「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話のあらすじネタバレ・感想と動画

ドロ刑-警視庁捜査三課

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話のあらすじネタバレ・感想と「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話が見られる動画情報をご紹介していきます。

主演を演じるのは、Sexy zoneの中島健人さん。ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演にして、刑事役に初挑戦します。

原作は福田秀先生のコミック・「ドロ刑」(ヤングジャンプコミックス)。中島さん演じる主人公の新米刑事・斑目(まだらめ)が、遠藤憲一さん演じる泥棒・煙鴉(けむりがらす)と年の差バディを組み、さまざまな難事件に挑みます。

入り乱れる正しさと悪の中で、本当の「正義」はどこにあるのか?誰もが楽しめる新感覚刑事ドラマです!

さっそく第1話のあらすじから見ていきましょう。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」1話あらすじ

 

ある朝、豪邸から金品が盗まれていることが発覚しました。

窃盗犯専門の刑事課・捜査三課の刑事たちを悩ませていたのは、厳重なセキュリティーをものともせず、鮮やかな犯行の手口で証拠を一片たりとも残さない伝説の大泥棒。

その通称は「煙鴉」(遠藤憲一)。彼は、煙草の残り香だけを残し、優雅に警察官たちを欺いては犯行を重ねるのでした。

一方物語の主人公は、何事にもやる気がなくて適当な性格の青年・斑目勉(中島健人)。

安定した仕事だからといういい加減な理由で警察官になりましたが、なぜか刑事部 捜査三課への異動が決まります。しかし、やることなすことヘマばかり。

偶然出会った斑目と煙鴉。ダラダラと愚痴る斑目に呆れる煙鴉ですが、煙鴉の犯行の現場検証に一番に赴いていた斑目は、煙鴉のことを泥棒だと一瞬で見抜いてしまいます。

これには驚いた煙鴉。適当ながらも洞察力のある斑目に一目置き、何をやってもダメな彼をいっぱしの捜査三課刑事・「ドロケー」にするために協力を申し出て、連続窃盗犯の悪事を暴くことに成功するのでした。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」1話ネタバレ

伝説の泥棒・煙鴉(けむりがらす)

公園で遊ぶ子供たちが、泥棒役と警察役に分かれてチームで行う鬼ごっこに似た遊び・「ドロケー」をして楽しんでいます。

そんな子供たちを木の上から一人見つめる少年がいました。

その少年は呟いていました。
「ここだよ。僕はここだよ…」

成長しても、ずっと。彼は自分を見つけて欲しかったのです。

数十年後。

ある日の朝、汐留のある豪邸には警察のパトカーが多数集まっていました。

金の少し残った金庫。屋敷には不審者の指紋の跡の一つもなく、整然としていました。そして、部屋にはかすかな良い煙草の香りが残るばかりでした。

美しいまでの手際の盗みを行った犯罪者。その名は、「煙鴉(けむりがらす)」。

ダメ刑事・斑目勉(まだらめ つとむ)

「簡単だよなあ…盗みなんて」と呟いて現場を去り、煙鴉は電車に乗っていました。

その同じ車両の中で、スリを行っている泥棒。

おばちゃんに捕らえられて、スリは犯行を白状しますが、このスリに財布をスられていることに、スリが捕まるまで行動を起こさなかった青年がいました。

それがこのお話の主人公・斑目勉。

斑目は、警官のくせに面倒がってスリを見て見ぬふりをしようとしたことを上司に叱られていました。

特に悪びれもせず「非番だったし、どうせ僕が捕まえても署が処理しちゃうから」とシレッと言ってのける斑目に対し、上司の勝手田は怒り、斑目を怒鳴りつけるのでした。

斑目と煙鴉、邂逅!

