「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第10話(最終回)のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第10話(最終回)のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑」第10話の見逃し配信動画が見られる視聴サービスをご紹介していきます。

前回は、煙鴉(遠藤憲一)と13係がいよいよ真っ向勝負となるお話でした。

斑目(中島健人)を裏切り、13係に宣戦布告をしてきた煙鴉。

13係は彼を逮捕する意思を固めますが、煙鴉との思い出が忘れられない斑目は本気になれません。

斑目が迷っている間にも、煙鴉はどんどん犯行を重ねていきます。しかし、今回彼が盗むのは情報という形の無いものばかりです。彼の意図が見えず、混乱する13係。

彼が残した「虹」というキーワードの意味は、そして彼の目的は果たして何なのでしょうか。

煙鴉にさんざん翻弄された斑目ですが、「煙鴉は自分に何かを解いてほしい」のだと思い至り、ついに迷いを捨てて煙鴉と向き合う覚悟を決めるのでした。

さて、いよいよ最終回。煙鴉と斑目はどのような結末を迎えるのでしょうか。それでは、「ドロ刑」最終回第10話のあらすじから、さっそく見ていきましょう。

>>ドロ刑のキャストや相関図についてはコチラ

「ドロ刑-警視庁捜査三課-」10話あらすじ


次々と大物を狙って情報を盗み出していく煙鴉(遠藤憲一)。

懸命に追いすがる斑目(中島健人)たち13係は、彼の本当の目的を突き止めます。それは、「虹の見える丘公園」という20年前に分譲された土地にまつわる数々の不正を暴くこと、それに関わった者達を摘発することでした。

実は鯨岡係長(稲森いずみ)は煙鴉の亡くなった妻の親友で、友情の為に煙鴉に陰で助力をしようと決意し、そのために13係を立ち上げたのです。

そして煙鴉が集めた資料を使って不正の摘発は為され、ついに斑目は煙鴉を逮捕しました。長年の目的を果たした煙鴉ですが…やはりおとなしく捕まる彼ではありませんでした。

いっぱしのドロケーに成長した斑目の、煙鴉を追いかける日々がまた始まります。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」10話ネタバレ

煙鴉が狙うもの

煙鴉が次に狙うターゲットを予告してきました。元ゼネコンの不動産会社の社長「龍崎一郎」(渡辺哲)です。

13係で手分けをし、斑目と瑶子(江口のりこ)は龍崎の会社回りを警護することになりました。

龍崎は煙鴉にひどく脅えており、増援が欲しいとのたっての希望で勝手田(丸山智己)と左門(板尾創路)も加わってものものしい警備体制に。

しかし、煙鴉は厳重な警備もまんまとかいくぐり、龍崎のポケットからスマホを盗み出しました。

前回から引き続き、彼が盗むのは情報ばかり。一体彼の目指すものは何なのでしょうか。

その夜、斑目がいつものバーに行こうかと迷っているところへ、あるジャーナリストが近づいてきます。

このジャーナリストは、煙鴉が名乗っていた偽名の一つ「犯罪ジャーナリストの西野」と知り合いであった男です。近藤と名乗りました。

西野の人物像について近藤に尋ねると、西野は正義感の強い男だったと言うのです。煙鴉の普段のイメージや泥棒という本業とは全く印象が違い、少し驚く斑目。

そして、西野(煙鴉)は「若いのと二人でデカいことをやる」と彼に話していたそうです。「若いの」というのは斑目のことでしょうが、デカいこととは一体何なのかを推測できない斑目。

そんな中、またも煙鴉から新しいメッセージが。メモに書かれていたのは「最も難しい場所」。

「虹の見える丘」の絶望


その頃、美希(石橋杏奈)と皇子山(中村倫也)は煙鴉の残した「虹」というキーワードについて調べていました。

美希は「虹の見える丘公園」という場所がギルバート記念病院と関係があることを突き止めます。

ギルバート記念病院は皇子山の死んだ妹が勤めていた病院です。

皇子山はギルバート記念病院に行き、病院長に詰め寄って事実を話させました。

煙鴉の本名は「北岡剛」55歳。

家族3人で仲良く暮らしていたいたって普通の人物で、20年前に分譲地として売り出されていた土地「虹の見える丘公園」を買いました。よく虹が見えるスポットだったことからその名がつけられたのだそうです。

