大恋愛~僕を忘れる君と6話あらすじネタバレ感想と動画

大恋愛~僕を忘れる君と

「大恋愛~僕を忘れる君と」6話のあらすじとネタバレ、感想と、大恋愛~僕を忘れる君との動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

大恋愛~僕を忘れる君と5話では、北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)が、真司の嫉妬による気持ちの擦れ違いにより別れてしまうことからストーリーが始まりました。

9か月後、尚は真司との別れにより変わり果てた姿になっていました。一方、真司は小説家として成功し始めていて、その小説をたまたま読むことになった尚の元婚約者の井原侑市(松岡昌弘)が二人の仲を取り持とうと、尚と真司を引き合わせることになります。

そこで尚と真司の誤解もとけて、二人は晴れて夫婦になるのでした。

結婚式での尚の満面の笑みを浮かべる姿が印象的だった大恋愛~僕を忘れる君と5話でしたが、今回はどうなってしまうのでしょうか。早速、大恋愛~僕を忘れる君と6話のあらすじからチェックしていきましょう。

>>大恋愛~僕を忘れる君とのキャストや相関図についてはコチラから

大恋愛~僕を忘れる君と6話あらすじ

晴れて夫婦になった北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)は、新しい部屋で新婚生活をスタートしていました。

真司は尚に子供が欲しいと打ち明けますが、尚は病気のことを気にして乗り気ではありません。

そんな時に同じ病気を患っている保育士の松尾公平(小池徹平)に出会います。松尾は尚のことを気にしている様子です。

尚は井原侑市(松岡昌宏)から医学生の前でこれまでの人生のことや病気のことを話してほしいと依頼され、引き受けることになります。

久しぶりに人前で話すことになった尚は、講演の練習を何度も何度もしています。その姿を真司は見守っていますが、仕事の打ち合わせのために講演を聞きに行くのが遅れることになります。

講演当日、尚が話し始めようとマイクに向かうとマイクの雑音が響きわたり、その雑音のせいか尚は意識を失い倒れてしまいます。

尚が病室のベッドで意識朦朧としていると、松尾が現れ、尚にキスをします。その姿を急いで病院に駆け付けた真司が目撃してしまうのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と6話ネタバレ

新生活の始まり

2014年9月、尚と真司は新しい部屋で新婚生活が始まっていました。

尚は新しい部屋での真司との生活にワクワクしていました。尚は真司に良い小説を書いてもらおうとベッドはリビングに置き、真司に仕事部屋を用意していました。

ある日の夜、真司は新しい部屋で小説を書いていました。尚はリビングにあるベッドで先に寝ていると、仕事を終えた真司が静かに尚の寝ているベッドに入り、やっと二人で眠りにつくのでした。

キラースマイルの男

尚の診察のために尚と真司が大学病院に行くと、ロビーで一人の若い男性に出会います。

尚と真司は侑市が待つ診察室に入り、侑市の計らいにより夫婦になれたことに感謝の意を伝えます。

その診察で、侑市が尚の病気の経過が良く回復傾向にあることを二人に伝えると、真司はとても嬉しそうに「病気が回復することもあるんですね。」と言います。

侑市は真司に病気の回復は何よりも愛情が大切だと伝えると、尚と真司は笑顔で診察を終えるのでした。

尚の診察を終えると、侑市の元に次の患者がやって来ます。その患者は先ほど尚たちがロビーで出会った男、松尾でした。松尾は保育士をしていて、仕事中に子供の名前を忘れやすくなっていると言い、さらに園長から事務に専念するように言われた、と嘆いているのでした。

松尾は尚と同じく若年性アルツハイマー病を患っていて、その病気の発症により妻を失っていたのでした。

尚と真司が病院のロビーで楽しげに話していると、一人の泣いている男の子に目が留まります。二人で男の子を見つめていると、松尾が男の子の元に現れ、飴を渡し子供をあやす松尾の姿を目撃するのでした。

