大恋愛~僕を忘れる君と4話あらすじネタバレ感想と動画

大恋愛~僕を忘れる君と

「大恋愛~僕を忘れる君と」4話のあらすじとネタバレ、感想と、大恋愛~僕を忘れる君との動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

前回は北澤尚(戸田恵梨香)が、恋人で元小説家の間宮真司(ムロツヨシ)に若年性アルツハイマー病を患っていることを告白します。間宮は病気ごと尚を受け入れることを決意し、2人は幸せな時間を過ごします。しかし間宮が自分のお金で尚に贅沢をさせたい、とアルバイトを増やし体調をくずしてしまいます。病院に駆け付けた尚は自分が間宮に無理をさせてしまった、と責任を感じ謝罪し、2人は愛を確かめ合うように抱き合います。そして尚は間宮に衝撃の一言を口にするのでした。

尚から言われた言葉を間宮はどう受け止めるのでしょうか。早速、大恋愛~僕を忘れる君と4話のあらすじからチェックしていきましょう。

大恋愛~僕を忘れる君と4話あらすじ

 北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)は愛を確かめあい抱き合っていました。すると尚は間宮の名前と元婚約者の井原侑市(松岡昌弘)の名前を間違えて呼んでしまいます。間宮はショックを受けるも尚を気遣い、気付かないフリをします。

そんな時にKITAレディースクリニックの患者に尚の病気のことがばれてしまい、診察のキャンセルが相次ぎ厚生労働省の医師免許審議室から呼び出されることになります。

厚生労働省に説明に行く尚と井原薫(草刈民代)の元に侑市が助けにやってきました。侑市は、尚は医師として診察することは何の問題がない、と職員に説明し、さらに尚は患者の利益を考えられる素晴らしい医師である、と報告し、職員も、審議対象ではない、と言うのでした。

間宮のアパートで尚と間宮は、患者へ尚の病気の説明をする書類を封筒にいれていました。すると間宮は侑市のことを嫉妬しているようで尚と口喧嘩になってしまいます。怒った尚はアパートから出ていき外を歩いていると、侑市に出会います。

侑市は尚に想いを告げます。それを聞いた尚は間宮への気持ちを伝え、告白を断るのでした。尚は間宮への気持ちを再確認するとアパートに戻り、間宮に謝ろうとします。すると間宮は、別れよう、と尚に伝えるのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と4話ネタバレ

間宮の名前を間違える尚

間宮はアルバイトをし過ぎで体調をくずし倒れてしまい、病院に運ばれていました。心配した尚が間宮が運ばれた病院に様子を見に来ていました。尚は間宮に無理をさせてしまったことを謝り、2人は愛を確かめ合い抱き合います。

すると尚は間宮に「好き、侑市さん」と元婚約者の名前を言ってしまいます。それを聞いた間宮は少し驚いた顔をするも気付かないフリをするのでした。

入院をすることになった間宮は尚に早くアパートに戻るように、と伝えます。尚は間宮の体調を心配しながらも帰宅します。間宮は病室のベッドから尚を見送ると、これからのことを考えるのでした。

尚は1人でアパートに戻り、お風呂にお湯を張るために蛇口をひねり、やかんでお湯を沸かそうと火にかけると、間宮が書いた「砂にまみれたアンジェリカ」を読み始めます。

尚はやかんのフツフツという音で目を覚まします。尚はいつのまにか居眠りをしていました。尚はやかんでお湯を沸かしていたこと、そしてお風呂にお湯をためていたことをすっかり忘れていました。

尚は不安になり思わず「どうしよう、侑市さん」とつぶやきます。尚は異変を感じ、間宮と依然確認していた3つの質問の答えを思い出せるか確認し始めるのでした。

その時尚のスマホに間宮からラインのメッセージが届きます。そのメッセージは、明日着替えを持ってきてほしい、というものでした。尚は着替えを持っていくのを忘れないようにメモに「着替え 持って行く」と書き、玄関のドアに張り付けるのでした。

物忘れがひどくなる尚

次の日、尚と間宮は病室で医師から退院の許可を受けていました。そして帰り道に尚は、昨日の夜に間宮の名前を呼び間違えたか、と聞くも間宮は知らない、と答えます。

2人はアパートに戻ると尚は玄関のドアに張り付けたメモを間宮に気付かれないようにはがし、ごみ箱に捨てます。尚は昨日買ったアップルパイを食べようと準備をしていると、間宮の体調を心配した木村明男(富沢たけし)がアパートに尋ねて来ます。木村は仕事場に置いてあった間宮のパソコンを手渡します。