しかしそれは売ってはいけない土地でした。そこは化学工場の跡地で、残留物質で強く汚染されていた土地だったのです。

その汚染物質のせいで北岡の幼い子供が癌に罹って死に、妻も精神を病んで自殺しました。復讐を誓った北岡はなぜこんなことになったのか原因を探り始めました。

彼の敵は強大でした。汚染されていると知っていながら土地を認可した政府、土地を売った悪徳ゼネコン、土壌汚染と子供の病気の因果関係を認めなかった病院…。

北岡は自分の名も家もすべて捨て、失った家族のために真実を暴きだ出す覚悟を決めたのでした。

これまで煙鴉が盗みに入ったのは全員、虹の見える丘公園に何らかの形で関連のある人物の家だったのです。

煙鴉の犯罪を暴くことは、結果的に20年前に起きた犯罪を炙り出すことにつながることに気付いた13係。

しかし13係は誰もこの事実に怯みませんでした。寧ろ巨悪を倒してやろうと一致団結し、正義感に燃える一同。

そして煙鴉が予告した次の犯行場所「最も難しい場所」とは何かについて、13係は推理します。

20年前、「虹の見える丘公園」の場所の市長だった人物は、現在の総理大臣。

「最も難しい場所」…そう、首相官邸です。

煙鴉が狙っているのはおそらく官房機密費と、金銭出納帳。つまり、虹の見える丘公園の事件をおさめるために総理大臣が誰にいくら配ったのか分かるのです。

対決

しかし、13係は首相官邸に入ることはできません。彼らが首相官邸で煙鴉を待ち構えるためにはまず「虹の見える丘公園」にまつわる不正の話から始めなければならず、当然その不正を総理大臣は認めないからです。

13係がそれらについて話していると皇子山が慌てて入ってきて、「鯨岡係長(稲森いずみ)にはめられた」と言い出します。

鯨岡係長は自分の保身の為に13係全員を捨て駒にし、自分だけ警視総監に取り入って出世する気なのだと。13係は今日付けで解雇になると皇子山は言います。

納得できない斑目は、鯨岡係長に会いに一人で車を出しました。

すると、その道中に煙鴉が現れます。

「鯨岡なんかどうだっていいんだよ。お前たちが怒る相手は、もっと巨大なんだよ!」と煙鴉は斑目を叱りつけますが、そこへ13係の面々が集まり煙鴉へ拳銃を突きつけます。あっけにとられる煙鴉。

実は、鯨岡係長が斑目たちをはめたという話からすべて嘘。13係に盗聴器が仕掛けられており、煙鴉に13係が話している情報が筒抜けになっていると気付いた斑目は、こっそり外の部屋でそれをみんなに教えました。そして13係は煙鴉を罠にかけることにし、台本を作って仲間割れする演技をしたというわけです。

