大恋愛~僕を忘れる君と3話あらすじネタバレ感想と動画

大恋愛~僕を忘れる君と

「大恋愛~僕を忘れる君と」3話のあらすじとネタバレ、感想と、「大恋愛~僕を忘れる君と」の動画が見られる視聴サービスをお知らせしていきます。

前回は、売れない小説家の間宮真司(ムロツヨシ)と北澤尚(戸田恵梨香)が運命的な出会いをし恋に落ち、幸せな時間を過ごそうとしていると尚の若年性アルツハイマー病が発覚してしまいます。

尚は病気になってしまったことから間宮と別れようとしますが、尚は間宮に病気のことを告白し、間宮は病気になってしまった尚を受け止めることを決意するのでした。

果たして、2人に幸せな時間は残されているのでしょうか。早速、「大恋愛~僕を忘れる君と」3話のあらすじからチェックしていきましょう。

大恋愛~僕を忘れる君と3話あらすじ

産婦人科医の北沢尚(戸田恵梨香)は若年性アルツハイマー病を患っていました。売れない作家で引っ越し屋のアルバイトをしている恋人の間宮真司(ムロツヨシ)に病気のことを打ち明け、同棲することにした2人。

尚は間宮に、もっといい部屋に引っ越そう、と提案するも間宮はお金に余裕がないことから、尚に内緒でアルバイトを増やしお金を貯めようとしていました。

尚の元婚約者で尚の主治医の井原侑市(松岡昌宏)は尚のことを忘れようと、お見合いをするも、尚の事ばかり考えてしまうのでした。

間宮と尚は幸せな時間を過ごしていると、尚の物忘れの症状が次第に現れ始め、間宮は尚のなくなっていく記憶に気付き始めます。尚もその症状に気付き始め、次第になくなる記憶に恐怖を感じていました。そのことを侑市に告白をすると、少し心が軽くなるのでした。

そんな時に間宮は仕事中に腹痛を訴え病院に運ばれます。間宮は仕事の疲れから尿管結石になってしまいます。尚は間宮の元を訪れ、無理をさせしまったことを謝ります。すると間宮は、優しい顔で「好きなんだな~」と尚への気持ちを伝え、好きだから頑張れることを尚に伝えます。すると尚も自分の気持ちを伝えようと、間宮と抱き合い「好き、侑市さん」と言うのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と3話ネタバレ

同棲を始める尚と間宮

北澤尚(戸田恵梨香)は間宮真司(ムロツヨシ)に若年性アルツハイマー病であることを告白し、安心しきって眠りについていました。間宮はよく眠っている尚の顔を優しい目で見つめています。

翌朝、間宮の部屋で朝を迎えた尚。間宮の古びた部屋で朝ごはんを作ろうとしていると、間宮は、朝食はいらない、と言います。尚は前回は朝食を食べてくれたのに、と言いますが、間宮は朝食を作ってもらったことはないと言います。

尚と間宮は一緒に住むことを決めていました。しかし、尚はもう少し新しい部屋に引っ越したいと提案するのでした。尚は幸せの時間をできるだけ多く間宮と過ごしたいと焦っていました。しかし、間宮にはお金の余裕がなく渋っていると、尚は、私がお金を出す、と言うのでした。

間宮は尚と、北澤薫(草刈民代)の元へ交際と同棲の報告をしに訪れていました。報告を受けた薫は驚くも尚の体を気遣い、近くに越してくるように、と提案します。そこで間宮は尚の主治医が元婚約者の井原侑市(松岡昌宏)だということを知るのでした。

間宮は侑市を一目見ようと大学病院を訪れていました。すると偶然、間宮の隣を侑市が通り過ぎます。まだ面識のない2人でしたが侑市は間宮のことを気にかけ、足を止め間宮を見つめるのでした。

仕事を増やす間宮

尚は仕事を続けることを不安に思っていると薫に告白し、診察を辞めることにします。薫は尚に自分の助手になるように提案しますが、尚は病気のことはしばらく公表したくないと言い、自分になにができるのか考えたい、と言うのでした。

間宮はこれからの生活に資金が必要だと通帳を眺めるも、贅沢する余裕はありませんでした。

間宮は引っ越し業者のアルバイトをしています。間宮は仕事をたくさん引き受けたいと仕事の先輩の木村明男(富澤たけし)に頼みます。そして、木村に、尚と付き合うことになった、とを報告します。

薫は受付の女性スタッフの石田ミル(小篠恵奈)に、他の病院の受付はうちより給料が良い、と紹介していました。すると石田は、新しい病院に移ることを決心をするのでした。

間宮は熱心に部屋の掃除をし、尚の帰りを待っていました。尚が部屋に帰ってくると、キッチンやお風呂がピカピカになっていることに驚き、喜びますが笑顔で、でもせまーい、と言うのでした。