尚は木村に引っ越しの時のお礼を言い、木村にお茶とアップルパイを差し出すと木村は間宮のどこが好きなのか、と尋ねます。尚は好きになっちゃえば好きなんです、と嬉しそうに答えます。すると木村は部屋に置いてあった小説「砂にまみれたアンジェリカ」を見つけます。尚は、間宮が元小説家であることを伝えると、木村はとても驚くのでした。

木村はアルバイト先の事務所に戻り、仕事仲間の小川翔太(杉野遥亮)に間宮が小説家だったことを伝え、尚と間宮が運命の出会いをしていたと伝えるのでした。

その頃侑市は、母の井原千賀子(夏樹陽子)に若い女性医師の写真を見せられていました。非の打ちどころのない女性に見えるも侑市は女性の欠点ばかりに目がいってしまうようでした。しかし侑市はお見合いをすることを決意し、千賀子に伝えるのでした。

夜、尚は安心した様子で眠っています。間宮はふと目覚め冷蔵庫から飲み物をとろうとすると、ごみ箱に捨てられた「着替え 持って行く」と尚の字で書かれたメモを見つけてしまうのでした。

侑市はホテルのラウンジでお見合い相手の女性の梓澤レイを待っていました。すると梓澤が現れ、名刺変わりに自分の健康診断のデータを持ってきていました。尚と出会った時にも血液検査のデータをお互い見せあったことをふと思い出した侑市でしたが梓澤と結婚を前提に付き合うことを決意するのでした。

患者に病気のことを知られてしまう尚

間宮はアパートで小説を書こうとパソコンに向かい、いい案が思いついたようでした。

北澤薫(草刈民代)は自分の経営するクリニックで尚の患者だった畑野という女性を診断しています。畑野は尚と薫の診断の違いに不満をもらします。

診察を終えた薫は尚とクリニックの受付の沢田柚香(黒川智花)に畑野から不満が出ていることを報告し、尚の病気のことを報告するべきかと相談するのでした。

間宮はアルバイト先の事務所に出向き、木村にアルバイトを増やしたいと申し出るも、木村は小説を書くことに専念するように、と言うのでした。

その夜、間宮と尚がアパートで洗濯物を畳んでいると間宮は自分の下着を尚に見せて、履き心地が良いことから、どこで購入したのか、と尋ねるも尚は忘れているようでした。すると間宮は話をそらすように、小説が書きたくなった、と尚に伝えます。尚は喜んでいると、間宮はその小説は自分たちの恋愛のについて書きたいと伝えます。そして、間宮が、小説の主人公が尚であると分かるように書いてもいいか、と尋ねると尚は少し悩んでいます。その様子を見た間宮が、全く尚とは違うタイプの女性にしよう、と「濡れた雑巾を放置したような体臭がする…」と言うと、尚がそんな人の恋愛は見たくない、と笑い、間宮が好きなように書いてほしい、と言いうと、嬉しそうに間宮に抱きつき、何度も間宮にキスをするのでした。

尚が診察のために大学病院を訪れると、その姿を偶然、畑野に見られてしまいます。畑野は尚の後をつけ尚が精神科の侑市の元に通うことを確認するのでした。

尚は侑市に最近の物忘れのひどさを相談しに来ていました。侑市は病気はそんなに早く進行するものではないと言うも、尚は不安そうな顔をしています。

畑野は侑市の名前をスマホで調べ、侑市がアルツハイマー病が専門だと確認するのでした。

尚は侑市に、間宮が侑市を尋ねてきたことを確認し、間宮が自分の前では病気のことを心配してないフリをしている、と嘆くと侑市は尚に、間宮との結婚を勧めます。尚は驚き、「侑市は病気の私とは結婚しないでしょ」と不満そうに言うと侑市は、「僕は振られた身ですから」と言うのでした。

薫は買い物をしていると偶然、千賀子と出会います。2人は気まずそうに挨拶を交わすと薫が、侑市が尚の担当医をしていることを千賀子に伝えます。それを聞いた千賀子は驚き不満そうな顔で、侑市の気持ちを考えて他の病院に移ってほしい、と言い放つのでした。

侑市は梓澤と腕を組んで歩いていました。2人は足を止めキスを交わすと梓澤はキスだけ?、と侑市にせがみます。侑市はあまり気が乗らないようで、今日は帰りましょう、と言うのでした。

