「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第3話のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第3話のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑」第3話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回は、やる気のない新米刑事・斑目(まだらめ)が捜査三課13係に配属され、新しい配属先で最初の事件を解決するという物語でした。

発足したばかりの13係は犯人逮捕だけでなく、神奈川県警との縄張り争いにも気を配らなくてはならず捜査に苦戦します。

凄腕の泥棒・煙鴉(けむりがらす)は、斑目に泥棒の極意を教え、裏から斑目をサポートします。

斑目は風邪を引きながらも、自らの力で通称「黒蛇」と呼ばれる忍び込みのプロ・大堂を見事はめ、逮捕することに成功するのでした。

そんな気になる「ドロ刑」第3話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」3話あらすじ


今回、斑目(中島健人)たち捜査三課13係が追うのは、貴金属強奪事件の犯人の窃盗団です。

斑目は、ひょんなことから窃盗団の一員・ハッカーのタナカ(貫一郎)と仲良くなってしまい、なんと窃盗団に潜入捜査をすることになってしまいます。

手柄を上げたいと愚痴を言う斑目に対して、煙鴉(遠藤憲一)が「ならば」と仕組んだのです。

友達として付き合っていたかったタナカを欺き、検挙しようとしていることに心を痛める斑目。

斑目は金庫の中にタナカと共に閉じ込められてしまいますが、13係の仲間たちと煙鴉によって無事助けられ、タナカは逮捕されます。

しかし、斑目は結局自分の手柄よりも、友情を守ることを選んだのでした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」3話ネタバレ

貴金属窃盗団を検挙せよ

13係に、フジヤマ貴金属という貴金属会社の金塊を盗んだ窃盗団についての案件が回ってきました。

しかし、この窃盗団の犯人たちは非常に頭脳派であり、高度なハッキング技術で厳重な電子キーで守られた金庫もなんなく開錠してしまうほどです。そうそう簡単にシッポは掴ませないと考えられます。

鯨岡係長(稲森いずみ)は早々に諦めており、自転車泥棒を捕まえて点数を稼ごうと言いました。

斑目はというと、前回の事件のことで勝手田(丸山智己)に気に入られ、熱心に指導されて迷惑がっていました。

現場であるフジヤマ貴金属に勝手田と一緒に来て捜査をしますが、当然ながら何も掴めず、地味な捜査に飽き飽きしてしまいます。

斑目はいつものように夜のバーで、「上司が無駄なことをさせる」と煙鴉に愚痴りました。

無駄なことも話題になるから、取り調べの時に有利なのでは?ととりなす煙鴉ですが、すぐに結果を出したい斑目はそれを否定して「下働きなんかやっても結果が出ない!」とプンプンしています。

そんな斑目に煙鴉は、「ゲーセンでも行って遊んで来いよ」と、ゲーセンのクーポン券を差し出しました。

言われるままにゲーセンに行った斑目は、遊んでいるうちに一人の青年と意気投合しました。

とりあえず警察官である身分は隠して、神北という偽名を使うことにした斑目。

斑目が青年と職場の愚痴を語り合っているうちに、「うちの会社手伝わない?」と青年に持ちかけられます。

実は、この青年・タナカは本名は順平といい、フジヤマ貴金属の窃盗団の一員で、厳重な金庫を開錠するための暗号解析アプリを開発した優秀なハッカーでした。つまり斑目は、窃盗団の仕事を手伝わないかとスカウトされたのです。

慌てて煙鴉に報告しに行った斑目ですが、煙鴉はすべて見越していて、「お前にしかできない仕事だよ。潜入捜査という名のな」と不敵に笑います。

斑目、潜入捜査開始


翌日このことを13係の面々に話すと、鯨岡係長は大喜びで、斑目に潜入捜査を任せると言いました。

タナカが雇われているのは、オレオレ詐欺や強盗を中心に行っている会社のような組織です。

一応面接も済み、晴れて窃盗団の一員となった斑目。

「どうして誘ってくれたの?」と斑目が尋ねると、タナカは「同じ目してたから。昔の僕と…」と言いました。

オレオレ詐欺が最近頭打ちになっており、ハッカーとして優秀な技術を持ったタナカは、上層部に大いに期待されているのです。しかし、タナカはこの状況に息苦しさと不満を感じていました。