ちっともやる気のない斑目ですが、なぜか警視庁の刑事部 捜査三課に配属になってしまい、講習をいやいや受ける羽目に。

ある夜、バーで煙鴉が一人で静かに飲んでいると、斑目も偶然その場へやってきます。

斑目は、初対面の煙鴉に愚痴を聞いてほしそうに図々しくもすり寄り、警視庁三課に配属になったことを話し始めます。

警視庁捜査三課とは、窃盗犯を扱う課です。三課の警官は泥棒刑事、「ドロケー」とも呼ばれます。

そのドロケーになったことについてや、自分が追うことになった犯罪者についてなど、警察の情報をペラペラと喋ってしまう斑目。その不真面目さや軽々しさに煙鴉は若干引きますが、斑目は気付きもしません。

呆れて席を立つ煙鴉に、何気なく斑目は「お疲れ、煙鴉さん」と声をかけました。

煙鴉は思わず足を止めます。

なんと、斑目は彼が汐留のマンションで盗みを働いたことを、最初から見抜いていたのです。

それは、斑目が一番に現場検証にやって来た警官だったからでした。斑目は現場に残る煙草の良い香りを嗅いでおり、それと同じ匂いが今この場にいる男からしていることに気付いていたのです。

「捕まえないのか…?」と恐る恐る尋ねる煙鴉。

「ああ、いわゆる『正義感』的な?スイマセン、おれ、そういうのあんまないんで」とあっさり返す斑目に、煙鴉は目を白黒させるのでした。

キツツキのマサ

斑目たち三課が現在追っているのは、連続窃盗犯「キツツキのマサ」こと瀬戸。

三課の刑事たちは瀬戸のヤサ(住居)を突き止め、向かいの部屋を借りて、監視を始めます。

斑目は、外出する瀬戸を尾行しようとしますが、早々と瀬戸に気付かれてしまい、「俺の尾行なんて百年早いんだよ」と挑発までされてしまいます。

そのことについて斑目は上司にきつく叱られ、書類仕事に回されてしまいました。

そんなことになっても相変わらずやる気もなくダラけていて、前回と同じバーで煙鴉に愚痴る斑目。

イライラした煙鴉は、「じゃぁ来い。俺が捕まえさせてやる」と言い放ち、斑目を引きずってバーを出ました。

斑目が言われるがままにダラダラと煙鴉についていくと、そこには犯行を追えて民家を抜け出す瀬戸の姿が。斑目は瀬戸を追いかけますが、うまくまかれてしまいます。しかし瀬戸の逃げた先には煙鴉がおり、瀬戸の逃げ道を次々にふさぎ、追い詰めました。

こうして煙鴉、初めて泥棒を捕まえた…いや、捕まえさせてもらった斑目なのでした。

最強のドロ刑にしてやるよ

次の日、斑目は浮かれて出社しますが、実は瀬戸はあの夜はまだ犯行に至っておらず、器物破損と住居侵入でしか罪に問えなかったのです。

余罪を吐かせ、過去の数々の罪を暴くことができないと、窃盗犯は捕まえても軽い罪で終わってしまいます。

しかし、現行犯逮捕できていないのに、決定的な証拠もない状態では犯行の立証は本人の自白によるしかありません。

おそらく瀬戸は自白などせずシラを切り通し、警察側も決め手がなくて釈放するしかなくなるでしょう。

また叱られてしまい、さすがに軽く落ち込む斑目。再び煙鴉に泣きつきます。

「何やってもハンパなんですよおれ。ガキのころから、何かできるって信じてたんですけど、それが何か全然わかんなくて。誰かに踏まれて見向きもされない。小石みたいなもんなんすかねえ…おれ」