侑市は自分の部屋に戻り千賀子と電話をしています。千賀子は侑市が黙って尚の担当医をしていたことを不満に思っているようで、早く尚の担当を外れるように、と言いそれを聞いた侑市は不満げに電話を切るのでした。

間宮はアパートでパソコンを尚に見せ、新しい小説のタイトルが「脳みそとアップルパイ」だと告げます。尚はすごく良い、と喜び最初の1行を読ませて欲しいと間宮に頼みます。1行目の「彼女はあの頃からいつも急いでいた…」と読み始めると尚は悲しい顔をして、「走りたくない、もうこのまま止まっていたい」と間宮に抱きつきます。間宮は尚の頭を撫でながら、何かを考えているようでした。

厚生労働省からの呼び出し

沢田がクリニックの受付でインターネット上のクリニックの書き込みに、尚の病気のことについての書き込みがあることに気付き、薫に報告します。するとクリニックの電話がなり、沢田が対応すると、尚がアルツハイマー病なのか、という問い合わせでした。沢田は病気のことを濁しながら答えていると、またクリニックの電話がなり、今度は薫が対応します。その電話は診察のキャンセルの電話で、薫が受付のパソコンで予約の変更をしようと画面を開くと、患者からキャンセルが相次いでいることに気付き驚きます。唖然とする薫から沢田が受話器を受け取り話しをつなごうとすると、すぐに切れてしまいます。

また電話がなり沢田が急いで電話にでると、厚生労働省の医師免許審議室からでした。薫が電話に代わります。そこに尚がやって来て、尚はインターネット上のクリニックの評判に自分の病気についての書き込みがあったことを知ります。電話を切り終えた薫は、明日厚生労働省に出向くことになったことを尚に伝えます。尚は薫に、迷惑をかけてごめん、と謝まると薫は、堂々としているように、と言うのでした。

次の日の朝、尚は間宮に病院のインターネット上の口コミサイトに自分の病気のことについての書きこみがあり、厚生労働省から呼び出しを受けていることを告げ、アパートを後にします。

薫と尚が厚生労働省に向かっていると、侑市が待っていました。尚は驚いた顔をしていると、侑市は、直接自分で伝えた方が良いと思って、と言うのでした。

厚生労働省の職員の友部浩介は、いつ病気が発覚したのか、と尚に尋ねていました。さらに診断される前から自覚症状があったのか、と聞くと尚は、物忘れには気付いていたが病気だとは思っていなかった、と伝えます。それを聞いた侑市は、今の段階では日常生活を送るのに支障はなく医師として診断することも問題ない、と伝えます。さらに侑市は、尚は病気の診断を受けてからは診察を控え、患者の利益を一番に考えていると熱く伝え、尚の検査データと診断書を友部に手渡します。

尚は患者には正直に病気の事を打ち明け、その経緯を説明するつもりであることを友部に伝えます。それを聞いた友部は審議対象ではない、と結論付けます。尚はほっとした顔をして侑市の顔を見ると、侑市も尚を見つめ頷くのでした。

間宮は仕事場のパソコン前で真剣な顔をしています。それに気付いた木村が声をかけると間宮は、尚のクリニックの口コミサイトに良い評判の書き込みをしていると報告します。

友部との話合いを終え薫と尚は侑市にお礼を言うと、また何かあれば相談に乗ると言いその場から立ち去ります。薫は侑市の頼もしい後ろ姿を見て「好きだわ、ママ」と尚に言うのでした。

クリニックに戻り沢田と尚は病院の書き込みサイトを見ています。沢田は面白い書き込みがあったことを伝え、「濡れたまま放置した雑巾みたいな体臭がなくなった」との書き込みを読み上げると、尚は思わず笑ってしまうのでした。

侑市からの告白、別れ

侑市が自宅に戻ると、スマホに尚からのお礼のラインメッセージが届いていました。そのメッセージを見つめ考えていると、梓澤から、会いたいです、とのメッセージが届きます。それを見た侑市はまた何かを考えているようでした。

間宮のアパートでは、尚と間宮が患者に尚の病気の事を伝える書類を封筒に入れる作業をしていました。その書類には、尚の病気について質問がある方は下記のメールまでお問い合わせ下さい、と侑市の名前が記載されていました。それを見た間宮は侑市を気にしているようでした。さらに尚が侑市への感謝の気持ちを語り、クリニックへの面白い書き込みが間宮だと気付いていて、間宮にお礼を言うと間宮は、尚は自分より侑市を頼りにしている、と言い先日尚が自分の名前を侑市と間違えていたことを伝えます。