タナカは学生の頃いじめにあい、学校でも居場所がなく、ゲーセンだけが唯一の自由な場所だったのだそうです。

ゲームで遊ぶうちにハッキングの技術を習得し、犯罪組織に見込まれて、悪事の片棒を担がされているタナカ。

おそらく、組織に利用されているだけであり、まずい状況に陥ればトカゲのシッポのように切り捨てられるということもすべて知っていて、彼はあそこで働いているのです。

そんなタナカの境遇について煙鴉に話す斑目。

煙鴉はそこまで聞き出したことを誉め、祝杯を上げようと誘いますが、斑目は複雑そうに微笑むと、帰ってしまいました。

その夜煙鴉が一人でバーで飲んでいると、皇子山(中村倫也)と美希(石橋杏奈)がやってきて、偶然煙鴉と出会いました。

皇子山は煙鴉のことは犯罪専門のフリージャーナリストだと紹介されていましたが、実は彼の事を怪しんでいました。

皇子山はずっと前から煙鴉のことを執念深く追い続けており、彼こそが真の煙鴉なのではないかと睨んでいたのです。

その場を煙鴉はうまく誤魔化し、皇子山もすんなりと引き下がります。が、まだ諦めていない、そんな表情を皇子山は浮かべていました。

そしていよいよ、窃盗団が作戦を決行する日がやって来ました。

13係は拳銃を携帯して配置につき、斑目は窃盗団の一員として集合場所に向かいます。

斑目たち窃盗団の乗った車は、貴金属の取引をする会社に辿り着きました。

あらかじめ用意していたカードキーを使って忍び込み、警備員の目を欺いて、地下一階の金庫室にやって来た窃盗団。

開錠も終わり、いよいよ金塊に手を出そうという時に、窃盗団の一人が斑目の裏切りに気付いてしまいます。

窃盗団の団員たちは斑目とタナカを残して逃げようとしますが、待ち構えていた13係によって現行犯逮捕されました。

しかし、斑目とタナカは金庫に閉じ込められてしまい、金庫の開錠番号も分かりません。

完全に密閉された金庫内には通気口さえもなく、開錠できないまま長時間過ごすことになれば室内の空気が足りなくなり、二人は窒息死してしまう可能性があるのです。

音楽が得意で絶対音感を持つ美希は、ダイヤルを回した時の微かな音の変化を頼りに、開錠番号を探し始めます。

勝手田は暗証番号を知っている支店長を連れて来ようと飛び出して行き、皇子山も何か思いついたことがあったらしくどこかへ去りました。

人生は楽しいものだ

その頃金庫の内側では、タナカは斑目に謝っていました。

「僕が上司に刃向ったから、僕たちを殺そうとしてきたんだ。神北くん、死んだら泣く人とかいるんでしょ…僕はたぶんいない」と寂しそうに笑うタナカ。

やることもない二人は、楽しく会話を始めます。

タナカは、人生がゲームのようだったらよかった…と話します。

ゲームでは、努力を続ければ必ずスペックは上がるし、仲間も増え、強大な敵も倒せる。

しかし現実は、どんなにあがいても報われない世界。

「そうかな…」と斑目は否定しました。

つらいこともあるし、無駄も沢山ある。今もこんな状況になってしまっているけれど、少し楽しい。

ゲームだってただの暇つぶしに過ぎないが、ゲームのおかげでタナカのハッカーとしての技術は素晴らしく成長し、アプリも生み出せた。

人生にも楽しみを見いだせるじゃないか…と、斑目はタナカに諭します。

皇子山はバーに行き、煙鴉を探します。

折よくあらわれた煙鴉に、皇子山は金庫の開錠を手伝うように頼みます。

皇子山とともに金庫の前にやって来た煙鴉は、美希に代わってダイヤルを回し始めました。

煙鴉はみるみるうちに当たりの番号を当てますが、あと一つの番号のところまで来て手を止め、「全部開いたら、俺をしょっぴくつもりだろ?」と皇子山に問いかけます。

「少なくとも、事情を聴く必要はあるでしょうね」と、ニヤリとする皇子山。

皇子山は斑目を助けるついでに、煙鴉をハメようとしていたのです。

無駄なんかじゃなかった

金庫の中の酸素がわずかとなり、斑目とタナカがついに酸欠で倒れたその次の瞬間、重たい金庫の扉は開き、斑目とタナカは助け出されたのでした。

鯨岡係長が、暗証番号を知っている副支店長をヘリを飛ばして名古屋から連れて来てくれたのです。

逮捕されようとするタナカ。

斑目はとっさに彼をかばい、鍵の開錠も金塊強奪計画の立案も別の人間がやった、タナカは開錠番号を推理するアプリを開発しただけだ…と、嘘の証言をします。

捜査員たちに連れて行かれながら、「仲間いたんだ…君」とどこかうらめしそうに言うタナカに、「君にも現れるよ。きっと」と斑目は励ますように声を掛けました。