そう言って自嘲気味に笑う斑目。

「何かになれるはずだって思ってやってきたけど…何にもなれないんすかね。」

煙鴉は斑目の言葉を聞きながら数歩先へ進んで足を止め、呟きました。

「やってみたらどうだよ?何かになるために。」

きょとんとして煙鴉を見つめる斑目に、煙鴉は言い放ちます。

「俺が教えてやる。俺がお前を、最強のドロ刑にしてやるよ。」

取調室での心理戦

斑目は煙鴉に、泥棒に関する知識を一晩かけて教え込まれました。

「泥棒ってのは孤独なんだ。だからどっかで、自分の技を…自分を、理解してほしいと思ってる。
そしてプライドだけは高い。そこを突くんだ」と煙鴉は語るのでした。

斑目は煙鴉に仕込んでもらった資料や話術を引っ提げて、瀬戸の取調室へ乗り込みます。

三課の刑事たちは、斑目が何かできるとはハナから思っていません。むしろ斑目に瀬戸をおめおめ釈放することになる責任を押し付けてリストラしようと考え、取り調べの役目を斑目に完全に任せました。

斑目は過去の捜査資料を懸命に見比べて、突き破りで開けた窓ガラスの穴を「独特の証拠」だとして瀬戸に突き付けますが、瀬戸は「模倣犯がやったのかも」などと言って自分の余罪を決して認めません。

捜査資料も微妙に曖昧で、斑目は決定的な証拠を示すことができません。

しどろもどろになる斑目に、瀬戸は余裕の表情で応じます。

瀬戸「自分の才能を早く見極めるのが、人生楽しむコツだよ、あんちゃん」
斑目「だからあんたは、一流の泥棒になれたの?」
瀬戸「一流じゃない。超一流だ」

そう勝ち誇って笑う瀬戸に、「煙鴉って知ってます?」と、突然斑目は切り出しました。

どんな犯罪の手口も思いのまま、決して証拠を残さず捕まることはない伝説の大泥棒、煙鴉。もちろん瀬戸も彼の事は知っています。煙鴉と瀬戸は商売敵で、瀬戸は煙鴉の「仕事」を何度か邪魔したこともありました。

「煙鴉の方が、一枚上手?」と挑発的に尋ねる斑目に、少しむきになって、「俺の技術は誰にも負けない」と瀬戸は言い返します。

実は、斑目にはまだ切り札がありました。

警察が行確(行動確認のこと。容疑者を張り込みして、どこで何をしているかを監視して裏を取る行為)を開始する10日前にあたる、10月1日の瀬戸の犯行状況を言い当てます。そして次は10月3日。

これらは煙鴉が持っていた情報と写真でした。

「あいつは俺にとって邪魔なんだ。そのためにな」

煙鴉は瀬戸の情報を売る準備がもともとあったのです。それを斑目に託したというわけです。

それから斑目は瀬戸に、彼の独特のガラス窓を破る「突き破り」の技法を尋ね、瀬戸は笑い出します。

斑目が揃えた事実や写真、それは状況証拠ばかりで、瀬戸がしたという証拠ではありません。おまけに突き破りのやり方もわからないのでは、自分がやったなどというのはちゃんちゃらおかしい話だと言って、瀬戸は斑目をあざ笑うのでした。

「あなたじゃないということは、この事件には、別の犯人がいる?」と尋ねる斑目に、「そうなるね」と落ち着き払って返す瀬戸。

しかし瀬戸がそう言った瞬間、斑目はどこかへ電話を掛け、他の刑事たちもあわただしく動き出します。

何が起きたのか分からず少し動揺する瀬戸に、「捕まえたんですよ、煙鴉」と斑目は嬉しそうに言います。

その頃、喫茶店で斑目の話を聞いていた煙鴉は、三課の刑事たちに取り囲まれていました。

斑目は二回目に煙鴉と会った時から、彼との会話を録音していたのです。煙鴉から情報を仕入れ、瀬戸の取り調べに協力させつつ、煙鴉そのものを逮捕しようと考えていたと、斑目は電話越しに話します。

煙鴉が連行される動画を見せられて、複雑な表情になる瀬戸。

瀬戸の犯行も、煙鴉のやったことになる可能性が高いと斑目は言います。いやというほど余罪があるし、裁判官の心象も悪い。

「じゃあ、突き破りは!?あいつがやったっていうのか?」と瀬戸は食い下がりますが、「あんなの誰でもできる焼き破りでやったってことにしちゃえばいいじゃないですか」と斑目は軽く流します。