尚が、明日マンションの内覧に行こうと誘いますが、間宮は忙しいと言い、金曜日の夜なら、と約束します。そして尚は、間宮が小説を書き始めていることに気付いていることを報告し、間宮が小説家として売れるまでは私がお金をだす、と嬉しそうに言うのでした。

その頃侑市は、母親の井原千賀子(夏樹陽子)からお見合い写真を見せられていました。侑市は短時間に花嫁候補を3人も見つけてきた千賀子に感心しながらも、1日で3人とお見合いしたい、と提案するのでした。

尚と間宮は狭いベッドに横たわり寄り添いながら話をしています。すると尚は、自分の記憶を確認したい、と間宮に簡単な質問をしてほしいと頼みます。間宮は「好きな小説の名前は?」「お母さんの旧姓は?」「俺が捨てられた神社の名前は?」と質問すると、尚は最後の質問の答えを知らず、「松代神社」と教えてもらい必至に覚えようとしています。

そして尚はこの3つの質問に答えられなくなったときは別れようと提案します。すると間宮は、どんなことがあっても別れない、と言うのでした。尚は幸せの時間をかみしめていました。

忍び寄る病魔

尚は薫の診察の助手をするようになっていました。そして、患者の名前が分からなくなってきたことから、受付の沢田柚香(黒川智花)をランチに誘いだし、病気のことを打ち明けます。すると、沢田は驚いた顔をするも、尚の力になりたい、と言うのでした。

そして金曜日の朝、間宮は小説を書くために出かけると嘘をつき、アルバイトに出かけます。間宮の出かけ間際に尚は、今日の夜はマンションの内覧がある、と確認しています。

間宮は、尚に自分のお金で贅沢させたいと、仕事に精をだしていました。

その夜、尚は新しいマンションの内覧の約束をしていましたが、すっかり忘れスーパーで買い物をしていました。内覧予定のマンションの前で不動産屋と待っていた間宮は時間になっても尚が来ないため、尚に電話を掛けます。電話の様子から内覧の事を覚えていないことを把握すると、内覧のことは言わずにそのまま切るのでした。

尚は異変を感じ、スマホのスケジュール帳を見て内覧の予定があったことを思い出し、驚き動揺するのでした。

間宮は1人でマンションの契約をしようと申込書に年収を記載していると、不動産屋の男性は、家賃に見合わない年収の間宮に家賃が払えるのかと心配していました。

間宮は自宅のアパートに戻ると、ドアノブに鍵が刺さったままになっていることに気が付きます。間宮は気づかないふりをし明るく部屋に入ると、尚は自分には時間がない、とひどく落胆していました。それに気付いた間宮は尚を元気付けようと、明るく振る舞い、面白い顔をして笑わせるのでした。

ライバル宣言?

次の日、間宮は侑市に会いに大学病院を訪れます。間宮は侑市に、尚と一緒に生きていく、と宣言します。そして、尚の病状を聞きたいと侑市に頼むと、家族以外には伝えられない、と頑なに断るのでした。間宮は尚の生活環境が変わることで病気が進行してしまうのではと心配していました。

尚と間宮はビールフェスを訪れていました。思いっきり笑い、食事をし、2人で写真を撮り、幸せな時間を過ごします。

その頃侑市は、3人の女性と順番にお見合いをしていました。しかし、侑市はどの女性ともしっくりこない様子です。侑市はお見合い中、尚のことばかりを思い出してしまうのでした。

尚と間宮は楽しいデートを終え自宅に帰ります。

侑市は実家を訪れ、千賀子にお見合いの報告に来ていました。侑市はどの女性も好みではなかったことを伝えるのでした。

侑市の言葉に励まされ尚

翌朝、尚が作った食事を食べる尚と間宮。尚は間宮に例の3つの質問してと頼み、3つ答えられると、尚は安心できるのでした。

尚は診察のために大学病院を訪れると、年配の女性が真面目な顔をして助けを求めてきます。尚はおかしな顔をしていると、その女性の息子と看護師が現れ、年配の女性を抱えて連れて行くのでした。

尚は侑市と診察をしているも、先ほどの年配の女性が気になって仕方がない尚。そして侑市に、私もあの女性のようになるのか、と泣きながら尋ねます。尚は記憶がなくなっていく恐怖と戦っていて、不安になっていたことを告白します。すると侑市は、尚の気持ちに真剣に寄り添おうと言葉をかけます。尚はそんな侑市の言葉を聞きほっとするのでした。そして侑市は尚に、不安になったときはいつでも連絡してほしい、と言い、その言葉を聞いた尚の気持ちは少し明るくなったようでした。