「やる時はやるでしょ?僕ら」と笑いかける斑目。

煙鴉も笑い返しましたが、そのままくるりと踵を返して逃げ出しました。

斑目は駐車場の一角まで煙鴉を追い詰めますが、煙鴉は拳銃を斑目に向けました。「撃て、斑目」と促す煙鴉。

そこへ皇子山が追い付き、憎悪のこもった瞳で煙鴉へ銃口を向けます。皇子山にとって妹を煙鴉のせいで殺されたという意識は変わっていませんでした。

「皇子山さん、違うんだよ」と斑目は皇子山を説得しようとしますが、皇子山は聞く耳を持ちません。

今にも煙鴉を撃ちそうな皇子山がまるで目に入らないかのように煙鴉は斑目だけを見て、「お前が撃つのは俺だろ!」と叫びます。

斑目はその声に誘われるように拳銃を煙鴉に向けて撃ち、煙鴉はゆっくりと崩れ落ちました。

泣きながら煙鴉に駆け寄る斑目。肩を揺する斑目に、煙鴉は「手錠だろ…」と子供に諭す教師のように呟きます。

慌てて言われるままに手錠を出し、煙鴉を逮捕した斑目。

煙鴉の持っていた銃には弾は一発も入っていませんでした。

最後の真相

皇子山の妹・真理(真魚)はギルバート記念病院が「虹の見える丘公園」の汚染と煙鴉の子供の死の因果関係を隠蔽したことに加担させられ、精神を病んでいました。

煙鴉は彼女のデータを盗みましたが、そのデータから彼女の悩みまで伝わってきたため、煙鴉は彼女を心配になりました。

煙鴉は彼女を追いかけて自殺を止めようとしましたが間一髪間に合わず、彼女は命を失ってしまったのです。

皇子山はその真相を斑目から聞き、涙を流しながらも「俺は信じない…」と呟きました。

最愛の妹をなくした皇子山が怒りをぶつけられる相手がいるようにと、煙鴉は真相を誰にも明かしてこなかったのかもしれません。

煙鴉が逮捕されたことで、警視総監らによる記者会見が開かれました。

その途中、突然記者の席から立ち上がり、「虹の見える丘公園」にまつわる数々の不正を暴き立てる者がいました。

いつか斑目に接触してきたジャーナリスト・近藤です。

近藤に情報を流したのは西野(煙鴉)、そして鯨岡係長でした。北岡美咲…煙鴉の自殺した妻は、鯨岡係長のかつての親友だったのです。

鯨岡は親友の夫である煙鴉を昔から知っていました。彼女は友情を守るため孤軍奮闘する北岡(煙鴉)に助力する決意をしていました。そして煙鴉を逮捕する目的だという名目で、実際には北岡を援助するために、絶対に外部に情報を漏らさず、裏切りもせず、巨悪にも屈しない自由と正義感を持った者達を集めて13係を立ち上げたのです。

これで亡くなった者達も浮かばれるだろうと、鯨岡係長は斑目に向かって微笑みました。

残り香

煙鴉も無事病院で目を覚まし、斑目と軽口を叩きあえるまでに回復しました。

「刑期短くなるといいですね!出てきたらまたいろいろ教えてください」と人懐っこい眼で煙鴉に言う斑目。煙鴉はしょうがないな、という顔で笑います。

ところが、斑目がお見舞いにやって来た鯨岡を迎えに行って戻ると、煙鴉の姿は忽然と消えていました。かぐわしい煙草の香りだけをそこに残して。

病室の窓から見える空には虹がかかっていました。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」10話の見どころと感想

13係の意味

今回、鯨岡係長が13係に集めたメンバーの本当の意味が分かります。

誰からも見向きもされない組織のはみ出し者。けれども磨き上げられた正義感と流されない意志の強さがあり、警察官としての意識がしっかり備わっている人物たちだったのです。

どこか変わり者で協調性が無く、元の部署では窓際だったりリストラ寸前だったりと危ういところもある面々でしたが、13係に来てから彼らもどんどん積極的になり、個性を活かして活躍していく様は爽快でした。

斑目も煙鴉に育てられ、いっぱしのドロケーに成長しました。

大きな事件をいくつも解決したし、これからきっと13係は他のどの係にも引けを取らない活躍を続けるのでしょう。彼らのこれからにエールを送ります。

カラクリだらけのテンダネス

煙鴉のやろうとしていたこと、彼の本名や素性など、すべてが明らかになりました。

こうして思い返してみると、煙鴉が斑目を育てたのは彼の目的を果たす一助にする為だったのでしょうか。

それもあったのかもしれませんが、やはりそれだけではなく、煙鴉にはもともと面倒見の良さや優しさが備わっていて、素質はあるのにバカでダメな斑目をほっとけなかったというのが大きいような気がしてなりません。

煙鴉は決して認めないでしょうが、彼は泥棒という肩書に似合わない大きな正義と優しさを持った人物だったのですね。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第10話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第10話を見逃してしまった場合でも、Huluを利用すれば放送終了後に無料で視聴が可能です!

Huluなら初回登録から14日間無料で全話見放題です。他にもドラマ・アニメ・映画・漫画・雑誌などが充実していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-10話(最終回)』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。
———————————
本ページの情報は2018年12月時点のものです。最新の配信状況はHulu(視聴サービス)にてご確認ください。
———————————

コメント