尚は悲しい顔をし自分は病気のせいで間違えたと怒ると、間宮は名前を間違えられたことに腹を立てていて喧嘩になってしまいます。間宮は自分のことを好きになったのも病気のせいなのではと疑っています。尚はそれを聞くと悲しい顔をし、部屋から出て行ってしまうのでした。

尚が間宮の部屋から出て外を歩いていると、侑市が立っているのを見つけます。尚が驚いていると、侑市は1時間も尚の事を待っていたことを伝えます。すると侑市は「尚に僕が必要なんじゃない、僕に尚が必要なんだ」と伝えます。尚は驚いた顔をするも、自分が好きなのは間宮であることを伝え、今来た道を戻ります。

間宮のアパートに着き、尚が間宮に謝ったものの、間宮は真剣な顔をして「別れよう」と伝えます。その言葉を聞いた尚の目から一粒の涙がこぼれ落ちるのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と次回予告

間宮から別れを告げられてしまった尚。尚は1冊の小説を抱え悲しい顔をしていました。心配した尚の母、薫が間宮の元を訪れ「もう金輪際娘には関わらないで下さい」と言い放つのでした。

そして間宮の仕事仲間の木村も尚に「縁があればまた会える」と言い別れを勧めるも、尚は「いやです、縁があればなんて。」と別れたくないことを伝えます。しかし間宮と尚は離れ離れになってしまいます。

間宮は尚の事を、小説を再び書かせるために現れた女神だった、と自分に言い聞かせ小説を書くことに打ち込みます。間宮の書いた新しい小説の「脳みそとアップルパイ」は話題になり、再び小説家として成功するのでした。

尚は、いつか間宮のことを忘れてしまうけどいい?、と間宮に聞きます。尚と間宮は笑顔で仲間から祝福されながらウェディングドレスとタキシードを着て写真撮影をするのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と4話の見どころと感想

侑市の頼もしい姿

アルツハイマー病のことが公になってしまい、尚の勤めるクリニックにはキャンセルが相次いでいました。すると、厚生労働省から呼び出されるこになりますが、侑市が助けに入ります。自分の口から尚のことを伝えたい、と言う侑市は頼もしく素敵に見えました。

今までも尚への気持ちが現れるシーンがありましたが、ムロツヨシさんのイケメン化のギャップの影に隠れていて、フィーチャーされにくかったように思います。しかし今回はしっかり松岡昌弘さん演じる侑市の想いが伝わってきたように思います。

侑市は、尚を医師としても素晴らしく尊敬しているようで、尚を助けてあげたいと自ら行動する姿がとても素敵でした。

侑市の告白

4話の終盤の侑市から尚への告白も素敵でした。普段は冷静沈着な侑市でしたが今回は気づいたら尚の事を待っていた、と少年のように言う侑市は本当の恋を見つけたように思いました。

私は侑市の素敵な一面を見てからの尚への告白に激しく心が揺らいだのですが、尚はキッパリ断ってしまいます。そこが病気を患いながらも意志が強い凛とした女性、尚らしいと思うのですが、こんなに素敵な告白をされても一瞬の迷いも見せない尚。その姿はとても美しかったです。また間宮への真剣さが伝わってきたように思いました。

そして意志が強い尚は、この後、すぐに間宮に謝りに行きます。喧嘩をした後すぐに謝りに行ける尚の素直さ、とても可愛らしい女性ですよね。当然間宮から優しい言葉が聞けるとワクワク期待していると、悲しい結末が待っていました。大恋愛~僕を忘れる君と4話も衝撃の展開で、次回の展開も気になります。ぜひ今回のラストシーンもお見逃しがないように!

大恋愛~僕を忘れる君と4話の見逃し動画配信を見たい人は?

大恋愛~僕を忘れる君と4話の見逃し配信動画はTBSオンデマンドで見ることができます。TBSオンデマンドでは名作ドラマ·バラエティ等のTBS作品をいつでもどれでも楽しめます!
注目番組の最新話を無料配信しており、見逃した方もTVerもしくはTBSFREEを利用して放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

見逃されてしまった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法
TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてです。 TBSオンデマンドといっても、TBS系のコンテンツを視聴できるさまざまな動画視聴サービスを紹介したうえで、Paraviという視聴サービスを特に推しています。 ...

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は TBSオンデマンドにてご確認ください

コメント