大恋愛~僕を忘れる君と5話あらすじネタバレ感想と動画

大恋愛~僕を忘れる君と

「大恋愛~僕を忘れる君と」5話のあらすじとネタバレ、感想と、大恋愛~僕を忘れる君との動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

前回は、北澤尚(戸田恵梨香)の元婚約者で尚の主治医である井原侑市(松岡昌弘)に嫉妬した間宮真司(ムロツヨシ)と尚が口喧嘩をしてしまい、尚は間宮のアパートから飛び出します。

すると、侑市は尚のことを待っていて、「尚が必要なんだ」と告白します。しかし、尚は侑市からの告白に迷うことなく断り、間宮の元に戻ります。尚が間宮に謝り、2人は仲直りをするのかと思えば、間宮は「別れよう」と冷たく言い放つのでした。

衝撃的な展開で幕を閉じた前回の大恋愛~僕を忘れる君と。今回はどうなってしまうのでしょうか。早速、大恋愛~僕を忘れる君と5話のあらすじからチェックしていきましょう。

>>大恋愛~僕を忘れる君とのキャストや相関図についてはコチラから

大恋愛~僕を忘れる君と5話あらすじ

口喧嘩をしてしまった北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)。尚は仲直りしようと間宮に謝ろうとしますが、間宮から別れを告げられます。

途方に暮れる尚、一方間宮は尚のことを忘れるように小説を書き始めます。

尚と間宮が別れてから9か月後、思いつめた表情で尚は、以前に自身で撮った動画を見ています。その動画は尚が3つの質問に答えられなくなったときは、自らの命を絶つように、というもので、尚は1つの質問に答えられなくなっていました。

尚は間宮と別れてから鬱のような症状が現れていて、周囲を心配させていました。外出もしなくなり元気がない尚に北澤薫(草刈民代)が花を買いに行くように、と頼みます。

尚が花屋に行った帰り、立ち寄った書店で間宮が書いた新小説を発見します。その小説を読み進めると、間宮と過ごした楽しい思い出が鮮明に思い出されるのでした。

尚の元婚約者で主治医の井原侑市(松岡昌弘)がひょんなことから、間宮が書いた小説を見つけ読むことになります。侑市は小説の内容から、尚と間宮が別れていたことを知ります。2人の仲を心配した侑市が間宮を呼び出し、自分と尚は医者と患者だけの関係で尚が愛しているのは間宮だ、と伝えます。そこに尚が現れ、侑市は去って行きます。

尚と間宮の誤解がとけると、間宮が尚にプロポーズをするのでした。間宮は薫に結婚することを報告し、尚を死ぬまで愛すことを誓うのでした。

親しい友人に囲まれながら、尚と間宮が結婚式をあげます。終始笑顔の尚と間宮。皆から祝福されながら、尚は、自身の病気のことを打ち明けるのでした。

 

大恋愛~僕を忘れる君と5話ネタバレ

別れを迎えた尚と間宮

口喧嘩をしてしまった間宮と尚。尚が間宮に謝罪しようとすると間宮は冷めた顔をして、尚に別れを告げます。間宮は病気を患う尚を支える自信がなくなっていたのでした。間宮の話を聞いていた尚が大粒の涙を流していると、間宮は部屋を出て行ってしまいます。

部屋に残された尚は自分の気持ちを抑えながら、静かに泣き続けるのでした。

尚が薫のいる自宅に帰ると、リビングにいた薫が尚の異変に気付きます。尚が薫の肩にもたれ掛りながら、間宮と別れた、と薫に告げると、ひどく落ち込んだ様子で自分の部屋に行ってしまうのでした。薫が尚の様子を心配そうに見つめています。

その頃間宮は、以前尚と話明かした夜景の見える公園のベンチに座り、とても悲しい顔をし、ただ座っているのでした。

翌朝、間宮が仕事に行こうと部屋を出ると、不満そうな顔をした薫が前方から現れます。間宮は自分の部屋に薫を招き入れます。

薫は、尚が事情を話さないので間宮から事情を聞きたい、と言うと間宮が、病気を患っている尚は侑市のそばにいた方が良い、と薫に告げるのでした。薫は間宮に、本気で言っているのか、と問うと、間宮は「はい」と答えます。間宮の言葉を聞いた薫は、もう娘に近づかないように、と言い放ち、部屋を出て行くのでした。