松尾を見た真司は、「キラースマイルだね、あの人」と尚に言うのでした。

講演の依頼

自宅には編集社からたくさんのアップルパイが届いていました。真司が書いた小説が「脳みそとアップルパイ」と言うタイトルのため、真司がインタビューを受けるたびに、そのタイトルの由来を聞かれるのでアップルパイがたくさん届いていたのです。

尚と真司は二人で食べきれないアップルパイを友人たちに配ります。

その日の夕方、尚と真司が自宅でアップルパイを食べていると、尚が真司に「脳みそとアップルパイ」の続編は書かないのか、と尋ねます。真司は浮かない顔で書かないと答え、今抱えている仕事で精いっぱいだと答えるのでした。

その頃、侑市の母の井原千賀子(夏樹陽子)はお見合いを再開しない侑市にヤキモキし、侑市に電話をし小言を言っています。その小言を聞いた侑市は、お見合いをするつもりはないと答えるのでした。

その日の夜、尚と真司はベッドに入り、真司の写真が写る雑誌を見ながら話をしていると、真司は真剣な顔で「子供を作ろう」と尚に打ち明けます。

尚は突然の告白に驚き不安げな顔をしています。尚はいずれ記憶をなくし、母親としての役目を果たせなくなる自分のことを不安に思っていました。

翌日、尚は北澤薫(草刈民代)と沢田柚香(黒川智花)に子供を作るべきかと相談します。すると、二人とも反対だと言い、薫は尚に、侑市に相談するように促すのでした。

薫からのアドバイスを受けた尚が侑市の元に相談しに行くと、侑市は最近の尚の病状の回復を見て子供を作ることは悪いことではないとアドバイスを送ります。

侑市からのアドバイスを受けた尚は前向きな気持ちになり、侑市に新薬を試してみたいと相談するのでした。

侑市は尚に病院の食堂へ昼食を誘い、医学生を相手にこれまでの人生やアルツハイマー病のことを話してくれないか、と相談します。侑市は人前で話すことは尚の病気への治療の一環にもなるし、さらに医学生の勉強になると尚に伝えます。それを聞いた尚は医師としてまだ出来ることがあるなんて、と喜びを隠せない様子です。

そこに松尾が現れ、一緒に食事をしても良いかと尋ねると、尚が快く招き入れるのでした。

食事に加わった松尾が、尚に名前を尋ねています。松尾は昨年に尚と同じく学生の前で病状のことを話していましたが、病気の進行により忘れてしまっている様子です。

この時の会話により松尾は、尚が同じ病気に侵されていることを知るのでした。

真司と編集担当者の女性(木南晴夏)が食事をしながら次の小説の打ち合わせをしています。真司が書こうとしている小説は建築家が主役のため、真司はある有名建築家に取材をしたいと願っていますが、その建築家は多忙によりアポイントが取れない様子です。

その夜、尚は侑市から医学生の前で病気のことを講演してほしいと依頼されたことを真司に報告します。報告を受けた真司はスマホのスケジュール帳に講演日時を詳しく打ち込み、講演を聞きに行くと約束します。

さらに、尚が病院で出会った松尾が、自分と同じ病気を患っていることを真司に報告します。

そして尚は、新薬に挑戦し病状が回復する見込みがあるようなら、子供を作ることを前向きに考えたい、と真司に伝えます。それを聞いた真司は嬉しそうな顔をし、尚を抱き寄せるのでした。

講演の準備をする尚

尚はパソコンに向かい医学生の前で話す内容をまとめています。自宅でも熱心にパソコンに向かう尚を真司は見守っています。

そして尚が松尾に何を話したらいいか相談すると、記憶に障害が出てからのことを詳しく書いた方が良いとアドバイスを受けます。

ある日、尚が出来上がった原稿を読んでいると、聞いていた真司が、すごく良いと褒めます。何度も何度も練習する尚の姿を真司は愛おしそうに見つめます。

すると真司のスマホに担当編集者から連絡が入ります。担当編集者は例の建築家のアポイントが取れたと嬉しそうですが、真司は浮かない返事をします。

真司は尚の大事な講演と日時がかぶっていたために断ろうとしますが、相手がなかなかアポイントのとれない建築家だったためにしぶしぶ引き受けることを決めます。

電話を終えた真司は、仕事のために発表会に遅れると尚に伝えます。「真司は小説のことを一番に考えてほしい」と尚は快く受け入れるのでした。

講演会当日

講演会の当日、尚は侑市と薫とともに教室に向かいます。尚は学生たちに拍手で迎えられマイクを使い話し始めようとすると、マイクの雑音が入り、尚は意識を失い倒れてしまうのでした。

