのない高齢者だということ。

「色眼鏡で見てちゃ何も見えないよ」という煙鴉の言葉が、皇子山の脳裏に蘇りました。

その頃斑目は、捜査資料を頼りに殺人事件があった家を回っていました。

事件のあった家はまだ規制線が張られたままで、窓ガラスの鍵のあたりが割られているという特徴を見つけました。すると、そこへ皇子山から電話が…。

真実

その夜、東村は人気のない家のガラスを割って、家の中に忍び込みました。

金品を盗んで出ようとすると、そこには皇子山と斑目が待ち構えていました。

実は、東村は犯罪現場専門の空き巣だったのです。ニュースで注意深く殺人事件を探しては、空き家になったそこへ盗みに入っていたようです。

遺体の引き取り手のない一軒家で起こった事件を狙い、空き家となったそこへ忍び込んで、遺品に手を付けていたのです。だから、しょっちゅう手を合わせていた。

ごみに出したズボンに血痕が付いたのも空き巣に入った時。おそらく、遺体をまたいだり避けたりした時によろけて壁の血痕に触れてしまったのでしょう。

東村は取調室で、「よかった、捕まって。ほんとはこんなことしたくなかった」と呟きました。

生きる目的もないまま、かといって死ぬこともできず出所してしまい、お金もない。これしかできることがなかったと。

でも、斑目と話せて楽しかったと言って、彼は出ていこうとしました。

それを引きとめて、斑目は「柿のお礼です」とスケッチブックを手渡します。そこには、斑目が手描きで描いたカレンダーがありました。

「来年のカレンダーです。また話しましょう、いっぱい。…出てきたら」
斑目がそう言うと、東村は嬉しそうに笑い、足を引きずりながら出ていきました。

皇子山によると、殺人事件も解決の糸口が見えたそうです。

煙鴉は、殺人現場を荒らす東村を快く思っていなかった。だから、皇子山を誘導し、斑目も巻き込んでふたりに東村を逮捕させたのだ、と皇子山は推測していました。

「色眼鏡は取れたか?」と、電話で煙鴉は皇子山に尋ねます。

「取れたら、お前が過去に起こしたことも見えるのか?」と逆に聞き返す皇子山。

「どうかな。言えるのは…これ以上俺に近づいたら、今度は殺す」

そう言う煙鴉に、「殺してもらいたいね…ぜひとも」と、皇子山は挑戦的に呟きました。

バーで皇子山と祝杯を上げる斑目。

どうしてそんなに煙鴉にこだわるのか斑目が尋ねると、皇子山はスマホの中の写真を見つめてぽつりとつぶやきました。

「大切な人がいた。その人を…殺された。煙鴉に」

皇子山の答えを聞く前に、斑目は眠りに落ちてしまっていました。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」6話予告

次回の13係が追うのは、「無錠の空き」こと鳥飼という女性の窃盗犯。鍵のかかっていない家を鋭く見つけ出して空き巣に入ることを得意としています。

勾留中の被疑者を現場に連れて行き、犯行の経緯を説明させる「引き当たり捜査」を美希とともに任された斑目。この捜査はとても大事ですが、被疑者に逃げられる危険も孕んでいます。鳥飼には同情すべき点も多く、かわいそうに思う斑目ですが…。

果たして、斑目たちはうまく捜査を遂行できるでしょうか。そして鳥飼の本心とは!?次回も目が離せません。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」5話の見どころと感想

皇子山の人柄

皇子山は、13係で唯一の正統派イケメン枠です。スーツで決めた色男。ですが、周りからの評判が悪くてあまり印象が良くなく、悪い形で目立っているのが残念な存在です。

しかし、そんな皇子山にも過去にいろいろ悲しいことがあったらしいことが徐々に明らかになります。また、3課の仕事はちっともしませんが、捜査にとても真面目で、一生懸命に走り回るという一面もあるのです。

あとノリツッコミが意外と上手なんですね。特に斑目のボケに対するツッコミが、皇子山は一番キレがあります。ところが煙鴉と絡むと彼はいつも空回りして、子供のようにあしらわれています。

皇子山は非常に多くの顔があり、とても奥が深くて魅力的な人物なんですよ。

今回の犯罪者は好楽師匠

なんと、今回の犯罪者役の役者さんは、「笑点」でおなじみの落語家・三遊亭好楽さんです!

いつも「笑点」で、「犯罪者っぽい顔」というのを定番ネタにしてみんなを笑わせているのは三遊亭小遊三さんの方なのですが、まさか好楽さんが犯罪者役を演じるとは!意外でしたね。

しかしこの空き巣の東村という役がとってもいい人(いや、犯罪者だからいい人じゃないのですが…)で、味のある人物です。好楽さんの役者としての演技の上手さや、人間的な魅力もバッチリ出ています。今回は笑点ファンも必見ですよ。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第5話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第5話を見逃してしまった場合でも、TVerもしくはHuluを利用して、放送終了後から原則1週間 無料で視聴できますよ。

Tverは放送直後から1週間、Huluは放送終了後に時間をおいてから無料で視聴できるようになります!

Huluなら初回登録から14日間無料で全話見放題です!他にもドラマ・アニメ・映画・漫画・雑誌などが充実していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-5話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。

———————————
本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況はHulu(視聴サービス)にてご確認ください。
———————————

コメント