木村明男(富澤たけし)が仕事を終えて帰ろうとしていると、まだ間宮が作業をしていることに気付き、木村が間宮に、早く仕事を切り上げるよう、にと言います。

しかし間宮が、部屋に帰れない事情ができた、と告げると、木村は仕事場の一角にある使われていないプレハブ小屋に案内し、ここを使うように、とプレハブ小屋の鍵を渡すのでした。間宮はプレハブ小屋にある長椅子に横たわり何かを考えているようでしたが、急に思いついたように、プレハブ小屋をから出ていきます。

木村が間宮へ鍵を渡し終えて仕事場の入口に向かうと尚が、帰宅してこない間宮を心配し様子を見に来ていました。尚が木村に気付き、間宮が来てないか、と尋ねると、木村は、ここにはいない、と嘘を付くのでした。

すると尚は木村に、間宮から別れを告げられその理由が分からないことを相談し、別れの理由を聞いていないか、と尋ねますが木村は、知らない、と答えます。木村は、尚が重たい存在なのでは、と言うと尚は、間宮の居場所が分かったら連絡をしてほしい、とメモを渡そうとします。

木村は断り、縁が合えばまた会える、とアドバイスを送り、尚をその場から連れ出すのでした。

尚と木村が仕事場から離れると、間宮が仕事場の入口から出てきて、尚とは反対の方向に向かって歩き出します。間宮はアパートに帰り急いで荷物をまとめるとプレハブ小屋に戻り、持ってきたパソコンを開き、無性に小説を書き始めるのでした。

侑市は仕事場のパソコンで患者のデータを見ています。尚のページに目を止めると、尚に告白して断られたことを思い出しているのでした。すると診察を受けに来た尚が現れます。

尚の顔を見た侑市が尚の顔色の悪さに気付き、何かあったのか、と問うと尚は、お話ししたくありません、と答えるのでした。

尚が診察を終え帰宅途中、間宮に、今日の夜、例の居酒屋で飲もう、と誘いのラインメッセージを送ります。

その頃間宮はプレハブ小屋で夢中に小説を書いていました。尚からのラインメッセージに目を止めますが、また小説を書き始めるのでした。

その夜、尚が一人で居酒屋に行くと、カウンターの席に通されます。尚は間宮を待っていましたが、間宮が現れることはありませんでした。尚が居酒屋を出たところで足を止め、間宮と出会った頃のことを思い出しているのでした。

尚が自宅に戻ると自分の部屋に、間宮の部屋に置いてあった自分の荷物が段ボールの箱に入れられて送られてきていました。それを見た尚が間宮のアパートに急いで向かうと、アパートにあった間宮の荷物がすべて無くなっていたのでした。

その頃、間宮はプレハブ小屋に引きこもっていて、尚との恋愛を書いた小説を書き上げていたのでした。

変わり果てた尚

間宮と尚が別れてから9か月後、尚は自分の部屋で神妙な顔をしてスマホを使い動画を見ていました。その動画には9か月前の尚が写っていて、間宮と交際当初に確認し合った質問「尚の好きな小説は?」「母親の旧姓は?」「間宮が捨てられた神社の名前は?」の3つの質問が答えられなくなったときは自ら死ぬべき、と尚が未来への自分へのメッセージを送っているものでした。

9か月後の尚は最後の質問の「間宮が捨てられた神社の名前は?」と言う問いに答えられなくなっていました。

尚の部屋に薫が食事に誘いに来ますが尚は、元気のない返事をして診察に向かうのでした。薫は、変わり果ててしまった尚を心配そうに見つめています。

侑市が尚の診察を始めると、尚はやる気を失っている様子で侑市への質問に答えています。侑市が、間宮と何かありましたか、と問うと、うまくいってます、と答え下を向きうつむいています。尚は侑市に、人はなぜ生きているのか、と暗い顔をして問うのでした。

診察を終えた侑市が、医師の先輩に尚の病状のことを相談していました。侑市は、尚は病気の進行は進んでいないものの鬱の傾向があり自殺してしまうのでは、と心配してたのでした。

KITAレディースクリニックでは薫が受付の電話を使い尚に電話をしていました。薫は尚に病院の受付に飾る花を買ってきてほしい、と告げます。最近の尚の様子を心配していた薫は、尚を外出させようと仕向けていたのでした