「だって相手は天下の煙鴉ですから。向こうの方がタマは断然高いんで。ありがとうございました、煙鴉逮捕のご協力!」

そう言って、その場を片づけて斑目と仲間の刑事たちは出て行こうとするのでした。

矜持、それゆえの敗北

その場に取り残された瀬戸は、わなわなと拳を震わせて、「ふざけんなよ… ふざけんなーーーーー!!!」と叫びだしました。

「突き破りはな、こうやるんだよ!!」と、瀬戸は斑目の用意した窓ガラスと錐のサンプルを手に取るが早いか、小さな穴を即座に開けて見せました。

「見たか…これは俺にしかできない、俺だけの技術だ!何が煙鴉だ…あれは全部俺のヤマだ!煙鴉なんかにできるわけがねえ!!」と、瀬戸は鼻息荒く話します。

そんな瀬戸をしばらく見つめた後、斑目はにっこりして、「今の、撮ってますよね?」と、カメラに向かって話しかけました。

「えっ…」と息をのむ瀬戸。その周りに、刑事たちが再び戻ってきます。

「座ってくれ。勾留がつく。ゆっくり話そう。」勝手田にそう言われ、瀬戸は騙されたことにやっと気が付いて愕然とするのでした。

「ご苦労様でした。迫真の演技でした」

同じ頃、そう言いながら煙鴉から離れる刑事たち。

「まさか…全部、はったりだったのか?」呆然として瀬戸はつぶやきます。

煙鴉が逮捕される場面も、斑目および三課の刑事たちと煙鴉が協力して仕組んだ演技だったのです。

煙鴉の本当の正体はもちろん、斑目しか知りません。斑目は煙鴉のことを、前科の無いただの一般人で、犯罪ジャーナリストであると警察内に紹介していたのでした。

情報を提供してくれた犯罪ジャーナリストの男を、「煙鴉」という瀬戸よりワンランク上の大物に仕立て上げて、瀬戸を差し置いて逮捕することで瀬戸のライバル心を苛烈に煽り、自白を引き出すことが目的でした。

斑目と煙鴉と捜査三課、全員でひと芝居うったというわけです。

瀬戸は、それからは横柄な態度をやめ、おとなしく自白を始めるのでした…。

煙鴉に手錠をかける役を受け持った三課刑事・皇子山は、煙鴉に協力を感謝しながら手錠を外してあげます。

「ちょっと痛かったよ」と苦笑する煙鴉に対し、皇子山は、「それは失礼しました… 一瞬、本気になっちゃったかも」と呟きました。

実は皇子山は、この犯罪ジャーナリストだと言う男が本物の泥棒…煙鴉なのではないかと疑っていました。しかし皇子山にあるのは予感だけ。今の煙鴉からは、煙草の良い香りもしていません。

皇子山は黙って、去っていく煙鴉の後ろ姿を見送るのでした。

お前が俺を見つけた

その日の夜、橋の上で再会した斑目と煙鴉。

斑目は、にっこりと手を差し出します。

煙鴉は、苦笑いしながら斑目と握手を交わしました。

「なんで協力してくれたんですか?」と尋ねる斑目に、「お前が俺を見つけた」と短く答える煙鴉。

まだその意味をよく理解しておらず、きょとんとしている斑目に、煙鴉は手を振って去っていきました。

その後、警視庁捜査三課には第13係という新たな係が発足し、斑目は、さっそくそこに配属されることに決まりました。

三課のオールスターを集めたと聞いていたので、ホクホクしながら向かった斑目ですが、そこにいたのは組織に馴染めない、奇妙で偏屈な人間ばかり。

果たして、斑目はいっぱしの刑事になれるのでしょうか…。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」2話予告