それには答えずに、タナカは黙って連行されていきました。

金庫を最後まで開けることのなかった煙鴉は、悠々とその場から立ち去りました。

皇子山はがっかりしたような、しかし怒りと執念を滲ませた瞳で彼を見送りました。

斑目がかばったことで、タナカは金庫破りとしても詐欺師の一員としても検挙することができず、ただの建造物侵入罪となり、すぐに釈放となりました。

「無駄な仕事しちまったってわけか?」と問う煙鴉に、「無駄なんかじゃなかった…僕にとっては」と真剣な表情で答える斑目。

煙鴉はそれを聞いて、満足そうに笑いました。

それからというもの、斑目は退屈な取り調べも真剣に聞くようになったのでした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」4話予告

次回追う犯人はスリのプロ!

都内で開催される一大コミフェスを狙って、全国のスリ集団が集結するという情報が入ります。

それに向けて捜査三課は係ごとの検挙数を競うことになり、やる気のない面々が揃う13係もサボってはいられない状況に。

もともとモサ(スリ専門の刑事)であった左門(板尾創路)の腕が光ります。

左門からスリを見破る極意を教わる斑目ですが…?

果たして、13係は捜査三課の掃き溜めという汚名を返上することができるのでしょうか。

斑目は立派な刑事に成長していけるのでしょうか。

次回の展開にも目が離せません。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」3話の見どころと感想

斑目の優しさ

いつもやる気なく、ナルシストチックで自己中心的な斑目ですが、今回は違う一面を見せてくれました。

斑目が友人になったタナカを欺いたり検挙することに罪悪感を感じ、検挙して手柄を上げられるという場面でもそのチャンスを捨てて友人を庇う発言をする場面には、少しドキッとさせられました。

斑目にはこんなにも友達思いなところがあったのですね。

この件から「無駄なことなんてない」と思い直し、事務仕事や地道な下積み作業にも真面目に取り組むようになった彼に、すごく成長を感じました。

始めはどうなることかと思いましたが、斑目には伸び代がとても多くて、人間的に大きくなっていくのがよく分かります。これからも見守っていきたいです。

斑目の意外な特技!?ゲーム

第3話にはゲームの話題が登場します。

斑目と、今回の犯人・タナカが知り合うきっかけとなるのがゲームセンターなのですが、斑目は意外にもゲームがとても得意なんです。

ハイレベルな格ゲーをプレイしている場面も登場しますし、斑目とタナカはドラクエの話題でも盛り上がります。

「マスタードラゴン」の話が、今回の物語の要になっているんです。ドラクエ好きな人はハッとするでしょう。ゲームが好きな人に、この第3話はおすすめです!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第3話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第3話を見逃してしまった場合でも、TVerもしくはHuluを利用して、放送終了後から原則1週間 無料で視聴できますよ。

Tverは放送直後から1週間、Huluは放送終了後に時間をおいてから無料で視聴できるようになります。

他にもドラマ・アニメ・映画・漫画・雑誌などが充実していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドロ刑の見逃し配信はこちらから

huluの特徴と登録・入会方法
huluの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐhuluで動画視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【2週間無料】huluに今すぐ登録 huluの特徴 huluの特徴は以下の通りです。...

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-3話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。
———————————
本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況はHulu(視聴サービス)にてご確認ください。
———————————

コメント