尚は頼まれていた花を買い花屋から帰ろうとしていると、ふいに出向いた書店で間宮が書いた「脳みそとアップルパイ」という新しい小説を見つけます。尚は持っていた花をその場に置き、書店にある小説を手に取り、読み始めるのでした。

再開する尚と間宮

尚は書店で間宮が書いた小説を買い、間宮と以前訪れていた思い出の夜景の見える公園のベンチに座り小説の表紙を見つめ、間宮が小説を書き始めたころに最初の一節を読ませてもらったことを思い出していました。

尚が小説を読み始めると、最初の一説が当初から変わっていないことに気付きます。尚が小説を読み始めると、間宮と過ごした楽しい時間を鮮明に思い出し、自然と笑顔になるのでした。

間宮が編集者の担当の女性(木南晴夏)と食事をしていると、編集者の女性は間宮の小説を褒めていて、間宮も満更ではない様子なのでした。

侑市が井原千賀子(夏樹陽子)が待つ自宅に帰ると、千賀子が読んでいいるという小説、「脳みそとアップルパイ」を見つけるのでした。

その頃尚は、公園のベンチで日が暮れたことも気にせず小説を読んでいます。尚は一粒の涙を流し小説を読み終えると、尚は泣き崩れるのでした。

侑市は自分の部屋に小説を持ち帰り小説を読み終えていました。小説に書かれた内容により侑市は、尚と間宮が別れていたことに気付きます。

間宮が小説への取材を受けていて、記者は、小説のモデルである主人公と再会することはないか、と問うと間宮は迷うことなく、ありません、と答えます。その様子を間宮の担当編集者が見守っています。

取材を終えた間宮の元へ担当の女性がやって来て、「脳みそとアップルパイ」が増刷され、20万部の大ヒットになった、と伝えます。さらに女性が、侑市から連絡があった、と伝えると間宮は驚いた顔をするのでした。

侑市が例の居酒屋で間宮を待っています。間宮が現れると、侑市が間宮の小説を読み終えたことを報告し、さらに、尚とは付き合っていないことを告げるのでした。それを聞いた間宮はひどく驚き、侑市になぜ尚を支えてくれなかったのか、と責め立てます。すると侑市は、自分は尚に2度振られた身であることを伝え、さらに尚は間宮を愛している、と告げるのでした。

すると居酒屋に尚が現れ、侑市は、後は二人で、と言い店を出ます。尚が侑市が座っていた席に着くと、静かに重い口を開き、小説売れてよかったね、と言うのでした。さらに尚は、自分はもう少しで死ぬところだった、と告げます。

間宮も、小説を書いていなければ死んでた、と言うと尚が、生きて会えたことは奇跡だね、と言い笑顔になるのでした。

そこに居酒屋の店員から「ラッキーハイボールのキャンペーン」をやっていると紹介され、参加することになります。ラッキーハイボールキャンペーンとは2つのサイコロを振りゾロ目がでると、ハイボールが2杯提供されるというものでした。尚がサイコロを振るとゾロ目になり、店員から「おめでとうございます」と言われ、2人はささやかに喜ぶのでした。

すると「尚ちゃん、結婚しよう」と突然間宮がプロポーズをします。尚は驚き、泣くのを我慢しながら、自分は間宮のことを忘れてしまうけどいいの?、と質問します。それを聞いた間宮は「いいよ」と優しい顔で答えるのでした。

居酒屋を出た2人が歩いていると、間宮は尚に、薫に会って謝罪し結婚を報告したい、と言います。それを聞いた尚は、間宮が普通の人になってしまった、と言いますが、間宮なら何でもいい、と言い、間宮と幸せを噛みしめるように抱き合うのでした。

2人はすぐに薫の元に向かい間宮が薫に、尚と結婚させてください、と頭を下げていました。薫は幸せそうな尚の姿を見て泣いていてそれを見た間宮が、尚を死ぬまで大事にする、と薫に誓います。