異動早々大物を捕まえたことで、精鋭を集めた「13係」へ配属されたと思い込んでいた斑目ですが、実は13係は捜査三課のお荷物ばかりを集めた掃き溜めだったことが判明します。

がっくりする斑目ですが、そんな彼の低まるテンションに関係なく次の事件は起こります。

次のターゲットは忍び込みのプロ・通称「黒蛇」と呼ばれる人物。

彼もまた、相当な犯罪経験者であり、そう簡単にシッポを出すわけはありません。

やる気なしゆとり青年・斑目は、正義感溢れるまっとうな刑事へと成長できるのか!?

次回も、斑目を陰でバックアップする煙鴉の苦労がしのばれます!

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」1話の見どころと感想

軽犯罪を担当する刑事が主役の軽快なストーリー

やる気のない新米刑事とベテランの泥棒という異色のバディが、窃盗を中心とした軽犯罪に挑む「ドロ刑」。

刑事モノではありますがストーリーは軽快で楽しく、「大人から子供まで楽しめる」というキャッチフレーズに違わない面白さを持っています。

窃盗は軽犯罪ですが、犯人たちの犯罪歴が長くシッポを掴ませない技に長けていることと、一人の持っている罪の数が非常に多いこと、なのに証拠をつかむのが難しく、逮捕しても正当な罰を受けさせるのが難しいことが特徴です。また、日常生活に密接にかかわっており、誰でも巻き込まれる可能性があるのが三課の対象とする犯罪です。

平和な人々の日常を脅かす犯罪を少しでも減らすため、刑事たちは非常に苦心を重ねています。

「ドロケー」は「泥棒専門の刑事」という意味で、そんなドロケーたちにスポットを当てた、一見花形ではないものの、とても大切な仕事にまつわる物語です。

刑事ドラマといえば殺人専門の捜査一課なので、三課の仕事というのは私もあまりよく知りません。これから、「ドロ刑」を通して、警察の大事な仕事も楽しみながら学んでゆけそうですね。

やる気ゼロのダメ刑事・斑目と、彼の潜在能力に一目置くベテラン泥棒・煙鴉との連係プレー

それにしても際立つのは、主人公である斑目くんの、ありえないほどのやる気のないゆとりぶり。

警察官であるにもかかわらず、正義感や使命感がまるでなく、今どきの若者といっても相当ひどいタイプです。

それを泥棒、つまり犯罪者である煙鴉さんが更生させてくれるというのだから二重の驚き。

煙鴉は自分の正体を一目で見抜いた斑目に一目置いているものの、斑目のいい加減さに煙鴉が愛想を尽かさないかヒヤヒヤものです。

斑目はまともな刑事としてやっていけるようになるのか、そして犯罪者である煙鴉との関係は最終的にどうなってしまうのか…。今後の展開が楽しみです。

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話の見逃し動画配信を見たい方は

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」第1話の見逃し配信動画は、TVer および Hulu で見ることができます。
見逃した方も、TVerもしくはHuluを利用して視聴することができます。

TVerは注目番組の最新話を放送直後から1週間だけ無料配信しています。Huluは月々933円(税別)で全話見放題ですが登録後2週間は月会費がいらない無料期間となります。

見逃した後でもhuluなら「ドロ刑」を一気見することができますのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

huluでドロ刑を視聴したい方は以下をご覧ください。

huluの特徴と登録・入会方法
huluの特徴と登録・入会方法についてお知らせします。 今すぐhuluで動画視聴したい方は以下のボタンからお進みください。 【2週間無料】huluに今すぐ登録 huluの特徴 huluの特徴は以下の通りです。...

以上、『ドロ刑 -警視庁捜査三課-1話』のあらすじネタバレ感想と見逃し配信動画が見れる視聴サービスをお知らせしました。
——————————-

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は Tverおよびhuluにてご確認ください。
——————————-

コメント