尚は薫の元を訪れ、自分は診察がなく時間があるのでクリニックのデータ整理をしたい、と提案します。尚の楽しげに話す様子を見た薫は、侑市との診察で何かいいことあった?、と尚に聞くのでした。

切ない一言

尚は間宮の帰りが遅いことを心配していました。間宮はこの頃お金を貯めようと、一生懸命働いて無理をしていました。

間宮は仕事を終え、トラックに乗って事務所に戻ろうとしていると、間宮は突然腹痛を訴えます。間宮は、一緒にトラックに乗っていた仕事仲間の小川翔太(杉野遥亮)に連れられて、緊急外来を訪れていました。間宮は仕事の疲れから尿管結石になっていたのでした。

小川は間宮を心配し、間宮が病院のベッドで寝ている隙にスマホを盗み見て、尚に連絡をします。尚は小川からの連絡で間宮が病院に運ばれたことを知り、焦って病院を訪れます。

そして尚は小川から間宮が無理をして仕事をしていたことを聞きます。

病状が落ち着いた間宮が病室のベッドで寝ていました。尚は間宮を心配そうに見つめ、手を握ると、間宮が目を覚まします。

間宮は起き上がり、尚に嘘をついてアルバイトをしてたことを告白します。それを聞いた尚は、自分のことしか考えていなかった、と間宮に謝り、今のアパートで暮らそうと提案します。

間宮は侑市に会いに行ったことを告白し、侑市と自分自身を比べて嫉妬していたことを告白しました。間宮に無理をさせてしまった、と落ち込む尚に、どんな尚のことも好きなんだ、と言い抱きしめるのでした。

幸せを噛みしめる間宮でしたが、抱きしめられた尚は「好き、侑市さん」と言うのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と次回予告

愛を確かめあい幸せな時間を過ごしていた、尚と間宮。しかし、尚の病気は少しずつ進行していました。間宮はまだお金のことを心配し木村に仕事を増やすように頼みに行きます。すると木村から「100%ヒモって訳にはいかないのか」と言われるのでした。

そんな時に尚の病気のことが表沙汰になってしまい、ネットに書き込みをされたり、病院に問い合わせが多数くるようになりました。

そして、侑市は新たにお見合いをしても尚を思い出してしまうことから、尚への気持ちに気付き、「僕に尚が必要なんだ」と告白します。尚は侑市からの思いがけない告白に、驚くのでした。

大恋愛~僕を忘れる君と3話の見どころと感想

ラストシーンに涙

「大恋愛~僕を忘れる君と」3話の見どころは迷わずラストのシーンだと断言できます!

尚に自分のお金で裕福な生活をさせてあげたいと願う間宮は、アルバイトを引き受けすぎて倒れてしまいます。心配した尚が間宮の元を訪れると、自分が無理をさせてしまった、と謝ります。

しかし、間宮は「好きなんだぁ~」と優しい顔して言うのです。この時のムロツヨシさんの表情がたまりません。いつものコミカルな役とは違い、大恋愛~僕を忘れる君とで演じるムロツヨシさんは間違いなくイケメンです。そして、この「好きなんだぁ~」の心温まるセリフを聞いて泣きそうになってしまいました。

この幸せな時間がずっと続けばいいな、と画面にくぎ付けになっていると、今度は尚の一言で一瞬で世界が変わってしまうのです。

尚は間宮と抱きしめ合いながら「好き、侑市さん」と元婚約者の名前を言ってしまいます。私はこの言葉を聞き、ドキっとして、時が止まってしまったような感覚になりました。

この一言で尚の病気の進行も伺えましたし、何より間宮を想うと切なくて、切なくて、胸が苦しくなりました。

この一言を言われた間宮は次回どのように尚と接するのでしょうか。今から次回が待ちきれません。このラストシーンだけは見逃さないで下さいね。

大恋愛~僕を忘れる君と3話の見逃し動画配信を見たい人は?

大恋愛~僕を忘れる君と3話の見逃し配信動画はTBSオンデマンドで見ることができます。TBSオンデマンドでは名作ドラマ·バラエティ等のTBS作品をいつでもどれでも楽しめます!
注目番組の最新話を無料配信しており、見逃した方もTVerもしくはTBSFREEを利用して放送終了後から原則1週間無料で視聴できます。

見逃されてしまった方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法
TBSオンデマンドの特徴と登録・入会方法についてです。 TBSオンデマンドといっても、TBS系のコンテンツを視聴できるさまざまな動画視聴サービスを紹介したうえで、Paraviという視聴サービスを特に推しています。 ...

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は TBSオンデマンドにてご確認ください

コメント