尚は担架に乗せられ侑市と薫に付き添われながら運ばれていきます。その様子を講演を聞きに来ていた松尾が意味深な笑みを浮かべ見つめています。

尚の講演に向かうためにタクシーに乗っていた真司に、尚が倒れたという連絡が薫から入ります。突然のことに動揺する真司。病院に到着すると尚のいる病室まで夢中に走って向かいます。

薫は病院の待合所で尚が倒れたことを心配し、よろめきます。そこに侑市が駆け付けて「大丈夫ですか」と薫の体を支えるのでした。

尚は病室のベッドで意識が朦朧とする中、「真司、真司」と繰り返し名前を呼んでいます。その尚の頭を撫でながらキスをする松尾。

急いで病室に入った真司がその姿を目撃し、松尾を尚から引き離し尚に話しかけます。真司は尚に「遅くなってごめんね」と言い、尚の顔を見つめます。

病室を出た松尾は楽しげにスキップをしながら病院の長い階段をおりて行くのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と7話予告

尚が意識朦朧のなか真司の名前を呟いていると、尚にキスをする松尾。松尾は「尚さんがほしいんだ。真司をぶっ殺してもね。」と真司に言い放ち、それを聞いた真司はとても驚いた顔をしています。

薫と侑市は尚の病状のことで関わることが多くなり、「僕のことを頼りにしていただけたら嬉しいな、と思いまして」と侑市が薫に真剣な顔で自分の気持ちを告白します。その告白を聞いた薫は驚きを隠せない様子です。

尚は進んでいく自分の病気との恐怖と戦いながらも真司への愛を再確認し、「やっぱり真司の子供を産もうかな」と真司に伝えるのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と6話の見どころと感想

キラースマイルの男

大恋愛~僕を忘れる君と6話から登場したキラースマイルの男、松尾公平(小池徹平)。同じ病気を患っているということでしたが、数々の不審な行動にヤキモキしてしまいました。

ドラマの終盤に尚に突然キスをし、スキップをし去って行く姿は少し恐怖を感じてしまいました。せっかく尚と真司が幸せな生活を送り始めたところだったのに、と残念な気持ちしかありません。

7話でも松尾が登場するようですし、これからの展開にどう加わっていくのでしょうか。次回で松尾が尚にキスした目的が明かされるのでしょうか。1週間が待ち遠しいです!

侑市の存在

すっかり侑市を信頼のおける主治医として見ていましたが、よく思い出してみると侑市は尚の元婚約者だった人なのですよね。

元婚約者の尚と真司が楽しげに診察に来る姿を優しく見守り祝福できる男、侑市。なんて素敵な人なのだろうと、感心してしまいます。

母の千賀子にお見合いを勧められるも断っていますし、今は恋はお休みかなと思っていると、尚の母親の薫となにかありそうな予感。この展開は7話で明かされそうですので楽しみです。

大恋愛~僕を忘れる君と6話の見逃し動画配信を見たい人は?

大恋愛~僕を忘れる君と6話の見逃し配信動画はTBSオンデマンドで見ることができます。TBSオンデマンドでは名作ドラマ·バラエティ等のTBS作品をいつでもどれでも楽しめます!

注目番組の最新話を無料配信しており、見逃した方もTVerもしくはTBSFREEを利用して放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

その後もparaviなどを使って見ることができるので、見忘れてしまった方も安心です。paraviは登録月は無料ですので気軽に始められますよ。

見逃されてしまった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法
TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてです。 TBSオンデマンドといっても、TBS系のコンテンツを視聴できるさまざまな動画視聴サービスを紹介したうえで、Paraviという視聴サービスを特に推しています。 ...

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は TBSオンデマンドにてご確認ください。

コメント