間宮からの報告に安心した薫はさらに泣きじゃくるのでした。

間宮は、明日から尚と暮らす部屋を探す、と報告し、尚は薫に「ありがとう」と感謝の気持ちを述べ親子の絆を確かめるように抱き合うのでした。

幸せいっぱいの尚と間宮

間宮が白いタキシードに身を包み、木村を呼び出し、メモを渡し牧師の依頼をしていました。木村は驚きながらもメモを受け取り、牧師を引き受けるのでした。

親しい友人を集めた少人数での結婚式、木村が牧師となり式が始まります。

木村は緊張した様子で間宮から渡されたメモを読み、式を進行しています。尚と間宮は幸せそうな顔で愛を誓い合うのでした。

式を終え、大きなテーブルで皆と食事をしていると間宮が、尚から報告がある、と告げます。皆から祝福されながら尚は、自分が軽度認知障害を患っている、と報告し皆を驚かせます。尚は病気をわずらっているが間宮に出会て幸せだ、と語ります。そして、式へ参加できなかった侑市への感謝の気持ちを述べるのでした。

木村が大きな声で「おめでとう」と言うと、皆は祝福の拍手を送ります。

そして尚は皆から祝福され、間宮の隣で最高の笑顔で写真撮影をするのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と6話予告

尚と間宮の別れから9か月後、侑市の計らいにより再開した尚と間宮、二人は結婚し夫婦になっていました。新しい部屋で新婚生活がスタートし笑顔の絶えない幸せな時間を過ごしていると、尚と同じ病気を患っている好青年(小池徹平)が現れます。

間宮は新しい小説を書こうと努力するも、次の一歩がなかなか踏み出せずにいました。そんな時に間宮が尚に「子供を作ろう」と提案し、それを聞いた尚は驚いた表情をします。さらに間宮が「尚ちゃんと二人で親子というものを経験したいんだ」と説明するのでした。

幸せな生活を送っていた二人でしたが、尚が酸素マスクを付けられ病院に運ばれることになり、連絡を受けた間宮が急いで病院に向かうのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と5話の見どころと感想

変わり果てた尚

大恋愛5話の前半の変わり果てた尚の姿を見て、心を痛めた視聴者の方が多かったのではないでしょうか。

前回までの尚は、病気を患っていながらも自信に満ち溢れていて美しく、明るい女性でした。しかし間宮から別れを告げられた尚は、こうも変わってしまうのかと思うほど、ネガティブな女性になっていました。

この姿を見れば、尚にとって間宮がどれだけ大きな存在であったのかが伺えますし、病気も進行してしまったのでは、と心配になりました。

若くして記憶をなくしてしまう難しい役所に真剣に立ち向かう戸田恵梨香さんが演じる北澤尚だったからこそ、ここまで心配できるというか、見る者を惹きつけると感じました。

幸せそうな尚と間宮

大恋愛5話の前半では心が締め付けらる場面が続いていましたが、後半にはそれがなかったかのような尚と間宮の幸せそうな顔を見ることができました。

2人が居酒屋で再開し、間宮が尚にプロポーズをします。しかし尚は間宮に、間宮を忘れてしまうもしれないよ?と問います。その問いに間宮が、いいよ、と答えるのです。

この時の間宮を演じるムロツヨシさんの目。この優しい笑顔を見た瞬間に涙があふれてしまいました。

また、大恋愛5話の終盤の結婚式でのシーンで見せる二人の笑顔は、これは演技なの?、二人は本当に恋に落ちているのでは?、と疑ってしまうほど自然なものでした。

大恋愛5話は、ストーリーの展開が大きく目が離せませんでした。涙を流したと思えば、ほっこりと心温まる、心がもて遊ばれるような展開でした。

大恋愛5話を見てしまったら、このドラマから離れなくなってしまいますよ。皆さんも騙されたと思って、視聴してみて下さいね。

大恋愛~僕を忘れる君と5話の見逃し動画配信を見たい人は?

大恋愛~僕を忘れる君と5話の見逃し配信動画はTBSオンデマンドで見ることができます。TBSオンデマンドでは名作ドラマ·バラエティ等のTBS作品をいつでもどれでも楽しめます!

注目番組の最新話を無料配信しており、見逃した方もTVerもしくはTBSFREEを利用して放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

その後もparaviなどを使ってみることができるので、見忘れてしまった方も安心です。paraviは登録月は無料ですので気軽に始められますよ。

見逃されてしまった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法
TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてです。 TBSオンデマンドといっても、TBS系のコンテンツを視聴できるさまざまな動画視聴サービスを紹介したうえで、Paraviという視聴サービスを特に推しています。 ...

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は TBSオンデマンドにてご確認ください

コメント